海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

初めてでもわかりやすい

FX用語解説集

スリッページ

UPDATE2018.06.25

為替相場の変動等により、注文した金額と約定した金額が異なる場合があります。この、実際に発生した発注と約定の差(ズレ)をスリッページと呼びます。為替レートは常に変動を繰り返しているため、必ずしも希望の通りの価格で約定することは出来ません。

スリッページは、相場(レート)が大きく変動した場合(市場が荒れた場合)などに起こるもので、ストップロスオーダーをかけた時には、既に相場はさらに下がってしまっていて、 指定した価格より下がった価格で取引がされてしまうことになります。

自分が目で確認してから実際に注文を出して約定するまでには、若干の時差が生まれ、この時差がスリッページとなって表れるということです。

スリッページは相場の変動(急落や急騰)が激しいときに大きくなりやすいので、このような場面での取引をするときにはスリッページ設定などを利用してリスクの許容範囲を決める必要があります。

相場の変動が激しいときには、100円で発注し、99.80円で約定してしまうこともあります。

ほとんどの証券会社では、スリッページの許容範囲の設定ができるようになっていますので、注文金額を優先して注文したい場合は許容範囲を小さく、逆に約定を優先させたい場合には許容範囲を大きく設定するといいでしょう。

読み方

スリッページ・すりっぺーじ

関連する用語

よく検索される用語

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE作成日:

キーワードから探す

当社の「FX用語解説集」に掲載の情報は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。

もっとみる

なお、この情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社(FXplus)が独自に制作したものであり、当サイトに掲載されているデーターの無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、当社までご連絡ください。

FX用語解説集 カデゴリー

topへ