海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

初めてでもわかりやすい

FX用語解説集

オシレーター系

UPDATE2018.06.16

オシレーター系とは、外国為替取引の際の、チャートのテクニカル分析方法をいいます。テクニカル分析は、オシレーター系とトレンド系の方法に分かれます。

過去の数値やパターンから、今後の数値の変化を分析する方法がテクニカル分析ですが、オシレーター系はテクニカル分析の分類の一つです。

オシレーター系の特徴は、買われすぎ・売られすぎという投資家の動きを計測し、やがて訪れる反転を予測し逆張りするためのサインとして用います。

一般的に、相場の強弱を 0%~100%、また、-1~ +1のようなレンジで表す指標や0ラインを挟んで上下に振れるグラフで描かれます。

オシレーター系には、サイコロジカル、ストキャスティクス、RCI(Rank Correlation Index、統計学上では「スピアマンの順位相関係数」)、RSI(Relative Strength Index)といった種類のチャートがあります。

FXでは、テクニカル分析のうち、オシレーター系とトレンド系がよく使用されています。

相場の中で、価格が一定の範囲内を振り子のように行ったり来たりするため、振り子を意味するオシレーターという名前がつけられました。

オシレーター系では、売られすぎ・買われすぎといった相場の強弱や勢いを指標から読み取ることができます。また、今の相場や価格が適切なものであるか、過熱しすぎてはいないかを判断する重要な材料にもなります。

代表的な指標に、MACD(マックディー)、RSI、ストキャスティクスなどが挙げられます。

読み方

オーシレーターケイ・おーしれーたーけい

関連する用語

よく検索される用語

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE作成日:

キーワードから探す

当社の「FX用語解説集」に掲載の情報は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。

もっとみる

なお、この情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社(FXplus)が独自に制作したものであり、当サイトに掲載されているデーターの無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、当社までご連絡ください。

FX用語解説集 カデゴリー

メニューを閉じる