海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

初めてでもわかりやすい

FX用語解説集

外貨準備

UPDATE2018.06.18

外貨準備とは、国の通貨当局(中央銀行など)が、為替介入や他国に対する外貨建て債務の返済が困難になった場合などに使用する金や外貨などの準備資産のことです。

通貨危機等によって、他国に対して外貨建債務の返済等が困難になった場合に使用する準備資産です。各国の通貨当局が保有し、すぐに利用可能な準備資産です。

大きく分けて、外貨資産(預金、証券等)、IMF(国際通貨基金)リザーブポジション(IMF加盟国が出資金に応じてIMFから借りられる与信相当額)、SDR(Special Drawing Right、IMF加盟国が持つ特別引出権)、金(ゴールド)となっています。

日本では、財務省(外国為替資金特別会計)と日本銀行が外貨準備を保有しており、その総計については、財務省が「外貨準備等の状況」(月末残高、ドル建て)で毎月公表しています。また、支払のために国が用意している外貨の合計額を外貨準備高といいます。

外貨準備高が大きければ対外支払い能力が高いことを示し、日本は世界でもトップクラスの外貨準備の保有国です。日本の外貨準備の内容は、外貨としての証券と預金が全体のおおよそ9割を占めています。

そのほか、IMF(国際通貨基金)加盟国が国際収支で必要になった際に無条件で一般勘定から引き出せる出資額のIMFリザーブポジションやIMFへの出資がなくても特別勘定から引き出せるSDR、金などで保有しています。

読み方

ガイカジュンビ・がいかじゅんび

関連する用語

よく検索される用語

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE作成日:

キーワードから探す

当社の「FX用語解説集」に掲載の情報は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。

もっとみる

なお、この情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社(FXplus)が独自に制作したものであり、当サイトに掲載されているデーターの無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、当社までご連絡ください。

FX用語解説集 カデゴリー

メニューを閉じる