海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

初めてでもわかりやすい

FX用語解説集

マーケットニュートラル

UPDATE2018.07.31

マーケットニュートラルとは、買い建て(ロングポジション)と売り建て(ショートポジション)を組み合わせることによって、マーケット(市場)全体の価格変動に左右されない、安定的な収益確保を目指す投資戦略をいいます。

一般的には割安と判断される銘柄のロングポジションを取る一方で、それと同額の割高と判断される銘柄のショートポジションを取ることが多く、この手法では銘柄選択の効果が出やすいと言えます。

例えば、株式投資において割安と判断される銘柄を買い建てると同時に割高と判断される銘柄を空売りし、ポートフォリオがマーケット(株式市場)全体の変動からニュートラル(中立)になるような状態にし、そして銘柄の割高と割安の状態が解消される過程で収益を狙うことになります。

マーケットニュートラルはヘッジファンドの代表的な運用手法の一つで、市場中立型のロング・ショート戦略と言えます。また、個人投資家向けに本手法を取り入れた「マーケット・ニュートラル・ファンド」も販売されており、市場全体の動向に影響を受けない絶対収益を目指すファンドとして一つの選択肢になるかもしれません。

なお、本手法にはクオンツ運用でさらに綿密に分析された戦略もあり、主なものに「統計的ペアトレード」や「マルチファクターモデル」などがあります。

手堅く収益を得ることが期待できることに、マーケットニュートラルの最大のメリットがあるといえますが、デメリットがない訳ではありません。

マーケットニュートラルは、相場や金利が上がっても下がっても収益が見込める投資戦略なので、理論的には買い建てと売り建ての双方で利益を得ることが可能です。ここに手堅さがあるのですが、見込みが違った場合は、双方で損失が発生することになるため注意が必要です。

要するに、損失が倍増してしまうリスクがあるのです。マーケットニュートラル戦略を得意としていたヘッジファンド(LTCM)は、1998年に巨額の損失を出して経営破綻しています。

読み方

マーケットニュートラル・まーけっとにゅーとらる

関連する用語

よく検索される用語

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE作成日:

キーワードから探す

当社の「FX用語解説集」に掲載の情報は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。

もっとみる

なお、この情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社(FXplus)が独自に制作したものであり、当サイトに掲載されているデーターの無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、当社までご連絡ください。

FX用語解説集 カデゴリー

メニューを閉じる