海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

初めてでもわかりやすい

FX用語解説集

機関投資家

DATE2016.10.17

銀行などの金融機関は、構成員や顧客から集めた大きな資金を使い、株式や債券などによる運用を行っています。機関投資家とは、こうした個人以外で大口の取引を行う団体のことをいいます。

これに対して個人が投資している存在を個人投資家といいますが、機関投資家は個人投資家よりもはるかに大きな金額を運用しているため、市場に与える影響も大きなものとなります。

その運用手法は機関投資家のタイプによってそれぞれ異なりますが、全体として見れば「長期運用」が多く、また明確な投資プランやルールなどに基づいて運用が行われています。

その一方で、リスク管理が厳格で、かつ決算期があるため、相場のタイミングを捉えた機動的で迅速な運用ができるという訳ではありません。すなわち、機関投資家は、最終的に顧客に対して説明できるような運用をしなければならないため、「無難で妥当な運用」をしているとも言えます。またファンドとも呼ばれています。

機関投資家は銀行や生命保険会社などが代表的ですが、信託銀行や年金基金などの団体も含まれます。扱う資金の金額が、個人投資家に比べてとても大きいので、機関投資家の売買によって価格が急激に変動するなど大きな影響力を持ちます。

そのため、機関投資家による相場の操作を防ぐように、厳格な基準が設けられています。また、運用期間も数年から数十年と、個人投資家より長期の期間で運用されており、顧客にしっかりとした運用の内容を説明できるよう、リスク管理や投資プランが厳密に設定されているのが特徴です。

読み方

キカントウシカ・きかんとうしか

同意語

ファンド

関連する用語

よく検索される用語

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

キーワードから探す

当社の「FX用語解説集」に掲載の情報は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。

もっとみる

なお、この情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社(FXplus)が独自に制作したものであり、当サイトに掲載されているデーターの無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、当社までご連絡ください。

FX用語解説集 カデゴリー

topへ