海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

初めてでもわかりやすい

FX用語解説集

デリバティブ

DATE2016.10.17

デリバティブとは、金融派生商品とも呼ばれ、金利・債券・株式・為替・コモディティなどの原資産から派生した取引の総称をいいます。その種類については元となる原資産、取引の形態(店頭取引、取引所取引)、商品の仕組み(スワップ、オプション等)によって、いくつかに分類できます。

代表的なものには先物取引(金利やコモディティ等を原資産とする取引)、スワップ取引(金利等を交換する取引)、オプション取引(取引を行う権利を売買する取引)などが挙げられます。また、本用語の元となる英単語の"derivative"は「派生的、副次的」という意味です。

デリバティブは、現物を保有していなくても取引できる先物取引などによって流動性が高まるので、市場が活発になる効果が期待できます。市場が開く前に値動きを予測し、先回りして取引することも可能です。デリバティブの取引は今後の相場を左右したり、市場の急激な価格変動をおさえたりする役割も持っています。

現物の買いと先物の売りなど逆の値動きをするデリバティブを組み合わせた場合に発揮されるのが、損失が拡大するリスクの軽減です。同じ値動きをするデリバティブを組み合わせて、高い利益を狙う場合もあります。

また、一般にデリバティブは伝統的な金融取引に比べて少ない資金で効果的にリスクヘッジやアービトラージ(裁定取引)、スペキュレーション(投機取引)を行うことができます。

しかしその一方で、レバレッジ効果により失敗したときのリスクが非常に大きいため高度なリスク管理や厳格な内部統制が重要となり、また会計上の処理は時価会計が基本となります。

読み方

デリバティブ・でりばてぃぶ

同意語

金融派生商品

関連する用語

よく検索される用語

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

キーワードから探す

当社の「FX用語解説集」に掲載の情報は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。

もっとみる

なお、この情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社(FXplus)が独自に制作したものであり、当サイトに掲載されているデーターの無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、当社までご連絡ください。

FX用語解説集 カデゴリー

topへ