海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

バヌアツ共和国金融当局(VFSC)

Traders Trust (トレーダーズ トラスト) - 主な特徴

Traders Trust

100% STPマーケットエクスキューションを実現したバヌアツの新興ブローカー

Traders Trust (トレーダーズ トラスト)は、バヌアツ共和国金融当局(VFSC)の許認可を受け、2009年頃からサービスを開始した新興ブローカーです。特徴は、発注方式をすべてSTPマーケットエクスキューション方式にし、運営者の私意が介入しない公平な取引を提供していること、また、FXブローカーでは珍しくアセットマネージメントのプラットフォームを提供していることです。日本市場へのサービスがまだ浅いためそのポテンシャルは未定ですが、昨今徐々に知名度が上がってきたFXブローカーの1社です。

Traders Trust
Traders Trust
主な特徴をまとめると

Traders Trust(トレーダーズ トラスト)とは

  • 2009年創業の新興ブローカー、日本へのサービスは、2012年頃からスタート。

  • 世界12カ国のライセンス(登録)を保持し、バヌアツ共和国が営業拠点。

  • 会計監査等コンプライアンスが万全。

  • MT4を使った、完全STP・DMA(ダイレクトマーケットアクセス)方式を採用。

  • アセットマネージメント・サービスを提供(?)

  • 「スタンダード アカウント」「ロースプレッド アカウント」「ECN アカウント」の3種類の口座を提供。

  • ゼロカット対象。

  • 日本人サポートの体制が若干不安...。

  • サービスの方向性が不明確。

Traders Trust(トレーダーズ トラスト)各種評価

スプレッド
  • 1
  • 1
  • 1
  • 0.5
  • 0
3.5
サポート
  • 1
  • 1
  • 1
  • 0.5
  • 0
3.5
信頼性
  • 1
  • 1
  • 1
  • 0
  • 0
3.0
各種ツール
  • 1
  • 1
  • 1
  • 0.5
  • 0
3.5
入出金
  • 1
  • 1
  • 1
  • 0.5
  • 0
3.5
総合
評価
3.4 / 5.0138 件)

Traders Trust(トレーダーズ トラスト)成り立ちと運営体制

Traders Trust(トレーダーズ トラスト)は、2009年に金融関連事業を営むため、「TTCM Traders Trust Capital Markets Ltd」(TTCM)としてキプロスで創業した会社です。CEOを務めるNicola Berardi氏は、スイスのSynthesis BankやSAXO BANKにて最高財務責任者を25年以上も務めた、金融のスペシャリストであり、そんな彼の呼びかけで専門家を集め設立された会社がTTCMです。

TTCMのサービスは、一般トレーダーに向けた「Traders Trust」、 ヨーロッパ地域の顧客に向けた「TradingForex.com」、アセットマネージメントを運営する「TTMC Investment」に分かれており、日本のユーザーは、主に「Traders Trust」と「TTMC Investment」を利用することが可能です。

Traders Trust

ライセンスと信託保全

TTCMは、バヌアツ共和国金融当局(VFSC)の他、キプロス証券取引委員会(CySEC)、英国金融監督庁(FCA)、ドイツ連邦金融監督庁(BaFin)、フランス投資委員会、スペイン証券市場委員会(CNMV)、イタリア国民証券取引委員会(CONSOB)、スウェーデン金融監督庁(FI)、ハンガリー金融監督局(MNB)、オランダ金融市場庁(AFM)、デンマーク金融監督庁(The Danish FSA)、ポーランド金融監督庁(KNF)など、ヨーロッパを中心とした12もの国々の規制当局に登録しており、金融商品市場指令(MiFID)の基準にも準拠していることから、厳格なレギュレーションにて運営されていることが解ります。

また、顧客からの預かり資金については、Barclays Bank、Credit Suisseの信託口座に分別管理しており、TTCMの破綻時には、MiFIDの基準に準拠していることから、キプロスICFの基準に則り、信託保全口座より最大EUR 20,000の補填を受けることが可能です。

それらの資金管理を裏付けるために、TTCMでは、毎月、PricewaterhouseCoopersと、Deloitte Touche Tohmatsuによる会計監査を実施、その監査報告を開示し透明性の高い経営を行っています。

  • PricewaterhouseCoopers
    <PricewaterhouseCoopers>
  • Deloitte Touche Tohmatsu
    <Deloitte Touche Tohmatsu>

Traders Trust(トレーダーズ トラスト)サービス内容

Traders Trust(トレーダーズ トラスト)は、一般トレーダー向けに『MetaTrader4』プラットフォームの「スタンダード アカウント」、「ロースプレッド アカウント」、「ECN アカウント」の3つの口座タイプを提供しています。

『MetaTrader4』と『MetaTrader5』

アカウントの種類

「スタンダード アカウント」「ロースプレッド アカウント」は、STP方式(マーケット・エクスキューション)の口座タイプになります。Traders Trust(トレーダーズ トラスト)は、すべてDMA(Direct Market Access)つまり、すべての注文をカバー先にダイレクトでオーダーしています。Traders Trustは、カバー先から提供されたプライスに一定のスプレッドをマークアップ(上乗せ)して、それを収益としているため、顧客との利益相反は発生しない公平な取引を実現しています。

しかしながら、マーケットオーダーは、市場の流動性に左右されますので、約定力は低くなります。Traders Trustのカバー先がどこかは解りませんが、大口の注文やボラティリティーが大きい市場では、その負担がすべてユーザーのスプレッドに反映されるため、その点を把握して利用する必要があります。「スタンダード アカウント」「ロースプレッド アカウント」の違いですが、「ロースプレッド アカウント」のほうが、もちろんスプレッドが狭いです。違いは、最初に預ける証拠金が、前者の場合$100、後者の場合$500なので、$500以上の資金を入金しトレードする方は、圧倒的に「ロースプレッド アカウント」を利用した方が有利でしょう。

他にも、Traders Trustでは、「ECN アカウント」というものを2016年にリリースしたのですが、まずは以下の他の口座との比較をご覧ください。

「ECN アカウント」は、1.00 ロット/$ 2.50(USD)の手数料が必要となりますが、それを差し引いても、「ロースプレッド アカウント」より、有利なスプレッドで取引が出来ます。ただ、1つ気になるのは、これは本当にECNなのでしょうか...他の口座タイプとプライスの動きが全く一緒ですし...そもそも、Traders Trustは、この「スタンダード アカウント」「ロースプレッド アカウント」「ECN アカウント」をすべて「TradersTrust-Live」という1つのMT4サーバで提供しています。

そもそも私の知る限り、MT4サーバーでは、1つのサーバー内で異なる2つのカウンタパーティからのプライスを取得し、口座タイプによって異なるカウンタパーティのプライスを表示することは、Metaquotesの仕様上出来ないと思いますが...。加えて、サーバーが別にあると仮定しても、MT4でECN市場にダイレクトアクセスするには、特殊なAPIブリッジが必要で、運用上かなりの弊害が出ると認識しています。

このような理由から、本当にECNマーケットにダイレクトでアクセスしているかどうかは不明です。この件について、TTCMのCEOにも確認しましたが、ECN市場にダイレクトアクセスしているという返答しかもらえませんでした...。

しかしながら、この狭いスプレッドで、取引手数料が$ 2.50となると、やはり、利用者にとって最も有利に取引できるのは、「ECN アカウント」という事になります。

アセットマネージメント・サービス(TTMC Investment)

TTCMのもう1つのサービスとして、顧客からの資金を運用する(運用者とつなげる)、アセットマネージメント・サービスを提供しています。これは、PAMMの運用者と投資家をつなげる、独自のプラットフォームを提供する方法で実現しています。2014年頃からこのサービスの推移を弊社でも確認していますが、正直、なかなか利益が獲得できるストラテジーが少ないのが現状です。

現状...Traders Trust のページからも、TTMC Investmentへのリンクが外されているので、もしかしたらこの、アセットマネージメント・サービスは、終息していくサービスなのかもしれません...。


入出金と日本語サポートデスク

Traders Trust(トレーダーズ トラスト)の取引口座に入金するには、クレジットカード、国内銀行送金、海外銀行送金がご利用頂けます。クレジットカード入金はリアルタイムに入金に対応しており、決済手続きを行うと即座に口座に決済金額が加算されます。出金に関しても、日本国内の銀行に送金した場合、3~5営業日で口座に着金します。銀行振り込みの場合、出金額の2~2.5%の出金手数料が必要となりますが、入金から6か月以内に、入金額の0.5%以上の取引を行った場合は、この手数料は返金されます。通常にトレードを行っていれば、自ずとこの手数料ラインはクリアされると思いますので、おそらく、意味の無い出金を防止するためのルールでしょう。

尚、Traders Trust(トレーダーズ トラスト)には、「マイ・ウォレット」という、代用口座の制度を採用しています。取引口座に入金(出金)するためには、まずこの「マイ・ウォレット」に入金し、その後、各取引口座に資金を割り振ってトレードします。出金も同じく、各取引口座に資金を出金するのでは無く、一度「マイ・ウォレット」に資金を集約する必要があります。この「マイ・ウォレット」ですが、口座開設時に「USD/JPY/EUR...」などの通貨の種類を1種類選択して開設する必要があり、例えば、「マイ・ウォレット」がJPYで、USDの取引口座を開設してしまうと、入金(出金)のために「マイ・ウォレット」に資金をトランスファするごとに、少額ですが為替の差損が発生しますので、口座開設の際は極力取引口座の通貨単位と併せた「マイ・ウォレット」を開設するようにしてください。

日本語サポートデスクは、平日(月~土曜)の午後 3:00~午前 11:00まで(冬時間は1時間遅れ)、メールとチャットによりサポートを行っており、対応も全て日本人が担当しています。2017年現在の日本語サポートデスクの対応ですが、現地キプロスのサポートスタッフが退社してしまい...テンポラリーのスタッフが遠隔でサポート業務を行っている状況らしいです...そのため、質問に対しても非常にレスポンスが遅く、若干不安になります。

Traders Trust(トレーダーズ トラスト)は、ライセンスや信頼性も高い会社なのですから、もう少し、エンドユーザーのフォローにリソースを注いでほしいなと思います。

総合的な評価とコメント

取引の透明性を称するわりには...会社の透明性が見えない

Traders Trustは、会社自体の体裁は良いと思うのですが、運営者の実情が全く見えない会社です。例えば、口座のタイプにしても「スタンダード アカウント」「ロースプレッド アカウント」「ECN アカウント」と、3種類のアカウントがありますが、正直スプレッドが異なるだけで、何が違ってどういうトレーダーのためにこの口座タイプがあるのか?また、DMAの方式についても、前に述べたとおり、MT4でECN市場に1台のサーバーでアクセスすることは技術的に不可能なので、これを堂々とECNマーケットにダイレクトで接続しています!と言い切るあたり、どういうつもりなんだろう...?と若干不安になります。

これは個人的な見解ですが、このような口座タイプのリリースについても、アセットマネージメント・サービスの提供にしてもどうも、市場の流行りに乗じて商品は発表するものの、収益モデルや集客プランが無いため、サービスTTCM社のCEO自体は、マーケットシェアの拡大に意欲的なのですが、どうも細かいエンドユーザーの使いやすさやサポートの重要性等と言うことになると、今のサービスに満足している感があり、ブランドや信頼性だけでは、コンシューマーマーケット、特に日本市場ではTraders Trustが高い評価を受けることは難しいのでは無いか...と感じました。

今後この辺の問題に真摯に取り組み、使い勝手の良いブローカーになっていくことを期待します。

各アカウント カバー比率

(MT4) スタンダード【STP】Market
100%
(MT4) ロースプレッド【STP】Market
100%
(MT4) ECN【ECN】
100%
 マリー取引(自社内で相殺)  カバー取引(CPに注文)

注文方式について

口座ごとの開設数(2016年)

  • (MT4) スタンダード
  • (MT4) ロースプレッド

調査時点でECN口座は未受付の為、集計数に含まれておりません

Traders Trust(トレーダーズ トラスト) 詳細情報

運営会社情報

会社名TTCM Traders Trust Capital Markets Limited.
ライセンスバヌアツ共和国金融当局(VFSC)
登録番号:40292
住所56 Theodorou Potamianou Aphrodite Court, 4th Floor, Limassol, 4155 Cyprus
創業2009年資本金非公開

サポートデスク

日本語サイトあり取引ツール日本語対応
日本語サポートあり日本人の在籍あり
電話サポート日本語対応電話番号+357-2520-7000
メールサポート日本語対応メールアドレスsupport@ttcm.com
サポート
対応時間(※)
夏時間:(月~金曜) 午後 3:00 ~ 午後 11:00
冬時間:(月~金曜) 午後 2:00 ~ 午後 10:00

日本時間

サービスと取引口座情報

取引口座の種類Metatrader4
スタンダードロースプレッドECN
発注方式STP方式(Market)ECN方式
スプレッド方式変動方式
取引口座の通貨日本円・米ドル・ユーロ・ポンド・スイスフラン
最大レバレッジ500 倍
初回最低入金額$ 100.00(USD) 相当$ 500.00(USD) 相当
最小注文数0.01 ロット (1,000通貨)
最大注文数
(合計最大注文数)
50 ロット(制限なし)
商品(銘柄)【FX/通貨ペア】:44 銘柄 【FX/金銀】:2 銘柄
【CFD/株価指数】:7 銘柄 【CFD/商品】:3 銘柄
取引可能時間【夏時間】:(月曜) 午前 6:05 ~ (土曜) 午前 5:55 (日本時間)
【冬時間】:(月曜) 午前 7:05 ~ (土曜) 午前 6:55 (日本時間)
表示通貨単位3桁 / 5桁表示
取引手数料(※)なし1.00 ロット/
$ 2.50 (USD)
口座維持手数料なし
複数口座の保有可能
GMT時差【MT4】 夏時間:+ 1 時間、冬時間:+ 0 時間

1注文あたりの手数料金額となります。

取引条件と預け金の保全ルール

ロールオーバー夏時間:午前 6:00、冬時間:午前 7:00 (日本時間)
マージンコール証拠金維持率が80%を下回った場合
ロスカット証拠金維持率が50%を下回った場合
両建て取引可能EAの使用制限なし
追加証拠金の請求なし (証拠金がマイナスになった場合、ゼロカットを実施)
預託金保管方法信託銀行による分別保管
主な信託先Barclays Bank、Credit Suisse 他
資金返還方法ICFの基準に則り、信託保全口座より最大EUR 20,000を補填

当社の「海外FX 業者レビュー」に掲載の情報は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。

もっとみる

なお、この情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社(FXplus)が独自に制作したものであり、当サイトに掲載されているデーターの無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、当社までご連絡ください。

かんたん口座開設かんたん口座開設

オフィシャルサイトへ

キャンペーン一覧 >

新着情報一覧

もっと見る

topへ