海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

初めてでもわかりやすい

FX用語解説集

建玉数量

DATE2018.07.31

建玉数量とは、FXの1回の取引における通貨量(取引単位)をいいます。ロットや枚(まい)とも表現します。主に、1建玉=10万通貨、0.1建玉=1万通貨と表現する場合が多く、例えば、ドル円トレードの場合、1建玉の取引とは、10万ドル分のトレードに値します。

具体的に取引に置き換えると、0.1建玉(1万通貨)で取引すると、1銭の値動きで約100円の損益が出て、1.0建玉(10万通貨)で取引すると、1銭の値動きで約1000円の損益が出ることになります。

建玉数量は各通貨ペアやFX会社によって異なるため、気を付ける必要があります。たとえば、1アメリカドル100円のときに1建玉買って95円で損切した場合、1建玉=1万通貨であれば5万円の損失ですが、1建玉=10万通貨であると50万円の損失となります。

このように、建玉数をよく確認せずに取引を開始してしまうと、思いがけない損失が発生する恐れがあります。建玉数量はアメリカドルやユーロなどの主要な通貨であれば1建玉=1万通貨である場合が多いです。

一方で、日本円に対して比較的弱い通貨である南アフリカランドやメキシコペソなどの先進国通貨では、1建玉=10万通貨ということがよくあります。また、FX会社によっては初心者用にリスクを抑えた建玉の低い取引を扱っているケースもあり、1建玉=1000通貨というものもあります。

読み方

タテギョクスウリョウ・たてぎょくすうりょう

同意語

ロット

関連する用語

よく検索される用語

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

キーワードから探す

当社の「FX用語解説集」に掲載の情報は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。

もっとみる

なお、この情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社(FXplus)が独自に制作したものであり、当サイトに掲載されているデーターの無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、当社までご連絡ください。

FX用語解説集 カデゴリー

topへ