海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

FXの逆張りスキャルピングを理解しよう!取引手法の基本と注意点

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
DATE2017.11.02

FXに関する基礎知識

FXの逆張りスキャルピングを理解しよう!取引手法の基本と注意点

FX投資にはさまざまな取引手法があります。取引する頻度に着目すると、中長期のトレンドを把握して取引するスイングトレード、1日単位のディトレード、そして数秒から数分単位で取引を繰り返すスキャルピングなどが挙げられるでしょう。また、相場に沿って取引する順張りと、トレンドの反転で利益を狙う逆張りという手法もあります。それらの取引のうち逆張りスキャルピングに注目して、危険性や注意点、代表的な逆張りスキャルピング取引手法などについてお伝えします。

FX投資における逆張り投資の基本

逆張りとは?

FX投資に限らず株式投資などその他の投資においても、逆張り投資は行われています。FX投資における逆張りとは、下げ相場の反転を狙って買いを入れること、上げ相場の反転を狙って売りを入れることをいいます。相場のトレンドが継続する場合には損失が発生する形でポジションをとる手法です。

相場のトレンドが続くことを順方向と考えると、反転することを前提とすることは逆方向とみることができます。「逆の流れになることに張る」ので「逆」張りなのです。

逆張りと順張りの違いを理解する

逆張りと順張りの違いは、相場のトレンドが続くのか反転するのかの判断の違いがポイントになります。順張りとは、相場のトレンドが続くと考えて、上げ相場の場合は買いを入れ、下げ相場のときは売りを入れる形で取引を行うことです。

FXの逆張りスキャルピングを理解しよう!

一方、逆張りは相場のトレンドが反転することが前提となっていますので、順張りとは逆のポジションをとります。FXは、ある瞬間を見ればゼロサム、つまり、逆張りか順張りの人のどちらかだけが利益を手にしてもう一方は損失を被るという取引です。

逆張りも順張りも相場の予想が正しかった人だけが利益を手にすることになります。

スキャルピングと逆張りは相性がよい

逆張りのスタンスでスキャルピング取引を行うことを、逆張りスキャルピングと呼びます。この「逆張り」と「スキャルピング」の組み合わせは相性が良いとされています。その理由は投資家心理と関係があります。

スキャルピング取引の特徴は、超短期で売買を繰り返すことです。そのため、数秒、数分の単位で相場が大きく動くと、スキャルピング取引を行う大きなチャンスとなります。短時間で大きな相場変動が起こると、投資家の心理に変化が生じます。

その変動が利益を拡大する方向である場合は、「相場が反転しないうちに利益を確定しよう」という気持ちが生まれますし、ポジションを保有していない場合は「これだけ急激に相場が変動すれば反動がそろそろ起こるはずだ」という心理が働きます。この2つの投資家心理の発生によって、実際に相場が反転することが多いのです。

反転のタイミングをとらえて逆張りスキャルピングを行えば、利益を手にできるというわけです。

逆張りの危険性と取引の注意点

逆張り投資の危険性とは?

逆張り投資を行う場合には、その危険性を十分理解しておく必要があります。その危険性とは、相場が反転せずにポジションエントリーしたあとも同じトレンドが続いてしまうことです。こうなると順張りの人が利益を手にして逆張りの人は損失を被ることになります。

FXの逆張りスキャルピングを理解しよう!

逆張り投資は「落ちてくるナイフを掴む」と表現されることがあります。ナイフを掴んで持ち上げる、つまり相場が反転すれば利益を得られますが、逆にナイフをつかみ損ねてナイフの動きが止まらなければ大きな傷を負うことになる、という逆張り投資の注意点からきている言葉です。

トレンド相場の真っただ中にいる場合は、トレンドがどこまで続くのかを見極めるのは容易ではありません。逆張り投資を行う場合は、ナイフが落ち続けるリスクがあることを理解しておく必要があります。

逆張りの注意点とは?

逆張りを行う場合のリスクをできる限り抑える方法としては2つあります。

1つ目は、あらかじめ決めた損切りルールをしっかり守ることです。落ちていくナイフを掴んでもその勢いが止まらないと思ったら、素早く放すことで傷を最小限にとどめることができます。損切りは冷静にルールを守り素早く対処することが大切です。

2つ目は、相場の転換点を見極めることです。多くの人が「相場の転換点だ」と判断するような局面に絞って逆張りスキャルピングをすれば、損失のリスクを抑え利益を最大化できます。一般的な相場の転換点を判断するテクニックなどを勉強して、反転タイミングを見極める精度を上げることが逆張り投資成功のポイントになります。

逆張りの投資手法はさまざま

ローソク足の形とストキャスティクスで判断する手法

逆張りのテクニックや相場反転のタイミングを判断する手法にはさまざまなものがありますが、そのうちの1つとしてローソク足の形とストキャスティクスで判断する手法があります。

ローソク足は、1分や5分、1日などの一定期間の高値と安値を囲む短冊状のボックスを時系列に並べたチャートのことです。ローソク足の形を俯瞰してみると、Wや逆Wのような形が見えることがあります。

Wは谷が2つありますが、この谷が2つもしくは3つ発生すると相場反転のサインであるとするのがローソク足の形で判断する手法です。谷の深さなどによっても判断を変えることがあります。一般的な判断基準を学んだ上で、自分なりのルールを決めることが大切です。

FXの逆張りスキャルピングを理解しよう!

また、ストキャスティクスとは、あまりトレンドがない相場における売られすぎ・買われすぎを判断するテクニカルツールです。一定の方法で算出された2つのテクニカル線を使い、その2つの線が移動平均線のようにクロスした場合が相場反転のサインだととらえる手法のことをいいます。

ローソク足を使った方法もストキャスティクスを使った方法も、反転のサインを見逃さずに素早く逆張り取引することがポイントとなります。

エンベロープを活用して判断する逆張りスキャルピング

相場反転のタイミングをつかむテクニックとしては、エンベロープを活用する方法もあります。エンベロープとは封筒のことですが、FXにおけるエンベロープとは、移動平均線から上下に一定の距離を置いてかい離させた線のことです。

移動平均線を中心にして、上下に2本平行移動させた線が加わり3本の移動平均線が並んでいる状態になります。上に移動した線と下に移動した線で1分足チャートなどが挟まれている状態になり、横にした封筒に1分足チャートなどが入っているように見えるためエンベロープと呼ばれるのです。

チャートが上に移動した線、もしくは下に移動した線からはみ出したら、相場反転のサインと判断するのがエンベロープを活用したテクニックです。

この手法であれば頻繁に取引を行うスキャルピングでも簡単にエントリーポイントを見つけられますので、逆張りスキャルピングを行う人にとって使いやすいテクニックだといえるでしょう。

海外FXで逆張りスキャルピングを試してみよう

逆張りスキャルピングに興味がある人は、海外FXで試してみると良いでしょう。

逆張りは、予想通りに相場が反転しないと大きな損失が発生するリスクがあります。損切りを確実に行うことで対処できるといっても、順方向のトレンドが急に加速して損切りが遅れ、損失が拡大してしまう可能性はないとはいえません。そういった場合でも、海外FXであればゼロカットシステムによって損失を限定できるメリットがあります。

ゼロカットシステムとは、発生している損失が証拠金を上回った場合に、証拠金と同額の損失を確定して強制的に取引を終了させる仕組みです。海外FXではゼロカットシステムが働くことで、証拠金以上の損失が発生しない仕組みになっているのです。

逆張りスキャルピングをやってみたい人は、海外FXで試してみることをおすすめします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ