海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

XMTrading(エックス エム) 人気No.1おすすめ

XMで口座凍結・休眠口座になる理由は?解除方法や回避方法を解説

XMで口座凍結・休眠口座になる理由は?解除方法や回避方法を解説

話題のニュース

Updated最終更新:

当ニュース記事は執筆時点の最新情報に基づいて発信しています。現在の最新情報とは異なる場合がありますので、最新情報はこちらよりご確認ください。

XMTrading(エックス エム)でトレードを行う際には、口座の取り扱いに注意が必要です。90日以上取引やアクションがない場合、口座は休眠状態になり、XMポイントやボーナスクレジットが失われてしまいます。さらに、規約違反があった場合には口座が凍結され、利用できなくなることもあります。

ただし、休眠口座は簡単なプロセスで再開可能なため、慌てる必要はありません。また、口座が凍結された場合でも、新たに登録をすればXMでの取引を再開することができる可能性があります。

この記事では、XM口座が休眠・凍結される原因と具体的な禁止事項、解除方法について詳細に説明します。

XMで口座凍結や口座休眠になるケースを解説

XMの口座休眠と口座凍結

XMTrading(エックス エム)では、口座を長期間放置することで「休眠口座」になります。さらに、残高が無い状態での放置が続いたり、禁止された取引を行ったりすると、「口座凍結」になります。休眠・凍結の口座ステータスとその主な原因は以下の通りです。

XMの口座休眠・口座凍結の原因

口座ステータス 原因
口座休眠 残高のある口座を90日間以上放置
口座凍結(放置) 残高の無い口座を90日以上放置
口座凍結(規約違反) 禁止事項に触れる取引を行い、凍結処分と判断される
口座休眠
残高のある口座を90日間以上放置
口座凍結(放置)
残高の無い口座を90日以上放置
口座凍結(規約違反)
禁止事項に触れる取引を行い、凍結処分と判断される

口座凍結・休眠口座になると、ボーナスやXMポイントの没収など様々なデメリットがあります。これらを避けるためにも、休眠・凍結が行われるより詳しい原因を見ていきましょう。

90日放置で休眠口座→さらに90日放置で口座凍結へ

XMTrading(エックス エム)では、残高のある取引口座を90日間以上、取引履歴や入出金履歴がない状態で放置すると「休眠口座」になります。休眠口座では毎月10ドル(相当額)の口座維持手数料が引き落とされます。

口座維持手数料により口座残高がゼロになった後、さらに90日間以上口座を放置すると「口座凍結」となります。口座凍結と休眠口座の違いは以下の通りです。

口座凍結と休眠口座の違い

可能なアクション 休眠口座 口座凍結
会員ページログイン できる できない
MT4/MT5ログイン
入出金
取引
口座維持手数料 10ドル(相当額) なし
解除方法 入出金もしくは取引をする なし
XMP(XMポイント)
消滅
ボーナス(※)
休眠口座
会員ページログイン できる
MT4/MT5ログイン
入出金
取引
口座維持手数料 10ドル
(相当額)
解除方法
入出金もしくは取引をする
XMP(XMポイント) 消滅
ボーナス(※)
口座凍結
会員ページログイン できない
MT4/MT5ログイン
入出金
取引
口座維持手数料 なし
解除方法 なし
XMP(XMポイント) 消滅
ボーナス(※)

入金ボーナスの受け取り可能上限は、アカウント単位なので引き継がれます。

休眠口座は、取引や入出金を行うことで再び活用できるようになりますが、ボーナスやXMポイントは消滅してしまうリスクがあります。

一方で、口座凍結の場合は、口座を利用することができなくなりますが、維持手数料によって残高が既にない状態なので、追加の資金損失は発生しません。

ここのポイント

口座休眠の判定はアカウントごと

休眠口座の判定は口座ごとではなく、XMのアカウントごとに判定されます。複数口座を保有している場合、別の口座で取引履歴もしくは入出金履歴があれば休眠口座になりません。

XMの凍結や休眠口座になった場合の対処

利用規約に反した取引を行うと口座凍結される

XMTrading(エックス エム)では、利用規約に違反した行為を行った場合、いくつかのペナルティが科されることになります。

XM規約違反時のペナルティ

  1. ボーナス・XMポイント(XMP)の没収
  2. 不正に取得した利益の取消し
  3. 口座凍結

口座凍結となった場合は、現時点のボーナスだけでなく不正取引で得た資金もすべて失われます。特に、海外FXにおいては、ハイリスク取引や不正行為に関する規制が厳しいため、ルールを守り正しい取引を心がける必要があります。

XMの禁止事項に触れてしまうケース

口座が凍結されるとログイン不可に

XMTrading(エックス エム)で口座凍結が行われると、会員ページやMetaTrader4 / MetaTrader5へログインができなくなります。

口座凍結状態でXMの会員ページへログインしようとすると、以下のように「凍結されているXMリアル口座を保有されています。」という画面が表示されます。

XMで口座凍結された場合のページ

口座凍結された場合、解除することはできません。再度XMの新規口座開設を行う必要があります。

凍結口座になった場合は新規口座開設

口座凍結の基準は?SNS上で実例を調査

SNS上では、XMTrading (エックス エム)で口座休眠や口座凍結になったと報告するユーザーが数多く見られます。

久しぶりにxmでFXトレードしてるんですが、地下での生活を終えてようやく地上に戻れそうだ。もう1年以上ログインしてなかったので口座自体が凍結されてました。。。

引用:X

XMの口座凍結されてしまったーーやりすぎました。窓埋め

引用:X

XMの指標トレードで、全損4発くらいやったけど、全部指値。
スリッページは、50とかありますよ。勝った時は口座凍結。

引用:X

口座放置や規約違反の取引を行ったなど、様々な理由で口座凍結となっているユーザーが見られました。やはり、口座凍結の対象となるのは、規約に抵触する取引を行ったユーザーが中心となっているようです。

口座凍結の主な原因

  1. ゼロカットを前提としたハイレバレッジトレード
  2. 窓埋めトレード
  3. 両建て

XMではゼロカットを前提としたギャンブルトレードや窓埋めトレードが禁止されているため、凍結となるのも頷けます。しかし中には、取引中に意図しない両建てを行ってしまい、口座凍結となるケースもあるため、EAを稼働している方や複数口座を使って取引されている方は注意が必要です。

XMの不正監視体制は他社よりも厳しく、不正発覚時は即凍結となります。ただそれは、健全な運営を行っていく上で必要なことであり、多くのユーザーが良いサービスを受けられるのも、XMが徹底して不正ユーザーの排除を行っているからでしょう。

入金ボーナスを提供している業者では、特にユーザーの違反行為に目を光らせています。口座凍結のリスクだけでなく、利益没収となる可能性も有るので、ルールを守って安全なトレードを心掛けましょう。

XMTrading 口座開設ページを開くblank

XMの禁止事項に触れてしまうケースと対処方法

XMの禁止事項

XMTrading(エックス エム)での禁止事項に触れる取引は、ボーナスの没収や口座凍結につながるため、なんとしても避けたいところです。資金を失わないように、利用規約違反となる事例をしっかりと確認しておきましょう。

禁止事項・利用規約違反の事例

  1. 複数口座間の両建て取引
  2. アービトラージはすべて禁止
  3. 窓埋めや窓開けを狙った取引
  4. ゼロカットを前提としたハイレバレッジトレード
  5. 第三者による口座運用
  6. XMのサーバーに過度な負担をかける取引
  7. 自己アフィリエイトによる報酬の不正取得

なお、これらはXMだけでなく多くの海外FX業者で禁止行為にあたります。

複数口座間の両建て取引

XMTrading(エックス エム)では、以下のような両建て取引が禁止されています。これらの禁止事項は、利用規約に違反する行為と見なされ、発覚した場合にはペナルティが科される可能性があります。

XMで禁止されている両建て取引

  1. XM内の複数口座間による両建て取引
  2. 他社口座とXM口座間の両建て取引
  3. 複数名による組織的な両建て取引

両建て取引は、いずれも潜在的にゼロカットシステムを利用して不当な利益を得る目的で行われることが多いため、XMだけでなく多くのブローカーで禁止されています。

口座を使い分ける場合は、ポジションが両建てになっていないか気をつけましょう。また、やや基準が曖昧であるものの、相関性の強いペアを利用した両建ても凍結対象となりますのでご注意ください。

アービトラージはすべて禁止

XMTrading(エックス エム)で禁止事項や利用規約違反には、アービトラージと呼ばれる手法も該当します。

アービトラージとは、「複数の市場での価格差を利用して、同じ商品を低い価格で買い、高い価格で売ることにより利益を得る方法」で、「裁定取引」や「さや取り」などとも呼ばれています。

アービトラージには以下のような手法があり、XMを始め多くの海外FX業者が違反行為としています。

レイテンシーアービトラージ

レイテンシーアービトラージは、異なる取引所間での価格更新の遅延を利用した裁定取引の一種です。例えば、海外FX業者Aで価格が先に更新されることを利用し、価格を知ったうえで遅延している海外FX業者Bで取引すると利益を得られます。

スワップ

スワップアービトラージは、異なるブローカーが提供するスワップポイントの差を利用し、スワップポイントで確実に利益が出るポジションをもって取引する手法です。

ボーナスアービトラージ

ボーナスアービトラージは、ボーナスと海外FX業者のゼロカットを利用した手法です。ボーナスのある複数口座で両建てすることで、一方ではゼロカットになり損失限定、もう一方では利益となる状況を作りノーリスクで利益を得ることができます。

これらの取引は通常であれば滅多に該当することはありませんので、心配する必要はないでしょう。

窓埋めや窓開けを狙った取引

XMTrading (エックス エム)では、週末の終値と週明け始値の間に形成される価格差「窓」を利用した取引が禁止されています。

窓とは、以下の画像のように月曜日の市場開始時の価格が、週末閉場時の価格から大きく離れてできた価格差のことを指します。

窓開けを狙ったトレードの例

窓は乖離を解消しようとして週末の終値に戻ろうとする作用があり、この動きを利用して利益を得るトレードを「窓埋め」といいます。XMではこの窓埋めだけに的を絞ったトレードはペナルティの対象としています。

また、土日の大きなイベントを見越して、週末の市場閉場前に月曜日の窓開けを狙った取引を行うことも、禁止事項に抵触する恐れがありますのでご注意ください。

経済指標や要人発言時のハイレバレッジトレード

XMTrading (エックス エム)では、経済指標の発表や要人発言時の取引を禁止していません。

しかし、経済指標時のみの極端なハイレバレッジを用いた取引は、ゼロカットシステムの悪用や意図的なタイミングを狙った取引とみなされ、ペナルティを受けるリスクがあります。

一方で、日常的に幅広い時間帯にわたって取引を行っているトレーダーは、特に心配不要です。

第三者による口座運用

XMTrading(エックス エム)では、「第三者による口座運用」を利用規約違反として禁止しています。第三者による口座運用とは、口座開設や入出金、取引等の各種操作を口座名義人以外の第三者が行うことです。

自分名義で開設した口座を他人に譲渡することは、ペナルティの対象となりますので絶対にやめましょう。

口座の譲渡は危険

「証券会社に口座開設して1万円貰える」などの謳い文句で何も知らない人に口座開設をさせ、不正行為で利益を上げる集団も存在します。報酬の有無に限らず、自分の名義で開設した口座を他人に譲渡することは絶対に避けてください。

XMのサーバーに過度な負担をかける取引

XMTrading (エックス エム)は、過度な高頻度取引を禁止しています。これは、高頻度取引が取引サーバーへの過度な負担となる可能性があるためです。XMで禁止されている取引には以下のようなものがあります。

XMで禁止されている取引

  1. 短時間で高頻度の売買を繰り返す行為
  2. 高頻度売買の自動売買システム(EA)の利用
  3. AI(人工知能)を利用した取引

高頻度取引とは、主にEAを用いた取引になります。経験豊富なトレーダーであれば、EAの背後にある取引ロジックを吟味した上で使用を決定することが一般的であるため、特に心配は不要でしょう。このルールに抵触する可能性があるのは主にEA初心者です。

EA初心者の方がいきなり高頻度EAを掴むということはあまり考えにくいですが、可能性としてゼロではありません。EAの仕組みに慣れていない方は、どのような取引ロジックを基に動作するのかを把握してから利用を始めるべきでしょう。また、裁量取引と同時にEAを稼働させる場合、禁止行為である両建て取引にも注意してください。

アフィリエイト報酬の不正取得

XMTrading (エックス エム)では、利用者自身が発行したIBリンク(紹介リンク)を経由して口座を開設し、取引を行って報酬を得る「自己アフィリエイト」を禁じています。

これは、XMTradingのIBプログラムが、他者の紹介によって報酬を獲得することを目的としているためです。

紹介者が家族名義や同居人名義であったとしても、IPアドレスから同一主体とみなされ、何かしらのペナルティを受ける恐れがありますので注意してください。

XMの凍結や休眠口座になった場合の対処方法

XMの休眠口座・凍結口座の対処方法

XMTrading(エックス エム)で休眠口座や、口座凍結となった場合の対処方法を解説します。

休眠口座は入出金または取引で解除

休眠口座となった場合、XMTrading (エックス エム)の会員ページ、またはMT4 / MT5にログインして以下のアクションを行うと休眠状態が解除されます。

XM休眠口座の解除方法

  1. 取引
  2. 入出金
  3. 資金移動
  4. 追加口座開設

休眠状態と言っても、ほとんどの機能が通常通り利用可能で口座維持費が発生する以外にペナルティがないため、凍結までの準備期間、または警告期間のようなものだと言っても良いでしょう。

ここのポイント

0.01ロットの取引で解除可能

XMの休眠口座は、0.01ロットの取引で解除が可能です。口座凍結を回避するのが目的であれば、わずかな証拠金で取引が可能なマイクロ口座を活用するのもひとつの手段です。

凍結口座になった場合は新規口座開設

口座凍結状態になるとXMの会員ページやMT4 / MT5取引口座にログインできなくなります。この状態から口座を復活させることはできず、XMを再び利用するためには新規口座開設の手続きを取る「再登録」が必要です。

再登録時のメールアドレスには、前回の新規口座開設時と同じメールアドレスを使わなければなりません。異なるメールアドレスで登録使用としても、同じメールアドレスで登録するよう促されます。事情により同じメールアドレスが利用できない場合は、カスタマーサポートへ問い合わせてみましょう。

XM カスタマーサポート
support@xmtrading.com
(営業時間:平日月~金 24時間)

また、再登録後は入金ボーナスの受け取り残高などが引き継がれますので、口座開設ボーナスや利用済みの入金ボーナスを受け取ることはできません。

なお、口座凍結となった理由によっては再登録ができない場合があります。

XMの口座凍結はアクティブ状態を維持して回避しよう

XMTrading(エックス エム)では、「長期間に渡る口座の放置」や「規約に反する禁止行為」などにより、休眠口座・口座凍結の措置が取られます。

しかし、休眠口座は少量の取引や資金移動ですぐに解除できるうえ、口座凍結となっても新規口座開設でXMでの取引を再開できるため、それほど心配する必要はありません。

ただ、XMでの取引はボーナスが魅力的な一方で、規約違反には厳しい対応があります。規約に反した取引が発覚した場合、利益の没収や再登録の禁止といった厳しい措置に直面することもありますので、禁止行為に抵触することを避けなければなりません。

そのためにも、取引開始前には利用規約を熟読し、XMが定めるルールを正しく理解しておくことが大切です。

XMTrading 口座開設ページを開くblank

話題のニュース

Updated最終更新:
FXplus編集部
筆者:FXplus編集部

海外FXをご利用するにあたり、最新の海外FX人気ランキングや、海外FX業者の無料口座開設代行など、海外FXの初心者でも安心してご利用頂けるコンテンツを提供しています。

FXplusでは、記事に関するご意見・ご感想を受け付けています。
海外FXに関するレアな情報や業界関係者の内部情報などは、ぜひ編集部までお寄せください。
また、定期的に記事を執筆頂けるライターさんも随時募集しています!

問い合わせ先:support@fxplus.com
(大文字@を小文字に変えて送信してください)

当社の「海外FX 業者レビュー」に掲載の情報は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。

なお、この情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社(FXplus)が独自に制作したものであり、当サイトに掲載されているデーターの無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、当社までご連絡ください。

もっとみる

xem

リアル口座開設リアル口座開設

blankXM Wアップキャンペーン

海外FX業者

人気ランキング

  • 1

    xem

    25.50
  • 2

    tfx

    25.00
  • 3

    fxg

    23.50
  • 4

    exn

    23.25
  • 5

    big

    23.00

海外FX業者 人気ランキング >

当サイト限定

開催中のキャンペーン情報

開催中のキャンペーン一覧 >