海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

FXでお勧めの通貨ペアとは?取引手数料などの必要コストを考えよう

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
UPDATE2018.08.31

FXに関する基礎知識

FXでお勧めの通貨ペアとは?取引手数料などの必要コストを考えよう

FXをこれから始めるという方の場合、どの通貨ペアで取引を行おうか悩んでいる人も多いはずです。FXでは世界各国の通貨ペアを取引することができ、その相場は通貨ペアによってそれぞれ大きな特徴があります。ここでは、これから始める人でも分かりやすいように、通貨ペアの特徴を簡潔にご紹介します。また、取引に付随するコストにはどのようなものがあるのか?という点についても、FXブローカーの立場から見ていきたいと思います。

FXで儲けたい!選ぶならこの通貨ペア

FXを始めた以上は、僅かでも多く儲けたいというのが本音かもしれません。やはり、同じお金を動かすのであれば、なるべく安全に儲け幅が大きい通貨ペアを選んで取引をしたいと思うでしょう。では、どの通貨ペアを選ぶと1番儲かるのでしょうか?

初心者が儲けるならこの通貨ペア

初心者がFXを始めるのであれば、リスクがなるべく少ない通貨ペアを選ぶのが妥当です。

やはり、情報を得やすく、動きのわかりやすい米ドル/円が初心者にとっては最も儲けやすい通貨ペアといえます。最も一般的な組み合わせではありますが、取引自体にもリスク管理にもまだ慣れていないうちからあまり難しいペアに手を出すと、儲け以前の問題になります。

とはいえ、米ドル/円では面白みに欠けるというのであれば、豪ドル/円の通貨ペアはいかがでしょうか。初心者でも、FXの面白さを味わえる通貨ペアです。しかし、まったく米ドル/円の取引をしたことが無いような初心者が手を出すと、簡単に儲けられそうで意外と難しい組み合わせかもしれません。やはり、初心者にとっては米ドル/円の方が、儲けにつながる可能性が高いといえます。

当たれば儲けが大きいギャンブル的な通貨ペア

初心者でなくてもFX歴が短い人は、あまりマイナー通貨に手を出さない方が無難ですが、FX歴が長く、取引にも慣れている人であれば、日本円と少々マイナーな通貨とのペアで取引してみた方が面白みがあり、FXの醍醐味を感じられるかもしれません。

FXでお勧めの通貨ペアとは?取引手数料などの必要コストを考えよう

マイナー通貨とは、国力があまり強くない国の通貨をいいますが、金利が高く設定されているため、当たると大きな儲けにつながります。例えば、トルコリラやメキシコペソ、アイスランドクローナ、南アフリカランドなどは、短期で大きな差益を狙うのに適しています。

ただし、相場の乱高下があるため、危険性は大きいといえます。あくまでもギャンブル性の高いペアであることを忘れずに、取引する必要があります。

FXと銀行では為替レートと手数料が違う!FXは外貨両替もお得

海外旅行に行く時などは、日本円を外貨に両替する必要がありますが、両替する場所や金融機関によって手数料などが変わってきます。最近は、FXを利用した両替も可能です。そこで、FXを利用した両替は銀行での両替と比較して、お得なのかどうかについてご紹介します。

まずFXで両替をする仕組みを知ろう

海外旅行などで使用する目的で外貨を手に入れる場合は、銀行や空港を利用するか、現地に行ってから両替ブローカーなどを利用するケースが多いでしょう。しかし、FXを使っても両替はできます。まずは、FXを利用した両替の仕組みを理解しましょう。

FX口座を使った外貨両替には、2つの方法があります。ひとつがコンバージョン(外貨両替)対応のFX口座を使う方法です。こちらを利用する場合は、まず、外貨購入に必要な資金を入金し、通貨を選択してコンバージョンの処理をかけるだけです。FX取引を行ったりするわけではありません。手軽に利用できる方法といえます。

もうひとつの方法が、デリバリー(現受け)と呼ばれる方法です。FXブローカーによっては、対応していなかったり、サービスを終了していたりするところもあります。ご自身が両替したい分の通貨をまず購入し、その後現金化するために必要な証拠金を追加で入金します。そうすると、指定金融機関の外貨預金口座に外貨が入金されます。

FXを使った外貨両替は銀行より有利か?

もし、FX口座を使って外貨両替をした方が銀行で両替するよりも手数料等が安かったら、FX口座を積極的に活用した方が有利です。実際にはどうなのでしょう?

結論としては、FX口座を利用した方が手数料や為替レートが有利になる場合があります。もちろん、銀行によって手数料や為替のレートが違いますし、数あるFXブローカーのすべてが有利になるわけではありませんが、FX口座を使った両替が安くなる組み合わせはあります。

FXでお勧めの通貨ペアとは?取引手数料などの必要コストを考えよう

例えば、メガバンクで両替をした場合、手数料は片道1ドル約3円です。1ドル100円と仮定した場合は約3%、この水準よりも円安になると、3%弱のコストに相当します。一方、FXを利用する場合は、両替手数料は無料で、現受けの手数料が1ドル約0.1円から0.2円というところが多いです。

これだけみると、圧倒的にFXの方が低コストですが、もうひとつ注意点があります。それは、現受けする場合の受取金融機関側で、リフティングチャージがかかる場合がほとんどだということです。リフティングチャージは金融機関によって異なり、1,000円から3,000円程度とばらつきがあります。

そのため、FX口座を利用して有利に両替をしたい場合は、リフティングチャージまで確認しておく必要があるでしょう。

FXブローカーはなぜ手数料無料でもやっていけるのか?

FX投資をする場合に考慮すべき代表的なコストは、手数料とスプレッドです。しかし、手数料無料を謳っているFXブローカーも多数存在します。投資家にとってはありがたいことですが、どうして手数料無料で事業が成り立つのでしょうか?

FXのコストには手数料とスプレッドの2種類がある

FX取引をする場合は、できるだけコストを抑えて利回りを上げることが大切です。そのため、ブローカーを選ぶ時には手数料だけでなく、スプレッドについても確認し、ご自身の取引パターンに当てはめて合計コストで判断する必要があります。

FXでお勧めの通貨ペアとは?取引手数料などの必要コストを考えよう

取引手数料は、取引する都度かかるもので、頻繁に取引をする場合や、1回の取引金額が小さいとコスト高になる可能性があります。例えば、1万通貨単位で100円という手数料の場合、1万ドルの片道取引でも10万ドルの片道取引でもそれぞれ100円かかりますから、取引金額が大きい方が有利になるのです。

一方、スプレッドは外貨預金や外貨建てMMFの為替手数料に当たるものです。投資家は、通貨購入時には多めに払い、通貨売却時は売却代金から控除される形でスプレッドを負担します。スプレッドの幅が狭ければ狭いほど、投資家にとっては有利です。

FXブローカーはなぜ手数料無料でやっていけるのか?

多くのFXブローカーが手数料無料を謳っており、今や無料が主流となっている状況です。手数料とスプレッドという2つの収入の柱のうち、ひとつを放棄してしまってもFXブローカーがやっていける理由は何でしょう?

もちろん、経営を安定させるには手数料も得た方がいいはずですが、多くのFXブローカーが参入して激しい競争を繰り広げている現在の状況を考えると、価格競争に陥りやすいのは、1回いくらの定額で顧客に対して提示している手数料の方でしょう。

しかし、手数料という収入源を失ったとしても、経営を成り立たせる方法はあります。残りの収入源であるスプレッドで稼ぐのです。スプレッドによる収入の特徴は、取引金額が大きくなればそれに比例してスプレッドによる収入も大きくなる点です。そのため、取引金額が大きな人や大きなレバレッジを掛ける人が、事ブローカーにとってありがたい存在となります。

スプレッドは通貨ペアごとに違いますし、ブローカーによっても違います。ある通貨ペアではスプレッドが他社より狭いが、ほかの通貨ペアでは他社より広いケースもあります。各社の各通貨ペアの比較をして、ご自身の取引する通貨のスプレッドが狭いブローカーを選ぶといいでしょう。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE作成日:

メニューを閉じる