海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

XMTrading(エックス エム)人気No.1おすすめ

XM口座にSTICPAY(スティックペイ)で入金する方法

XM口座にSTICPAY(スティックペイ)で入金する方法

証拠金の入金方法

Published作成日:
Updated最終更新:

STICPAYは手続きのスムーズさと使いやすさが魅力!

海外FX口座に入金・出金する手段として主流になりつつあるオンラインウォレット。bitwalletに次いで、昨今、海外FX業界で注目を集めているのが「STICPAY」です。

STICPAYの最大の魅力は、手続きのスムーズさにあります。口座開設はたった3分、送金の手順も非常にシンプルで簡単です。完全日本語対応で、サポートのレスポンスも早く、使いやすさダントツのオンラインウォレットです。

「NETELLER」に代わるオンラインウォレットとしても注目されているSTICPAYですが、その理由に、STICPAYカードの存在があります。STICPAYからチャージできるプリペイドカードで、買い物にも使えるほか、世界中どこのATMからでも、STICPAYカード内の資金をいつでも出金できます。

STICPAYカード

このように、ユーザーにとって利便性が高いウォレットなのですが、残念ながらXMで取り扱っている他の入金方法と比較すると、コストメリットがありません。

さらに、XM独自の統一ルールとして、オンラインウォレットへ出金できる金額は、入金した金額が上限となっているため、トレードで得た利益をSTICPAYへ出金することができません(利益分の出金は、海外銀行送金のみ)。

そのためXMでは、STICPAYのメリットが打ち消されてしまうのですが、STICPAYを利用することで、XMでは利用できないmastercardや、ビットコインなどの仮想通貨による入金が可能になるメリットがあります。

XMでSTICPAYを使うメリット
1.ウォレットが使いやすい、サポート対応も迅速。
2.STICPAYカードを発行すれば、ATMでいつでもすぐに現金化できる。
3.XMで利用できないmastercardや、仮想通貨で入金ができる。
XMでSTICPAYを使うデメリット
1.XMでの利益分が出金できない。
2.STICPAYへの入金時、コストが割高
3.STICPAYのアカウントを持っていない場合、アカウントの開設が必要

この記事では、XMの取引口座にSTICPAYで入金するメリット・デメリットや、STICPAYを利用して入金する際の手順やデメリットについて、詳しく解説します。

この記事はこんな方におすすめします

  1. STICPAY(スティックペイ)って何?どんなウォレットなのか?

  2. XMへSTICPAYを使って入金するときのメリットやデメリットを知りたい

  3. XMへSTICPAYを使って入金するときの手続きの手順を知りたい

STICPAY(スティックペイ)とは?

STICPAYは、2017年にサービスを開始した新しいウォレットサービスです。元々ブックメーカーで多く使われており、その後オンラインカジノや海外FX業者でも普及が進んでいます。

XMTrading(エックス エム)には、2018年に導入されたSTICPAYですが、当初は国内銀行送金に対応していなかったり、サイトの日本語化が進んでいなかったりしたことから、なかなか日本人ユーザーには定着しませんでした。

しかしながら、その後、ポータルの日本語化や、楽天銀行を介した国内送金や、仮想通貨への対応を進め、2020年現在では、「bitwallet」と人気を二分するウォレットサービスとして、海外FX業界でも利用されています。日本人が利用するメジャーな海外FX業者の多くで、決済方法として導入しており、ユーザーの利用率も急激に高まっています。

STICPAYとは

STICPAYとは

2016年に「NETELLER」「Skrill」といった世界的なオンラインウォレットが、日本居住者の利用を禁止したことにより、XMでは新たなオンラインウォレットの採用を進めています。「STICPAY」もその一つです。


8種類の入金方法と反映時間

STICPAYは、楽天銀行を利用した国内銀行送金と、海外銀行送金、2種類(VISA・mastercard)のクレジットカード決済に加え、4種類(ビットコイン、ライトコイン、イーサリアム、テザー)の仮想通貨による入金にも対応しています。

XMの口座に入金する際は、次のように、一旦、何らかの方法でSTICPAYに資金を入金し、XMの取引口座に入金するようになります。

STICPAY利用時の入金フロー

STICPAY利用時の入金フロー

入金手続きを行ってから、STICPAYに反映されるまでは、非常にスムーズで、クレジットカードや、仮想通貨による入金の場合は、数分で反映されます。

ウォレットに資金が反映されるまでの時間

国内銀行送金(楽天銀行)30分程度(※)
海外銀行送金(JPモルガン)3~5営業日
各種(クレジット/デビット)カード数分
仮想通貨数分

銀行営業時間外の場合、銀行の翌営業日となります。


STICPAYへの入金方法と入金手数料

STICPAYに入金する場合、入金方法毎にそれぞれの入金手数料がかかります。XMで利用できる他のオンラインウォレット「bitwallet」「BXONE」と比較すると、STICPAYの入金手数料に、それほど魅力はありません。しかし、他のオンラインウォレットよりも、STICPAYをお得に利用できる方法があります。

STICPAYの入金手数料と評価

STICPAYへの入金方法入金手数料評価
国内銀行送金(楽天銀行)2%高い高い
海外銀行送金(JPモルガン)1%高い高い
mastercard・VISAカード入金額の3.85%最安値最安値
仮想通貨入金額の1.0%平均的平均的

bitwalletよりも「クレジット(デビット)カード」の入金手数料が安い

bitwalletにクレジットカードで入金する際、8~8.5%の手数料が必要となります。そのため、クレジットカードの入金手数料は、STICPAYがはるかに安いです。但し、XM口座に直接、クレジットカードで入金すれば、入金手数料は無料となるので、XMで利用できないmastercardを使用したい場合は、STICPAY経由の入金がおすすめです。

仮想通貨で入金する場合、BXONEより利便性が高い

BXONEは、仮想通貨の入金手数料が無料ですが、BXONEに対応している海外FX業者は少数に限られています。そのため、他の海外FX業者に入金する際に、別のウォレットに送金する手間が発生します。STICPAYは、多くの海外FX業者に採用されているため、複数の海外FX業者を利用する場合は、STICPAYの方が利便性がはるかに高いです。

XMで「STICPAY」を利用するメリット・デメリット

XMTrading(エックス エム)ユーザーが、STICPAYを利用して入金する際の、メリットとデメリットをまとめました。また、XMは、出金の際、入金方法と同じ方法を選択しなくてはならないという「出金方法のルール」があるため、STICPAYの出金方法についても一部言及しています。


STICPAYを利用するメリット

メリット

手数料無しでXMに即時入金ができる

STICPAYからXMの取引口座への入金は、手数料無料で即時(タイムラグ無く)入金することができます。XMでは、オンラインウォレットからの入金手数料を全て無料(XMの負担)にしており、STICPAYも対象となります。

XMの手数料負担で入金

XMの手数料負担で入金

STICPAYへの入金には、入金方法によって、それぞれの入金手数料がかかります。


メリット

XMで使えないmastercardや仮想通貨が利用できる

XMでは、自社の入金手段として「クレジットカード/デビットカード」による入金を提供していますが、利用できるブランドは、「VISA」「JCB」の2つのカードブランドのみとなっています。STICPAYでは、「VISA」に加え、「mastercard」の2つのカードブランドに対応しており、XMで利用できないカードブランドでも入金することができます。

STICPAY利用時の入金フロー

STICPAY利用時の入金フロー

更に、STICPAYでは、ビットコイン、ライトコイン、イーサリアム、テザーの4種類の仮想通貨による入金も受け付けています。XMでは、2019年の春以降、ビットコインによる入金を受付停止としましたが、STICPAY経由にて、仮想通貨で入金することが可能です。


メリット

日本円以外の通貨で入出金ができる

STICPAYは、日本円、米ドル、ユーロをはじめとした29種類の通貨を1つのウォレットで同時に管理することができます。STICPAYにて、米ドルやユーロの残高がある場合、XMのドル口座やユーロ口座へ入金することができます。XMが取扱っているオンラインウォレットの中で、円口座に加え、ドル口座とユーロ口座に入金できるウォレットは「STICPAY」のみです。

 日本円米ドルユーロ
STICPAY可能可能可能
bitwallet可能不可不可
BXONE可能不可不可

XMの取引口座がJPY口座の場合、STICPAYのJPY残高から、XMの取引口座がUSD口座の場合は、STICPAYのUSD残高から、XMの取引口座がEUR口座の場合は、STICPAYのEUR残高から資金が送金されます。


STICPAYを利用するデメリット

デメリット

XMの利益分の出金ができない

XMでは出金の際に、(1) 入金した方法と同じ方法で出金する、(2) 利益分の出金は銀行送金のみというルールがあります。その為、STICPAYを利用して入金した場合、出金できるのは入金金額まで、つまり、利益分の出金をSTICPAYに行うことはできません。

STICPAY入金 - XM会員ページの表記

bitwallet入金 - XM会員ページの表記

bitwallet入金 - XM会員ページの表記

XMでは、2019年6月に出金方法(利益)のルール改定が行われて、利益分を銀行送金以外の出金方法で引き出すことができなくなりました。これは、各ウォレット会社とXMの間で発生する取引手数料の削減と、銀行間での高額な資金移動を減らす目的があると考えられています。


デメリット

入金手数料無料でSTICPAYに入金できる方法がない

STICPAYを利用するには、まずSTICPAYに入金しなくてはいけませんが、STICPAYには、手数料無料で入金できる方法がありません。いずれの方法で入金しても、入金額に対して最低1%の入金手数料を負担しなくてはいけません。XMで利用できる他のオンラインウォレットでは、入金手数料無料で利用できる入金方法が用意されているため、この点はSTICPAYにとって大きなデメリットになります。

各種ウォレットの入金手数料比較

ウォレットサービス国内銀行送金海外銀行送金クレジット
カード
bitwallet
bitwallet
無料無料8~8.5%
STICPAY
STICPAY
2%1%3.85%
BXONE
BXONE
無料無料無料

STICPAYに限らず、オンラインウォレットを介し、ブローカーの資金を入出金する手間や手数料を考えると、国内送金を自社で提供しているXMのようなブローカーに、あえてウォレットで入出金をするメリットは少ないように思えます。まして、利益の出金もできないとなると、現時点での選択肢としては、「国内銀行送金」や「クレジット(デビット)カード」による入出金にメリットが多いと感じる利用者が多いようです。

編集部

編集部の
コメント

XMでウォレットに対して利益分の出金ができなくなったのは、利益分を引出不可能にすることで、必要以上の資金をウォレットに滞留させないためだと思われます。利益分の出金を可能にすることで、ウォレットに預ける資金の見込みが立たず、資金不足の度に、ブローカーがウォレットに資金を送金しなくてはなりません。利益分を出金不可にすることで、これらの送金作業が無くなり、その際の入金手数料も削減できます。また、これらの事情に加え、昨今、多額の銀行間資金移動に対してのAMLのガイドラインが複雑化しているという背景もあるようで、国際的な銀行間送金は、FXブローカーの目下の課題となってるようです。

XMの取引口座へ「STICPAY」を利用し入金する手順

ここでは、XMの取引口座にSTICPAYを利用して証拠金を入金する手順を説明します。次のリンクから、XMTrading(エックス エム)公式サイトの『ログインページ』を開いてください。

XMログインページを開くblank


入金手順の説明(WEB編)

XM ログインページ

  1. XM ログインページ

  2. XM ログインページ

『ログインページ』にて、「MT4(又は5)の口座番号」と「パスワード」を入力し、「ログイン」をクリックします。

XM 会員ページ

  1. XM 会員ページ

  2. XM 会員ページ

『会員ページ』にて、「資金を入金する」をクリックします。

XM 入金方法一覧ページ

  1. XM 入金方法一覧ページ

  2. XM 入金方法一覧ページ

『入金方法一覧ページ』にて、「STICPAY」の「入金」をクリックします。

XM 資金の入金-STICPAYページ

  1. XM 資金の入金-STICPAYページ

  2. XM 資金の入金-STICPAYページ

『資金の入金-STICPAYページ』にて、「入金金額」を入力し、「入金」をクリックします。

XM 資金の入金-STICPAYページ

  1. XM 資金の入金-STICPAYページ

  2. XM 資金の入金-STICPAYページ

『資金の入金-STICPAYページ』にて、入金金額を確認し、「確定」をクリックします。

XM STICPAY ログインページ

  1. XM STICPAY ログインページ

  2. XM STICPAY ログインページ

『STICPAYのログインページ』に遷移します。「STICPAYに登録のメールアドレス」と「パスワード」を入力し、「ログイン」をクリックします。

XM STICPAY 決済ページ

  1. XM STICPAY 決済ページ

  2. XM STICPAY 決済ページ

『STICPAY 決済ページ』にて、送金金額と残高を確認し、「今すぐ支払う」をクリックします。「今すぐ支払う」をクリックすると、STICPAYからXMへ送金します。

STICPAYの送金元の通貨は選択できない

XMの取引口座がJPY口座の場合、STICPAYのJPY残高から、XMの取引口座がUSD口座の場合は、STICPAYのUSD残高から、XMの取引口座がEUR口座の場合は、STICPAYのEUR残高から資金が送金されます。

XM 入金リスエスト完了ページ

  1. XM 入金リスエスト完了ページ

  2. XM 入金リスエスト完了ページ

XM公式サイトの『入金リスエスト完了ページ』に遷移し、入金リクエスト完了のメッセージが表示されます。

XM 入金完了メール

送金した金額は、即時XMの取引口座に反映され、残高加算完了のご案内が届きます。取引口座の残高に、入金金額が加算されているかご確認ください。

これにて、XMの取引口座にSTICPAYを利用して証拠金を入金する手続きは、全て完了です。


入金手順の説明(動画編)

XM 「STICPAY」を利用した入金方法

XM STICPAY入金 - よくある質問(FAQ)

XMのSTICPAY入金についての「よくある質問」をFAQ形式でまとめています。


証拠金の入金方法

Published作成日:
Updated最終更新:
FXplus編集部
筆者:FXplus編集部
著者詳細

海外FXをご利用するにあたり、最新の海外FX人気ランキングや、海外FX業者の無料口座開設代行など、海外FXの初心者でも安心してご利用頂けるコンテンツを提供しています。

当社の「海外FX 業者レビュー」に掲載の情報は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。

なお、この情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社(FXplus)が独自に制作したものであり、当サイトに掲載されているデーターの無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、当社までご連絡ください。

もっとみる

XMTrading(エックス エム)

かんたん口座開設かんたん口座開設

blankXM リアル口座開設

XM 特設サイトへ

海外FX業者

人気ランキング

  • 1

    xem

    stay

    4.5
  • 2

    tfx

    down

    4.0
  • 3

    tdt

    up

    3.7
  • 4

    trv

    down

    3.5
  • 5

    ifc

    stay

    3.3
  • 6

    fxd

    stay

    3.1

海外FX業者 人気ランキング >

当サイト限定

開催中のキャンペーン情報

開催中のキャンペーン一覧 >

topへ