海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

両建て取引とは?海外FXのボーナスの種類と両建て取引の制約

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
DATE2017.06.19

海外FXのトラブル

両建て取引とは?海外FXのボーナスの種類と両建て取引の制約

FX取引においては、高くなると予想する通貨を購入して買いポジションをとるか安くなると予想した通貨を売却する売りポジションをとることで利益を狙うのが一般的です。しかし、両方のポジションを同時にとる両建てと呼ばれる取引手法もあります。そこで、両建て取引とは何か、国内FX業者や海外FX業者ではそれぞれ両建てについてどのような規制をしているか、さらには海外FXのボーナスと両建て取引の関係はどうなっているかなどについて紹介します。

海外FXは両建て可能!両建てのポイントと戦略

そもそも両建てとはどんな取引?

FX取引は「買い」のポジションを持ち購入した通貨が高くなったら売却して利益を確定する取引と、「売り」のポジションから入ってその通貨が安くなったら購入して差益を得る取引の2種類のアプローチがあります。

通常はどちらかのポジションを持って取引を行うことになりますが、同じ通貨ペアの買いと売り両方のポジションを同時に持って取引を行うことを両建てといいます。

同じ額の買いと売りのポジションを保有していると、保有している通貨ペアの為替レートが変動した場合、どちらかのポジションで差損が発生しますが、もう一方のポジションでは同額の差益が発生することになり、トータルの損益は変わらないことになります。

為替差損とは別に手数料やスプレッドといったコストは負担することになりますので、両建て取引には何のメリットもないように感じる人もいるでしょう。

両建ての取引方法とそのメリット

一見するとあまりメリットがない取引に見える両建て取引ですが、使い方によっては大きなメリットが得られる可能性があります。

例えば、ドル円で115円の買いポジションを保有していて114円に下がり差損が生じている状況で、114円の売りポジションを保有すると、1円の差損の状態をキープすることができます。これ以上損失を拡大させないで相場の様子を見るといったメリットが得られることになります。

また、含み益がある状態で相場が反転するリスクを軽減するために注文を入れて両建ての状態にすることで、ポジションの手仕舞いを行わないで利益を確保している状態を継続することもできます。

両建て取引とは?海外FXのボーナスの種類と両建て取引の制約

また、膠着状態の相場で両建てのポジションを持ち、上昇トレンドが生じたら売りポジションを解消する、下降トレンドが生じたら買いポジションを解消するという取引手法も考えられます。相場の状況が読めない段階でもポジションを持ちながら相場の様子がうかがえるメリットがあります。

国内FX業者で両建てはできるのか?

海外FX業者のほとんどが両建て取引を認めていますが、国内FX業者の場合は両建て不可としている業者も多いです。国内の規制により両建ての推奨は法律違反にあたることがその理由だと考えられます。

また、国内FX業者が両建て可能としている場合には、両建て分の証拠金が不要なケース、片方のポジションの証拠金が必要になるケース、さらに両方の証拠金が必要となるケースがありますので、業者のルールをよく確認しておく必要があるでしょう。

国内の規制がある理由は、証拠金を上回る損失によって予想外の損失が発生しないように投資家を保護することだといわれています。

しかし、海外FX業者の場合は、ゼロカットシステムがありますので証拠金を超える損失が発生することはほとんどありません。そのため、両建て取引による損失拡大のデメリットがほとんどありませんので両建て取引が問題にならないと考えられます。

また、海外FX業者は投資家の取引量が増えると利益が増加する利益構造になっていますので、ポジションの増加は利益の増加につながります。そのため両建て取引を禁止すると利益につながらないため禁止していないという背景もあるでしょう。

複数口座での両建て禁止ルールは理解しておこう!

ほとんどの海外FX業者は両建て取引を認めているといっても、禁止されている両建て取引もありますので、よく理解したうえで取引する必要があります。禁止されている両建て取引は、複数口座を利用したアービトラージと呼ばれる両建て取引です。

例えば、A社で買いポジション、B社で売りポジションを保有した状態で為替相場が変動すると、どちらかのポジションはゼロカットによって証拠金と同額の損失が確定し、別のポジションで利益が生じます。

この両建て取引をハイレバレッジで行えば、片方のポジションでの少額証拠金の損失が発生したとしても、別のポジションで大きな差益が得られることになりますので、両方合わせれば大きな利益を簡単に手にできてしまうことになります。そのため、両建てを認めている海外FX業者でも複数口座の両建て取引を禁止しているのです。

両建て取引とは?海外FXのボーナスの種類と両建て取引の制約

複数口座で両建て取引を行っていることが発覚すると、ペナルティーが課されることになりますので注意が必要です。

海外FXボーナスの種類と両建て取引の関係

海外FXボーナスの種類とボーナス出金条件を満たすための両建て取引

海外FXの魅力はさまざまですが、ボーナスの種類や金額の大きさも魅力の1つです。海外FXのボーナスは主に3種類あります。

1つ目は口座開設ボーナスです。口座開設ができた時点でボーナスが与えられるもので、そのまま出金できるケースも多いです。

2つ目は入金ボーナスです。口座開設後の初回の入金に対してボーナスが付与されるケースや、一定期間内に入金した場合に与えられるケースなどがあります。入金額に対して50%など有利な付与率が設定されるケースが多い点が国内FXと比較した場合のメリットです。

3つ目は取引ボーナスです。入金するだけでなく実際に取引を行うことによって付与されるボーナスです。2つ目の入金ボーナスと3つ目の取引ボーナスはそのまま出金できず、証拠金としてしか使用できないという条件が付くことが多いです。

しかし、両建て取引を行ってポジションを保有すれば、証拠金としてボーナスを使用したうえで手数料などのコスト以外の損得なしにポジションの解消ができ、ボーナス分の出金ができてしまうことになります。そのため、両建てを認めている海外FX業者でもボーナスを証拠金に充当して両建て取引を行うことは認めていないケースがほとんどです。

禁止されている両建て取引を行った場合のペナルティー

すでに紹介した複数口座の場合と同様に、ボーナスを証拠金として利用した両建て取引を行った場合はペナルティーが課されることになります。ペナルティーの種類は海外FX会社によってさまざまですが、主なペナルティーは3つあります。

両建て取引とは?海外FXのボーナスの種類と両建て取引の制約

1つ目は全額没収です。ボーナスだけでなく口座にある資金の全額が没収されます。2つ目は出金拒否です。口座の閉鎖や没収にまでは至りませんが、出金ができなくなります。利益が生じていたとしても手元に資金を回収できなくなります。3つ目は口座凍結もしくは口座閉鎖です。口座が使えなくなりますので、取引はもちろん入金も出金もできなくなります。

口座を開設した業者の規約などをよく読んで、どんな場合にどういったペナルティーが課されるかについて理解してから取引をしましょう。

両建てはルールを守って取引しよう

海外FX業者であれば両建ての取引が可能になりますが、上手く活用しなければ手数料やスプレッドなどのコストだけがかかって利益が得られないという状況になりかねません。そのため、両建ての取引を行う場合は、効率的に利益が得られる方法で取り組む必要があります。

また、複数口座での両建て取引やボーナス出金条件を満たすための両建て取引など禁止されている取引があることも忘れてはいけないでしょう。ルールを守ったうえで両建てを行い、効率的に利益を得る方法を研究するとよいでしょう。

海外FXには国内FXにはない魅力がたくさんあります。両建て取引可能もその1つです。FX取引に興味がある人は、国内FXだけでなく海外FXにも挑戦してみることをおすすめします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ