海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

ニュージーランド金融市場庁(NZFSP)

Titan FX (タイタン FX) - 主な特徴

New!おすすめ
Titan FX
Titan FX
Titan FX

トレード環境とバックオフィスの安定性が特徴、プロ指向のトレーダーからの支持が高いブローカー

Titan FX (タイタン FX) は、ニュージーランド金融規制庁(FSPR)の許認可を受け、2015年3月よりサービスを開始した新興ブローカーです。このブローカーの特徴は、ボーナスやキャンペーンは一切行わないというコンセプトのもと、口座タイプや取引銘柄(商品)を必要最小限に限定。その分、確実で信頼性のあるバックオフィス運営に重点をおくという運用方針を打ち出しており、そのコンセプトは新興ブローカーの中でも非常に高く評価され、海外を代表するブローカーの一社となりました。

Titan FX
Titan FX
Titan FX
Titan FX Titan FX Titan FX
主な特徴をまとめると

Titan FX(タイタン FX)とは

  • 2014年創業の新興ブローカー、日本へのサービスは、2015年からスタート。

  • ニュージーランドライセンスを保有し、信託銀行は信頼性の高いNABを利用。

  • 会社はニュージーランド本社、オーストラリア、インド、シンガポール、パキスタンがサポート拠点。

  • Pepperstoneの元運営メンバーが、ボードメンバーとして多数参加。サービスの質や、日本人サポートの評価は非常に高い。

  • 業界唯一の24時間日本語サポートを実施。

  • MT4ベースの"手数料無し+中スプレッド"の「スタンダード」口座と、"手数料あり+低スプレッド"の「ブレード」口座がある。

  • ゼロカットあり。(追い証の請求無し)

  • マスターカード、bitcoinの利用が可能。

  • 約定拒否や価格操作などの不正な操作の報告は無し。

Titan FX(タイタン FX)各種評価

スプレッド
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 0.5
4.5
サポート
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 0
4.0
信頼性
  • 1
  • 1
  • 1
  • 0.5
  • 0
3.5
各種ツール
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 0
4.0
入出金
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 0.5
4.5
総合
評価
4.1 / 5.0398 件)

Titan FX(タイタン FX)の成り立ち

Titan FX(タイタン FX)は、2014年、オーストラリア最大のFXブローカーである Pepperstoneを退社したスタッフを中心に、ニュージーランドで設立されたブローカーです。

日本人ユーザーでもよく知られるように、Pepperstoneは2010年にオーストラリアで設立し、ディーリングデスクを介さない透明性の高さと極狭スプレッドを売りに、日本人市場に一大ブームを巻き起こしたブローカーです。2014年10月、コンプライアンス上の理由による日本市場の撤退まで、A-Bookブローカーの代表的存在として世界中で高い人気を博しました。

その後、当時のPepperstoneの元シニアマネジャーが独立し『Titan FX LTD』を起業、後に当時の日本語サポートスタッフ等の運営チームが移籍し、現在のTitan FX(タイタン FX)は誕生しました。

Titan FX(タイタン FX)

透明性と極狭スプレッドをさらに向上

元々、「透明性の高さと極狭スプレッド」をアイデンティティとしたチームによって運営されているサービスだけあって、そのトレードクオリティは新興ブローカーとは思えない程高品質なスキームに仕上がっています。

15を超えるプライムブローカーと、リクイディティを確保し、常に顧客に対し安定して最良のプライスを提供できるバンクボーンを完備。また、完全DMA(Direct Market Access)の欠点である約定力については、膨大な取引量を誇る、プライベートヘッジファンドのダークプールを利用することにより、顧客からの注文をグループ内でマッチングし、顧客の約定条件が不利にならないよう、常に市場の動きをモニタリングしています。

プライムブローカー

オーストラリアNo1銀行 NABによる信託保全

加えて、顧客の資金については、世界で安全な銀行TOP10にランキングされる「ナショナルオーストラリア銀行(NAB)」を信託銀行としています。どうしても、ニュージーランド金融規制庁(FSPR)という信頼性の低いライセンスにより運営しているブローカーだけあって、顧客に対し信頼性を高めるよう、独自の顧客資金のガイドラインを設け運営しているようです。

NABに関しては、Titan FXのクライアントキャビネット内のクレジットカード決済ゲートウェイや、海外送金時の送金先銀行口座にも指定されており、昨今、KYCルールやAML(マネーロンダリング防止法)により、大手銀行がFXブローカーとの取引を避ける中、良好な関係を保っていることが伺えます。

  • National Australia Bank
    <National Australia Bank>

Titan FX(タイタン FX)サービス内容

Titan FX(タイタン FX)は、一般トレーダー向けに『MetaTrader4』プラットフォームの「スタンダード アカウント」、「ブレード アカウント」の2つの口座タイプを提供しています。

『MetaTrader4』

スタンダード アカウント

「スタンダード アカウント」は、STP方式(インスタント・エクスキューション)の、口座タイプになります。DMAスプレッドは、次のグラフを見て分かるとおり、主なブローカーのスプレッドと比較しても、ほとんどの時間帯で最も狭い値を保持しています。

<メジャー3ブローカー「スタンダード口座」のリアルタイムスプレッド>

約定力については、Titan FXでは、DMA方式と称していますが、すべての注文がカバー先にダイレクトにオーダーされる訳ではありません。先にも述べたとおり、自社グループで持つダークプールの許容量が大きいため、市場(プライムブローカーやPOP)で約定できない注文については、自社グループ内のダークプールでマッチングし相殺している模様です。そのため、狭いスプレッドをキープしつつ高い約定力を誇っているのだと考えます。DMAと呼ぶ定義は非常に難しいですが、Titan FXから見れば、CPはもちろん自社グループ内のダークプールも自社では無いという解釈から、DMA方式を名乗っているのでしょう。

ブレード アカウント

Titan FXの「ブレード アカウント」は、ECNマーケットにオーダーできるわけでは無く、ECNタイプの口座体系、つまり、スプレッドを低く設定し取引ごとに手数料(1.00 ロット/$ 3.50)を徴収する方式の口座タイプであるとご理解ください。

これは、数年前、ECNが世界的に流行したため、ブローカーはこぞってECN市場へダイレクトにアクセス出来るプラットフォーム(デュカスコピー「j-Forex」、Currenex等)を採用し、ECNサービスを提供しましたが、流動性の少ない市場であるが故、約定力に不満を持つ顧客が増加。そのためブローカー各社は、実際にはECN市場ではなく、既存のカウンターパーティに発注を行うが、取引条件(低スプレッド+取引手数料)のみを継承したタイプの口座を「ECN」と便宜上呼ぶようになりました。Titan FXの「ブレード口座」も、この便宜上のECNタイプのアカウントになります。

しかしながら、この「ブレード口座」のポテンシャルは非常に高く、Titan FXで口座を開設するなら、「ブレード口座」に圧倒的な優位性があるように思えます。

次の2つのグラフは、主なブローカーのECN方式の口座の「スプレッド」を単純に比較したものと、手数料をスプレッドとして加算した場合の「スプレッド」を比較したグラフになります。

まずは、通常のスプレッドの値を比較したものが次になります。

<メジャー3ブローカーECN口座のリアルタイムスプレッド>

この値だけを見ると、XMがスプレッド的に最も有利なことが解ります。しかしここに、取引手数料をpipsに換算しスプレッドに上乗せすると、次のようになります。(XM 5.0ドル=0.5pips、AXIORY 3.0ドル=0.3pips、Titan FX 3.5ドル=0.35pipsを加算)

<メジャー3ブローカーECN口座のリアルタイムスプレッド(手数料を加算)>

この値を見て分かるとおり、XMはスプレッドは非常に低く設定されていますが、取引手数料が非常に高いため、実際にこの手数料を加算した場合、Titan FXとほぼ変わらない水準になります。このように、手数料を加算した場合の取引コスト全体まで考えると、非常に有利な条件で取引が出来ることが分かります。


入出金とクライアントキャビネット(ユーザー管理画面)

Titan FX(タイタン FX)の取引口座に入金するには、クレジットカード、国内銀行送金、海外銀行送金の他、2017年4月よりビットコインによる入出金が可能となりました。リアルタイムに入金には、クレジットカードのほか、国内銀行送金を利用した場合でもほぼリアルタイムに取引口座に資金が反映される仕組みを利用しているようで、日本国内から指定銀行あてに送金すると、銀行営業時間内でしたら、5分ほどで取引口座に送金した資金が加算されている事を通知するメールが届きます。

クライアントキャビネットの使い勝手については、他社と比較すると分かりにくい部分もありますが、ビットコインやウォレットサービス等の新しい決済手段をアグレッシブに導入する方針は、決済手段が少なくなっている中、非常に安心感を受けます。

クライアントキャビネット「取引口座」画面

クライアントキャビネット「取引口座」画面


日本語サポートデスク

日本語サポートデスクは、海外FXブローカーの中では唯一24時間サポートを実施しており、取引が開始される月曜日の午前6:30から、土曜日の午前0:00(金曜日の24時)まで24時間体制で顧客のサポート業務を行っています。

日本語サポートデスクのクオリティーについては、新興ブローカーとはいえ、長年のキャリアを持ったスタッフが多く存在する会社なので、カスタマーサポートについてもストレスを感じること無く的確な回答と迅速な対応を期待できます。

総合的な評価とコメント

顧客の継続性が最も高いブローカー

Titan FXは、それまでのPepperstoneのサービス方針を受け継いだブローカーだけあって、非常にトレード重視、スペック重視のブローカーです。ボーナスは全くなし、目立ったキャンペーンも未だ実施した記憶がありません。その分、スプレッドや取引手数料などの取引に係るコストを極力低く抑え、トレードの品質を一定に保つ努力が伺えます。

先にも説明しましたが、Titan FXの2種類の口座タイプで、最もトレードに有利なのはECNタイプの「ブレード口座」です。実質のバックボーンはECN方式ではありませんが、「低スプレッド+手数料」タイプの口座では、他社と比較しても最も顧客に有利なスプレッドでトレードできます。(2017年4月現在の他社比較)

このように、安定したサービスを打ち出しているTitan FXも、設立当初は顧客の数が少ない中、低スプレッド+低スプレッドを打ち出し、非常に薄利な収益構造のブローカーであることから、ゼロカットの方針を打ち出すことに非常に難色を示す程でした(ゼロカットの費用はすべてブローカーの持ち出しになるため)。しかし、世間のブローカー品質の向上とサービスの多様化をうけ、2016年の2月、サーバーバックボーンの再構築、クライアントキャビネットのリニューアル、サポート体制の強化、ゼロカット指針などを盛り込んだ新たなサービス指針「ZERO POINT(ゼロポイント)」を発表し、創業時とは比べものにならない程高いトレード品質を備えたブローカーとして、実質の再始動を遂げ現在に至ります。

他にも、このブローカーの特徴としては、何か業界全体で新しいサービスが誕生すると、いつも真っ先に導入するのがTitan FXという印象があります。特に決済系については顕著で、国内銀行送金のリアルタイム入金や、ビットコインの導入についてもTitan FXが先陣を切ってスタートしたと記憶しています。

このような運営方針が理解され(たかどうかは分かりませんが)、Titan FXは、口座を開設し取引を行った顧客が、他のブローカーに乗り換える客の数が最も少ないブローカーとして、その割合を今も継続的に維持しています。思うに、ボーナス等で開設する客が少ない分、全くの初心者というよりは、ある程度のトレードボリュームがある顧客がTitan FXの魅力に惹かれて利用していると見受けられ、トレード品質を重視しているTitan FXの方針と顧客の要望が合致し満足度が高くなり、継続的な利用につながってるのだと見受けられます。

顧客からの意見としては、クライアントキャビネットの説明が初心者には分かりにくいなどの、若干の不満も見受けられますが、Titan FX自体もこれらの不満を解消すべくブログによる情報配信をはじめたり、専門のアナリストと提携し、相場情報の配信を開始したりと、初心者でも分かりやすいサービスを提供する取り組みを始めているので、今後ユーザー層が拡大するブローカーであると考えます。

各アカウント カバー比率

(MT4)スタンダード【STP】Instant
100%
(MT4)ブレード【ECN】
100%
 マリー取引(自社内で相殺)  カバー取引(CPに注文)

注文方式について

口座ごとの開設数(2016年)

  • (MT4)スタンダード
  • (MT4)ブレード

Titan FX(タイタン FX)詳細情報

運営会社情報

会社名Titan FX Ltd.
ライセンスニュージーランド金融市場庁(NZFSP)
登録番号:FSP388647
住所Level 4, 228 Queen Street Auckland 1010
創業2014年資本金非公開

サポートデスク

日本語サイトあり取引ツール日本語対応
日本語サポートあり日本人の在籍あり
電話サポート日本語対応電話番号+64-9951-5711
メールサポート日本語対応メールアドレスsupport.jp@titanfx.com
サポート
対応時間(※)
月曜 午前 6:30 ~ 土曜 午前 0:00(24:00)

日本時間

サービスと取引口座情報

取引口座の種類Metatrader4
スタンダードブレード
発注方式STP方式(Instant)ECN方式
スプレッド方式変動方式
取引口座の通貨日本円・米ドル・ユーロ・豪ドル・シンガポールドル
最大レバレッジ500 倍
初回最低入金額$ 200.00(USD)相当
最小注文数0.01 ロット(1,000通貨)
最大注文数
(合計最大注文数)
100 ロット(20,000ロット)
商品(銘柄)【FX/通貨ペア】:57 銘柄 【FX/金銀】:6 銘柄
【CFD/株価指数】:9 銘柄 【CFD/商品】:3 銘柄
取引可能時間【夏時間】:(月曜)午前 6:01 ~ (土曜)午前 6:55 (日本時間)
【冬時間】:(月曜)午前 7:01 ~ (土曜)午前 7:55 (日本時間)
表示通貨単位3桁 / 5桁表示
取引手数料(※)無し1.00 ロット/$ 3.50 (USD)
口座維持手数料なし
複数口座の保有可能
GMT時差【MT4】 夏時間:+ 3 時間、冬時間:+ 2 時間

1注文あたりの手数料金額となります。

取引条件と預け金の保全ルール

ロールオーバー夏時間:午前 6:00、冬時間:午前 7:00 (日本時間)
マージンコール証拠金維持率が90%を下回った場合
ロスカット証拠金維持率が20%を下回った場合
両建て取引可能EAの使用制限なし
追加証拠金の請求なし(証拠金がマイナスになった場合、ゼロカットを実施)
預託金保管方法信託銀行による分別保管
主な信託先National Australia Bank 他
資金返還方法National Australia Bank 保全口座より口座資金全額を返還

当社の「海外FX 業者レビュー」に掲載の情報は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。

もっとみる

なお、この情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社(FXplus)が独自に制作したものであり、当サイトに掲載されているデーターの無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、当社までご連絡ください。

かんたん口座開設かんたん口座開設

オフィシャルサイトへ

Titan FX 特設サイトへ

キャンペーン一覧 >

新着情報一覧

もっと見る

topへ