Pepperstone (ペッパーストーン)

Pepperstone

Pepperstone
  • 最高レバレッジ最高レバレッジ
  • 日本円口座日本円口座
  • 最低ロット数最低ロット数
  • MT4対応MT4対応
  • 日本語OK日本語OK
  • EA利用可能EA利用可能

業界随一の狭いスプレッドと迅速な入出金で、圧倒的人気の新興ブローカー!

Pepperstoneは、オーストラリア証券投資委員会(ASIC)によって認可を受け、2010年より営業を開始している新興ブローカーです。営業を開始し3年ながらも、業界で最狭といわれるスプレッドの低さと入出金の迅速さ、日本人サポートの対応の早さなどから、日本において圧倒的な人気を獲得し、2013年『日本人の口座開設数No.1ブローカー』『満足度No.1ブローカー』に選ばれた海外FX業者です。

Pepperstoneは、全てのアカウントタイプでNDD(ノン・ディーリングデスク)方式を採用しており、スプレッドが低く設定されているのが最大の特徴です。

海外FX総合ランキング圏外Pepperstone (ペッパーストーン)(評価: 3.5/5.0 71 件)
スプレッド4.0 レバレッジ4.0
約定スピード4.0 各種ツール3.5
ボーナス1.0 日本語2.0
入出金4.5 信頼性5.0
Google +1
  • かんたん口座開設はこちらから
  • WEBサイトへ

アカウントの種類

アカウントのタイプは、一般的なスイングトレードからスキャルピングまで幅広いトレーダーを対象とした「スタンダードアカウント」と、スプレッドを極限まで狭く設定し、1取引ごとに手数料が発生する「RAZORアカウント」の2種類があります。両アカウントとも、マイクロロット(0.01 lot)、円口座に対応しており、口座開設時より最大レバレッジ400倍まで設定可能です。  この2つのアカウントの違いは、スプレッドを支払うか、手数料を支払うかの違いだけですが、Pepperstoneの場合、「スタンダードアカウント」であっても、かなり狭い水準にあるので、取引回数を考慮してアカウントのタイプを選ぶと良いかと思います。尚、口座残高が、USD50,000を超えたユーザーには個別にPlatinumアカウントへのアップグレードの招待が来るそうです(未検証)

スプレッドと手数料

「スタンダードアカウント」「RAZORアカウント」共に、マイクロロット(0.01LOT)、円口座に対応しており、口座開設時は、最大レバレッジは口座開設時より400倍までを選択可能です。 この2つの違いは、前に述べたとおり、スプレッドを支払うか、手数料を支払うかの違いだけですが、Pepperstoneの場合、「スタンダードアカウント」であっても、かなり狭い水準にあるので、取引回数を考慮してアカウントタイプを選ぶと良いかと思います。尚、口座残高が、USD50,000を超えたユーザーには個別にPlatinumアカウントへのアップグレードの招待が来るそうです(未検証)。

約定(執行)スピードとリクオート

約定スピードは、他のブローカーと比較して、決して早いほうではありません。特に指数発表などのオーダーが混雑する時間帯では、なかなか注文が執行されないケースが多々見られます。Pepperstoneは注文方式に、Market Execution方式を採用しているため、市況混雑時のオーダー値と、実際に約定された値が異なるケースもあります。しかし、これらのケースは、同じ方式を採用しているどのブローカーにも見られることで、Pepperstoneは近年で急速に注文数が増えたと予想できるため、バックボーンが注文を処理しきれずこれらの現象が発生しているかと考えます。

ワンクリック決済・気配値表示に対応

2012年8月に行われた、EDGEアカウントへのアップグレードにて、MetaTrader4のワンクリック決済に対応しました。MetaTrader4は、従来ワンクリック決済の機能が実装されておらず、不便さを感じていたユーザー多いと思いますが、Pepperstoneはこれを、独自のMetaTraderエクステンションによって実装しました。
また同時に、PPI(Pepperstone Price Improvement)テクノロジーと称す、所謂、気配値表示にも対応しており、市場全体の売買のホットスポットを確認することで、通貨ペア全体の流動性の分析が可能となります。

総合評価

Pepperstoneは、スプレッドや入出金だけではなく、日本語サポートにも非常に優れているブローカーであり、証明書の承認作業やトラブルシューティング等への対応が非常に早く丁寧なサポート体制を持っています。日本とオーストラリアの時差を考えると、ヨーロッパのブローカーのように、質問をしたのに2日ぐらい返答がないということは無いでしょう。
このように、多くの点で評価するところが多いPepperstoneですが、2013年12月現在、急激な顧客の増加と、注文の集中により、約定スピードが下がる傾向にあります。それに対応するため、NYのデータセンターへのサーバー新設など、インフラの増強に尽力していますが、もう少し執行能力が上がればという感は受けます。
それであっても、魅力的なスプレッドや、ほとんどのデバイスに対応した、取引ツール(MetaTrader)など、日本のFXブローカーと大差無い安心感を体感できるの、トップクラスの海外FXブローカーだと考えます。

関連記事

↑ページTOPへ↑

Pepperstone (ペッパーストーン) 詳細情報

基本情報

会社名 Pepperstone Financial Pty Ltd
ライセンス Australia/ASIC (Australian Securities and Investments Commission) 登録番号:389931
所在地 Level 3, 27 - 31 King Street Melbourne VIC 3000 AUSTRALIA
創業2006年 資本金-
日本語サイト あり 取引ツール 日本語対応
日本語サポート あり 日本人サポート あり
電話サポート 日本語 電話番号 (+61) 3-9020-0155
メールサポート 日本語 メールアドレス support.jp@pepperstone.com
対応時間 【日本語サポート】
夏時間:(月~金曜) 午前 7:00 ~ 午後 4:00 (日本時間)
冬時間:(月~金曜) 午後 8:00 ~ 午後 5:00 (日本時間)

口座情報

アカウント種別 MetaTrader4
スタンダード アカウント RAZOR アカウント
注文方式 STP 方式 (Market Execution) ECN 方式
口座通貨 JPY・USD・EUR・GBP・CHF・AUD・NZD・SGD
最大レバレッジ 最大 400倍
初回最低入金額 $ 200 (相当)~
最小取引単位 0.01 lot (1,000通貨)
最大ロット 無制限
提供通貨ペア FX通貨ペア:64種類、貴金属:4種類
表示通貨単位 3桁 / 5桁表示
取引手数料 なし 1取引あたり
AUD 3.5 / 1 lot (100,000通貨)
口座維持手数料 なし
デモ口座 あり
複数口座の開設 可能
スプレッド方式 変動
スプレッド参考値 スプレッド情報

取引情報

取引システム MetaTrader 4/5 (DEMOのみ)、WebTrader、Myfxbook、各種モバイルトレーダー
プラットフォーム Windows PC、MacOS (iPhone、iPad)、Android、Windows Mobile、その他標準的ブラウザー
取引可能時間 夏時間:(月曜) 午前 6:00 ~ (土曜) 午前 6:00 (日本時間)
冬時間:(月曜) 午前 7:00 ~ (土曜) 午前 7:00 (日本時間)
GMT時差 夏時間:+ 1 時間、冬時間:+ 2 時間
ロールオーバー 夏時間:午前 6:00、冬時間:午前 7:00 (日本時間)
マージンコール 口座証拠金維持率が90%を下回った場合
ロスカットルール 口座証拠金維持率が20%を下回った場合
両建て取引 可能 EAの使用制限 なし
追証の請求 あり 預託金保管方法 信託銀行による分別保管
主な信託先 National Australia Bank
資金補填方法 同国会社法(Corporations Act 2001)に基づき、信託金のすべてを返還

入出金情報

主な入出金方法
クレジットカード 海外銀行送金 国内銀行送金 ブローカー間送金 Skrill
クレジットカード 海外銀行送金 国内銀行送金 ブローカー間送金 Skrill

↑ページTOPへ↑

Pepperstone (ペッパーストーン) 取引画面

  • Pepperstone MetaTrader4 画面

    <Pepperstone MetaTrader4 画面>

  • Pepperstone WebTrader 画面

    <Pepperstone WebTrader 画面>

↑ページTOPへ↑

Google +1

↑ページTOPへ↑

海外FX口座開設の注意事項

海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。
当初投資の一部、または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。