海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

チャートを使ってトレンドを把握!FX初心者でもできるスキャルピングの基本手法

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
UPDATE2018.08.28

FXに関する基礎知識

チャートを使ってトレンドを把握!FX初心者でもできるスキャルピングの基本手法

超短期で売買を繰り返すスキャルピングは、チャートなどを上手く活用して相場の状況を把握し、トレンドに沿って売買を行うことによって効率的に利益を出すことができます。トレンドに沿って取引を行う方法はFX初心者にとってもわかりやすい取引手法ですので、スキャルピングに初めて取り組む人にはおすすめです。そこで、相場のトレンドに沿ったスキャルピングの売買方法や、1分足・5分足といったチャートの活用方法などについてお伝えします。

FX初心者がスキャルピングを行う場合はトレンドに沿うのが基本

売りから入るべき場合とは?

FX初心者は、相場に逆らわずトレンドに沿って取引する手法がわかりやすいと考えられます。FX取引の特徴のひとつは、「安く買って高く売る」だけでなく「高く売って、後から安く買い戻す」ができることですが、どういった場合に売りから入るべきなのでしょうか。

売りから入るべきトレンドとは、相場が下降しているトレンドの場合です。チャート移動平均線などから下降気味なのかどうかを判断します。相場が下降していれば、時間の経過とともにその通貨の価格は安くなりますので、高いうちに売ってあとで安くなったところで買い戻すという取引が可能になります。

どんなチャートを使用するか、移動平均線からどの程度かい離したらトレンド発生と判断するかに決まったルールはありませんが、過去のチャートを見ながら自分なりに判断基準を決めてから取引に入るようにしましょう。

買いから入る場合とは?

買いからは入る場合は売りから入る場合の逆で、相場が上昇トレンドにある場合です。すでに上昇トレンドに入っていると判断できる場合は、そのトレンドに素直に従って「先に安く買って、あとで高くなったところで売る」を繰り返していけば利益を積み上げることができるはずです。

FX初心者でもできるスキャルピングの基本手法

判断が難しいのは、下降トレンドがいつ上昇トレンドに反転したのかの判断です。一定期間の高値や安値などの情報を短冊状の長方形で表す、ローソク足チャートを使って判断することをおすすめします。

移動平均線が上昇カーブを描きはじめたとき、ローソク足が移動平均線の上側に常に入っている状態になったら上昇トレンドに変わった可能性が高いといわれています。

価格が一定の範囲内で上下動を繰り返す場合

相場が一定の範囲で上下動を繰り返している状態というのは、上昇トレンドが発生するか下降トレンドが発生するかがまだわからない状態です。

中長期トレンドを見ながら取引する手法の場合は、相場が一定の範囲内での上下動を繰り返して膠着状態になると、焦って取引をするのではなく一定のトレンドが発生するまで様子を見るために取引を休むこともあります。

しかし、スキャルピングの場合は、細かい上下動をとらえて利益を積み上げていくことができますので、相場が一定の範囲内での上下動を繰り返すような膠着状態になってもチャンスがあります。「先に買ってあとで売る」の次は「先に売ってあとで買う」、その次はまた先に買う、といった形で取引を繰り返していけば、膠着状態の相場でも利益が得られるでしょう。

チャートを活用してスキャルピング取引を行う

1分足と5分足でトレンドを確認する

スキャルピングは超短期売買を繰り返す取引手法です。一定のトレンドが発生している相場や膠着相場であっても、短い時間に注目すれば細かい上下動を繰り返しています。そのため、どんなトレンドであっても超短期の相場変動をとらえて利益を獲得するチャンスはあります。

ただ、スキャルピング取引を行う場合でも、どんな短期トレンドが発生しているかは、把握していないと効率的に利益を獲得することができません。

短期のトレンドを把握する方法は、1分足と5分足のチャートを使って把握します。基本は1分足チャートを使って特徴的なトレンドが生まれるサインが出ていないかをチェックします。

しかし、値動きが激しい場合などは、1分足だけではトレンド発生のサインを把握することができない場合があります。そういった場合は、もう少し時間の長い5分足チャートで確認するとトレンドがはっきりわかる場合があります。

原則として1分足チャートを活用し、補助的に5分足チャートを使ってトレンド把握をするのが効率的です。

スキャルピングで重要な損切りにもチャートを活用

スキャルピングの基本は短期間売買を何度も繰り返して小さな利益を地道に積み上げていくことにありますので、ポジションを長く保有することはありません。そのため、取引中の保有ポジションが一定の含み損を抱えた場合は、素早く損切りをして次の取引に移る必要があります。

FX初心者でもできるスキャルピングの基本手法

損切りが遅れると、積み上げてきた利益が一気に吹き飛んでしまう可能性がありますので注意が必要です。損切りを行う場合は、投資可能額に対する許容損失額を決め、そこから許容できる為替レートの変動幅を求めます。為替レートがその変動幅を超えたら、迷わず損切りすることが大切です。

相場の変動幅の確認は1分足チャートの活用がおすすめです。

チャートを使えば効率的に値動きを管理できる

スキャルピングは、レバレッジとの相性が良い取引です。ハイレバレッジをかける場合は、損失拡大リスクを避けるためポジションを長く持たないスキャルピングの取引手法を選択することが多いです。

ハイレバレッジをかけることによって、ほんの少しの相場変動が大きな利益変動につながります。そのため、相場の値動きを常に把握することがスキャルピング取引における大切なポイントとなります。

値動きを把握するのは、画面上に表示される為替レートの数字を確認することでも可能ですが、数字だけではトレンドが把握しにくいです。1分足や5分足のチャートであれば効率的に短期の値動きを流れで把握できるようになります。スキャルピング取引を行う場合はチャートを積極的に活用してみると良いでしょう。

スキャルピングの注意点とは?

大きなトレンドを把握して逆らわずに取引する

スキャルピング取引を行う場合の注意点は、短期の値動きばかりに集中して大きなトレンドを見失わないようにすることです。

FX初心者でもできるスキャルピングの基本手法

1分足と5分足のチャートで短期トレンドを見るのが基本になりますが、定期的に日足や時間足なども確認することが大切です。日足チャートなどで確認できるトレンドは、超短期のトレンドにも影響を与えることになります。そのため、超短期ばかりでなく少し長い時間のトレンドも定期的に確認しながらスキャルピングを行うことを心がけましょう。

長めの時間で大きなトレンドが発生してきたら、その流れに乗る意識を持つことも大切です。スキャルピング取引といえども「木を見て森を見ず」の状態になると効率的に稼ぐことは難しくなりますので、さまざまな時間単位でのトレンドに気を配るようにしましょう。

海外FXのハイレバレッジを活かすためにもスキャルピング取引を

レバレッジをあまり効かせない状態でスキャルピング取引を行っている人の中には、少額の利益の積み上げに時間がかかり効率的ではないと感じている人もいるかもしれません。

ハイレバレッジをかければ、超短期で取引を行うスキャルピングでも効率的に利益を積み上げることができます。ハイレバレッジトレードは、スキャルピングの取引手法と相性が良いということです。

海外FXは国内FXとは違い、最大25倍という規制は及ばず数百倍や千倍超といったハイレバレッジ取引が可能です。スキャルピング取引を検討している人は、海外FX口座を開いてハイレバレッジがかけられる環境を整えて、スキャルピングに挑戦してみることをおすすめします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE作成日:

メニューを閉じる