海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Exness(エクスネス)

Exness(エクスネス)の評判と特徴を詳細に解説

Exness(エクスネス)の評判と特徴を詳細に解説

Exness

Updated最終更新:

業界でもまれな無制限レバレッジとプロトレーダーも納得のハイスペックなトレード環境が魅力!

Exness(エクスネス)はレバレッジ無制限、業界No.1クラスの低スプレッドなど優れたトレード環境で高い評判を得ている海外FX業者です。

近年レバレッジの高いブローカーが台頭していますが、Exnessはハイレバレッジブームの筆頭とも言える存在で、海外FX業者の中でも世界一の取引高を誇ります。

Exnessがなぜこれほどまでに取引高が多いのか、Exnessの良い評判だけでなく、アクティブユーザーからの悪い評判まで包み隠さず紹介します。

Exnessのメリット
1. レバレッジ無制限を利用して爆益を狙える
2. 業界最狭クラスのスプレッドで取引できる
3. 出金拒否や利益取り消しの噂がない
4. スワップフリーで長期保有しやすい
5. プレミア会員限定のボーナスと優待特典を受け取れる
6. 入金と出金が迅速(24時間365日対応)
7. 日本語サポートが丁寧で初心者も安心
8. ポジション保有中に出金や資金移動ができる
9. 複数口座での両建て取引が可能
10. 初心者におすすめのソーシャルトレーディング(コピートレード)
11. 資金の条件を満たせば無料のVPSを利用可能
Exnessのデメリット
1. 口座開設ボーナス・入金ボーナスがない
2. レバレッジ制限のルールが多い
3. 早朝のスプレッドが広い(日本時間5時~7時台)
4. 口座タイプによってはリクオートが発生する
5. サポートデスクのメール対応が遅い

この記事はこんな方におすすめします

  1. Exnessの安全性について知りたい

  2. Exnessの強みとメリットを知りたい

  3. Exnessを利用した際のデメリットを知りたい

Agenda

この記事の目次

表示]
  1. ExnessはどんなFX会社?

    1. 8つのライセンスを保有してグローバル展開
    2. 分別管理で顧客資金が保護される
    3. 紛争問題解決の国際機関(Financial Commission)に加盟
  2. Exnessの良い評判からわかるメリット

    1. レバレッジ無制限を利用して爆益を狙える
    2. 業界最狭クラスのスプレッドで取引できる
    3. 出金拒否や利益取り消しの噂がない
    4. スワップフリーで長期保有しやすい
    5. プレミア会員限定のボーナスと優待特典を受け取れる
    6. 入金と出金が迅速(24時間365日対応)
    7. 日本語サポートが丁寧で初心者も安心
    8. ロスカット水準は業界随一の「0%」
    9. 複数口座での両建て取引が可能
    10. 初心者におすすめのソーシャルトレーディング(コピートレード)
    11. 資金の条件を満たせば無料のVPSを利用可能
  3. Exnessの悪い評判からわかるデメリット

    1. 口座開設ボーナス・入金ボーナスがない
    2. レバレッジ制限のルールが多い
    3. 早朝のスプレッドが広い(日本時間5時~7時台)
    4. 口座タイプによってはリクオートが発生する
    5. サポートデスクのメール対応が遅い
  4. Exnessで取引を始める前に

    1. デモトレードでExnessの取引を体験

    2. Exnessの口座開設方法

    3. Exnessのログイン方法

    4. Exnessで利用できる入金方法一覧

    5. Exnessで利用できる出金方法一覧

  5. Exnessは独自性のあるサービスが最大の強み

  6. Exness(エクスネス)詳細情報

    1. 運営会社情報

    2. 日本語の対応とサポートデスク

    3. お取引条件と預け金の保全ルール

    4. 口座のタイプごとの条件

  7. Exness - よくある質問(FAQ)

ExnessはどんなFX会社?

Exness本社

Exness(エクスネス)は、2008年にロシアで設立された海外FX業者です。Exnessの日本向けサービスは、2020年に開始しました。その後、優れたサービスや無制限レバレッジなどの大胆な取引条件が日本のユーザーからも高い注目を受け、わずか1年ほどでトップクラスのブローカーへと急速に成長しています。

8つのライセンスを保有してグローバル展開

Exness(エクスネス)グループは世界的にみて取得が困難な英国金融行動監視機構(FCA)とキプロス証券投資委員会(CySEC)を含む8種類の金融ライセンスを保有し、グローバルに事業を展開しています。

Exnessの保有するライセンス【登録番号】

グループ会社 ライセンス発行機関 登録番号
Exness(SC)Ltd セーシェル金融サービス庁(FSA) SD025
Exness(UK)Ltd 英国金融行動監視機構(FCA) 730729
Exness(Cy)Ltd キプロス証券取引委員会(CySEC) 178/12
Exness(VG)Ltd 英領バージン諸島金融サービス委員会(FSC) 2032226およびSIBA/L/20/1133
Exness(MU)Ltd モーリシャス金融サービス委員会(FSC) 176967およびGB20025294
Exness ZA(PTY)Ltd 南アフリカ金融業界行為監督機構(FSCA) 51024
Tadenex Limited ケニア資本市場庁(CMA) 162
Exness B.V. キュラソーおよびシント・マールテン中央銀行(CBCS) 0003LSI
もっと見る
Exness(SC)Ltd
セーシェル金融サービス庁
【SD025】
Exness(UK)Ltd
英国金融行動監視機構
【730729】
Exness(Cy)Ltd
キプロス証券取引委員会
【178/12】
Exness(VG)Ltd
英領バージン諸島金融サービス委員会
【2032226およびSIBA/L/20/1133】
Exness(MU)Ltd
モーリシャス金融サービス委員会
【176967およびGB20025294】
Exness ZA(PTY)Ltd
南アフリカ金融業界行為監督機構
【51024】
Tadenex Limited
ケニア資本市場庁(CMA)
【162】
Exness B.V.
キュラソー・シント・マールテン中央銀行
【0003LSI】
もっと見る

複数の厳格な第三者機関の監督下にあることが、Exnessグループの安全性の高さを裏付けています。

分別管理で顧客資金が保護される

Exness(エクスネス)は経営破綻などの事態に備えて、分別管理で顧客資金を保護しています。分別管理によって仮に海外FX業者が破綻など経済的な困難に直面しても、預け入れた資金は保護され、意図的な持ち逃げによるリスクはありません。

Exnessの財務情報を確認

Exnessの財務情報は、世界4大会計事務所の一つ「デロイト・トーマツ」による会計報告書で見ることができます。資料を見ると、Exnessの自己資本比率は常に分別管理する顧客の資金の比率を上回っており、安全性の高い業者であることがわかります。

ここのポイント

情報の透明性が高い

Exness(エクスネス)の情報開示に積極的な姿勢は、透明性の高い経営として高く評価されています。Exnessでは、業績評価指標で取引量・ユーザー数・出金額などを公開しています。Exnessは毎月のアクティブユーザー数と四半期ごとの出金額を開示しており、財務の健全性を測る目安になります。

紛争問題解決の国際機関(Financial Commission)に加盟

Exnessはfinancial commissionに加盟している

Exness(エクスネス)は、2021年より自主的に「Financial Comission」に加盟しています。Financial ComissionはFXやCFD、仮想通貨(暗号資産)ブローカーと顧客との間に生じた問題を公平に解決する第三者機関です。

Exnessで問題が発生した場合、Financial Comissionを通じて苦情を申し立てることが可能で、金銭的損失に対して最大2万ユーロの補償を受けることができます。

近年では海外FX業者による出金拒否トラブルが増加していますが、Exnessのように第三者機関に加盟していることは、利用者にとって安全性の面で大きな安心材料となるでしょう。

Exnessの良い評判からわかるメリット

Exnessの良い評判からわかるメリット

Exness(エクスネス)のメリットを、ユーザーの生の声を通してご紹介します。ユーザー満足度の高いサービスや、Exnessを安心して利用できる理由が分かります。

レバレッジ無制限を利用して爆益を狙える

Exness(エクスネス)の「レバレッジ無制限」は、トレーダーに爆益を目指す絶好の機会を提供し、全世界に数多くの億り人を輩出しています。レバレッジ無制限は、以下の条件を満たすことで利用可能になります。

レバレッジ無制限の利用条件

  1. 合計5ロット以上の取引と10回以上の取引
  2. 口座残高が1,000ドル未満

Exnessの無制限レバレッジの資格あったのに半年以上気付かず‥。維持率もバグってるし証拠金0円てなんなの素敵すぎ

引用:X

かつてハイレバレッジを提供する業者に対しては、スプレッドが広いことや出金拒否の噂が絶えないことから不信の目が向けられることも少なくありませんでした。しかし、Exnessはその先入観を見事に打ち砕きました。極めて狭いスプレッドと比類なき速さでの出金手続きにより、圧倒的な信頼性を構築したのです。

ExnessはFX業界に革命を巻き起こしたと言っても過言ではありません。その影響力はまさにFX業界のゲームチェンジャーと讃えられるべきものであり、現在でも業界内から大きな注目を集めています。

ここのポイント

Exnessのロスカット水準は0%

Exnessのロスカット水準は、業界トップレベルに低い0%に設定されています。ロスカット水準0%のExnessでは、資金が完全に尽きるまで取引を継続することが可能です。レバレッジ取引は資金が変動しやすくロスカットされやすくなるので、Exnessの低いロスカット水準は高いレバレッジと相性が良い設定と言えます。

業界最狭クラスのスプレッドで取引できる

Exness(エクスネス)のプロ口座・ゼロ口座・ロースプレッド口座は、業界最狭クラスのスプレッドを提供する口座タイプです。そのため、Exnessはスキャルピングデイトレードをメインにする中上級者トレーダーから高く評価されています。

初めてエクスネス使ってみたけどXMより体感でスプレッド半分くらい。
これからはエクスネスをメインにしよ

引用:X

取引手数料ゼロでExnessのプロ口座よりゴールドのスプレッドが狭い海外業者ってあるのかな???
なさそう

引用:X

以下の表は、13時~19時の期間平均スプレッドを他社と比較したものです。海外FX業者の中でも、スプレッドが狭いと定評のある業者と比較しています。

Exnessと他社のスプレッド比較(取引手数料を含む)

海外FX業者 EURUSD USDJPY GBPUSD XAUUSD
Exnessプロ口座 0.6 pips 0.6 pips 0.7 pips 1.2 pips
XSエリート口座 0.6 pips 0.8 pips 0.7 pips 1.7 pips
ThreeTraderRawゼロ口座 0.4 pips 0.7 pips 0.6 pips 0.8 pips
Titan FXブレード口座 0.8 pips 1.2 pips 1.0 pips 0.9 pips
EURUSD
Exnessプロ口座 0.6 pips
XSエリート口座 0.6 pips
ThreeTraderRawゼロ口座 0.4 pips
Titan FXブレード口座 0.8 pips
USDJPY
Exnessプロ口座 0.6 pips
XSエリート口座 0.8 pips
ThreeTraderRawゼロ口座 0.7 pips
Titan FXブレード口座 1.2 pips
GBPUSD
Exnessプロ口座 0.7 pips
XSエリート口座 0.7 pips
ThreeTraderRawゼロ口座 0.6 pips
Titan FXブレード口座 1.0 pips
XAUUSD
Exnessプロ口座 1.2 pips
XSエリート口座 1.7 pips
ThreeTraderRawゼロ口座 0.8 pips
Titan FXブレード口座 0.9 pips
もっと見る

ThreeTrader(スリートレーダー)ほどではないものの、Exnessのスプレッドはかなり優れた数値であることが分かります。また、ThreeTraderはMT5の利用ができません。さらに最大レバレッジも500倍のため、総合的に見るとExnessのほうが使いやすいと判断するユーザーが多いようです。

出金拒否や利益取り消しの噂がない

Exness(エクスネス)では、一般的なトレードをしている限り、出金拒否や利益が取り消されることはありません。

具体的な金額は言わないけど、ここまでまあまあ高額出金してるけどexnessは出金拒否なんて全くなく翌日には着金してるからやっぱり信頼できる。

引用:X

なんかexness出金拒否みたいなツイート見るけど3年使って自分は1回もされたことない
強いて言うと出金上限額超えてて怒られたくらいw
というか何したら拒否されるんだろう?
通常ならダメなトレードしても出金されるのがexnessだと思ってる

引用:X

ユーザーからも不当な理由で出金拒否や利益取り消しを受けた報告はされていません。利用規約を守っていれば、トレードで得た利益をいつでも自由に出金できるので安心してください。

一方で国内銀行送金が拒否された事例が、2023年3月に複数報告されました。

自分エクスネスで5日着金してないっす

引用:X

しかし、この件は担当するプロバイダー側の技術的な問題が原因だったことが明らかになっています。SNSには情報が溢れているため「Exness 出金拒否」の情報を見つけた場合には、その原因まで調べるようにしましょう。

スワップフリーで長期保有しやすい

Exness(エクスネス)は、特定の銘柄に置いてスワップが発生しない「スワップフリー」を採用しています。

Exnessのスワップフリーは、「スタンダードスワップフリー」と「優待スワップフリー」の2段階あります。2つのスワップフリーは、Exness独自のアルゴリズムによって主に取引量を基準に判定されます。

スタンダードスワップフリーは全口座タイプに適用され、ビットコインのクロスペアを除いた仮想通貨が対象です。優待スワップフリーになると、スタンダードスワップフリーに加えてFX通貨ペアもスワップフリー対象になります。

Exness優待スワップフリー対象銘柄

【通貨ペア】
AUDUSD、EURUSD、GBPUSD、NZDUSD、USDCAD、USDCHF、USDJPY、USDTHB、AUDCHF、AUDJPY、AUDNZD、EURAUD、EURCAD、EURCHF、EURGBP、EURJPY、EURNZD、GBPCHF、GBPJPY、GBPNZD、NZDCAD、NZDJPY
【貴金属CFD】
XAUUSD(ゴールド)
【仮想通貨】
全銘柄

もっと見る

スワップフリー対象銘柄はポジションを翌日に持ち越した際のスワップが発生しないため、長期的なポジションを維持しやすいことがメリットです。

久々にマイナススワップくらってキツい
エクスネスのスワップフリーは神だったんだなぁ〜

引用:X

特に仮想通貨のスワップフリーは、長期トレードをコストを気にせず行える点が好評です。長期的な値上がりに期待した「ガチホ」にも非常に向いています。

スワップフリー対象銘柄は変更される場合がある

以前にスタンダードスワップフリーの対象だった株価指数CFDは2023年に対象外となりました。通常スワップポイントは、各国の金利情勢や相場状況に応じて変更されるので、随時公式サイトで確認してください。

プレミア会員限定のボーナスと優待特典を受け取れる

Exness(エクスネス)の取引量の多いロイヤルカスタマーを対象にした「Exnessプレミア」では特別な優待を受けることができます。

具体的には、有利な取引条件の提供や専属アカウントマネージャからサポート、Exnessトップマネジメントとの対談や、Exnessプレミア継続時の現金還元などです。

Exnessプレミアは「プリファード」、「エリート」、「シグネチャー」と段階的なステータスがあり、取引量が多いほど豪華なVIPサービスを受けられるようになります。プレミアを目指してトレードに励むトレーダーの方もいるほどです。

#exness プレミア・エリートまでもう少し・・・明日目で達成できるか

引用:X

Exnessプレミアの詳細については、以下の記事をご覧ください。

入金と出金が迅速(24時間365日対応)

Exness(エクスネス)は顧客からの出金・入金の依頼に24時間365日対応しており、迅速な入出金対応で評判の良い業者です。

Exnessゴールドの含み益1部出金したら50分で着金しました
(中略)
最近は翌日には着金してますね

引用:X

銀行振込(国内銀行送金)以外は基本的に自動で即時処理されるため、出金・入金の処理完了が速やかです。

銀行振込による入金の場合、平日の9時~14時までの申請であれば、10分ほどで口座に資金が反映されます。

ここのポイント

ポジション保有中に出金や資金移動ができる

Exness(エクスネス)では、ポジションを保有中に出金や資金移動できることもメリットです。例えば、トレードで利益が出ている場合、証拠金を抜いて損失を限定することも可能です。そのため、スリッページで予想以上に損をしたということがなくなります。また、証拠金が増えてレバレッジ制限を受けた場合に、資金移動してレバレッジを緩和させることもできます。

日本語サポートが丁寧で初心者も安心

Exness(エクスネス)は日本人サポートが在籍しており、サポート専門スタッフが、疑問や悩みに日本語で丁寧に対応しています。

エクスネスさんサポート対応の早さにびっくりだわ。

引用:X

エクスネスのサポート迅速で神対応過ぎてメチャ好き
無事mt5ログインできた

引用:X

前述の取引不具合発生時の補償も含めてトラブル発生時の真摯な対応で、Exnessの日本語サポートは高い評価をうけています。

ロスカット水準は業界随一の「0%」

Exness(エクスネス)のロスカット水準は、業界で最も低い0%に設定されています。つまり、Exnessでのロスカットは実質的に「ゼロカット」と同じ意味を持つと言ってよいでしょう。

ロスカット水準はその値が低いほどロスカットの際に残る資金が少なくなりますが、よりハイリスクハイリターンな取引が可能になります。

Exnessのようにロスカット水準を極めて低く設定することで、トレーダーは自己資金を限界まで証拠金として使うことができるため、ハイレバレッジ取引と非常に良い相性を持ちます。

ここのポイント

ゼロカットとは?

「ゼロカットシステム」とは、取引で証拠金残高がマイナスになってしまった場合に、その損失をFX業者がカバーし、トレーダーの口座残高を自動的に0にリセットする仕組みです。ゼロカットシステムがあれば、予想外の変動で大きな損失が出ても、トレーダーが負担するのは投入した証拠金までとなり、それ以上の負債を抱え込むリスクがなくなります。

複数口座での両建て取引が可能

Exness(エクスネス)では、海外FXで一般的に禁止されている以下の両建てを公認しています。

Exnessで可能な両建て取引手法

  1. 複数口座での両建て
  2. 他の海外FX業者との両建て
  3. EA(自動売買)を利用した両建て
  4. 経済指標発表時の両建て

ただし、他の海外FX業者を利用する場合は、当該業者が両建てを許可している必要があります。両建てを禁止している業者の口座を利用すると、口座凍結やアカウント停止の原因になるため十分にご注意ください。

初心者におすすめのソーシャルトレーディング(コピートレード)

Exness(エクスネス)では、「ソーシャルトレーディング」というコピートレードサービスを提供しています。ソーシャルトレーディングでは、初心者トレーダーが経験豊富なトレーダーが作成したトレードを丸々コピーできるサービスです。

ソーシャルトレーディングの一番の利点は、プロの取引戦略をそのまま利用できるため、学習や経験不要で利益を上げるチャンスがあることです。

Exnessのソーシャルトレーディング

Exnessのソーシャルトレーディング

コピートレードは、海外FX業者の中でも詐欺のために利用されることがしばしばあり、不信感を持つ方も多いでしょう。

しかし、Exnessのソーシャルトレーディングは、2015年からサービスを開始しており、現在では世界中のトレーダーに利用されています。また、SNS上の評判も良く、詐欺や不正行為に関する報告はほとんどないため安全性が高いと言えます。

始めるタイミング次第でめっちゃ増えたり破綻したりだとおもうので、ギャンブル感覚でやるならいいかも?
あと、Exnessのコピトレはちゃんと選べばリスク分散できるので安定してました。

引用:X

というかコピトレ系はExnessとかその辺のブローカー使ってなければ、スルーが無難かな

引用:X

Exnessのソーシャルトレーディングについての詳細は、以下の記事をご参照下さい。

資金の条件を満たせば無料のVPSを利用可能

Exness(エクスネス)では、下記の条件を満たすことで無料でVPSを利用することができます。VPSのレンタルサービスとしては、比較的容易にクリアできる条件です。

Exness無料VPSの利用条件

  1. 500ドル(約5万円)以上の入金実績
  2. 100ドル(約1万円)以上の余剰証拠金

VPS利用条件をクリアしたら、Exnessのサポートにリクエストを送信するだけですぐに利用可能です。
とりあえず年内にexnessで 無料VPSを利用してEAポートフォリオの構築だけはする。

引用:X

VPSとは、仮想サーバーのことです。仮想サーバーはPCの接続トラブルなどの外的要因の影響を受けることなく稼働させることができるため、自動売買システムの利用に必須とされています。

Exnessの悪い評判からわかるデメリット

Exnessの悪い評判からわかるデメリット

一方で、Exness(エクスネス)のすべてが良い評判を受けているわけではありません。一部の取引条件などは悪い評判を受けています。SNS上の評判を元に、利用者がデメリットだと感じている点をご紹介します。

口座開設ボーナス・入金ボーナスがない

Exness(エクスネス)は基本的に口座開設ボーナスや入金ボーナスといったボーナスを提供していないブローカーです。海外FX業者では取引条件を極限まで高めたブローカーではボーナスを提供しないことが多いですが、これに対して不満の意見もあります。

まぁ私の場合は常にフルレバレッジで一か八かの勝負する破滅型の顧客なんでEXNESSにとっては上客だと思うんだが・・
な悪いけどボーナス1円も出さんようなケチクサい会社に入金する気は爪の先ほどもない! ( • ̀ω•́ )

引用:X

ただし、一般的に取引環境に力を入れているブローカーはボーナスを提供しないことが基本です。Exnessもボーナスを提供しない分、取引に有利な環境へ資金を充てているため、ボーナスが無いことは仕方がないでしょう。

レバレッジ制限のルールが多い

Exness(エクスネス)はリスクの高い場面でのレバレッジ制限を細かく設定しています。ハイレバレッジを目的として取引をするユーザーが非常に多いため、このレバレッジ制限のルールに対して不満の声が多く見られます。

いつのまにかエクスネスのレバ
もう一段規制される残高になってた

引用:X

Exnessでは有効証拠金の残高が増えるにつれて、段階的に最大レバレッジが引き下げられます。さらに、Exnessでは指標発表時のレバレッジ制限や、銘柄によって個別のレバレッジ制限もあるため、制限を受ける場面が多いことは注意したいポイントです。

制限をしっかりと理解し、状況に応じたレバレッジを活用していく必要があるでしょう。Exnessの「レバレッジ制限」や「銘柄別の最大レバレッジ」「レバレッジの変更方法」などについては、以下の記事で詳しく解説しています。

早朝のスプレッドが広い(日本時間5時~7時台)

一般的に日本時間早朝のスプレッドは広がりやすくなります。これは日本時間早朝には取引量の多いニューヨーク市場やロンドン市場などが閉じてしまっているからです。

その中でも、Exness(エクスネス)は特に日本時間の早朝にスプレッドが広がりやすいという評価を受けています。

(前略)
今のところ不安はないけど朝のスプレッドだけどうにかならんかなとは思ってますwww

引用:X

(前略)
エクスネスのスプレッドで狩られた朝...
ハイレバだから開いただけでスンだよ...

引用:X

ハイレバレッジが強みのExnessですが、極端に証拠金維持率が低い状態でロールオーバーを迎えるのは、できる限り避けましょう。

口座タイプによってはリクオートが発生する

Exness(エクスネス)では、特定のタイミングで注文が拒否される「リクオート(約定拒否)」が多いというSNS上の評判が見られます。

エクスネス...リクオートしまくるからスキャしんど...

引用:X

Exnessのプロ口座は、約定方式にInstant Executionという方式を採用しています。Instant Executionにはスリッページがほぼ発生しないメリットがありますが、その代わりリクオートが頻発するというデメリットがあります。

Exnessのスワップフリー段階

Instant Execution(即時約定) Market Execution(成行約定)
リクオートが発生する リクオートが発生しない
スリッページが発生しにくい スリッページの発生は必須
Instant Execution(即時約定)
・リクオートが発生する
・スリッページが発生しにくい
Market Execution(成行約定)
・リクオートが発生しない
・スリッページの発生しやすい

特に指標発表時やティックボリュームの多い場面でリクオートが多く、取引時のストレスになることも少なくありません。

ただし、その他の口座ではMarket Executionを採用しているため、一切リクオートが発生しません。スリッページの発生を避けたいならプロ口座を、リクオートがストレスならプロ口座以外を利用すると良いでしょう。

豆知識

Instant ExecutionとMarket Execution

Instant Executionはスリッページがほぼ発生せず、狭いスプレッドで取引可能な約定方式です。しかし、取引の際にリクオートが発生する可能性があります。また、Instant Executionはトレーダーの注文を一度ブローカーに通すことから「呑み口座」とも呼ばれ、一部のトレーダーからは透明性の低さを理由に敬遠される傾向にあります。
Market Executionはブローカーを介さず直接取引が行われ、リクオートが発生しない・透明性が高い・約定速度が速いというメリットがあります。しかし、トレーダーが希望する価格で取引相手が見つからない場合、注文価格と実際に取引が成立する価格に差が出ることがあります。この現象はスリッページと呼ばれ、Market Executionのデメリットの一つとされています。

サポートデスクのメール対応が遅い

Exness(エクスネス)のメール対応が遅いという悪い評判があります。Exnessのライブチャットサポートは迅速かつ丁寧ですが、書類の提出や解決まで時間の掛かるトラブルが発生した際は、メールでのやり取りが必要です。

エクスネスのサポートから3日も返事ないんだが!!

引用:X

ライブチャットだとすぐに解決してくれます。
逆にメールしたことないです。

引用:X

Eメールで問い合わせて返事がない場合、分かりやすい件名に変更して再送してみてください。また、ライブチャットからメールの確認を催促するのも良いでしょう。日本語サポートから速やかな回答が必要であれば、ライブチャット(平日午前8:00~午前0:00)を利用することをおすすめします。

Exnessで取引を始める前に

デモトレードでExnessの取引を体験

Exness(エクスネス)では、全ての口座タイプでデモ口座を提供しています。Exnessでは新規口座開設ボーナスの提供がないので、まずはデモ口座でExnessのトレード環境を体感してみるのがいいでしょう。

デモ口座とリアル口座のトレード環境はほぼ同じですので、リスクなくExnessの取引環境を体験できます。

また、FX初心者はMT5の使い方や操作を覚えるためにも、ぜひ活用したいですね。下記よりパーソナルエリアの開設をすると、すぐにMT5口座でデモトレードを開始できます。

Exness デモ口座開設ページを開くblank

Exnessのデモ口座を希望する場合は、パーソナルエリア開設後、新規口座開設ページの「デモ取引を試す」より開設することが可能です。

Exnessの取引口座開設画面を開く

デモ口座を試すボタンをクリックする

デモ口座での無制限レバレッジの利用は条件付き

デモ口座での無制限レバレッジは、パーソナルエリアのすべての本取引口座で最低10ポジション(指値注文を除く)と最低5ロット(または500セントロット)を決済した場合にのみ利用可能になります。なお、本口座で取引しない場合のデモ口座の最大レバレッジは2,000倍です。

Exnessの口座開設方法

Exness(エクスネス)の口座開設は以下の手順で行うことができます。

Exnessの口座開設手順

  1. メールアドレスとパスワードで登録
  2. 個人情報登録・本人確認書類を提出(出金含むすべてのサービスが利用可能)

まずは以下のリンクから口座開設ページを開きましょう。

Exness 口座開設ページを開くblank

メールアドレス、パスワード、氏名、住所などの個人情報を入力し、本人確認書類のアップロードを終えるとExnessの口座開設は完了です。

以下の記事ではExnessの口座開設手順を詳しく図解しています。口座開設で不明な点がございましたら、ぜひご参考ください。

Exnessのログイン方法

Exness(エクスネス)へログインするためには、以下のリンクからExnessを開きます。

Exness ログインページを開くblank

Exness TOPぺージ

画面右上の「サインイン」をクリックしてログインページを開きます。

Exness ログインぺージ

メールアドレスとパスワードを入力して「続行」をクリックすると、マイページにログイン可能です。

Exnessで利用できる入金方法一覧

Exness(エクスネス)の口座へは、銀行・クレジットカード・オンラインウォレット・仮想通貨(暗号資産)で入金することができます。

Exness(エクスネス)各種入金方法

入金方法 平均処理時間 手数料 最低入金額
銀行振込( Bank transfer) 1時間~3時間 無料 10USD相当額
銀行振込2(Bank transfer Direct) 1時間~12時間
銀行振込3(Bank transfer Pro)
クレジットカード(VISA・master・JCB) 即時
bitwallet
STICPAY
BinancePay
Tigerpay
ビットコイン(BTC)
テザー(USDT ERC20)
テザー(USDT TRC20)
USDコイン(USDC ERC20)
USDコイン(USDC TRC20)
銀行振込( Bank transfer)
平均処理時間 1時間~3時間
手数料 無料
最低入金額 10USD 相当額
銀行振込2(Bank transfer Direct)
平均処理時間 1時間~12時間
手数料 無料
最低入金額 10USD 相当額
銀行振込3(Bank transfer Pro)
平均処理時間 1時間~12時間
手数料 無料
最低入金額 10USD 相当額
クレジットカード
(VISA/mastercard/JCB)
平均処理時間 即時
手数料 無料
最低入金額 10USD 相当額
bitwallet
平均処理時間 即時
手数料 無料
最低入金額 10USD 相当額
SticPay
平均処理時間 即時
手数料 無料
最低入金額 10USD 相当額
BinancePay
平均処理時間 即時
手数料 無料
最低入金額 10USD 相当額
Tigerpay
平均処理時間 即時
手数料 無料
最低入金額 10USD 相当額
ビットコイン(BTC)
平均処理時間 即時
手数料 無料
最低入金額 10USD 相当額
テザー(USDT ERC20)
平均処理時間 即時
手数料 無料
最低入金額 10USD 相当額
テザー(USDT TRC20)
平均処理時間 即時
手数料 無料
最低入金額 10USD 相当額
USDコイン(USDC ERC20)
平均処理時間 即時
手数料 無料
最低入金額 10USD 相当額
USDコイン(USDC TRC20)
平均処理時間 即時
手数料 無料
最低入金額 10USD 相当額
もっと見る

Exnessへの詳しい入金手順や注意点は、下記の記事にて解説しています。

Exnessで利用できる出金方法一覧

Exness(エクスネス)の口座からは、銀行・クレジットカード・オンラインウォレット・仮想通貨(暗号資産)で出金することができます。

Exness(エクスネス)各種出金方法

出金方法 平均処理時間 手数料 最低出金額
銀行振込 30分~3日 無料 250USD相当額
bitwallet 即時~1日(※) 1USD相当額
STICPAY
テザー(USDT TRC20) 10USD相当額
USDコイン(USDC TRC20)
テザー(USDT ERC20) 100USD相当額
USDコイン(USDC ERC20)
BinancePay 即時~30分(※) 1USD相当額
Tigerpay 10USD相当額
銀行振込
平均処理時間 30分~3日
手数料 無料
最低入金額 250USD 相当額
bitwallet
平均処理時間 即時~1日(※)
手数料 無料
最低入金額 1USD 相当額
STICPAY
平均処理時間 即時~1日(※)
手数料 無料
最低入金額 1USD 相当額
STICPAY
平均処理時間 即時~1日(※)
手数料 無料
最低入金額 1USD 相当額
テザー(USDT TRC20)
平均処理時間 即時~1日(※)
手数料 無料
最低入金額 10USD 相当額
USDコイン(USDC TRC20)
平均処理時間 即時~1日(※)
手数料 無料
最低入金額 10USD 相当額
テザー(USDT ERC20)
平均処理時間 即時~1日(※)
手数料 無料
最低入金額 100USD 相当額
USDコイン(USDC ERC20)
平均処理時間 即時~1日(※)
手数料 無料
最低入金額 100USD 相当額
BinancePay
平均処理時間 即時~30分(※)
手数料 無料
最低入金額 1USD 相当額
Tigerpay
平均処理時間 即時~30分(※)
手数料 無料
最低入金額 10USD 相当額
もっと見る

即時とは、Exness側で手動処理を介することなく処理を即時に開始することです。着金が即時完了するわけではないためご注意ください。

基本的にオンラインウォレットの出金は即時反映します。また、仮想通貨による出金は、出金申請後Exnessで即時処理が行われるため、平均15分~30分程度で着金することがほとんどです。

Exnessからの詳しい出金手順や注意点は、下記の記事にて解説しています。

Exnessは独自性のあるサービスが最大の強み

Exness(エクスネス)は海外FX業者の中でも屈指の取引環境に加え、グループ経営の知見を活かした高品質のサービスにより、SNSでも良い評判を集めています。

特に良い評判を集めていたのは、レバレッジ無制限やスワップフリー、スプレッドの狭さです。しかしながら、ボーナスの提供がないことや、時折取引条件が厳しくなることが、いくつかのマイナス点として指摘されました。

それでも、Exnessが提供するサービスは他に類を見ない独自性があり、多くのトレーダーにとって魅力的です。Exnessでは初心者から上級者まで、あらゆるレベルのトレーダーに対応した最先端の取引環境を提供しています。ぜひ、Exnessが提供する快適なトレード環境を自ら実感してみてください。

Exness 口座開設ページを開くblank

Exness(エクスネス)詳細情報

運営会社情報

会社名 Nymstar Limited
本店住所 F20, 1st floor, Eden Plaza, Eden Island, Seychelles
金融ライセンス
セーシェル共和国金融庁(FSA)
創業 2008年 資本金 非公開

日本語の対応とサポートデスク

日本語サイト Webサイト・ポータル共に日本語対応
取引ツール MetaTrader4/5(日本語対応)
日本語サポート 日本人在籍。メール・サポートチャット・電話によるユーザー対応
サポート対応時間 【日本時間】月曜 8:00 ~ 土曜 00:00
メールアドレス support@exness.com
電話番号(※) +120409740

国際電話のため、通話料はお客様負担となります。

お取引条件と預け金の保全ルール

取引口座の種類 スタンダード スタンダードセント ロースプレッド
ロールオーバー 【日本時間 / 夏時間】 午前 6:00
【日本時間 / 冬時間】 午前 7:00
マージンコール 証拠金維持率が60%を下回った場合 証拠金維持率が30%を下回った場合
ロスカット 証拠金維持率が0%を下回った場合
両建て取引 可能
EAの使用制限 なし
追証の請求 なし(証拠金がマイナスになった場合、ゼロカットを実施)
預託金保管方法 分別保管
取引口座の種類 ゼロ プロ
ロールオーバー 【日本時間 / 夏時間】 午前 6:00
【日本時間 / 冬時間】 午前 7:00
マージンコール 証拠金維持率が30%を下回った場合
ロスカット 証拠金維持率が0%を下回った場合
両建て取引 可能
EAの使用制限 なし
追証の請求 なし(証拠金がマイナスになった場合、ゼロカットを実施)
預託金保管方法 分別保管
全口座共通
ロールオーバー(日本時間)
【日本時間 / 夏時間】 午前 6:00
【日本時間 / 冬時間】 午前 7:00
マージンコール
スタンダード
スタンダードセント
証拠金維持率が60%を下回った場合
ロースプレッド
ゼロ
プロ
証拠金維持率が30%を下回った場合
ロスカット
証拠金維持率が0%を下回った場合
両建て取引
可能
EAの使用制限
なし
追証の請求
なし(ゼロカットを実施)
預託金保管方法
分別保管

口座のタイプごとの条件

取引口座 スタンダード スタンダードセント ロースプレッド
取引ツール MetaTrader4 / 5
発注方式 成行約定
スプレッド方式 変動方式
取引口座の通貨(※1)
JPY・USD・EUR・GBP・AUD
他64通貨に対応
USC・EUC・GBC・CHC・AUC・CAC
JPY・USD・EUR・GBP・AUD
他68通貨に対応
最大レバレッジ 無制限(※2)
1ロットの通貨量 10万通貨 1,000通貨 10万通貨
初回最低入金額 $10(USD)相当額 $1,000(USD)相当額
最小注文数 0.01ロット 0.01セントロット 0.01ロット
最大ロット数
合計最大注文数
200ロット
制限なし(※3)
200セントロット
1,000件
200ロット
制限なし(※3)
商品(銘柄)
【商品合計】253
【FX/通貨ペア】96
【CFD/貴金属】11
【CFD/エネルギー】3
【CFD/仮想通貨】34
【CFD/株価指数】11
【CFD/株式】98
【商品合計】36
【FX/通貨ペア】34
【CFD/貴金属】2
【商品合計】199
【FX/通貨ペア】73
【CFD/貴金属】8
【CFD/エネルギー】2
【CFD/仮想通貨】33
【CFD/株価指数】10
【CFD/株式】73
取引可能時間 【日本時間 / 夏時間】(月)午前 6:05 ~(土)午前 5:59
【日本時間 / 冬時間】(月)午前 7:05 ~(土)午前 6:59
取引手数料(※4) なし ~$3.5(USD)相当額
口座維持手数料 なし
複数口座の保有 可能(※5)
法人口座の開設 不可
GMT時差 【MT4 / MT5】夏時間:±0時間、冬時間:-1時間
取引口座 ゼロ プロ
取引ツール MetaTrader4 / 5
発注方式 成行約定 即時約定
スプレッド方式 変動方式
取引口座の通貨(※1) JPY・USD・EUR・GBP・AUD
他68通貨に対応
最大レバレッジ 無制限(※2)
1ロットの通貨量 10万通貨
初回最低入金額 $1,000(USD)相当額
最小注文数 0.01ロット
最大ロット数
合計最大注文数
200ロット / 制限なし(※3)
商品(銘柄)
【商品合計】199
【FX/通貨ペア】73
【CFD/貴金属】8
【CFD/エネルギー】2
【CFD/仮想通貨】33
【CFD/株価指数】10
【CFD/株式】73
【商品合計】253
【FX/通貨ペア】96
【CFD/貴金属】11
【CFD/エネルギー】3
【CFD/仮想通貨】34
【CFD/株価指数】11
【CFD/株式】98
取引可能時間 【日本時間 / 夏時間】(月)午前 6:05 ~(土)午前 5:59
【日本時間 / 冬時間】(月)午前 7:05 ~(土)午前 6:59
取引手数料(※4) $0.2(USD)相当額~ なし
口座維持手数料 なし
複数口座の保有 可能(※5)
法人口座の開設 不可
GMT時差 【MT4 / MT5】夏時間:±0時間、冬時間:-1時間
全口座共通
取引ツール
MetaTrader4/5
発注方式
スタンダード
スタンダードセント
ロースプレッド
ゼロ
成行約定
プロ 即時約定
スプレッド方式
変動方式
取引口座の通貨(※1)
スタンダード
JPY・USD・EUR・GBP・AUD
他64通貨に対応
スタンダードセント
USC・EUC・GBC・CHC・AUC・CAC
ロースプレッド
ゼロ
プロ
JPY・USD・EUR・GBP・AUD
他68通貨に対応
最大レバレッジ(※2)
無制限
1ロットの通貨量
スタンダード
ロースプレッド
ゼロ
プロ
10万通貨
スタンダードセント 1,000通貨
初回最低入金額
スタンダード
スタンダードセント
10USD 相当額
ロースプレッド
ゼロ
プロ
1,000USD 相当額
最小注文数
スタンダード
ロースプレッド
ゼロ
プロ
0.01ロット
スタンダードセント 0.01セントロット
最大ロット数/合計最大注文数
スタンダード
ロースプレッド
ゼロ
プロ
200ロット
制限なし(※3)
スタンダードセント
200セントロット
1,000件
商品(銘柄)
スタンダード
FX/通貨ペア:96
CFD/貴金属:11
CFD/エネルギー:3
CFD/仮想通貨:34
CFD/株価指数:11
CFD/株式:98
商品合計:253
スタンダードセント
FX/通貨ペア:34
CFD/貴金属:2
商品合計:36
ロースプレッド
ゼロ
FX/通貨ペア:73
CFD/貴金属:8
CFD/エネルギー:2
CFD/仮想通貨:33
CFD/株価指数:10
CFD/株式:73
商品合計:199
プロ
FX/通貨ペア:96
CFD/貴金属:11
CFD/エネルギー:3
CFD/仮想通貨:34
CFD/株価指数:11
CFD/株式:98
商品合計:253
取引可能時間
【日本時間 / 夏時間】
(月)午前 6:05 ~(土)午前 5:59
【日本時間 / 冬時間】
(月)午前 7:05 ~(土)午前 6:59
取引手数料(※4)
スタンダード
スタンダードセント
なし
ロースプレッド ~3.5USD 相当額
ゼロ 0.2USD 相当額~
プロ なし
口座維持手数料
なし
複数口座の保有
可能(※5)
法人口座の開設
不可
GMT時差
【MT4/5】
夏時間:±0時間、冬時間:-1時間
もっと見る
  1. 対応通貨の詳細は、口座タイプよりご確認ください。
  2. 無制限レバレッジは、口座残高が1,000ドル以下で、最低10回(指値注文を除く)のポジション決済と5ロット以上の取引を行った場合のみ選択が可能です。尚、最大レバレッジは、口座残高による規制がございます。
  3. 午前6:00~午後3:59(冬時間は午後7:00~午前4:59)の時間帯において、最大ロット数は20ロットに制限されます。
  4. 1注文(片道)1ロットあたりの手数料となります。尚、取引手数料は取引銘柄によって異なります。
  5. 取引口座は最大100口座まで開設可能です。

Exness - よくある質問(FAQ)

Exnessに関する、よくある質問をまとめました。


  1. いいえ、Exness(エクスネス)では、出金拒否を行うことはありません。但し、クレジットカードでの出金はカードでの入金額までとなる等の出金に関するルールに反した出金申請については、申請が処理されない場合がございます。その場合は、ルールに沿って再度申請すれば出金が承認されます。

    続きを読む

  2. はい、Exness(エクスネス)のサポートデスクには日本人が在籍しており、メール・サポートチャット・電話によるユーザー対応を実施しています。日本語でのサポート時間は、日本時間の平日12:00~20:00となります。

    続きを読む

  3. Exness(エクスネス)では、MT4/MT5の全口座タイプにおいて無制限のレバレッジを提供しています。但し、無制限レバレッジは、口座残高が1,000ドル以下で、最低10回(指値注文を除く)のポジション決済と5ロット以上の取引を行った場合のみ選択が可能です。

    続きを読む

  4. Exness(エクスネス)では、入金方法に、銀行送金、クレジット/デビットカード、bitwallet、STICPAY、Perfect Money、WebMoney、BinancePay、仮想通貨(ビットコイン、テザー、USDコイン)が利用可能です。また、テザー、USDコインのどちらも、ERC20・TRC20規格に対応しています。

    続きを読む

  5. Exness(エクスネス)では、証拠金維持率が0%を下回った場合に、強制決済(ロスカット)が発動します。CFD個別株では、取引休止時間のロスカット水準は100%となり、保有中の注文の証拠金維持率が100%を下回った場合は、ロスカットされる可能性があります。

    続きを読む

  6. Exness(エクスネス)では、MT4をご利用のお客様に限り、口座残高が1,000ドル以下で、最低10回(指値注文を除く)のポジション決済と5ロット以上の取引を行った場合のみ、パーソナルエリアへログイン後、レバレッジ設定画面にて無制限レバレッジが選択可能です。

    続きを読む

  7. Exness(エクスネス)の本人確認手続きには、身分証明書と発行日より6ヶ月以内の現住所証明書が必要です。身分証明書はパスポートや運転免許証など公的機関発行のものを、現住所証明書は公共料金や携帯電話、クレジットカードの明細書などをカラーでご準備ください。

    続きを読む

  8. 通常、Exness(エクスネス)での証明書類の認証手続きは、書類提出から数分以内に完了し、登録メールアドレス宛に連絡があります。但し、手作業でのより詳細な認証手続きが必要になる場合は、最大で24時間ほどかかる場合があります。

    続きを読む

  9. はい、MetaTrader4(MT4)の取引口座も開設できます。Exness(エクスネス)では、「新規会員登録」ページよりアカウント登録を行うと、初期設定としてMetaTrader5(MT5)のリアル口座とデモ口座が開設されます。

    続きを読む

  10. Exness(エクスネス)では、スタンダードセント口座は10口座までの開設となりますが、スタンダード口座・プロ口座・ゼロ口座・ロースプレッド口座では、各パーソナルエリア毎(リアル口座MT4・MT5、デモ口座MT4・MT5)に最大100口座まで開設できます。

    続きを読む

  11. Exness(エクスネス)のリアル口座は、MetaTrader4(MT4)口座では90日間、MetaTrader5(MT5)口座では15日間、取引および入金履歴がない場合、休眠口座となり「マイアカウント」ページの「本取引口座」のタブ内には表示されなくなります。

    続きを読む

Exness

Updated最終更新:
FXplus編集部
筆者:FXplus編集部

海外FXをご利用するにあたり、最新の海外FX人気ランキングや、海外FX業者の無料口座開設代行など、海外FXの初心者でも安心してご利用頂けるコンテンツを提供しています。

FXplusでは、記事に関するご意見・ご感想を受け付けています。
海外FXに関するレアな情報や業界関係者の内部情報などは、ぜひ編集部までお寄せください。
また、定期的に記事を執筆頂けるライターさんも随時募集しています!

問い合わせ先:support@fxplus.com
(大文字@を小文字に変えて送信してください)

当社の「海外FX 業者レビュー」に掲載の情報は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。

なお、この情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社(FXplus)が独自に制作したものであり、当サイトに掲載されているデーターの無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、当社までご連絡ください。

もっとみる

exn

リアル口座開設リアル口座開設

blankExness 特設サイトへ

海外FX業者

人気ランキング

  • 1

    xem

    25.50
  • 2

    tfx

    25.25
  • 3

    exn

    24.25
  • 4

    fxg

    24.00
  • 5

    xsc

    23.75

海外FX業者 人気ランキング >

当サイト限定

開催中のキャンペーン情報

開催中のキャンペーン一覧 >