海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Titan FX(タイタン FX)おすすめ

Titan FX(タイタンFX)の口座タイプの違いや注意点を徹底比較

Titan FX(タイタンFX)の口座タイプの違いや注意点を徹底比較

Titan FX

Updated最終更新:

TitanFX(タイタンFX)の口座タイプの違いや注意点を徹底比較!スタンダード口座は初心者におすすめ!

Titan FX(タイタンFX)は、2014年創業の新興ブローカーながら、約定力に優れたFX業者として一定の知名度があります。提供する口座タイプは2種類ですが、注文方式や、スプレッドに違いがあります。

この記事では、トレードスタイル別に口座タイプを選ぶコツ、各口座タイプの特徴について詳しく解説していきます。

この記事はこんな方におすすめします

  1. Titan FX(タイタンFX)のどちらの口座タイプが自分に合っているか知りたい

  2. Titan FX(タイタンFX)の各口座タイプの違い・特徴を知りたい

  3. Titan FX(タイタンFX)での口座の選び方を知りたい

Titan FXの口座タイプをトレードスタイル別に紹介

Titan FXの口座タイプには、スタンダード口座、ブレード口座、の2タイプがあります。主な特徴の違いは取引手数料と発注方式で、取引商品、プラットフォームの仕様、レバレッジの違いはありません。

各口座のポイントと口座タイプの選び方について、トレードレベルや目的別、スタイル別にまとめました。

Titan FXの口座タイプ

取引手数料無料でトレードしたいならスタンダード口座

スタンダード口座は「海外FX業者初心者に最適な口座タイプ」といえるでしょう。標準的なスペックであり、海外FX業者に慣れる意味でスタンダード口座は最適です。また、Titan FXは会員ページが日本語、かつシンプル設計なので初心者でも操作に迷うことがありません。また、取引毎に手数料が発生しないため、FX初心者でも気軽に使える点もメリットといえます。

スイングトレードがメインならスタンダード口座

スイングトレード中心ならスタンダード口座でも十分快適にトレードできます。中級者以上の人は基本的にブレード口座がおすすめですが、スイングトレード中心ならスタンダード口座でも良いでしょう。多少のスプレッド差を許せるなら、取引手数料は無料、口座残高を問わず最大500倍のレバレッジが適用されるなど様々なメリットが効果を発揮します。

編集部

編集部の
コメント

スイングトレードでは、トレードする値幅が広くなりやすいため、1回のトレードで100pips以上狙う機会も多くあります。例えば、ドル円のスプレッドは、スタンダード口座とブレード口座で目安1pips程度の差です。根本的に、トレードで狙う値幅が大きいので、スタンダード口座のスプレッドでも十分快適にトレードができます。証拠金維持率も高めなので、精神的にも余裕をもったトレードが可能です。

スタンダード口座の特徴へ

とにかく低スプレッドでトレードしたいならブレード口座

低スプレッドを求めて他のFX業者から移行を検討しているなら、ブレード口座がおすすめです。ブレード口座なら違和感なく、スキャルピングでもデイトレードでも扱いやすい口座 といえます。

ブレード口座を選ぶ最大のメリットは「業界最狭水準のスプレッド」でしょう。Titan FXは、高速約定と低スプレッドを強みとしており、実際にブレード口座のスプレッドは、非常に狭いです。

スキャルピングや自動売買にはブレード口座

短期売買を好むトレーダーにはブレード口座がおすすめです。

Titan FXでは独自のZero Pointテクノロジーと、約50の主要銀行・リクイディティプロバイダーによる高速約定を提供しています。また、メインサーバーは、ニューヨークのEquinix社のデータセンターに設置されており、ヘッジファンドや機関投資家のHFT(高頻度売買)に利用されるほど高性能です。

こうしたTitan FXの高度なインフラによりもたらさせるブレード口座の低スプレッドで約定力の高い取引環境は、スキャルピング・自動売買に最適であるといえるでしょう。

豆知識

ブレード口座が短期トレーダーから支持される理由

ブレード口座は、NDD ECN方式を採用する低スプレッド・高約定力に特化した口座タイプです。ECN方式を採用するFX口座では、スプレッド・安定性・約定力が自社と提携するLP(リクイディティ・プロバイダー)に依存します。TitanFXは、20社以上のLPと提携する事で高い流動性を確保しました。ブレード口座は、高い流動性により、安定した低スプレッドの環境で取引が可能です。他社のECN方式を採用するFX口座で「注文が通らなかった」といった大口取引も、Titan FXを使うことで改善が見込めるかもしれません。

ブレード口座の特徴へ

各口座タイプのスペック比較一覧

Titan FXの口座タイプ、2種類の基本的な仕様を一覧表にまとめました。

最新情報

【2021.8.25】Titan FXは、米国株式CFDに新たに35銘柄を追加し、合計100銘柄お取引頂けるようになりました。また、米国株式CFD全商品の取引手数料を無料とし、最小取引量も従来の10ユニットから0.1ユニットに変更となったので、より手軽にお取引頂けるようになりました。

Titan FX口座タイプの概要

取引口座の種類スタンダードブレード
注文執行方式STP方式(Instant)ECN方式
取引手数料(※1)なし$3.5(USD)相当額
初回最低入金額$200(USD)相当額
取引口座の通貨日本円・米ドル・ユーロ・英ポンド・豪ドル・シンガポールドル
最小取引単位0.01ロット
最大レバレッジ500倍
取引プラット
フォーム
MetaTrader4/5
商品(銘柄)
<MetaTrader4>
【商品合計】:119
【FX/通貨ペア】:60
【FX/貴金属】:11
【CFD/エネルギー】:3
【CFD/株価指数】:21
【CFD/仮想通貨】:24
<MetaTrader5>
【商品合計】:219
【FX/通貨ペア】:60
【FX/貴金属】:11
【CFD/エネルギー】:3
【CFD/株価指数】:21
【CFD/米国株式】:100
【CFD/仮想通貨】:24
最大ロット数/
合計最大注文数
100ロット(20,000ロット)
追証なし
マージンコール90%
ロスカット水準20%
スプレッドやや狭い狭い
VPSサービスあり
デモ口座あり
複数口座の開設(※2)可能
スタンダード/ブレード
注文執行方式
スタンダードSTP方式(Instant)
ブレードECN方式
取引手数料(※1)
スタンダードなし
ブレード$3.5(USD)相当額
初回最低入金額
$200(USD)相当額
取引口座の通貨
日本円・米ドル・ユーロ・英ポンド・豪ドル・シンガポールドル
最小取引単位
0.01ロット
最大レバレッジ
500倍
取引プラットフォーム
MetaTrader4/5
商品(銘柄)
<MetaTrader4>
【商品合計】:119
【FX/通貨ペア】:60
【FX/貴金属】:11
【CFD/エネルギー】:3
【CFD/株価指数】:21
【CFD/仮想通貨】:24
<MetaTrader5>
【商品合計】:219
【FX/通貨ペア】:60
【FX/貴金属】:11
【CFD/エネルギー】:3
【CFD/株価指数】:21
【CFD/米国株式】:100
【CFD/仮想通貨】:24
最大ロット数/合計最大注文数
100ロット(20,000ロット)
追証
なし
マージンコール
90%
ロスカット水準
20%
スプレッド
スタンダードやや狭い
ブレード狭い
VPSサービス
あり
デモ口座
あり
複数口座の開設(※2)
可能
  1. 1注文(片道)あたりの手数料金額となります。
  2. 取引口座は、取引ツールごとに最大6口座までは条件なしで開設可能です。

Titan FXの口座タイプの特徴をメリットとデメリットで紹介

スタンダード口座の特徴

  1. 取引手数料が無料
  2. 最大500倍のレバレッジ
  3. スプレッドは標準よりやや狭め

Titan FXのスタンダード口座には、上記3つの特徴があります。口座の特徴をメリット・デメリットでみていきます。

取引手数料が無料

スタンダード口座は手数料が無料なため「スプレッド」=「実質コスト」になります。例えば、スプレッドが1pips、取引サイズが1ロットなら、ドル円だと1,000円相当が実質コストになります。

スタンダード口座は取引毎に発生するコストを気にする必要がなくトレードできるのがメリットです。

FXの確定申告時の控除対象になる取引手数料

取引手数料は確定申告時に、FXの取引で発生した経費として認められますが、スプレッドは経費となりません。したがって、毎年FXの利益で確定申告が必要な上級者にはスタンダード口座は向かないでしょう。また、FX初心者なら、年間の収支が確定申告の対象外となる可能性が高いです。取引手数料は経費ですが、確定申告対象外なら無料の方が良いでしょう。

最大500倍のレバレッジ

Titan FXのスタンダード口座には、最大500倍のレバレッジが適用されます。レバレッジ500倍はこれまで標準的なレバレッジでありましたが、500倍より高いレバレッジを提供する業者が増える中、500倍はやや低めの設定になりつつあります。

とはいえ、初心者のうちは、有効レバレッジを不用意に上げてしまい、大損失の原因になることも少なくないため、始めての海外FX業者としては適切なレベルであるともいえます。レバレッジは上手く活用すれば、低リスクでコツコツ運用、高リスクで爆発的な利益を得ることも可能です。

スプレッドは標準よりやや狭め

Titan FXのスタンダード口座は、取引手数料が無料といったメリットがありますが、スプレッドはブレード口座より広くなります。下記の比較表からわかるように、Titan FXのブレード口座とスタンダード口座のスプレッド差はおよそ1pips程です。ブレード口座のスプレッドが業界トップレベルですので、スタンダード口座のスプレッドは余計に広く感じるかもしれません。

スタンダード口座とブレード口座の平均スプレッド比較一覧

通貨ペアスタンダードブレード
USD/JPY1.3pips0.3pips
EUR/USD1.2pips0.2pips
EUR/JPY1.4pips0.4pips
GBP/USD1.6pips0.6pips
GBP/JPY2.4pips1.4pips
USD/JPY
スタンダード1.3pips
ブレード0.3pips
EUR/USD
スタンダード1.2pips
ブレード0.2pips
EUR/JPY
スタンダード1.4pips
ブレード0.4pips
GBP/USD
スタンダード1.6pips
ブレード0.6pips
GBP/JPY
スタンダード2.4pips
ブレード1.4pips

しかし、Titan FXのスタンダード口座のスプレッドが他社よりも低いかといえば、そうではありません。低スプレッドで評判の高いFX業者のスプレッドと比較してみましたが、その中でもTitan FXのスタンダード口座のスプレッドは優秀なレベルであることがわかります。

TitanFXと他社スタンダード口座のスプレッド比較一覧

通貨ペアTitan FXMYFX MarketsMilton MarketsExnessXM
EUR/USD1.1pips1.3pips1.1pips1.0pips1.6pips
USD/JPY1.4pips1.2pips1.4pips1.5pips1.7pips
EUR/JPY1.4pips2.0pips1.0pips1.9pips2.3pips
GBP/USD1.7pips2.0pips1.8pips0.8pips2.5pips
EUR/USD
Titan FX1.1pips
MYFX Markets1.3pips
Milton Markets1.1pips
Exness1.0pips
XM1.6pips
USD/JPY
Titan FX1.4pips
MYFX Markets1.2pips
Milton Markets1.4pips
Exness1.5pips
XM1.7pips
EUR/JPY
Titan FX1.4pips
MYFX Markets2.0pips
Milton Markets1.0pips
Exness1.9pips
XM2.3pips
GBP/USD
Titan FX1.7pips
MYFX Markets2.0pips
Milton Markets1.8pips
Exness0.8pips
XM2.5pips

ブレード口座の特徴

  1. 取引手数料が発生
  2. 最大500倍のレバレッジ
  3. スプレッドがスタンダード口座より狭い

Titan FXのブレード口座は業界トップクラスの最狭スプレッドが定評です。スキャルピングやEAに最適なブレード口座の特徴を詳しくみていきましょう。

取引手数料が発生する

ブレード口座とスタンダード口座の大きな違いは「取引手数料」です。スタンダード口座では、取引手数料が無料ですが、ブレード口座では、1ロット片道3.5ドルの取引手数料が発生します。ブレード口座はECN方式の口座ですので、外付けの取引手数料が発生しますが、低スプレッドで取引ができることがメリットです。片道3.5ドルという金額も他のFX業者のECN口座と比べると安めの設定になっています。

低スプレッドでも最大500倍のレバレッジ

ブレード口座も、スタンダード口座と同様に最大500倍のレバレッジが適用されます。実は、全口座タイプで最大500倍のレバレッジが使えるのは、Titan FXの隠れたメリットです。低スプレッドな口座タイプ、あるはECN方式の口座では、同じFX業者内でも最大レバレッジが通常より低くなるのが一般的です。Titan FXでは、低スプレッドなブレード口座でも、最大500倍のレバレッジの利用が可能な上、口座残高によるレバレッジ制限がないのも大きなメリットといえます。

編集部

編集部の
コメント

Titan FXの最大500倍レバレッジは、他社と比較すると低いものの、上級者トレーダーには扱い易い仕様です。口座残高が増えても、レバレッジ制限がなく、最大500倍レバレッジが利用できます。他社のレバレッジ制限に不満がある、約定力に優れた低スプレッド口座を求めているなら、Titan FXのブレード口座は利用価値大です。

スプレッドが業界トップクラス

ブレード口座を選ぶ最大のメリットは「業界最狭水準のスプレッド」でしょう。Titan FXは、高速約定と低スプレッドを強みとしており、ブレード口座のスプレッドは、非常に狭いです。国内FX業者からの乗り換えを検討しているなら、ブレード口座が違和感なく、スキャルピングやデイトレードにも扱いやすい口座であるといえます。

また、他の海外FX業者のECN口座とTitan FXのブレード口座の平均スプレッドを比較してみました。

TitanFXと他社ECN口座のスプレッド比較一覧

通貨ペアTitan FXMYFX MarketsFBSLand-FX
EUR/USD0.2pips0.2pips0.1pips0.2pips
USD/JPY0.2pips0.2pips0.2pips0.1pips
EUR/JPY0.3pips0.7pips1.0pips0.3pips
GBP/USD0.5pips0.7pips0.4pips0.6pips
EUR/USD
Titan FX0.2pips
MYFX Markets0.2pips
FBS0.1pips
Land-FX0.2pips
USD/JPY
Titan FX0.2pips
MYFX Markets0.2pips
FBS0.2pips
Land-FX0.1pips
EUR/JPY
Titan FX0.3pips
MYFX Markets0.7pips
FBS1.0pips
Land-FX0.3pips
GBP/USD
Titan FX0.5pips
MYFX Markets0.7pips
FBS0.4pips
Land-FX0.6pips

例えば、ドル円のスプレッドは最小0.1pips、経済指標の発表時を含む、1ヵ月間の平均スプレッドでも0.4pipsほどです。単に、スプレッドが狭いだけでなく、平均値が安定しているので使いやすさに魅力があります。

Titan FXのリアルタイムスプレッド表

まとめ

Titan FXの各口座タイプの特徴やメリット・デメリットについて解説してきました。簡潔にまとめると以下の通りです。

・スタンダード口座

向いている人初心者、スイングトレードをする人
特徴取引手数料無料
注意点スプレッドが広めなので短期売買には向かない

・ブレード口座

向いている人スキャルピングやEAを利用する人
特徴約定率が高く、安定した低スプレッド
注意点片道3.5ドルの取引手数料がかかる

Titan FXの口座タイプは、具体的な違いがスプレッド・取引手数料の有無です。とはいえ、わずかな違いがトレードの快適さに変化を起こします。「スキャルピング~スイングまで幅広くトレードする」という方や、口座タイプが決められないという方の場合はTitan FXの強みが最も生かせるブレード口座を試してみてはいかがでしょうか。

Titan FX 口座タイプ - よくある質問(FAQ)

Titan FXに関する、よくある質問をまとめました。


  1. ブレード口座の取引手数料は、口座の通貨ごとに設定されており円建て口座の場合、FX通貨ペアは1ロットあたり往復で720JPYが手数料として計上されます。尚、株価指数、エネルギー、貴金属については、1ロットあたり往復で72円が手数料として計上されます。

    続きを読む

  2. はい、Titan FX(タイタン FX)では、口座タイプを変更することが可能です。ポジションをお持ちでない場合に限り、クライアントキャビネットから変更のお手続きができます。ポジションをお持ちの場合は、ポジションを閉じてからお手続きください。

    続きを読む

  3. Titan FX(タイタン FX)がコピートレードとして提携しているZuluTrade(ズールトレード)を利用するには、口座タイプはスタンダード口座、基本通貨はJPYまたはUSDである必要があります。尚、取引プラットフォームはMT4のみご利用可能です。

    続きを読む

  4. はい、可能です。Titan FX(タイタン FX)のクライアントキャビネットにログイン後、左側メニュー内「ダッシュボード」を選択しますと、各取引口座の情報が確認できます。口座番号、口座タイプ、レバレッジ、基本通貨、口座残高等が表示されています。

    続きを読む

  5. はい、認めています。Titan FX(タイタン FX)では、スキャルピングに関して特に規制はございません。Titan FXにはスタンダードとブレードの2つの口座タイプがございますが、スキャルピングを行う場合には、スプレッドの狭いブレード口座をお勧めしています。

    続きを読む

  6. Titan FX(タイタン FX)のスプレッドは、取引手数料が無料の「スタンダード口座」と、取引ごとに一定の手数料が発生する「ブレード口座」で異なります。ブレード口座のスプレッドは、EURUSD等の主要取引通貨で0.0pips(ゼロピップ)からとなっています。

    続きを読む

Titan FX

Updated最終更新:
FXplus編集部
筆者:FXplus編集部

海外FXをご利用するにあたり、最新の海外FX人気ランキングや、海外FX業者の無料口座開設代行など、海外FXの初心者でも安心してご利用頂けるコンテンツを提供しています。

当社の「海外FX 業者レビュー」に掲載の情報は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。

なお、この情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社(FXplus)が独自に制作したものであり、当サイトに掲載されているデーターの無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、当社までご連絡ください。

もっとみる

tfx

リアル口座開設リアル口座開設

Titan FX 特設サイトへ

海外FX業者

人気ランキング

  • 1

    xem

    4.48
  • 2

    tfx

    4.40
  • 3

    exn

    4.38
  • 4

    gem

    4.33
  • 5

    mil

    4.08

海外FX業者 人気ランキング >

当サイト限定

開催中のキャンペーン情報

開催中のキャンペーン一覧 >

メニューを閉じる