海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

初めてでもわかりやすい

FX用語解説集

通貨単位

UPDATE2018.07.02

通貨単位とは、外国為替証拠金取引(FX)における取引単位のことです。通貨ペアの左側に書かれている基軸通貨1枚の金額が1通貨になります。つまり、米ドルなら1ドル、ユーロなら1ユーロを意味します。

また、最低取引通貨単位という場合には、取引をするブローカーで定められている、最低の取引単位のことを指します。最近では1000通貨を最低取引単位とするブローカーも多く、1通貨から取引可能としているブローカーもあります。

通貨単位が小さいほど、レバレッジ取引で必要になる証拠金の金額や、取引する金額が少なくなるので、リスクを抑えることが可能です。

たとえば、米ドル/日本円で1ドル=100円、レバレッジ25倍のケースを考えてみましょう。1通貨単位なら、1ドル(100円)÷25=4円の証拠金があれば取引できますが、10000通貨単位であれば、10000ドル(100万円)÷25=4万円が必要になります。

また、為替レートの変動が起こったときはどうなるでしょうか。±1円の変動があったとき、1通貨単位なら損益額は1円です。ところが、10000通貨単位だった場合、±1万円の損益額となり、よりハイリスク・ハイリターンな取引になることが分かります。

このようなことから、FX初心者には、最低取引通貨単位が小さい取引から始めることが推奨されます。

読み方

ツウカタンイ・つうかたんい

関連する用語

よく検索される用語

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE作成日:

キーワードから探す

当社の「FX用語解説集」に掲載の情報は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。

もっとみる

なお、この情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社(FXplus)が独自に制作したものであり、当サイトに掲載されているデーターの無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、当社までご連絡ください。

FX用語解説集 カデゴリー

topへ