各種証明書類について

各種証明書類

口座開設に必要な各種証明書類について

海外FX業者にトレード口座を開設するには、免許証やパスポートなどの「本人証明書類」と、住民票や公共料金の利用明細書など、現住所が記載されている「住所証明書類」の2点が必要となる場合がほとんどです。日本のFX業者とは異なり、証明書類の提出はすべてメールやFAXにより提出いたします。


「本人証明書類」として利用可能な書類

本人証明書類とは、「運転免許証」「パスポート」など、公的機関の発行した「写真付き身分証明書」をさします。

運転免許証
<運転免許証>
有効期限内のものをご用意下さい。
パスポート
<パスポート>
有効期限内のものをご用意下さい。
住民基本台帳カード
<写真付き住基カード>
有効期限内のものをご用意下さい。
外国人登録証
<外国人登録証/在留カード>
有効期限内のものをご用意下さい。
写真付き障害者手帳
<写真付き障害者手帳>
有効期限内のものをご用意下さい。

「住所証明書類」として利用可能な書類

住所証明書類とは、現住所の記載された、第三者機関が発行した書類をさします。住所証明書類は、3~6ヶ月以内(ブローカーにより異なる)に発行された書面である必要があります(健康保険証・納税関係書類を除く)。

住民票
<住民票>
発行日(交付日)が記載されているものを、ご用意下さい。
健康保険証
<健康保険証>
有効期限内のものをご用意下さい。
電気利用明細書・請求書
<電気利用明細書・請求書>
発行日(交付日)が記載されているものを、ご用意下さい。
ガス利用明細書・請求書
<ガス利用明細書・請求書>
発行日(交付日)が記載されているものを、ご用意下さい。
水道利用明細書・請求書
<水道利用明細書・請求書>
発行日(請求月)が記載されているものを、ご用意下さい。
NHK利用明細書・請求書
<NHK利用明細書・請求書>
発行日(請求月)が記載されているものを、ご用意下さい。
携帯電話利用明細書・請求書
<携帯電話利用明細書・請求書>
発行日(交付日)が記載されているものを、ご用意下さい。
NTT利用明細書・請求書
<NTT利用明細書・請求書>
発行日(交付日)が記載されているものを、ご用意下さい。
クレジットカード利用明細書・請求書
<クレジットカード利用明細書・請求書>
発行日(交付日)が記載されているものを、ご用意下さい。
銀行利用明細書
<銀行利用明細書>
発行日(交付日)が記載されているものを、ご用意下さい。
印鑑登録証明書
<印鑑登録証明書>
発行日(交付日)が記載されているものを、ご用意下さい。
関連項目
Google +1

↑ページTOPへ↑

海外FX口座開設の注意事項

海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。
当初投資の一部、または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。