FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

FXplus

思いたったら即取引が可能!

スピーディーな口座開設・入出金

口座開設から入金・取引開始まで僅か30分あまり

口座開設から入金・取引開始まで僅か30分あまり

FX取引を始めよう!と思い立ったその日に手続き完了

日本のFXブローカーでは、お申込から口座開設完了までに平均3~5営業日を要しますが、海外FXの口座開設は、お申込から最短30分程度、遅くとも1営業日中には口座開設が完了しお取引が可能となります。一般的な海外FXブローカーでは、「身分証明書」「現住所証明書」といった証明書の提出が必要ですが、近頃は「身分証明書」のみ、または証明書の提出なしで取引口座を提供するブローカーも増えており、口座開設時のお客さまの手間と待ち時間を出来るだけ省き、スムーズなお取引が出来るよう、様々な工夫がされています。FX取引を始めよう!と思い立ったその日に口座開設、お取引を開始できることは、海外FXの大きな利点と言えるでしょう。


口座開設は全てオンラインで完結

証明書や契約書類の郵送は不要

日本のFXブローカーで口座開設契約を行う場合、申込後、送付された申込書類に必要事項を入力・捺印し、口座開設の際に必要となる、「身分証明書」「現住所証明書」といった証明書をコピーして、書類を郵送する・・・といった諸々の手続きが必要となります。海外FXブローカーの場合、お申込や必要書類の送付は、全てオンライン受付に対応しています。デジタルカメラやスマートフォンで撮影した証明書をWebサイト上から、もしくは、電子メールで送付いただくだけで、お申込が完了します。書類郵送の手間がなく、パソコンやスマートフォンがあればお申込できますので、迅速な口座開設が可能となります。

証明書や契約書類の郵送は不要

口座開設後のお手続きも全てペーパーレス

口座開設が完了しますと、アカウント情報がご登録のメールアドレスへ送付され、口座開設後すぐにお取引を行うことが出来ます。口座開設時、及び、口座開設後もブローカーからダイレクトメールや郵便物が届くことはありません。また、お引越しなどにより、ご登録内容の変更が必要な場合であっても、全てオンライン上での変更が可能ですので、口座開設後もペーパーレスでの手続きが可能です。

口座開設後のお手続きも全てペーパーレス


国内・海外FXの決済方法の違い

日本のFXブローカーの場合

日本のFXブローカーの場合、取引口座への入金方法として、銀行送金でFX会社の指定口座に資金を振り込む「クイック入金」という方法が一般的です。「クイック入金」をご利用する場合は、ブローカーが提携している金融機関名義の銀行口座を開設後、事前にインターネットバンキング契約を行う必要があります。インターネットバンキング契約がない場合、ATMや窓口からの銀行振り込みによる入金が可能ですが、入金反映までに時間を要することや、振込手数料が発生する場合があります。また、入出金については、いずれも銀行送金によるお手続きに限定されます。

日本のFXブローカーの入出金方法

<日本のFXブローカーの入出金方法>

海外FXブローカーの場合

一方、海外FXブローカーの場合、世界各国のトレーダーが様々な通貨による資金の入出金を行うため、銀行送金だけではなく、「クレジットカード」や「デビットカード」、「バーチャルマネー」、「オンラインウォレット」など、日本のFXブローカーでは対応していない様々な決済方法を提供しています。そして、そのほとんどは、リアルタイムで取引口座に入金反映されますので、スムーズにお取引を始めることができます。

海外FXブローカーの入出金方法

<海外FXブローカーの入出金方法>

また、ほとんどの海外FXブローカーでは、日本円の取引口座を用意しております。日本円ベースのクレジット/デビットカードから、日本円の取引口座へ入金を行う際、為替による差損や手数料を考える必要はありません。日本円ベースのクレジット/デビットカードから、日本円以外の取引口座へ入金を行う際は、取引口座の通貨単位に合わせて自動的に為替計算が行われ、決済時の所定レートでスムーズに入金反映が行われます。


スピーディーな入金反映はクレジットカードで

海外FXブローカーで最も一般的な入金方法は、クレジット/デビットカードです。日本で発行されたクレジットカードの場合、ショッピングの利用限度額を上限として、デビットカードの場合はご利用限度額を上限として、取引口座に資金を入金することが出来ます。この項目では、なぜ海外FXではクレジットカードの人気が高いのか、その秘密についてまとめます。

人気の理由はリアルタイム入金反映・手数料無料

クレジット/デビットカードの人気の秘密は、その利便性にあります。クレジット/デビットカードによる入金の場合、手続き後リアルタイムで資金が反映されますので、口座開設後、すぐにお取引を開始したい場合や、お取引時の急激な市場の変化により、即追加入金が必要な場合にはおすすめの決済方法といえます。また、多くの海外FXブローカーでは、取引時間帯のみならず、土日や取引時間外であってもリアルタイムでの入金反映が可能ですので、事前に入金を行い、戦略を練って今後の取引に臨むことができます。

また、クレジット/デビットカード利用の場合、ほとんどのブローカーで入金手数料、および、出金手数料が無料というのも大きなメリットです。クレジット/デビットカードへの出金、というと、馴染みのない方も多いかと思います。店頭などでカードを使ったお買い物をした後、商品の返品を行った場合に、マイナス計上が行われますが、クレジット/デビットカードへの出金は、これと同様の返金手続き(リファウンド処理)をFXブローカーが行う事により、お客さまのカードに資金を戻す仕組みです。

さらに、クレジットカードによるご入金は、海外でのショッピング利用枠の利用となりますので、お持ちのクレジットカードでポイントプログラムに登録している場合、ご入金額分がクレジットカードのポイントとして付与される点も、魅力の一つとなっています。ポイントの獲得のみならず、カードステージの維持やランクアップなど、FXを通じてよりお得なカード利用が期待できます。

人気の理由はリアルタイム入金反映・手数料無料

セキュリティ強化や消費者保護も考慮

このように、使い勝手の良いクレジット/デビットカードですが、ご利用のルールとして、カード名義と取引口座の保有者名義が同一である必要があります。これは、マネー・ロンダリング(資金洗浄)を防止するためだけではなく、カードの不正利用を未然に防ぐといった、消費者保護の目的もあります。そのため、ご家族・ご友人等、第三者のカードを利用して、別名義の取引口座へ入金をすることは認められていません。

資金洗浄(しきんせんじょう)とは、犯罪によって得られた収益金の出所などを隠蔽して正当な手段で得たお金と見せかけることで、一般市場で使っても身元がばれないようにする行為である。

資金洗浄・マネーロンダリング - Wikipediaより引用

また、各種クレジットカード会社では、3Dセキュアの導入をすすめており、より高いセキュリティレベルでのカード利用が可能となっています。さらに、海外FXブローカーにより、お客さま保護や、カードの真偽性を確認するという観点から、初回カードご利用時までに、カードのスキャン(写し)を提出し、ご利用カードの安全性を確認しています。

3Dセキュア(すりーでぃーせきゅあ)とは、クレジットカードによるネットショッピングの決済時に利用される本人認証サービスである

3Dセキュア - Wikipediaより引用

  • VISA
  • MASTER CARD
  • JCB

海外でのクレジットカード利用というと、言語の問題やトラブル等、不安に感じる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、実際の利用方法は、日本国内でのオンラインショッピングやカード利用と変わりません。また、各ブローカーでは、世界中のトレーダーからのあらゆる通貨での入出金を管理すべく、高いレベルでのセキュリティを維持する努力を日夜行い、快適でスムーズな入出金に努めています


日本国内銀行送金による入金も可能

海外FXというと、海外へ資金を送金しなければ取引ができない、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、日本国内銀行口座への入金も可能です。これは、銀行の銀行窓口やATM、オンラインバンキングを利用して、海外FXブローカーの指定する、日本の銀行の口座に振込を行う方法です。指定口座に着金後、ブローカー側での確認が完了しますと、トレード口座に資金が反映される仕組みになっています。

昨今では、日本の銀行を利用して資金入金を受け付けるブローカーが続々増えており、入金反映までの所要時間は最短で10分程度というブローカーも珍しくありません。クレジットカードをお持ちでない方はもちろん、国内振込手数料のみで簡単に入金が完了するという手軽さや、クレジットカードのような入金限度額による制限がないことから、最も人気の高い入金方法となっています。

  • eprotections
  • mybitwallet

このように、海外FXブローカーでは、口座開設から入出金まで、できる限りお客さまの手間や労力をかけないように努め、多様化しているお客様のニーズを満たすべく、世界レベルでのサービスの向上を図っています。

関連する記事

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ