海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

FBS(エフビーエス)

FBS(エフビーエス) の特徴と評価

FBS(エフビーエス) の特徴と評価

FBS

Updated最終更新:

FBSといえば最大レバレッジ3,000倍!世界190カ国に展開するグローバルな海外FX業者

FBS(エフビーエス)の大きな特徴は最大3,000倍のハイレバレッジと幅広いユーザー層に適した口座タイプのバリエーションです。3,000倍のレバレッジは、残高制限があるものの、破壊力のあるハイレバレッジとしてユーザーから高い人気を集めています。また、それぞれ特徴の異なる5種類の口座タイプ全てにおいてNDD方式を採用しており、インターバンク市場の金融機関が示すレートの中でも、トレーダーに有利なレートで取引ができるのが特徴です。更にFBSの約定力は最短0.3秒と高く、スリッページなどのリクオートが起きにくいところも大きなメリットになります。

FBSは日本語によるサポート体制も整っていますが、2019年10月より日本円口座の提供を始めたばかりで、日本における知名度はまだ低い海外FX業者といえます。どんな業者なのかまだ情報が少ないのが現状ですが、FBS個人エリア(会員ページ)やコピートレード専用の公式アプリをリリースし、またそれに関連したレベルアップキャンペーンなども実施しており、顧客のユーザビリティ向上に対して意欲的な姿勢がうかがえます。

FBSのメリット
1.最大3,000倍のレバレッジ
2.口座タイプによって使い分けが便利
3.ロイヤリティプログラムの特典が豪華
4.株式CFDにも対応
5.充実したコピートレード環境
FBSのデメリット
1.ボーナスに特殊なルールがある
2.取り扱い通貨ペアが少ない
3.ドル円スプレッドが他社より広い

この記事では、FBSの特徴をメリット・デメリットに分けて詳しく解説していきます。

この記事はこんな方におすすめします

  1. FBSは安全なFX業者なのか知りたい

  2. FBSの強みやメリットを知りたい

  3. FBSのデメリットを知りたい

FBS(エフビーエス)はどんな会社?

FBS(エフビーエス)は、2009年にロシアで設立された海外FX業者です。現在、190カ国に1,600万人ものトレーダーを抱え、世界的な人気を誇っています。日本での知名度はまだ低いですが、FBSの世界的な知名度は「FCバルセロナのグローバルパートナー」である事からも確認できます。同じグローバルパートナーとしては、KONAMIなど日本の大手企業も名を連ねています。

FCバルセロナ グローバルパートナー

FCバルセロナ グローバルパートナー

ウェブサイトやカスタマーサポートは日本語にも対応しており、2019年10月より日本円口座の提供を開始したことからも、日本市場の開拓に注力していることが伺えます。また、FBSを使い専業トレーダーとなった方のドキュメンタリー動画など、様々なコンテンツを配信するなど、オープンな運営方針であることが確認できます。

公式サイトを見るblank


FBSの安全性

FBSは2009年から運営を開始し、グループでキプロス証券取引委員会(CySEC)とベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)、オーストラリア証券投資委員会(ASIC)、そしてバヌアツ金融サービス委員会(VFSC)の金融ライセンスを保有しています。日本人向けサービスは、バヌアツ金融サービス委員会のライセンスを保持するMitsui Markets Ltd.が運営しています。バヌアツ共和国の金融ライセンスは比較的規制が緩く、海外FX業者がハイレバレッジなどのサービスを提供するために獲得するオフショアライセンスの一つです。そのため、金融行動監視機構(FCA)などの厳格なライセンスと比べると不安が残るのは否めません。しかし、人気ブローカーのTitan FX(タイタン FX)も同ライセンスを取得していることから一定の信頼性はあるといえます。

FBSグループとして保有する4つのライセンスの中でも、IFSCはトレーダーの保護と安全を管理する第三者機関で、金融機関が法令及び規制を遵守し適切に運用されているかを常に監視しています。この公的機関は、証券取引所の活動や業務も管理していることから、FBSの母体が厳格な規制下にあり、ある程度健全なFX業者であることが分かります。過去に出金拒否や不正行為等をしたという報告も無いため、特段の問題は無いでしょう。

FBSグループが保有する主な金融ライセンス - 2021年2月現在

FBSのグループ会社取得ライセンス
Tradestone Limited
キプロス証券取引委員会(CySEC)
ライセンス番号「331/17」
FBS Markets Inc
ベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)
ライセンス番号「000102/124」
Intelligent Financial Markets Pty Ltd
オーストラリア証券投資委員会(ASIC)
ライセンス番号「426 359」
Mitsui Markets Ltd.
バヌアツ金融サービス委員会(VFSC)
ライセンス番号「301924」

FBSの信託保全

FBSは、海外FX業者の中でもめずらしく、信託保全制度を適用しています。海外FX業者は日本の金融庁の規制下にないため、多くの業者では信託保全がなく、顧客資産は企業の運用資金とは分けて分別保管されているだけで、破綻時に資産の返還が補償されていないことがほとんどです。しかしFBSでは、信託保全制度によって、万が一会社が破綻した場合も、資金の全額返還が補償されているので、安心してトレードすることができます。

編集部

編集部の
コメント

海外FX業者が保有するオフショアランセンスでは、信託保全が義務付けられていないため、信託保全制度を適用している海外FX業者は多くないというのが現状です。そうした中で、FBSのように信託保全制度によって顧客資産を全額補償している業者は非常にめずらしく、資産の管理面での安全性の高さをうかがうことができます。

FBSのメリット

FBSの最大のメリットは、ハイレバレッジと口座タイプの幅広いバリエーションです。その他の特徴を見ても、FBSは、各ブローカーの人気サービスを詰め込んだようなイメージと言えるでしょう。ここではFBSの魅力的なポイントを詳しく解説していきます。

最大3,000倍のレバレッジ

FBSの特徴はやはり「最大3,000倍のレバレッジ」です。全5種類の口座タイプのうち、スタンダード・マイクロ・ゼロスプレッドと3つの口座タイプで最大3,000倍のレバレッジを利用できます。

海外FX業者では、少なくとも400倍を超える高水準のレバレッジが一般的で、中にはExnessのように無制限レバレッジを提供している業者や、GEMFOREXのように最大レバレッジ5,000倍を提供している業者などもあります。しかし、実際は特定の条件下でのみレバレッジを無制限としていたり、口座数に上限を設けていたりするので、最初から誰でも最大3,000倍のレバレッジが使えるのはFBSの大きな魅力です。

もちろんFBSも他社同様、口座残高に応じてレバレッジ制限はありますが、口座残高が200ドル(約2万円)を超えるまで最大3,000倍のレバレッジが利用可能です。口座残高が200ドルを超えても、2,000ドル(約20万円)までは、最大2,000倍のレバレッジが使えるので、少額資金でトレードしたい方に最適と言えるでしょう。

口座残高によるレバレッジ制限

口座残高最大レバレッジ
~200ドル3,000倍
200ドル超~2,000ドル2,000倍
2,000ドル超~5,000ドル1,000倍
5,000ドル超~30,000ドル500倍
30,000ドル超~150,000ドル200倍

その他、FBSでは取引銘柄やボーナスの受け取りによるレバレッジ制限があります。FBSの100%入金ボーナスを受け取った口座の最大レバレッジは、口座残高に関わらず自動的に500倍となりますのでご注意ください。

口座タイプによって使い分けが便利

FBSには5つの口座タイプがあり、トレードスタイルに合わせて使い分けることができるのがメリットです。トレードスタイル別にみたおすすめの口座タイプをご紹介します。

・毎月コツコツ積み立てしたい

【マイクロ口座】500円から入金可能で最大3,000倍のレバレッジが使える

・少額からリアルトレードで練習したい

【セント口座】100円から入金可能で1,000通貨=1ロット。全市場で取引可能

・FBSでガッツリトレード

【スタンダード口座】最大3,000倍のレバレッジと全市場で取引可能

・低スプレッドで自動売買運用

【ECN口座】3ドル/1ロット(片道)の取引手数料で低スプレッド

・低スプレッド至上主義な方に

【ゼロスプレッド口座】10ドル/1ロット(片道)~の取引手数料でスプレッドは0pips

多くの国内FX業者・海外FX業者における、口座タイプの違いと言えば「ロットサイズ」や「最大レバレッジ」に限定されています。しかし、FBSの口座タイプはそれぞれ特徴が大きく異なり、最適な活用方法も異なります。トレードスタイルに応じて求める仕様の口座タイプを使い分け、最適な取引環境を構築できるのがメリットです。

ロイヤリティプログラムの特典が豪華

FBSは、ロイヤリティプログラムの特典が非常に豪華な点も特徴的です。FBSのロイヤリティプログラムは、取引ロット数に基づいたキャッシュバックがもらえるといった一般的な取引ボーナスとは異なり、取引ロットとアクティブ日数に応じて、様々な豪華賞品や優遇サービスが付与されます。

最初のグリーンステータスでは定番のキャッシュバックに始まり、最終ランクであるプラチナステータスではメルセデスベンツSクラスや高級腕時計が貰えます。実際、プラチナステータスに到達するには、50万ドルの入金が必須なのでなかなか現実的ではありませんが、初期ランクでもキャッシュバックや無料VPS、プライベートコーチングセッションが付与されるのは非常に嬉しいポイントですね。

FBS ロイヤリティプログラム

株式CFDにも対応

FBSでは、米国株を中心に40種類もの株式CFD商品を取引できます。取引手数料が1ロットあたり片道3ドルかかりますが、最大10倍のレバレッジが適用され、配当金を受け取ることができます。もちろん、FBSで株式CFDを始めるにあたって追加の手続きは必要ありません。セント口座もしくはスタンダード口座をお持ちの場合、同じ口座で簡単に株式投資を始めることができます。近年では株式CFDを取り扱う海外FX業者が少しずつ増えてきましたが、実際はまだ半数以下と、対応業者は極めて少ないのが現状です。

充実したコピートレード環境

FBSでは、FBSを利用するプロトレーダーの取引をそのままコピーすることができます。利益が出た場合だけ、一部を手数料として支払う仕組みで気軽に参加できます。

コピートレードと言えば、GEMFOREXHotForexが有名ですが、FBSのコピートレード環境も充実しています。FBSのコピートレードの大きな特徴は、公式アプリで一括管理できる点です。MetaTrader4(MT4)やMetaTrader5(MT5)でEA(エキスパートアドバイザー)を使った自動売買のように、運用中ずっとPCを開けておく必要がないので、利便性が高いです。

コピートレード専用口座に入金し、トレード成績やランキングからコピーしたいトレーダーを選ぶだけで、あとは自動的にプロのトレードをコピーして運用できます。FBSのコピートレード環境は非常に充実しているのですが、残念ながらまだ日本ではあまり知られておらず、日本人トレーダーの提供者が少ないのが現状です。とは言え、コピー対象を海外に広げれば、より最適なトレーダーを見つけることができるというメリットがあるので、海外のプロトレーダのトレードをコピーしてみるのもいいでしょう。

FBSのデメリット

FBSには魅力的な点が多数ありますが、致命的ではないものの不便に感じる点もあります。ここではデメリットをいくつか紹介していきます。

ボーナスに特殊なルールがある

FBSのボーナスには、特殊なルールが適用される場合があります。例えばFBSの口座開設ボーナス(レベルアップボーナス)は、ボーナス専用口座の開設が必要となりその仕様は以下の通り制限がかかります。

FBSのレベルアップボーナス専用口座の仕様

口座の利用期限40日間
口座タイプスタンダード口座
注文執行方式STP方式
取引プラット
フォーム
MT5
レバレッジ100倍
基本通貨米ドル(USD)
取引銘柄主要通貨ペア
(28銘柄)のみ
取引単位0.01ロット
(1,000通貨)固定
同時保有可能な
ポジション数
5ロット

そして、付与されたボーナスを利用して取引を開始するには、Facebookアカウントを個人エリアに接続した上で、FBSのオンライン教材で学習し、テストに合格する必要があります。ボーナスの利用にあたって一定の条件が課されているのは珍しいケースといえるでしょう。

更に、ボーナスによって得た利益はボーナス金額と同額を上限に出金できますが、口座利用期限40日間の内、20日間以上はアクティブなトレードを行い、合計5ロット以上取引して利益を出す必要があります。制限の多い口座で利益を上げる必要があり難易度が高いといえます。レベルアップボーナスの詳細は下記リンク先をご参照ください。

FBS 140ドル相当の新規口座開設ボーナスキャンペーン

その他の特殊ルールとしては、FBSの100%入金ボーナスを受け取った口座は、口座残高に関わらずレバレッジが500倍に制限されるのでご注意ください。

取り扱い通貨ペアが少ない

FBSで取り扱う通貨ペアは全39種類になります。他社だと50種類前後が一般的のため、FBSの通貨ペア数は比較的少ないといえます。その他の海外FX業者の銘柄数については、「スペック比較一覧ページ」をご参照ください。

通貨ペア銘柄数が多い他の海外FX業者もチェック!

マイナー通貨ペアを含め、様々な銘柄を取引したいという場合、FBSの取り扱い通貨ペア39種類はデメリットといえるでしょう。

ドル/円スプレッドが他社より広い

FBSは他社と比較してドル/円のスプレッドが広い傾向にあるため取引コストがかかります。XMとExnessのスプレッド値と比較し下記の表にまとめてみました。

スタンダード口座スプレッド比較

 FBSXMExness
USDJPY1.6pips1.6pips1.7pips
EURUSD1.1pips1.6pips1.5pips

ゼロ口座スプレッド比較(手数料含む)

 FBSXMExness
USDJPY3.3pips1.3pips1.1pips
EURUSD2.0pips1.3pips1.0pips

こうして比較してみると、FBSのゼロスプレッド口座は、原則0pipsの固定スプレッドを提供していますが手数料を含めると、他社のスプレッドより広くなっていることが分かります。FBSのスタンダード口座も同様、やや広くなっています。

但し、ユーロ/ドルに関してはドル/円と比較して、スプレッドが狭い傾向にあります。普段からドル/円メインで、低レバレッジ運用している場合は、FBSのECN口座やドル円スプレッドの狭い他社口座の方が最適でしょう。

FBSで取引を始める前に

ボーナス専用口座やデモ口座でトレード体験

FBSは、トレードの練習用に最大140ドルの未入金ボーナスが付与されるレベルアップボーナス専用口座を提供しています。こちらは通常の口座とは仕様が異なり、最大レバレッジや取引可能銘柄、取引プラットフォームに制限がありますが、ノーリスクでリアルトレードと同じ環境下にてトレードの練習をすることができます。少しハードルは高いですが、一定の条件をクリアすることで、ボーナスを利用して得た利益はボーナス金額と同額を上限に出金することもできるので、FBSのトレード環境を試してみたい場合は、ボーナス専用口座の開設をおすすめします。

FBS レベルアップボーナスキャンペーン

レベルアップボーナス
専用口座開設ページを見る
blank


実際のトレードを試したいだけで、利益の出金などには興味がない場合、リアル口座とほぼ同じトレード環境を提供しているデモ口座でも、十分なトレード体験ができます。FBSでは、全ての口座タイプでデモ口座を提供しています。こちらも同様、リスクなくFBSの取引環境を体験できます。FX初心者の方はMT4やMT5の使い方や操作を覚えるためにも、ぜひ活用したいですね。デモ口座は下記リンク先より申し込みできます。

デモ口座開設ページを開くblank


FBS デモ口座

FBS デモ口座

FBSで利用できる入出金方法を確認

FBSでは、次の9種類の入出金方法を提供しています。Google Payへの出金も可能ですが、過去にGoogle Payを利用して入金した履歴のある方のみ対象で、現在は新規入金の受付を停止しているため除外しています。また、国内銀行送金と仮想通貨(テザー)は入金時のみ利用可能で、出金には対応していません。

FBSで利用できる入金方法

入金方法所要時間手数料最低入金額
国内銀行送金15~20分
(最大48時間)
2%150円
クレジットカード
(VISA/JCB)
即時無料1USD
bitwallet即時無料1USD
STICPAY即時2.5%+0.3ドル1USD
Perfect Money即時ベンダー側で
手数料が発生
1USD
仮想通貨
(ビットコイン)
30分
(最大48時間)
2%1USD
仮想通貨
(テザー)
15〜20分
(最大48時間)
無料
(※1)
1USDT
エクスチェンジャー
(Bonsai Trader Exchanger Money)
15~20分
(最大48時間)
無料1USD(※2)
Apple Pay最大10分--
入金
所要時間手数料最低入金額
国内銀行送金
15~20分
(最大48時間)
2%150円
VISA/JCB
即時無料1USD
bitwallet
即時無料1USD
STICPAY
即時2.5%+
0.3ドル
1USD
Perfect Money
即時ベンダー側で手数料が発生1USD
仮想通貨(ビットコイン)
30分
(最大48時間)
2%1USD
仮想通貨(テザー)
15〜20分
(最大48時間)
無料(※1)1USDT
エクスチェンジャー
15~20分
(最大48時間)
無料1USD(※2)
Apple Pay
最大10分--
  1. ネットワーク手数料が発生する場合があります。
  2. 入金額が少ない場合は手動で処理され、通常より時間がかかる場合があるため、推奨入金額は5USDです。

FBSで利用できる出金方法

出金方法所要時間手数料
クレジットカード
(VISA/JCB)
3~4日1USD
bitwallet即時100円
STICPAY15~20分
(最大48時間)
2.5%+0.3ドル
Perfect Money15~20分
(最大48時間)
0.5%
仮想通貨
(ビットコイン)
30分
(最大48時間)
1%+1USD
エクスチェンジャー
(Bonsai Trader Exchanger Money)
15~20分
(最大48時間)
無料
Apple Pay3~4日0.5EUR
出金
所要時間手数料
VISA/JCB
3~4日1USD
bitwallet
即時100円
STICPAY
15~20分2.5%+
0.3ドル
Perfect Money
15~20分0.5%
仮想通貨(ビットコイン)
30分
(最大48時間)
1%+1USD
エクスチェンジャー
15~20分
(最大48時間)
無料
Apple Pay
3~4日0.5EUR

最新情報

【2021.6.25】FBSは、入金方法に新たにテザーウォレット(USDT)を追加しました。最小1USDTから手数料無料で入金可能です。また、2021年5月より国内銀行送金による入金も可能となりました。

FBSは幅広い入出金方法を提供していますが、国内銀行送金による入金は、通常の振込手続きを行うだけでいいので非常に簡単です。但し、出金には対応していないのでご注意ください。Perfect Moneyやエクスチェンジャー(Bonsai Trader)は日本語対応が不十分なこともあり、日本人ユーザーにとっては国内銀行送金やクレジットカード、bitwallet、STICPAYが便利だといえるでしょう。

またFBSは個人エリア(会員ページ)の公式アプリを提供しているので、スマホからでも簡単かつスムーズに入金手続きを行うことができます。更に、公式アプリからボーナス専用口座を開設するだけで、ボーナス金額が2倍になるFBS レベルアップボーナスキャンペーンも開催されているので、口座管理に便利なアプリのインストールをおすすめします。

ただ、FBSにも他の海外FX業者と同様、入金累計額までの出金について、入金経路と出金経路は同じでなければならないという出金ルールがあります。この優先順位を理解していないと出金を受け付けもらえないので、事前にチェックしておきましょう。

まとめと総評

FBSのメリットはやはり、最大3,000倍のレバレッジと、取引スタイルに合わせた豊富な口座タイプです。あらゆるボーナスキャンペーンを提供している点もトレーダーにとっては嬉しいポイントですが、難しい条件が多いため、ボーナスでお得にFXを始めたいという方には不向きになります。

FBSは、ハイレバレッジを使って少額トレードで稼ぐ、あるいはコピートレードで気軽に運用したいといった方に最適と言えるでしょう。海外での人気も後押しして、今後日本国内でも確実に知名度を上げていくことが期待できる海外FX業者といえます。

ハイレバレッジを提供する他の海外FX業者もチェック!

  1. 一定の条件下で、999ドル以下の残高に対し無制限レバレッジ利用可能
  2. 期間限定で5,000倍レバレッジ口座を提供(各種制限あり・受付終了)
  3. 期間限定で6,000倍レバレッジ口座を提供(各種制限あり・受付終了)

FBS(エフビーエス) 詳細情報

運営会社情報

会社名Mitsui Markets Ltd.
本店住所133 Santina Parade, Elluk, Port Vila, Efale, Vanuatu
金融ライセンス
バヌアツ金融ライセンス(VFSC)
(ライセンス番号:301924)
創業2009年資本金非公開

日本語の対応とサポートデスク

日本語サイトWebサイト・ポータル共に日本語対応
取引ツールMetaTrader4/5、FBS Trader共に
日本語対応
日本語サポート日本人在籍なし。1名の外国人がメール・サポートチャット・電話によるユーザー対応を実施。
サポート対応時間
(日本時間)
(平日)15:00~24:00
メールアドレスsupport@fbs.com
電話番号直接の電話連絡は不可。
折り返し電話依頼が可能。

お取引条件と預け金の保全ルール

ロールオーバー
(日本時間)
夏時間:午前 6:00、冬時間:午前 7:00
マージンコール証拠金維持率が40%を下回った場合
ロスカット証拠金維持率が20%を下回った場合
両建て取引(※1)可能
EAの使用制限なし
追証の請求なし(証拠金がマイナスになった場合、ゼロカットを実施)
預託金保管方法信託銀行による分別保管
  1. 複数口座間での両建て取引は禁止となります。

口座のタイプごとの条件

取引口座の種類
(※1)
セントマイクロスタンダード
取引ツールFBS Trader
MetaTrader4/5MetaTrader4MetaTrader4/5
発注方式STP方式
スプレッド方式変動方式固定方式変動方式
取引口座の通貨米ドル・ユーロ日本円・米ドル・ユーロ
最大レバレッジ
(※2)
1,000倍3,000倍
1ロットの通貨量1,000通貨10万通貨
初回最低入金額$1(USD)
相当額
$5(USD)
相当額
$100(USD)
相当額
最小注文数0.01
セントロット
0.01
ロット
最大ロット数/
合計最大注文数
1,000セントロット
/200,000セントロット
500ロット/100,000ロット
商品(銘柄)
<MetaTrader4>
【商品合計】
48
【通貨ペア】
38
【CFD/貴金属】
4
【CFD/エネルギー】
2
【CFD/株価指数】
4
【株式】
なし
<MetaTrader5>
【商品合計】
133
【通貨ペア】
39
【CFD/貴金属】
4
【CFD/エネルギー】
2
【CFD/株価指数】
4
【CFD/株価指数
(現物)】
14
【株式】
70
<MetaTrader4>
【商品合計】
39
【通貨ペア】
31
【CFD/貴金属】
2
【CFD/エネルギー】
2
【CFD/株価指数】
4
<MetaTrader4>
【商品合計】
48
【通貨ペア】
38
【CFD/貴金属】
4
【CFD/エネルギー】
2
【CFD/株価指数】
4
【株式】
なし
<MetaTrader5>
【商品合計】
133
【通貨ペア】
39
【CFD/貴金属】
4
【CFD/エネルギー】
2
【CFD/株価指数】
4
【CFD/株価指数
(現物)】
14
【株式】
70
取引可能時間
(日本時間)
【夏時間】:(月曜)午前 6:00 ~ (土曜)午前 6:00
【冬時間】:(月曜)午前 7:00 ~ (土曜)午前 7:00
取引手数料
(※3)
手数料なし
口座維持手数料なし
複数口座の保有
(※4)
可能
法人口座の開設
可能
GMT時差【MT4/MT5】夏時間:+3時間、冬時間:+2時間
取引口座の種類
(※1)
ゼロ
スプレッド
ECN
取引ツールFBS Trader
MetaTrader4
発注方式STP方式ECN方式
スプレッド方式固定方式変動方式
取引口座の通貨日本円・米ドル・ユーロ米ドル
最大レバレッジ
(※2)
3,000倍500倍
1ロットの通貨量10万通貨
初回最低入金額$500(USD)
相当額
$1,000(USD)
相当額
最小注文数0.01
ロット
0.1
ロット
最大ロット数/
合計最大注文数
500ロット/100,000ロット500ロット/制限なし
商品(銘柄)<MetaTrader4>
【商品合計】
39
【通貨ペア】
31
【CFD/貴金属】
2
【CFD/エネルギー】
2
【CFD/株価指数】
4
<MetaTrader4>
【商品合計】
25
【通貨ペア】
25
取引可能時間
(日本時間)
【夏時間】:(月曜)午前 6:00 ~ (土曜)午前 6:00
【冬時間】:(月曜)午前 7:00 ~ (土曜)午前 7:00
取引手数料
(※3)
$10(USD)相当額~$3(USD)相当額
口座維持手数料なし
複数口座の保有
(※4)
可能
法人口座の開設可能
GMT時差【MT4/MT5】夏時間:+3時間、冬時間:+2時間
取引口座の種類(※1)
セント/マイクロ/スタンダード/ゼロスプレッド/ECN
取引ツール
セント/
スタンダード
FBS Trader
MetaTrader4/5
マイクロ/
ゼロスプレッド/
ECN
FBS Trader
MetaTrader4
発注方式
セント/
マイクロ/
スタンダード/
ゼロスプレッド
STP方式
ECNECN方式
スプレッド方式
セント/
スタンダード/
ECN
変動方式
マイクロ/
ゼロスプレッド
固定方式
取引口座の通貨
セント米ドル・ユーロ
マイクロ/
スタンダード/
ゼロスプレッド
日本円・米ドル・ユーロ
ECN米ドル
最大レバレッジ(※2)
セント1,000倍
マイクロ/
スタンダード/
ゼロスプレッド
3,000倍
ECN500倍
1ロットの通貨量
セント1,000通貨
マイクロ/
スタンダード/
ゼロスプレッド/
ECN
10万通貨
初回最低入金額
セント$1(USD)相当額
マイクロ$5(USD)相当額
スタンダード$100(USD)相当額
ゼロスプレッド$500(USD)相当額
ECN$1,000(USD)相当額
最小注文数
セント0.01セントロット
マイクロ/
スタンダード/
ゼロスプレッド
0.01ロット
ECN0.1ロット
最大ロット数/合計最大注文数
セント1,000セントロット/
200,000セントロット
マイクロ/
スタンダード/
ゼロスプレッド
500ロット/
100,000ロット
ECN500ロット/制限なし
商品(銘柄)
セント
<MetaTrader4>
【商品合計】:48
【通貨ペア】:38
【CFD/貴金属】:4
【CFD/エネルギー】:2
【CFD/株価指数】:4
【株式】:なし
<MetaTrader5>
【商品合計】:133
【通貨ペア】:39
【CFD/貴金属】:4
【CFD/エネルギー】:2
【CFD/株価指数】:4
【CFD/株価指数(現物)】:14
【株式】:70
マイクロ<MetaTrader4>
【商品合計】:39
【通貨ペア】:31
【CFD/貴金属】:2
【CFD/エネルギー】:2
【CFD/株価指数】:4
スタンダード
<MetaTrader4>
【商品合計】:48
【通貨ペア】:38
【CFD/貴金属】:4
【CFD/エネルギー】:2
【CFD/株価指数】:4
【株式】:なし
<MetaTrader5>
【商品合計】:133
【通貨ペア】:39
【CFD/貴金属】:4
【CFD/エネルギー】:2
【CFD/株価指数】:4
【CFD/株価指数(現物)】:14
【株式】:70
ゼロスプレッド<MetaTrader4>
【商品合計】:39
【通貨ペア】:31
【CFD/貴金属】:2
【CFD/エネルギー】:2
【CFD/株価指数】:4
ECN<MetaTrader4>
【商品合計】:25
【通貨ペア】:25
取引可能時間(日本時間)

【夏時間】

  1. (月曜)午前 6:00 ~ (土曜)午前 6:00

【冬時間】

  1. (月曜)午前 7:00 ~ (土曜)午前 7:00
取引手数料(※3)
セント/
マイクロ/
スタンダード
手数料なし
ゼロスプレッド$10(USD)相当額~
ECN$3(USD)相当額
口座維持手数料
なし
複数口座の保有(※4)
可能
法人口座の開設
可能
GMT時差
【MT4/MT5】
夏時間:+3時間、冬時間:+2時間
  1. お一人様1回限りご利用可能な、40日間限定のレベルアップボーナス専用口座もあります。
  2. FBSでは、口座残高に応じて自動的にレバレッジが引き下がります。また、100%入金ボーナスを受取った口座はレバレッジ規制によって最大レバレッジは500倍となります。
  3. 1注文(片道)1ロットあたりの手数料となります。尚、株式のみ注文額の0.7%が手数料としてかかります。
  4. 取引口座に$100(USD)以上入金後、口座タイプごとに最大10口座まで開設可能となります。

最新情報

【2021.6.18】 FBSでは、MT5で取引できる商品に30種類の株式CFD商品を新たに追加しました。また、FBSは2021年4月21日よりFBS Traderにてコインベース株の取り扱いを開始しています。

取引口座への入出金

取引口座の種類セントマイクロスタンダードゼロ
スプレッド
ECN
入金方法(※1)bitwallet、クレジット/デビットカード、STICPAY、Bitcoin、Perfect Money、Bonsai Trader Exchanger Money
出金方法bitwallet、クレジット/デビットカード、STICPAY、Bitcoin、Perfect Money、Bonsai Trader Exchanger Money
最低入金額$1(USD)相当額$5(USD)相当額$100(USD)
相当額
$500(USD)
相当額
$1,000(USD)
相当額
セント/マイクロ/スタンダード/ゼロスプレッド/ECN
入金方法(※1)
bitwallet、クレジット/デビットカード、STICPAY、Bitcoin、Perfect Money、Bonsai Trader Exchanger Money
出金方法
bitwallet、クレジット/デビットカード、STICPAY、Bitcoin、Perfect Money、Bonsai Trader Exchanger Money
最低入金額
セント$1(USD)相当額
マイクロ$5(USD)相当額
スタンダード$100(USD)相当額
ゼロスプレッド$500(USD)相当額
ECN$1,000(USD)相当額
  1. Bitcoinでの入金が可能ですが、出金はオンラインウォレット(bitwallet、PerfectMoney、STICPAY)になります。

FBS - よくある質問(FAQ)

FBSに関する、よくある質問をまとめました。


  1. いいえ、FBS(エフビーエス)では、出金拒否を行うことはありません。但し、入金時と異なる方法での出金申請等、出金ルールに反した申請は処理されない場合がございます。また、ポジションをお持ちの場合も、出金申請できませんのでポジションを閉じてから再度申請ください。

    続きを読む

  2. はい。FBS(エフビーエス)ではレバレッジ制限があり、口座タイプや口座残高、取引銘柄によって最大レバレッジは異なります。また、最大レバレッジ3,000倍の口座であってもボーナスを受け取った場合や規定の残高を超えた場合、レバレッジは自動的に引き下がります。

    続きを読む

  3. FBS(エフビーエス)のスプレッド方式は口座タイプによって異なります。マイクロ口座・ゼロスプレッド口座のスプレッドは固定ですが、セント口座・スタンダード口座・ECN口座は変動スプレッドです。尚、使用期限があるボーナス口座も変動スプレッドです。

    続きを読む

  4. FBS(エフビーエス)では、身分証明書の承認と口座残高100ドル(相当額)以上という2つの条件を満たすことで、お一人様、各口座タイプ・プラットフォーム毎に最大10口座まで開設可能です。尚、各口座タイプにつき1口座は無条件で開設いただけます。

    続きを読む

  5. はい、FBS(エフビーエス)では法人口座も開設可能です。個人口座と同じお取引条件でご利用いただけます。尚、FBSの公式ページには法人口座専用の開設フォームがないため、個人口座を開設いただき、その口座を法人口座に変更する流れとなります。

    続きを読む

FBS

Updated最終更新:
FXplus編集部
筆者:FXplus編集部

海外FXをご利用するにあたり、最新の海外FX人気ランキングや、海外FX業者の無料口座開設代行など、海外FXの初心者でも安心してご利用頂けるコンテンツを提供しています。

当社の「海外FX 業者レビュー」に掲載の情報は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。

なお、この情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社(FXplus)が独自に制作したものであり、当サイトに掲載されているデーターの無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、当社までご連絡ください。

もっとみる

fbs

リアル口座開設リアル口座開設

海外FX業者

人気ランキング

  • 1

    xem

    4.48
  • 2

    tfx

    4.40
  • 3

    exn

    4.38
  • 4

    gem

    4.33
  • 5

    mil

    4.08

海外FX業者 人気ランキング >

当サイト限定

開催中のキャンペーン情報

開催中のキャンペーン一覧 >

メニューを閉じる