FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

FXplus

多様な入出金方法を選択できる

海外FX口座への入出金方法

銀行振込やクレジットカードなど、多様な入出金方法が選択可能

銀行振込やクレジットカードなど、多様な入出金方法が選択可能

即時入金/即時出金が魅力の海外FXブローカー

海外FXブローカーを利用する魅力の1つは、クレジットカードなどで入金すると、即お取引が可能なことです。海外FXブローカーは、日本と異なり入出金方法にも様々な手段が用意されており、世界中から入出金を受け付けている海外FXブローカーならではといえます。海外FXブローカーとお取引する際に、「どのような方法で入金し出金を行うか?」「手数料はいくらほど必要か?」「日数は何日ほどかかるか?」など、大切な入出金に関わる情報を事前に把握することは、スムーズにお取引をする上で非常に重要です。

当社では、海外FXブローカーとのトラブルを防ぎ安心して取引いただくために、お客様が事前に知っておくべき「主な入出金方法」や「入出金の共通ルール」をまとめました。


海外FXブローカーの主な入出金方法

海外FXブローカーで利用できる主な入出金方法には、次のようなものがあります。どの方法も日本円に対応しており、トレード口座と同じ通貨単位(円、ドル、ユーロなど)であれば、その資金を送金する場合、為替による差損も発生しません。

クレジット/デビットカード

クレジット/デビットカード

VISA・Master・JCBなど、クレジット/デビットカードのご利用が可能です。日本で発行されたクレジットカードの場合ショッピングの利用限度額を上限として、デビットカードの場合ご利用限度額まで、取引口座に資金を入金することができます。クレジット/デビットカードで決済した場合、即取引口座に反映されますので、スピーディーにお取引をしたい方にはおすすめの決済方法です。

クレジット/デビットカードをご利用の場合、AML(アンチマネーロンダリング)を防ぐ目的から、トレード口座の保有者以外の名義のカードはご利用頂けません。また、FXブローカーによっては、カードの真偽性を確認するため、カードのスキャン(写し)が必要となる場合もございます。

銀行送金(国内銀行/海外銀行)

銀行送金(国内銀行/海外銀行)

銀行の銀行窓口やATM、オンラインバンキングを利用して、海外FXブローカーの指定する、日本または海外の銀行の口座に振込をします。指定口座に着金し次第、取引口座に資金が反映され、振込手数料以外に手数料がかからないことから、最も人気の高い入金方法です。最近では、日本の銀行口座に対応しているFXブローカーも多く、取引口座に反映するまで、早いFXブローカーでは約10分、遅いFXブローカーでも翌営業日には取引口座に反映します。

オンライン ウォレット

オンライン ウォレット

「NETELLER」「Skrill(旧moneybookers)」「mybitwallet」のアカウントをお持ちの方は、各オンラインウォレットサービスのアカウントの残高を上限として、各FXブローカーの取引口座に入金(出金)することができます。オンラインウォレットをご利用の場合、即取引口座に反映されます。また、FXブローカーによっては、手数料がかかる場合があります。

2016年10月より、日本居住者の「NETELLER」「Skrill」を使った入金が一部制限されています。詳しくは、各FXブローカーの「入出金方法」をご確認ください。

バーチャルマネー(仮想通貨)

バーチャルマネー(仮想通貨)

2016年頃より、バーチャルマネーによる入出金の取扱を開始するFXブローカーが増えてきました。特に、日増しに存在感を強める「Bitcoin(ビットコイン)」を取り扱うFXブローカーは多く、その市場規模の拡大と同様に、メジャーな決済手段になりつつあります。

銀行の小切手

銀行の小切手

国内、海外の銀行で発行された小切手を、FXブローカーに国際郵便で送付し、換金後取引口座に入金する方法です。入金までに2週間ほど時間がかかることと、換金手数料が必要なことから、現在では一般的ではありません。

FXブローカー間資金移動(BtoB資金移動)

FXブローカー間資金移動(BtoB資金移動)

海外FXブローカー同士で、取引口座の資金を移動する方法です。双方どちらのブローカーにも、同じ名義の取引口座を保有している必要があり、トランスファー(移動)までに1~2週間程時間がかかります。また、ブローカー間資金移動(BtoB資金移動)は、双方のFXブローカーが、資金移動の提携をしている必要があります。前もって、各FXブローカーへの確認が必要です。

このように、海外FXブローカーでは様々な入出金方法が選択でき、取引口座に反映されるまでのスピードや、手数料、通貨によって、最良な方法を選択しご利用ください。尚、これらの入出金方法は、あくまでも一般的なFXブローカーが提供している決済方法です。詳しくは、ご利用頂く各FXブローカー個別の入出金情報をご確認下さい。


海外FXブローカーを利用する際の、入出金のルールについて

多様な決済方法を提供している海外FXブローカーですが、その分、入出金には一定のルールがあり、そのルールに則って入出金を行う必要があります。次に、入出金時に覚えておくと便利な「入出金の共通ルール」をまとめました。

原則として、入金方法と出金方法は同一の方法を

海外FXブローカーの場合、入金方法と出金方法が同一の方法でなければならないという基本ルールがあります。 例えば、お客さまがトレード口座に「銀行振込」で入金したとします。その場合、出金する際はお客さま名義の口座に、「銀行振込」にて出金します。「クレジットカード」で入金したときも同様で、ご利用になった「クレジットカード」に出金します。これは、世界的にマネーロンダリング(資金洗浄)を防止するため、入金方法と出金方法の名義の整合性を求められていることと、クレジットカードの、キャッシュアドバンス(クレジットカードのショッピング枠の現金化)を防止する目的からです。

資金洗浄(しきんせんじょう)とは、犯罪によって得られた収益金の出所などを隠蔽して正当な手段で得たお金と見せかけることで、一般市場で使っても身元がばれないようにする行為である。

資金洗浄・マネーロンダリング - Wikipediaより引用

正しい入出金の流れ

正しい入出金の流れ

入金方法と出金方法が同一の方法である必要があります。

認められない入出金の流れ

認められない入出金の流れ

入金方法と異なる出金方法を選択することはできません。

取引で得た利益は出金方法が選択可能

海外FXブローカーの場合、入金方法と出金方法が同一の方法でなければならないというルールがありましたが、これは、あくまでも「最初に入金した金額までは、同一の出金方法を選択しなければならない」ということです。つまり、トレードにて得た利益については、ご希望の出金方法が選択することができます。

利益分は出金方法が選択可能

利益分は出金方法が選択可能

トレードで得た利益(入金額以上)分に関しては、出金方法が選択可能です。

クレジット/デビットカードへの出金とは?

入金方法と出金方法の同一ルールに基づくと、クレジットカードで入金した場合、クレジットカードに出金されることとなります。これを聞いて、「クレジットカードに出金?」と思われる方も多いと思います。クレジット/デビットカードに出金する際は、通常の買い物で、返品を行った場合に資金が返還されてくるのと同様の返金手続き(リファウンド処理)をFXブローカーが行う事により、お客さまのカードに資金が戻されることになります。

クレジットカードへの出金とは

クレジットカードへの出金とは

クレジット/デビットカードへの出金は、入金額を上限として返金処理が行われます。

リファウンド処理に関しては、FXブローカーの処理が1営業日ほど、それから実際にお客さまのカードに返金されるまで、2週間ほど日数を要す傾向にあります。 これに関しては、お客さまとカード会社との契約により、「締め日」が定められていますので、締め日を跨ぐ場合はより日数が長くなります。

このように、海外のFXブローカーを利用するには、覚えておくと便利な独自の入出金ルールがあります。最初は戸惑うこともあるかもしれませんが、各国の通貨を取り扱う海外のFXブローカーでは、このような世界統一のルールに基づいて世界中のトレーダーの資金を管理しています。

関連する記事

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ