海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

初めてでもわかりやすい

FX用語解説集

為替スワップ

UPDATE2018.06.20

外国為替市場で、直物為替の売り(買い)と先物為替の買い(売り)の組合せの取引を、同時に行う取引のことを為替スワップ(スワップ取引)といいます。英語名をそのまま使用してカレンシースワップ、通貨スワップと呼ぶこともあります。

BIS(国際決済銀行)の2007年調査によると、スワップ取引は、全ての外国為替取引で一番多く、取引量で直物や先物を上回り、全体の半数以上を占めています。

また、銀行の中には、為替ディーラー以外に、スワップディーラーもいて、カバー取引や収益獲得を目的としたスワップディーリング(直物と先物を組み合わせた売買)を行っています。

デリバティブは先物、オプション、スワップの3種類に区別できます。このうち、スワップとは「交換する」の意味で、金利を対象とするものを金利スワップ、為替相場を対象とするものを通貨スワップと呼びます。

為替スワップは通貨を交換する点で通貨スワップに似ていますが、1カ月から3カ月単位で実施されることが多く、一般に利払いが発生しないという違いがあります。

また、通貨スワップと異なり、為替スワップではISDAに従った基本契約書ではなく個別契約書を交わすケースが多いといえます。

読み方

カワセスワップ・かわせすわっぷ

関連する用語

よく検索される用語

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE作成日:

キーワードから探す

当社の「FX用語解説集」に掲載の情報は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。

もっとみる

なお、この情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社(FXplus)が独自に制作したものであり、当サイトに掲載されているデーターの無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、当社までご連絡ください。

FX用語解説集 カデゴリー

メニューを閉じる