海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

初めてでもわかりやすい

FX用語解説集

スプレッド

UPDATE2018.06.26

特定の通貨を売買するときには、買値と売値で金額が異なっているのが通常です。スプレッドとは、「広がり」という意味であり、取引通貨ペアの提示レートの買値(Bid)と売値(Ask、Offer)の差額をいいます。ただし、広義では国別の国債や金利の差額をスプレッドと呼び、bpsという単位で表すこともあります。

この差額が毎回の取引コストとしてかかるため、スプレッドが狭いことは為替取引(FX)ブローカーを選ぶ際に、重要な判断材料となります。

また、スプレッドは取引コストとして、毎回の取引ごとにかかってきますので、できる限りスプレッドの幅が小さいFX業者を選ぶことによって利益は出しやすくなるといえます。

スプレッド単体で見るとそこまで大きな差はないように感じたとしても、取引金額が大きくなれば、それに応じてスプレッドによるコストも大きくなってきますので、証券会社を選ぶ際の重要な指標のひとつとなっているのです。

各銘柄の間には必ず価格差や利回り差などのスプレッドが発生し、そこに投資機会があるため、これを利用した取引のことを「スプレッド取引」といい、また利回り差のことを「イールドスプレッド」などといいます。

読み方

スプレッド・すぷれっど

同意語

広がり

関連する用語

よく検索される用語

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE作成日:

キーワードから探す

当社の「FX用語解説集」に掲載の情報は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。

もっとみる

なお、この情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社(FXplus)が独自に制作したものであり、当サイトに掲載されているデーターの無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、当社までご連絡ください。

FX用語解説集 カデゴリー

メニューを閉じる