海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

初めてでもわかりやすい

FX用語解説集

建玉

UPDATE2018.06.26

建玉(たてぎょく)とは、為替市場で、約定はしているが、まだ決済はしていないポジションをいいます。信用取引、先物取引、オプション取引等で株式や商品先物等でよく使用される用語です。また、保有したままの状態で決済をしていない通貨や数量も建玉と呼ばれます。

買いのポジションは買い建玉、売りのポジションは売り建玉と2種類があり、為替市場では買い建玉をロングポジション、売り建玉をショートポジションなどと言います。

買い建玉は買ったまま未決済の契約総数の事で、売り建玉は売ったままで未決済の契約総数の事を意味します。買い建玉を買い持ち、売り建玉を売り持ちと呼んでいる場合もあります。

買い建玉の総残高を「買い残」、売り建玉の残高を「売り残」と呼び、市場では残高の数量や買いと売りのバランスなどが注目されます。また買い残が売り残より多い場合は買い長、逆は売り長などと表現する場合もあります。

建玉は実際に取引が成立した枚数のみをあらわします。そのため、利益を確定させたり損切りしたりして決済を行うと、保有している建玉は取引が成立した分だけ減少します。

買い建玉と売り建玉をそれぞれ合計した買い残・売り残は、今後の相場がどのように動くか判断する指標として活用可能です。買い残が多いと上昇相場、売り残が多いと下降相場を期待しているトレーダーが多いことをあらわします。ほかにもさまざまな指標と照らし合わせながら、建玉を調整して日々の取引を行います。

読み方

タテギョク・たてぎょく

関連する用語

よく検索される用語

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE作成日:

キーワードから探す

当社の「FX用語解説集」に掲載の情報は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。

もっとみる

なお、この情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社(FXplus)が独自に制作したものであり、当サイトに掲載されているデーターの無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、当社までご連絡ください。

FX用語解説集 カデゴリー

メニューを閉じる