FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

FXplus

BVI金融サービス委員会(BVI:FSC)

IFC Markets (IFC マーケット) - 主な特徴

オリジナルの取引プラットフォームや証拠金に7%の利息加算など、独自性の高いサービスが人気

IFC Markets (IFC マーケット) は、BVI金融サービス委員会(BVI:FSC)の許認可を受け、2006年より日本語サービスを提供する老舗ブローカーです。IFC Markets Corpグループは、中東・ヨーロッパ圏にいくつかの投資会社を保有し、世界44カ国にサービスを展開。その金融系グループの強みを活かし、預け金(証拠金)に年利7%の利息が付与される長期運用を見据えたサービスが特徴です。お好みの商品を組み合わせて作る「ポートフォリオ分析」や「合併商品」など、独自のサービスが人気のブローカーです。

IFC Markets
IFC Markets
IFC Markets IFC Markets
主な特徴をまとめると

IFC Markets(IFC マーケット)とは

  • 2006年に創業し、10年以上の営業実績がある老舗ブローカー。

  • 会社はニュージーランド本社、オーストラリアがサポート拠点。

  • キプロス、ニュージーランド、英国領ヴァージン諸島のライセンスを保有し、MiFIDの基準に準拠している。

  • 独自開発の「NetTradeX」というプラットフォームが利用可能。

  • AIGグループの保険に加入、会社の破綻時には損害額全額の補填を受けることが可能。

  • 完全固定スプレッド。スプレッドは高め。

  • フリーマージンに最大7%(年利)の利息を加算。

  • JCBカードが利用可能。

  • 最低入金額$1から取引できる。

  • 高額の取引を行うトレーダーには不向き。

IFC Markets(IFC マーケット)各種評価

スプレッド
  • 1
  • 1
  • 1
  • 0.5
  • 0
3.5
サポート
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 0
4.0
信頼性
  • 1
  • 1
  • 1
  • 0
  • 0
3.0
各種ツール
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 0
4.0
入出金
  • 1
  • 1
  • 1
  • 0.5
  • 0
3.5
総合
評価
3.6 / 5.0125 件)

IFC Markets(IFC マーケット)の運営会社

IFC Markets(IFC マーケット)は、イギリスの首都ロンドンの金融街、シティ・オブ・ロンドンに本社を構える、IFCMグループが運営するFXブローカーです。

IFCMグループとは、金融関連事業を営む「IFCM CYPRUS LIMITED (旧Infin Markets Limited)」「NetTradeX Corp.」「IFCMARKETS. CORP.」の3社を統合する持ち株会社(ホールディングカンパニー)であり、コンシューマー向けFXサービスであるIFC Markets(IFC マーケット)は、2006年に設立された「IFCMARKETS. CORP.」が運営しています。

IFC Markets

IFC Markets(IFC マーケット)は、2006年のサービス開始当初より、独自のプラットフォームである「NetTradeX」を中心にサービスを提供していましたが、2013年、グループ会社である「Infin Markets」とサービスを統合したことにより、それまで、Infin Marketsが提供してきた「MetaTrader4」をプラットホームのラインナップに追加、現在では、2つのプラットフォームが選択できるようになりました。

『IFC Markets

元々、知名度の低い「NetTradeX」というプラットホームのせいか、設立当初よりあまり目立つブローカーでは無かったIFC Markets ですが、日本のマーケットでは10年以上の営業実績があり、長期で利用する顧客も多いFXブローカーです。

ライセンスと信託保全

IFCMグループは、キプロス証券取引委員会(CySEC)、ニュージーランド金融市場庁(NZFSP)、英国領ヴァージン諸島金融サービス委員会(BVI:FSC)の金融(営業)ライセンスを保有しており、金融商品市場指令(MiFID) の基準に準拠していることから、厳格なレギュレーションにて運営されていることが分かります。

また、顧客からの預かり資金については、Ceska Sporitelna, a.s.(チェコ共和国)の信託口座に分別管理している他、独自にAIG(アメリカン・インターナショナル・グループ)の金融事業者保険に加入しており、会社の破綻時にはAIGグループより顧客の損害額全額の補填を受けることが出来ます。


IFC Markets(IFC マーケット)サービス内容

IFC Markets(IFC マーケット)は、一般トレーダー向けに、『NetTradeX』と『MetaTrader4』の2種類のプラットフォームを提供しており、ビギナー向けの『NetTradeX』には「ビギナー アカウント」と「マイクロ アカウント」、一般トレーダー向け『MetaTrader4』には「マイクロ アカウント」と「スタンダード アカウント」の4種類の口座タイプから選択できます。

『NetTradeX』と『MetaTrader4』

完全固定スプレッド

IFC Markets(IFC マーケット)は、『NetTradeX』『MetaTrader4』どちらのアカウントも、今では貴重な完全固定スプレッドです。

これにより、ボラティリティのリスクはIFC Marketsのリスクとなるため、市場の不安定な相場では非常に有効でしょう。しかしながら、一定以上の注文については、約定能力について、「$10mln(注文通貨金額)以上の注文の場合は流動性が低いときにリクオトがありえます」と公言しています。

これは、IFC Marketsの場合、インスタントオーダーとマーケットオーダーと組み合わせたような『ハイブリッドオーダー』という仕組みを採用しており、これは、顧客からの注文を注文ボリュームによって3つのクラス(①$1mln 以下の注文、② $1-10mln 以上の注文、$10mln 以上の注文)に分け、カバー方法を変えるというものです。 具体的には次の通りです。

  • ①の場合、ヘッジ取引無し。自社にて注文を相殺。
  • ②の場合、カウンタパティ(流動性提供元)へ顧客からの注文を送り、約定リスクは、IFC Marketsが負担する(STP Instant)。
  • ③の場合、カウンタパティ(流動性提供元)へ顧客からの注文を送り、約定リスクは、IFC Marketsは顧客が負担する(STP Market)。

一般的に、顧客からの注文ボリュームによってカバー方法を変えることは、STP方式のブローカーでしたら、どこでも同じような処理を行っていますが、IFC Marketsのこの処理を固定スプレッドで行っていることに非常に意味があると思います。一般的なSTP方式のブローカーですと、市場のボラティリティによって、顧客はダイレクトにスプレッドの負担をしますが、固定スプレッド方式では、その負担をブローカーが行います。

IFC Marketsの固定スプレッドの設定は、USD/JPYで1.8pipsと、同業他社と比べて決して低くは無いですが、為替相場の状況と使い方によっては、非常に有利に機能すると思います。

最大7%のフリーマージン利息

IFC Markets(IFC マーケット)のもう1つの特徴は、利用していない証拠金(フリーマージン)に対して、最大年利7%の利息が加算されることです。これは、単に資金を預けるだけでは適用されず顧客の月々の成約済み取引ボリューム数(ロット数)によって決定されます。

成約済みロット数(/月)(※)利率(年利)
10 ロット以下0 %
10~30 ロット1.0 %
30~50 ロット2.0 %
50~70 ロット4.0 %
70 ロット以上7.0 %

1ロット=の単位は、取引する商品(通貨ペア、貴金属、指標CFD、証券CFD、商品CFD、商品先物CFD、XAUOIL, XAUSnP, XAUXAGによって計算方法が異なります)

利息は、毎月計算され、通常の資金として取引口座に追加されることから、取引ボリュームの多い方には非常にうれしい制度ではないでしょうか。

ポートフォリオ取引・分析法

『NetTradeX』には、IFC Marketsが独自に開発した、「ポートフォリオ取引・分析」の機能を利用することが出来ます。「ポートフォリオ取引・分析」とは、相関性の低い金融商品を組み合わせ取引することをいい、IFC Marketsでは、「ポートフォリオ取引・分析」機能により、リターンは同じなのにリスクだけ減らすことができるという理論を、数学的に証明した画期的な取引方法であると説明しています。

実際のところ、そのような理論があるかどうかは不明ですが、通貨と商品との相関関係は、多くのヘッジファンドなどの取引ストラテジーの手法において多く採用されており、歴史的にもこなれた理論であることから、ある程度有効に作用するのでは無いかと思います。尚、「ポートフォリオ取引・分析」機能は、『NetTradeX』プラットフォーム上でのみ提供しています。


入出金と日本語サポートデスク

入金に関しては、クレジットカードの場合、カード決済後即時加算されます。今では貴重なJCBカードの利用も可能です。また、国内銀行送金にも対応していますので、日本国内からでも、オンラインバンクやATMから手軽に送金が可能です。

出金に関しても、24時間体制でサポートデスクによる出金申請を受け付けているため、申請当営業日若しくは、翌営業日には出金の手続きが完了します。これまで、IFC Marketsに関する入金出金のトラブルはほとんど無く、一部、クレジットカードの決済代行会社の入れ替え時に、カード決済システムに一部障害が発生した事はありましたが、それ以降そのような話も無く、システム的にも非常に安定していると思います。

日本語サポートデスクは、平日(月~土曜)の午後 2:00~午前 0:00(24:00)まで、メールとチャットによりサポートを行っており、対応も全て日本人が担当しています。どうしても、ヨーロッパのサポートデスクからの対応になるため、質問を投げても、回答が日本時間の深夜になる場合も多いですが、IFC Markets創業時から日本マーケットを担当する担当者より、比較的丁寧なサポートが得られますので、初心者であっても迷うこと無く参加できると思います。

総合的な評価とコメント

根強い人気で安定感があるブローカー

IFC Marketsは、弊社がサービスを開始した当初から取引があり、8年間という最も長い期間契約関係を継続しているFXブローカーです。この間、日本市場を撤退したブローカーや経営破綻したブローカーも数多くありましたが、IFC Marketsは、『NetTradeX』という独自の方針にて地味な営業活動を続け、根強い顧客層を獲得してきました。それは、IFC Marketsのサポートデスクが象徴しており、創業当時から8年間、担当者が一切変わらない唯一のFXブローカーです。

正直、サービス自体に派手さが無いため、弊社での口座開設数も多くは無く、市場での知名度も決して高くは無いですが、これまで述べたとおり、フリーマージンへの利息提供や完全固定スプレッドなど、他では見受けられないオリジナリティあふれるサービスを展開しています。

他にも特徴としては、初めてのFX取引でも少額から取引できるよう、最低入金額を1ドル、最小取引ロットを100通貨単位まで引き下げ(NettraderX:ビギナーアカウント)初心者ユーザーやお試し取引のトレーダーを積極的に誘致しています。『NetTradeX』自体、それほど知られていないプラットホームではありますが、IFD/IFO注文やモニターの分割機能、ツールによるTrailing Stop機能など、『MetaTrader4』には無い便利な機能も実装されていますので、いつものツールに飽きた方には、利用する価値のあるプラットフォームだと思います。

しかしながら、どうしても初心者を主なターゲットとしているためか、多額の証拠金を運用する場合、最大レバレッジが大幅に下がります、例えば、$100,000のデポジットを行うと、スタンダードアカウントでも最大レバレッジが50倍まで下がります。IFC Marketsは、大口注文の場合、ある程度のカバーリスクを自社で追うため、この対応も致し方ないとも思いますが...海外FXブローカー利用の場合、ハイレバレッジに魅力を感じ利用しているユーザーも多いので、このあたりが今後の課題かと思います。

各アカウント カバー比率

(MT4)マイクロ【STP】Instant
60%40%
(MT4)スタンダード【STP】Instant
60%40%
(NTX)ビギナー【STP】Instant
60%40%
(NTX)スタンダード【STP】Instant
60%40%
 マリー取引(自社内で相殺)  カバー取引(CPに注文)

注文方式について

口座ごとの開設数(2016年)

  • (MT4)マイクロ
  • (MT4)スタンダード
  • (NTX)ビギナー
  • (NTX)スタンダード

IFC Markets(IFC マーケット)詳細情報

運営会社情報

会社名IFCMARKETS. CORP.
ライセンスBVI金融サービス委員会(BVI:FSC)
登録番号:SIBA/L/14/1073
会社名Quijano Chambers, P.O. Box 3159, Road Town, Tortola, British Virgin Islands
創業2006年資本金非公開

サポートデスク

日本語サイトあり取引ツール日本語対応
日本語サポートあり日本人の在籍あり
電話サポート日本語対応電話番号0120-963-965
メールサポート日本語対応メールアドレスjpn@ifcmarkets.com
サポート
対応時間(※)
(月~土曜)午後 2:00 ~ 午前 0:00(24:00)

日本時間

サービスと取引口座情報

取引口座の種類Metatrader4NetTradeX
マイクロスタンダードビギナースタンダード
発注方式STP方式(Instant)
スプレッド方式固定方式
取引口座の通貨日本円・米ドル・ユーロ
最大レバレッジ400 倍200 倍400 倍200 倍
初回最低入金額$ 1.00
(USD)相当
$ 1,000.00
(USD)相当
$ 1.00
(USD)相当
$ 1,000.00
(USD)相当
最小注文数0.01 ロット
(1,000通貨)
0.1 ロット
(10,000通貨)
0.001 ロット
(100通貨)
0.1 ロット
(10,000通貨)
最大注文数
(合計最大注文数)
100 ロット
(制限なし)
制限なし100,000通貨
(制限なし)
制限なし
商品(銘柄)【FX/通貨ペア】:49 銘柄
【FX/金銀】:9 銘柄
【CFD/株価指数】:11 銘柄
【CFD/商品】:19 銘柄
【CFD/証券】:331 銘柄
【FX/通貨ペア】:53 銘柄
【FX/金銀】:16 銘柄
【CFD/株価指数】:26 銘柄
【CFD/商品】:32 銘柄
【CFD/証券】:331 銘柄
取引可能時間【夏時間】:(月曜)午前 7:00 ~ (土曜)午前 5:00 (日本時間)
【冬時間】:(月曜)午前 8:00 ~ (土曜)午前 6:00 (日本時間)
表示通貨単位3桁 / 5桁表示
取引手数料なし
口座維持手数料なし
複数口座の保有可能
GMT時差【MT4/NTX】 夏時間:+ 2 時間、冬時間:+ 1 時間

取引条件と預け金の保全ルール

ロールオーバー夏時間:午前 7:00、冬時間:午前 8:00(日本時間)
マージンコールなし
ロスカット証拠金維持率が10%を下回った場合
両建て取引可能EAの使用制限なし
追加証拠金の請求なし(証拠金がマイナスになった場合、ゼロカットを実施)
預託金保管方法信託銀行による分別保管
主な信託先Ceska Sporitelna, a.s. 他
資金返還方法AIG(アメリカン・インターナショナル・グループ)保険より資産全額を補填

当社の「海外FX 業者レビュー」に掲載の情報は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。なお、この情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社(FXplus)が独自に制作したものであり、当サイトに掲載されているデーターの無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、当社までご連絡ください。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

かんたん口座開設かんたん口座開設

オフィシャルサイトへ

IFC Markets 特設サイトへ

キャンペーン一覧 >

新着情報一覧

もっと見る
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

topへ