海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

ケイマン諸島金融庁(CIMA)

Tradeview (トレードビュー) - 主な特徴

FxPro
FxPro
FxPro

豊富なプラットフォームと最狭スプレッドが特徴のケイマンの老舗ブローカー

Tradeview(トレードビュー)は、イギリス領ケイマン諸島金融庁(CIMA)のライセンスを保有するブローカーです。創立は、2004年と、老舗ブローカーではありますが、日本語のサービスを開始したのは2016年とまだ浅く、一部のサービスにおいてはまだ日本人仕様となっていない部分も目立ちます。そのため初心者には、使い勝手がよくないと感じる箇所は多々ありますが、多少慣れた中級者の方であれば、スプレッドが低く、豊富なプラットフォームをそろえている点などからも、トレード環境のスペックが高いブローカーであるといえるでしょう。

Tradeview
Tradeview
Tradeview Tradeview
主な特徴をまとめると

Tradeview(トレードビュー)とは

  • 2004年創業の老舗ブローカー、日本へのサービスは2016年からスタート。

  • 本社は、アメリカ・ニューヨーク州が拠点。

  • 人数は少ないが、日本人による24時間サポート体制。

  • MT4、MT5、cTraderなど、多様なプラットフォームを用意。

  • スプレッドが狭く、スキャルピング向け。

  • ケイマン諸島や、マレーシアのラブアン島などのオフショアライセンスで運用。

  • 信託保全あり、最大USD 35,000を補填。

Tradeview(トレードビュー)各種評価

スプレッド
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 0.5
4.5
サポート
  • 1
  • 1
  • 1
  • 0
  • 0
3.0
信頼性
  • 1
  • 1
  • 1
  • 0
  • 0
3.0
各種ツール
  • 1
  • 1
  • 1
  • 0
  • 0
3.0
入出金
  • 1
  • 1
  • 1
  • 0.5
  • 0
3.5
総合
評価
3.4 / 5.0112 件)

Tradeview(トレードビュー)の成り立ちと運営会社

Tradeview(トレードビュー)は、アメリカ・ニューヨーク州のマンハッタンに本社を構える会社です。Tradeviewを務めるTimothy Furey氏は、元米国三大投資銀行の一つであるメリルリンチ銀行や、シカゴ商品取引所での勤務を経て、ODL Securities, Inc.(2010年にFXCM社によって買収)にてCEOを務めるなど、FX業界に20年以上関わり、業界に精通した人物です。最高のトレード環境を実現するために情熱を傾け2004年に創立した会社が、Tradeviewとなります。

サービス内容

Tradeviewは、「Tradeview Forex」という名のもと、一般トレーダー向けにFX・CFD取引を提供している他、「Tradeview Stocks」というブランドで、MetaTrader5等のプラットフォームを介した現物株式の取引サービスも提供しています。Tradeview Stocksでは、世界各国の500以上の銘柄の取引が可能で、現状日本のユーザーはあまりいないようですが、日本語のサイトやサポート対応が用意されています。そのほかにも「Tradeview Prime」というサービス名でプライムブローカー事業も展開する等、幅広い商品を提供しています。

Tradeview

ライセンスと信託保全

Tradeview(トレードビュー)は、ケイマン諸島金融庁(Cayman Islands Monetary Authority)のライセンスを保有しているブローカーです。また今年の5月には、マレーシアのラブアン金融庁(Labuan Financial Services Authority)のライセンスも取得しています。オフショア国のライセンスを保有しているブローカーは、実際にライセンス登録している国とは別の国に本社を置いて運営していることがほとんどで、Tradeviewも同様、本社はアメリカ・ニューヨーク州に置いています。

顧客からの預かり資金については、スペイン最大級の銀行であるSantander Bankの信託口座に分別管理しており、外部会計監査機関 Mainstream Group Holdings LTD( 旧 FundAdministration)との信託契約の下、会社の破綻時には最大USD 35,000までを補償しています。


Tradeview(トレードビュー)のアカウントの種類

Tradeview(トレードビュー)は、一般トレーダー向けに『MetaTrader4』と『MetaTrader5』、『cTrader』の3種類のプラットフォームを提供しており、次のような口座タイプを提供しております。

『MetaTrader4』と『MetaTrader5』、『cTrader』

MT4X(エックス)レバレッジ口座

MT4Xレバレッジ口座は、最もスタンダードなSTP方式(マーケット・エクスキューション)の口座になります。スプレッドは変動方式で、他のブローカーと比較すると、それほど狭いスプレッドとは言えないようです。Tradeviewでは、STP方式の口座はこのMT4Xレバレッジ口座のみとなります。

<他ブローカー「スタンダード口座」のリアルタイムスプレッド比較>

MT4ILC(アイエルシー)口座

MT4ILC口座は、ECN方式(マーケット・エクスキューション)の口座で、取引毎に手数料(1.00 ロット/$ 2.50)が発生します。供給元から受け取ったプライスをそのままユーザーに提供し、Tradeviewはこの取引手数料だけを収益にしているため、コストに対しての透明性は高い方法となります。ただし、ECN口座と唄ってはいますが、Xレバレッジ口座のプライスの動きと比較すると、同じような動きをしており、どうみてもXレバレッジ口座はILC口座にマージンをのせて、提供しているようにしかみえません。さらに、両口座とも「Tradeview-Live」という1つのMTサーバーのみ提供していることからも、どうもリクイディティは同じように思えてしまいます。リクイディティが同じだとすると、取引手数料の$2.50を吟味しても、ユーザーにとって最も有利に取引できるのは、ILC口座となります。ECN市場に直結したい、と希望しているユーザーにとっては、少し際どい口座かとは思いますが、低いコストで取引する上ではおすすめの口座であるといえます。
ちなみに、ILC口座とは、Innovative Liquidity Connectorの略で、革新的なリクイディティの提供ということで、極狭スプレッドであることを表現しているようです。

<Xレバレッジ口座とILC口座のリアルタイムスプレッド比較>

MT5口座とcTrader口座

MT5口座とcTrader口座も、MT4ILC口座同様、ECN方式(マーケット・エクスキューション)となります。スプレッドも、MT4ILC口座と同じスプレッドが適用されており、一部プラットフォームによって提供している商品が異なるようですが、ほとんど同じ条件で取引頂けますので、ご希望のプラットフォームを選択頂けます。MT5口座とcTrader口座においては、STP方式の口座タイプは提供しておらず、ECN口座のみを提供していることからも、ECN口座をメインに売り出しているようです。


入出金と日本語サポートデスク

入金に関しては、クレジットカード、銀行送金、bitwalletに対応しています。しかし、入金手続きを行ってから、口座に反映されるまでに少々時間がかかります。従って、クレジットカードやbitwalletにて入金しても、即座に取引口座に加算はされませんのでご注意ください。

出金については、特に他のブローカーと大差はありませんが、カードによる出金申請が、カード入金後1カ月に行わなくてはいけない、という制限がかけられています。ウェブサイトには、他ブローカー顔負けの数の入出金オプションが紹介されていますが、海外銀行送金においても、ヨーロッパの銀行を利用していることから、審査等が厳しく追加での証明書の要求があるなど煩わしい作業が多く、実質日本人ユーザーが利用できる出金方法は、bitwalletだけと見た方がよさそうです。

日本語サポートデスクは、メールでのみサポートを行っており、 対応は全て日本人が担当しています。ただし在職している人数が4人と少なく、本社のアメリカ、欧州、アジア地域にそれぞれ配置され、いちおう24時間カバーはしているものの、口座開設手続きが所定の時間よりも遅れたり、お問い合わせの返信も迅速に返ってこなかったり、という面が多々見られます。以前は、チャットサポートも対応していたようですが、対応がまわらず、現在はチャットでのサポート対応は停止としているようです。昨今どこのブローカーでも当たり前のようになっているチャットサポートが利用できないとなると、サービスの即時性が欠けてしまうという点では、いくら日本人スタッフが在職していたとしても、不便さを感じてしまいます。

総合的な評価とコメント

トレード環境は好条件でも、ユーザビリティは低いブローカー

創立から15年という長い実績をもつTradeviewですが、メンバーも金融業界にて長年のキャリアを築いてきた人物達が集まっており、経験豊かなエキスパートが蓄積されたブローカーであります。 最狭スプレッドや、低い取引手数料といった好条件を提供しながら、安定した約定力、そして様々な商品数や、豊富なプラットフォーム数を揃えており、Tradeviewが売り文句にしていることからも、他社と比較した場合、トレード環境のスペックの高さは上位に入るように思えます。日本ユーザーへは提供していませんが、Viking(Currenex)のプラットフォームも提供していたり、ブランド名は異なりますが現物株式も提供するなど、提供商品からも、長年の実績をもつTradeviewの得意分野をうかがうことができます。

一方で、ユーザー管理画面等の運用をみると、ユーザビリティは非常に低く、こういったサービスの方には、あまり力を入れているブローカーとはいえないようです。 この点が、Tradeviewを利用する上で一番不便さを感じてしまうのですが、ユーザーが入出金や口座の管理を行うユーザーの管理ポータルなのですが、これが、MT4や、MT5、cTrader等プラットフォーム毎に異なっている上、さらには同じプラットフォームの口座でさえも、ユーザー管理画面で一元管理ができない、という始末です。1口座だけを運用するならまだしも、複数口座を運用するユーザーにとっては、ここが大きな壁になりそうです。

Tradeviewですが、創立15年の老舗ブローカーですが、日本市場を開拓し始めたのは2年前と、まだ経験が浅く、日本でもあまり名の知れたブローカーではありません。ここ2年で着々と日本ユーザーを確保していっているようですが、ユーザー管理画面の便宜性は、ブローカーを運用する上でかかせないものであり、この点が改善しないといくらトレーディング環境が整っていても日本市場での成功は難しいと思います。

オフショアライセンスで運用しているTradeviewですが、昨今、欧州での規制強化に伴い、大手海外ブローカーさえもオフショアライセンスへの移行にどんどんと踏み出しており、信用度の高い国のライセンスにこだわるブローカーも減ってきたように思えます。それよりも規制の影響を受けて、提供したいサービスを提供できなくなる、という状況を避けるべく、複数のライセンスを準備しておくことに注力しているようです。ケイマン諸島のライセンス1本であったTradeviewも、今年の5月にラブアンのライセンスを取得し、もしもの時の備えを用意しています。また、Tradeviewは、ラインセンスとは別に、信託保全を提供しています。ライセンスを気にするユーザーは少ないですが、この信託保全においては、あるのとないのとで、ユーザー側の安心感は全く異なります。海外ブローカーの利用で、大きなリスクともいわれる信託保全が保証されているということは、大きなメリットだといえるでしょう。

Tradeview(トレードビュー)詳細情報

運営会社情報

会社名Tradeview Ltd.
ライセンスケイマン諸島金融庁(CIMA)
登録番号:CIMA License No. 585163
住所94 Solaris Avenue. Suite 1348 Camana Bay, Grand Cayman, KY1-1108, Cayman Islands
創業2014年資本金非公開

サポートデスク

日本語サイトあり取引ツール日本語対応
日本語サポートあり日本人の在籍あり
電話サポート日本語対応電話番号+1-345-945-6271
メールサポート日本語対応メールアドレスjapanesesupport@tvmarkets.com
サポート対応時間(※)(月~金曜)24時間

日本時間

サービスと取引口座情報

取引口座の種類Metatrader4Metatrader5
XレバレッジILCECN
発注方式STP(Market)方式ECN 方式
スプレッド方式変動方式
取引口座の通貨日本円・米ドル・ユーロ・ポンド・スイスフラン・カナダドル・豪ドル・メキシコペソ・南アフリカランド
最大レバレッジ500 倍200 倍200 倍
初回最低入金額$100.00(USD)
相当
$1000.00(USD) 相当
最小注文数0.01 ロット
(1,000通貨)
0.1 ロット
(10,000通貨)
0.1 ロット
(10,000通貨)
最大注文数
(合計最大注文数)
75/26,250ロット
商品(銘柄)【FX/通貨ペア】:70 銘柄
【CFD/貴金属】:3 銘柄
【CFD/株価指数】:10 銘柄
【CFD/商品】:3 銘柄
【CFD/株式】:36 銘柄
【CFD/仮想通貨】:5 銘柄
57銘柄
3銘柄
9銘柄
3銘柄
-
5銘柄
取引可能時間【夏時間】:(月曜)午前 6:00 ~ (土曜)午前 5:55 (日本時間)
【冬時間】:(月曜)午前 7:00 ~ (土曜)午前 6:55 (日本時間)
表示通貨単位1桁 / 2桁 / 3桁 / 5桁表示
取引手数料(※)なし1.00 ロット/$ 5.00 (USD)
口座維持手数料50ドル相当(90日間取引の無い場合)
複数口座の保有可能
GMT時差夏時間:+ 3 時間、冬時間:+ 2 時間

1注文あたりの手数料金額となります。

取引口座の種類cTrader
ECN
発注方式ECN方式
スプレッド方式変動方式
取引口座の通貨日本円・米ドル・ユーロ・ポンド・スイスフラン・カナダドル・豪ドル・メキシコペソ・南アフリカランド
最大レバレッジ400 倍
初回最低入金額$1000.00(USD)相当
最小注文数0.01 ロット (1,000通貨)
最大注文数
(合計最大注文数)
75/26,250ロット
商品(銘柄)【FX/通貨ペア】:41 銘柄 【FX/貴金属】:2 銘柄
【CFD/株価指数】:10 銘柄 【CFD/商品】:2 銘柄
【CFD/仮想通貨】:5 銘柄
取引可能時間【夏時間】:(月曜)午前 6:00 ~ (土曜)午前 5:55 (日本時間)
【冬時間】:(月曜)午前 7:00 ~ (土曜)午前 6:55 (日本時間)
表示通貨単位1桁 / 2桁 / 3桁 / 5桁表示
取引手数料(※)1.00 ロット/$ 5.00 (USD)
口座維持手数料50ドル相当(90日間取引の無い場合)
複数口座の保有可能
GMT時差夏時間:+ 3 時間、冬時間:+ 2 時間

1注文あたりの手数料金額となります。

取引条件と預け金の保全ルール

ロールオーバー夏時間:午前 6:00、冬時間:午前 7:00(日本時間)
マージンコールなし
ロスカット証拠金維持率が100%を下回った場合
両建て取引可能EAの使用制限なし
追加証拠金の請求なし (証拠金がマイナスになった場合、ゼロカットを実施)
預託金保管方法信託銀行による分別保管
主な信託先Santander Bank
資金返還方法Mainstream Group Holdings LTD との信託契約による監査・管理の下、信託保全口座より最大USD 35,000を補填

当社の「海外FX 業者レビュー」に掲載の情報は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。

もっとみる

なお、この情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社(FXplus)が独自に制作したものであり、当サイトに掲載されているデーターの無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、当社までご連絡ください。

topへ