海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

初めてでもわかりやすい

FX用語解説集

建値

DATE2016.10.17

建値とは、「建値段」の略で、為替レートを表示することをいいます。FXの取引では、各FX会社でスプレッドや売買環境が異なることによって取引される為替レートは異なりますが、その表示されるレートのことを「建値」と呼びます。

FXでは特定の通貨を「買い」注文から入るだけでなく、「売り」注文から入ることもできますので、一般的なFX会社では両方の建値が表示されています。買値と売値の同時表示は、ツー・ウェイ・プライス(2 Way Price)といいます。

建値には、いくつかの意味があり、取引所で売買約定後に受け渡しを簡便にするために作成する標準値段、銀行が為替相場で公表する標準値段(為替レート)などを指し、その他に、先物等の建玉をした時の値段を意味することもあります。

また、建値は一般的にはFX会社が表示しているレートのことも指しますが、自分が持っている建玉の価格を指すケースもあるので注意が必要です。

例えば、米ドルを約定単価100円で1万通貨買ったあとに約定単価120円で1万通貨を追加で買った場合、「平均建値は110円」という使い方をします。このように建値という言葉は「取引所のレート」と「個人が所有する建玉の単価」の2つの意味を持っています。どちらの意味で使われているか考えて、文章を理解するようにしましょう。

読み方

タテネ・たてね

関連する用語

よく検索される用語

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

キーワードから探す

当社の「FX用語解説集」に掲載の情報は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。

もっとみる

なお、この情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社(FXplus)が独自に制作したものであり、当サイトに掲載されているデーターの無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、当社までご連絡ください。

FX用語解説集 カデゴリー

topへ