海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

初めてでもわかりやすい

FX用語解説集

ロング

UPDATE2018.07.20

ロングとは、外貨を買っている状態、外貨が余っている状態のことをいいます。買い持ちや買いポジションとも呼びます。

ドルを買う、あるいは、将来にドルを相手から受け取るなど、外貨が余っている状態のことで、これを、ポジションがロングになっている、または、買いポジションを持っているといいます。

取引において、買いの持ち高を取っている状態、または買いの持ち高が売りの持ち高を上回っている状態になっています。ロングは将来的に値上がりすると判断した投資対象を買って保有し、値上がりした時点で売って利益を上げるものです。決済したときの差額が損益となります。

FX取引などでは、買いと売りのいずれのポジションも持つことができます。信用取引や商品先物取引において、単独での値上がりを期待して投資の対象となるものを購入し、そのまま長期間保有し続けます。

そして、一般に将来値上がりすると見通した商品を購入し値上がりした時点で決済し、そのときの差額が損益となります。たとえば、ドルのロングをした場合、取引時より決済時の方がドルの価格が高ければ為替差益(利益)が生じます。

レートが下がったときに損失を被るリスクを下げるためには反対のポジションを持っておくこともありますが、リスクを度外視して高いリターンを期待する場合にはロングのみをしておくことになります。

読み方

ロング・ろんぐ

対義語

売り持ち

関連する用語

よく検索される用語

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE作成日:

キーワードから探す

当社の「FX用語解説集」に掲載の情報は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。

もっとみる

なお、この情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社(FXplus)が独自に制作したものであり、当サイトに掲載されているデーターの無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、当社までご連絡ください。

FX用語解説集 カデゴリー

メニューを閉じる