海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

初めてでもわかりやすい

FX用語解説集

損切り

UPDATE2018.06.26

損切りとは、ストップロスオーダーとも言われる注文方法であり、損失の拡大を防ぐために用いられる方法をいいます。例えば、購入時よりも株価が下落し損が出ている状態で、損を承知の上その銘柄に見切りをつけて売却することです。

一般にストップロスは、保有ポジションに対して為替レートが不利な動きをして損失が発生したとき、ロスカットなどの強制決済にならない損失を想定の範囲内にとどめるため任意のレベルに注文が置くことができる注文方式です。

長期的に保有していても価値が上がる見込みがないときは、損切りをして新たな銘柄を購入したほうが利益につながる場合があります。

損切りの売りが出ると、株価の下落に拍車がかかることもあります。また、投資スタンスによって損切りを行うか変わってきます。長期投資の場合は一時的に株価が下がっても、そのまま保有し続けて適正な水準に戻るのを待つのが一般的ですが、短期の取引で利益を生む場合は一定の損失が発生したら損切りを行うことが一般的です。

外国為替証拠金取引、CFD取引などで利用され、「ストップオーダー(逆指値注文)」を活用して行われます。また、ストップオーダーは、新規注文や決済注文の際に、損切り注文(ストップロス)、利食い注文(プロフィットテイク)、レンジ相場後の注文(レンジブレイク)の3つの用途で活用することが多く、高レバレッジの金融商品のリスク管理において欠かせない注文です。

読み方

ソンギリ・そんぎり

関連する用語

よく検索される用語

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE作成日:

キーワードから探す

当社の「FX用語解説集」に掲載の情報は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。

もっとみる

なお、この情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社(FXplus)が独自に制作したものであり、当サイトに掲載されているデーターの無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、当社までご連絡ください。

FX用語解説集 カデゴリー

メニューを閉じる