海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

初めてでもわかりやすい

FX用語解説集

経済指標

UPDATE2018.06.21

国の経済の成長や安定性について、政府が公式に発表する指標を経済指標といいます。指標には細かなものまで含むと非常に多くの種類があり、経済指標の種類は国ごとに異なります。

毎年世界では非常に多くの指標が発表されていて、そのいずれもが為替相場に対して大なり小なりの影響を持ち、発表直後には価格が急変動することもあります。

経済指標の中で代表的なものには、国内総生産(GDP)や雇用統計に関する指標などがありますが、特に米国の経済指標は世界で最も注目されていて、米雇用統計の発表後などは相場が急変するタイミングとなります。

実際にマーケットの価格(レート)は、経済指標の数値結果によって大きく変動することがあるため、為替取引や株式取引などをする際には、重要な経済指標の発表日時を把握し、価格(レート)の急激な変化に対応できるように準備しておくことが大切です。

政府が発表した数値が予想値より高いか低いかの結果で、相場の上昇や下落に影響が出ます。

また、経済指標の数値は、金融機関やシンクタンクなどの専門家があらかじめ予想を出し、それらをロイターなどの情報ベンダーが取りまとめ、事前にマーケット予想としてコンセンサス(市場での織り込み)が作られます。

そして、この政府が発表したコンセンサスに対して、実際に発表された数値がどうであった(予想通りか、予想とは違いギャップがあった)かが重要であり、発表後にマーケット(相場)の上昇や下落に大きく影響を及ぼす要因となります。

読み方

ケイザイシヒョウ・けいざいしひょう

関連する用語

よく検索される用語

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE作成日:

キーワードから探す

当社の「FX用語解説集」に掲載の情報は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。

もっとみる

なお、この情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社(FXplus)が独自に制作したものであり、当サイトに掲載されているデーターの無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、当社までご連絡ください。

FX用語解説集 カデゴリー

メニューを閉じる