海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

初めてでもわかりやすい

FX用語解説集

マイナーカレンシー

UPDATE2018.07.10

マイナーカレンシーとは、マイナー通貨とも呼ばれ、限られた地域(ローカル市場)で取引される通貨で、取引参加者が少なく取引量も少ない通貨をいいます。

一般に外国為替市場には「メジャーカレンシー」と「マイナーカレンシー」という区分があり、その区分の判断の元になるのはリクイディティ(流動性)があるかどうかで米ドル、ユーロ、日本円、英ポンド、スイスフランなどのメジャーカレンシー以外は全てマイナーカレンシーとなります。

メジャーカレンシーでは市場の流動性においてほとんど問題はありませんが、マイナーカレンシーでは市場の流動性だけでなく、通貨(特に先進国以外のマイナーカレンシー)によっては制度面や信用面で問題が発生する可能性もあり、十分に注意が必要です。

代表的なマイナーカレンシーとしては、豪ドル、ニュージーランドドル、トルコリラ、南アフリカランドなどが挙げられます。主に新興国の通貨であるのが分かります。比較的に多くのトレーダーに浸透している豪ドルも、メジャーかマイナーかの区分においては、マイナーカレンシーです。

こうしたマイナーカレンシーは、一般的にメジャーカレンシーよりも金利が高く設定されている場合が多いです。したがって、スワップ金利による収益を見込んでいるトレーダーに人気が高いとされています。ただし、新興国の通貨であるため、不安定要素が多く、特別な理由がなくても相場が大きく動く場合があるので注意が必要です。

読み方

マイナーカレンシー・まいなーかれんしー

関連する用語

よく検索される用語

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE作成日:

キーワードから探す

当社の「FX用語解説集」に掲載の情報は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。

もっとみる

なお、この情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社(FXplus)が独自に制作したものであり、当サイトに掲載されているデーターの無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、当社までご連絡ください。

FX用語解説集 カデゴリー

メニューを閉じる