高いレバレッジ

外為取引の最大の特徴は、FX業者に委託した資金(証拠金)の数倍から数百倍の取引が出来ることです。この原理を『レバレッジ(leverage)』(あるいは『レバレッジ効果』)といい、これにより、手元の資金が少なくても、その資金を証拠金として預けることにより、大きなリターン(利益)を期待することが可能となります。

例えば10万円を証拠金として預け、200倍のレバレッジをかけたときには、2,000万円分の取引が出来るようになります。 このように、FXの魅力は、証券取引や先物取引と比べると、レバレッジという仕組みによって、元手の何倍ものダイナミックなトレードが実現することにあるといえます。


高いレバレッジ

しかし、日本の金融庁では、業者間のハイレバレッジ競争の過熱感を懸念し、2010年8月、日本国内のFX業者が提供する、レバレッジ上限を50倍に、そして2011年には、全てのFX業者のレバレッジ上限を25倍までに引き下げました。

これにより日本のFX業者は、上限25倍までの低レバレッジに制限され、それまで、高いレバレッジて取引を行っていたトレーダーの一部は、規制が無く高いレバレッジを提供している海外のFX業者に流れることとなりました。

これら、日本の規制に影響を受けない海外のFX業者は、従来の通り300/500倍~最高888倍までの高いレバレッジを提供しています。


高いレバレッジ(ハイレバレッジ)の海外FX業者

FX業者名 最低証拠金 最高レバレッジ 最低ロット デモ口座
XM $ 5 (相当) 888倍 0.01 lot あり
FXDD $ 250 (相当) 500倍 0.01 lot あり
ThinkForex 25,000円 500倍 0.01 lot あり
FxPro $ 500 (相当) 500倍 0.1 lot あり
TradersTrust $ 100 (相当) 500倍 0.01 lot あり
IFC Markets $ 1 (相当) 400倍 0.001 lot あり
世界の主な金融庁で、自国のFX業者にレバレッジ規制を実施している国は、日本、香港、韓国、アメリカ、カナダ等数カ国であり、世界各国の大口トレーダーやヘッジファンドのディーラーは、これら規制の無い国のFX業者と取引を行うことが大半であると言われています。
Google +1

↑ページTOPへ↑

海外FX口座開設の注意事項

海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。
当初投資の一部、または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。