海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

ThreeTrader(スリートレーダー)

ThreeTrader(スリートレーダー)の口座タイプと特徴

ThreeTrader(スリートレーダー)の口座タイプと特徴

口座タイプ

Updated最終更新:

極限まで削ぎ落とされたスプレッドが特徴のThreeTrader!2タイプのECN口座を徹底解説!

ThreeTrader(スリートレーダー)ではPureスプレッド口座とRawゼロ口座の2つの口座を提供しています。

口座タイプは2種類とシンプルな構成でありながら、ThreeTraderの極限まで削ぎ落とされたスプレッドが脚光を浴び、新興ブローカーながらも瞬く間に人気ブローカーの仲間入りを果たしました。

この記事では、トレードスタイル別に口座タイプを選ぶコツ、各口座タイプの特徴について詳しく解説していきます。

この記事はこんな方におすすめします

  1. ThreeTraderのどちらの口座タイプが自分に合っているか知りたい

  2. ThreeTraderの各口座タイプのスペックを知りたい

  3. ThreeTraderの各口座のメリット・デメリットを知りたい

ThreeTrader(スリートレーダー)の口座タイプを取引スタイル別に紹介

ThreeTraderの口座タイプを取引スタイル別に紹介

ThreeTrader(スリートレーダー)では、​​Pureスプレッド口座とRawゼロ口座の2種類の口座タイプを提供しています。一見口座タイプの種類が少ないように見えますが、この2種類の口座タイプで幅広い条件に適応しています。

それでは、どのような条件の人に各口座タイプはおすすめなのでしょうか。それぞれ取引スタイル別に紹介していきます。

初心者やデイ・スイングトレーダーならPureスプレッド口座

Pureスプレッド口座は、Rawゼロ口座と比較すると0.1pipsほど取引コストが高くなっています。

当然ながら取引回数が増えるほど発生するコストの差は大きく開いていきますのでEAスキャルピングで利用するよりも、取引回数の少ないデイトレーダーやスイングトレーダーに向いていると言えるでしょう。

Pureスプレッド口座は1万円から利用できるリーズナブルな仕様でありながらも、業界屈指のロースプレッドを実現しています。まずは「1万円からThreeTraderを試してみたい」という方にも、ThreeTrader(スリートレーダー)の魅力を存分に味わうことのできる口座です。

取引回数の多いトレーダーにはRawゼロ口座がおすすめ

Rawゼロ口座はリーズナブルな取引コストが最大の魅力です。片道2ドルの取引手数料と0pipsからの極狭スプレッドで、業界随一のローコスト化を実現しています

取引回数が多ければ多いほど、低い取引コストの恩恵を受けることができるため、Rawゼロ口座は、EA(自動売買)やスキャルピング向けの口座タイプと言えるでしょう。FXに慣れている中上級者であればRaw口座一択です。

ThreeTraderの各口座タイプのスペック比較一覧

ThreeTraderの各口座タイプのスペック比較一覧

ThreeTrader(スリートレーダー)では、Pureスプレッド口座とRawゼロ口座の2つの口座が提供されています。Pureスプレッド口座、Rawゼロ口座、2種類の口座タイプの詳細は以下の通りです。

取引口座の種類PureスプレッドRawゼロ
取引ツールMetaTrader4(MT4)
発注方式ECN方式
スプレッド方式変動方式
取引口座の通貨日本円・米ドル
最大レバレッジ500倍
1ロットの通貨量10万通貨
初回最低入金額1万円1,000USDもしくは10万円
最小注文数0.01ロット
最大ロット数(※1)1注文あたり/80ロット
最大ポジション数200
商品(銘柄)
【商品合計】:119
【FX/通貨ペア】:60
【CFD/貴金属】:3
【CFD/エネルギー】:2
【CFD/株価指数】:20
【CFD/仮想通貨(暗号資産)】:14
取引可能時間(※2)
【夏時間】:(月曜)午前6:01~(土曜)午前5:55(日本時間)
【冬時間】:(月曜)午前7:01~(土曜)午前6:55(日本時間)
取引手数料(※3)なし200円もしくは$2
口座維持手数料なし
複数口座の保有可能
法人口座の開設可能
GMT時差夏時間:+3時間、冬時間:+2時間
Pureスプレッド/Rawゼロ
取引ツール
MetaTrader4(MT4)
発注方式
ECN方式
スプレッド方式
変動方式
取引口座の通貨
日本円・米ドル
最大レバレッジ
500倍
1ロットの通貨量
10万通貨
初回最低入金額
Pureスプレッド1万円
Rawゼロ1,000USDもしくは
10万円
最小注文数
0.01ロット
最大ロット数(※1)
1注文あたり/80ロット
最大ポジション数
200
商品(銘柄)
【商品合計】:119
【FX/通貨ペア】:60
【CFD/貴金属】:3
【CFD/エネルギー】:2
【CFD/株価指数】:20
【CFD/仮想通貨(暗号資産)】:14
取引可能時間(※2)
【夏時間】:
(月曜)午前6:01~(土曜)午前 5:55
(日本時間)
【冬時間】:
(月曜)午前7:01 ~(土曜)午前 6:55
(日本時間)
取引手数料(※3)
Pureスプレッドなし
Rawゼロ200円もしくは$2
口座維持手数料
なし
複数口座の保有
可能
法人口座の開設
可能
GMT時差
夏時間:+3時間
冬時間:+2時間
  1. 取引状況に応じてそれ以上もオーダー可能
  2. 銘柄により取引時間は異なる
  3. 1ロットあたりの片道取引手数料

Pureスプレッド口座とRawゼロ口座の2つの口座はどちらもECN口座となっています。そのため、両者ともスプレッドの狭さに定評のある優秀な口座です。

大きな違いとしては、取引手数料の有無や最低入金額の違いです。

Pureスプレッド口座は取引手数料が無料なのに対して、Rawゼロ口座は1ロットあたりの片道取引手数料として200円もしくは$2がかかります。

最低入金額ですが、Pureスプレッド口座が1万円なのに対して、Rawゼロ口座は1,000USDもしくは10万円とかなり違いがあります。

豆知識

ECN口座とは?

ECNは、Electronic Communications Networkの頭文字をとった名称です。日本語に翻訳すると「電子通信ネットワーク」という意味になります。ECNでは、FX業者を介すことなく、インターネット回線にて直接取引することができます。トレーダーの注文がインターバンクへ流れると、別の投資家・金融機関・ヘッジファンド等が出している注文と自動的にマッチングする仕組みです。
ECNのメリットは主に以下のことがあげられます。

  • 約定力が高い
  • リクオートが発生しない
  • 取引の透明性が高い
  • スプレッドが狭い

ECN方式を採用しているFXブローカーでは、初回入金額が高めに設定されていることが多くありますが、その点さえクリアしてしまえば、好条件で取引することが可能です。

1ポジションあたり最大80ロットまで発注可能

ThreeTrader(スリートレーダー)の口座仕様で注意すべきなのは、1ポジションあたり80ロット最大ポジション数200と、大口取引に適した口座仕様となっています。

1口座あたり合計で16,000ロットもの大きなポジションを持てるブローカーは滅多にありません。ポジション数に加えて、レバレッジの制限も課せられないThreeTraderは、資金力のあるトレーダーにとって使い勝手のいいブローカーと言えるでしょう。

追加口座が即時開設可能

ThreeTrader(スリートレーダー)では追加口座も即時開設可能な上に、口座間の資金移動も迅速に行えます。Pureスプレッド口座、またはRawゼロ口座から選択して瞬時に追加口座を作ることができるため、最大ロット数である80ロットをオーバーしてしまっても、すぐに別口座にて追加ポジションを建てることができます。

入金ボーナスの類は一切提供していない

ThreeTrader(スリートレーダー)は、ポイントストアというトレードで貯めたポイントを豪華景品に交換できるインセンティブがあるものの、入金ボーナスの類は一切提供していません。

入金ボーナスやディーリングデスクへのコストを、徹底的に排除しているからこそ実現できるロースプレッドなので、入金ボーナスに期待するのは御門違いでしょう。

ThreeTraderのようにボーナスを提供せずに、取引環境にこだわりを見せているブローカーは少なくありません。Titan FXTradeviewなども同じ特色を持つブローカーですね。

Titan FXなどからの移行先としては、単純にスプレッドに掛かるコストを圧縮できるため、最適のブローカーと言えるでしょう。

ThreeTraderの各口座タイプの特徴をメリット・デメリットで紹介

ThreeTrader(スリートレーダー)の各口座タイプの特徴をメリット・デメリットで紹介の各口座タイプの特徴を詳しく、具体的なメリット・デメリットと共にご紹介します。それぞれの条件の違いによって実際の取引環境にどういった影響があるのかを確認してみましょう。

Pureスプレッド口座の特徴

  1. スプレッド内包型で扱いやすい
  2. 最低入金額1万円から
  3. 業界トップクラスのロースプレッド

それでは、ThreeTrader(スリートレーダー)のPureスプレッド口座の特徴を見ていきましょう。Pureスプレッド口座は、狭いスプレッドと最低1万円からの入金額で、初心者から上級者まで幅広いトレーダーに扱いやすい口座です。

オーソドックスで扱いやすいPureスプレッド口座

Pureスプレッド口座は、他社のスタンダード口座に相当する口座タイプです。スプレッド内包型の取引口座でありながら、ThreeTrader(スリートレーダー)のPureスプレッド口座は他社と比較しても極めて優秀なスプレッドを提供しています。

Pureスプレッド口座は外付け手数料が無く損益の計算がしやすく、初心者でも気軽にトレードに取り組みやすい口座です。

初心者にも扱いやすい口座でありながらも、他社のロースプレッド口座に匹敵するスプレッドで取引が出来る事から、初心者から上級者、スキャルピングからスイングトレードまで幅広いトレーダーにおすすめすることが出来る口座と言えるでしょう。

日本人の利用者が多い人気他社のスタンダード口座と、ThreeTraderのPureスプレッド口座を比較した下記の表をご覧ください。

主要各社とのスプレッド比較表

銘柄ThreeTrader
Pureスプレッド
Titan FX
Standard
Exness
Standard
GEMFOREX
オールインワン
USD/JPY0.6pips1.3pips0.9pips1.7pips
USD/CAD0.8pips1.5pips1.6pips2.2pips
EUR/USD0.5pips1.2pips1.0pips1.5pips
EUR/JPY0.7pips1.5pips2.0pips2.1pips
GBP/USD0.7pips1.6pips1.2pips2.1pips
GBP/JPY1.2pips2.4pips2.3pips2.5pips
AUD/USD0.7pips1.2pips1.3pips2.0pips
AUD/JPY0.8pips1.8pips2.1pips2.7pips
XAU/USD1.6pips2.3pips2.4pips2.8pips
USD/JPY
ThreeTrader
Pureスプレッド
0.6pips
Titan FX
Standard
1.3pips
Exness
Standard
0.9pips
GEMFOREX
オールインワン
1.7pips
USD/CAD
ThreeTrader
Pureスプレッド
0.8pips
Titan FX
Standard
1.5pips
Exness
Standard
1.6pips
GEMFOREX
オールインワン
2.2pips
EUR/USD
ThreeTrader
Pureスプレッド
0.5pips
Titan FX
Standard
1.2pips
Exness
Standard
1.0pips
GEMFOREX
オールインワン
1.5pips
EUR/JPY
ThreeTrader
Pureスプレッド
0.7pips
Titan FX
Standard
1.5pips
Exness
Standard
2.0pips
GEMFOREX
オールインワン
2.1pips
GBP/USD
ThreeTrader
Pureスプレッド
0.7pips
Titan FX
Standard
1.6pips
Exness
Standard
1.2pips
GEMFOREX
オールインワン
2.1pips
GBP/JPY
ThreeTrader
Pureスプレッド
1.2pips
Titan FX
Standard
2.4pips
Exness
Standard
2.3pips
GEMFOREX
オールインワン
2.5pips
AUD/USD
ThreeTrader
Pureスプレッド
0.7pips
Titan FX
Standard
1.2pips
Exness
Standard
1.3pips
GEMFOREX
オールインワン
2.0pips
AUD/JPY
ThreeTrader
Pureスプレッド
0.8pips
Titan FX
Standard
1.8pips
Exness
Standard
2.1pips
GEMFOREX
オールインワン
2.7pips
XAU/USD
ThreeTrader
Pureスプレッド
1.6pips
Titan FX
Standard
2.3pips
Exness
Standard
2.4pips
GEMFOREX
オールインワン
2.8pips

ThreeTraderのPureスプレッド口座は、他社との差は歴然で極めて狭いスプレッドであることが分かります。

他社では取引手数料の発生することの多いロースプレッド口座相当のスプレッドを、スプレッド内包型の口座で実現しているのは現状ではThreeTraderくらいでしょう。取引コストを重視するトレーダーにとってThreeTraderは有力な候補となります。

1万円から利用できる本格的なロースプレッド口座

Pureスプレッド口座は1万円の最低入金額から利用できます。業界全体でも1万円から利用できる口座の中で、ThreeTrader(スリートレーダー)のPureスプレッド口座ほど優れた口座というのは非常に少数です。

Rawゼロ口座と比較すると僅かに取引コストが高いPureスプレッド口座ですが、少額トレーダーやスイングトレーダー、あまり頻繁に取引をしないライトユーザーであればPureスプレッド口座であっても充分に即戦力となるでしょう。

ThreeTrader Rawゼロ口座の特徴

  1. 取引手数料2ドル
  2. 0pipからの低スプレッド
  3. 初回入金額10万円から

極限までのローコスト化を実現したRawゼロ口座

Rawゼロ口座は、取引手数料の発生する口座タイプです。しかし、片道取引手数料のコストを含めても、ThreeTrader(スリートレーダー)のRawゼロ口座は極限までのロースプレッド・ローコストを実現しています。

以下の表は取引手数料を含めた合計取引コストを比較したものです。

主要各社とのロースプレッド口座比較表

銘柄ThreeTrader
Rawゼロ
Titan FX
Blade
Exness
ZERO
GEMFOREX
ノースプレッド
USD/JPY0.5pips1.2pips0.8pips0.5pips
USD/CAD0.7pips1.6pips1.4pips0.9pips
EUR/USD0.5pips0.9pips0.7pips0.5pips
EUR/JPY0.6pips1.2pips1.2pips0.6pips
GBP/USD0.7pips1.3pips0.9pips1.6pips
GBP/JPY1.1pips2.3pips1.8pips1.5pips
AUD/USD0.7pips0.9pips1.0pips0.6pips
AUD/JPY0.8pips1.6pips1.3pips0.9pips
XAU/USD1.6pips2.0pips1.9pips3.0pips
USD/JPY
ThreeTrader
Rawゼロ
0.5pips
Titan FX
Blade
1.2pips
Exness
ZERO
0.8pips
GEMFOREX
ノースプレッド
0.5pips
USD/CAD
ThreeTrader
Rawゼロ
0.7pips
Titan FX
Blade
1.6pips
Exness
ZERO
1.4pips
GEMFOREX
ノースプレッド
0.9pips
EUR/USD
ThreeTrader
Rawゼロ
0.5pips
Titan FX
Blade
0.9pips
Exness
ZERO
0.7pips
GEMFOREX
ノースプレッド
0.5pips
EUR/JPY
ThreeTrader
Rawゼロ
0.6pips
Titan FX
Blade
1.2pips
Exness
ZERO
1.2pips
GEMFOREX
ノースプレッド
0.6pips
GBP/USD
ThreeTrader
Rawゼロ
0.7pips
Titan FX
Blade
1.3pips
Exness
ZERO
0.9pips
GEMFOREX
ノースプレッド
1.6pips
GBP/JPY
ThreeTrader
Rawゼロ
1.1pips
Titan FX
Blade
2.3pips
Exness
ZERO
1.8pips
GEMFOREX
ノースプレッド
1.5pips
AUD/USD
ThreeTrader
Rawゼロ
0.7pips
Titan FX
Blade
0.9pips
Exness
ZERO
1.0pips
GEMFOREX
ノースプレッド
0.6pips
AUD/JPY
ThreeTrader
Rawゼロ
0.8pips
Titan FX
Blade
1.6pips
Exness
ZERO
1.3pips
GEMFOREX
ノースプレッド
0.9pips
XAU/USD
ThreeTrader
Rawゼロ
1.6pips
Titan FX
Blade
2.0pips
Exness
ZERO
1.9pips
GEMFOREX
ノースプレッド
3.0pips

上記の比較表を見るとわかる通り、ThreeTraderのRawゼロ口座は、スプレッドが狭いと言われているTitan FXのBlade口座や、GEMFOREXのノースプレッド口座を圧倒しています。

これほどまでに好条件であれば10万円の最低入金額が設定されているのも納得の口座タイプでしょう。

Pureスプレッド口座とトータルコストがそれほど変わらないRawゼロ口座ですが、厳密に言うと多くのペアで0.1pipsほどの差があり、Rawゼロ口座の方が僅かにローコストで運用可能となっています。

0.1pipsの差と言えども、1,000ロット取引すれば100pipsの差が生じます。軍資金があり取引回数の多いトレードスタイルの方は迷わずRawゼロ口座を利用するべきでしょう。

取引手数料は業界最安クラスの片道2ドル

Rawゼロ口座の取引手数料は、海外FXブローカーの中でも最安クラスである片道2ドルの手数料で取引が可能です。

取引手数料は一般的に3〜5ドル程度ですので、海外FXブローカー各社の中でも片道2ドルの手数料というのは破格の安さです。

利用者の多いTitan FXやExnessと比較しても、群を抜いて安い取引手数料である事が分かります。

各社の取引手数料(片道)

ThreeTrader
Rawゼロ
Titan FX
Blade
Exness
ロースプレッド
Tradeview
ILC
Traders Trust
VIP
2USD3USD3.5USD2.5USD1.5USD
ThreeTrader
Rawゼロ
2USD
Titan FX
Blade
3USD
Exness
ロースプレッド
3.5USD
Tradeview
ILC
2.5USD
Traders Trust
VIP
1.5USD

Traders TrustのVIP口座は片道1.5ドルの業界最安値を実現していますが、最低入金額が200万円からと、上級者ですら気軽に利用できる口座ではありません。ThreeTrader(スリートレーダー)のRawゼロ口座は、初回最低入金10万円からと現実的な範囲で利用のできるハイスペック口座です。

0pipsからのロースプレッド

スプレッド0pips~と謳っていても、0pipsである時間がほんの僅かであったり一瞬であったりと、「0pips」のワードを現実的でないPR手段として用いているブローカーも多い中で、ThreeTrader(スリートレーダー)のRawゼロ口座は実際に多くの時間で0pipsのスプレッドを実現しています。

もちろん流動性のあるペアに限りますが、例えるとRawゼロ口座のUSDJPYでは、取引時間のおよそ50%が0pips、残りの50%が0.1pipsで推移しています。

0pipsのスプレッドに加えてRawゼロ口座は片道2ドルの取引手数料ですから、往復で4ドル、つまり0.4pipsが実際の最安取引コストになります。

ただでさえ0pipsの業者が少ない上に、片道2ドルの取引手数料も業界ではほとんど見られません。つまり、ThreeTraderのRawゼロ口座は、業界最安値とも言える限界まで低い取引コストを実現しているのです。

豆知識

FXの取引手数料は経費になる

FXにおける取引手数料は経費扱いされます。一方、スプレッドは経費になりません。FX初心者は年間収支が少なく、確定申告の対象にならないこともありますが、トレード上級者になると多額の所得税を納める必要がでてきます。
節税という面でもゼロ口座が上級者に優しい口座タイプと言えるでしょう。

初回最低入金額10万円からの中・上級者向け口座

ThreeTrader(スリートレーダー)のRawゼロ口座は初回最低入金額が10万円からと、少し高めに設定されています。

初心者には10万円という入金額はハードルの高いものに感じるでしょう。しかしスプレッドを追求するのであればRaw口座一択です。

一度入金を行ってしまえば、次回からは1万円から利用することが出来ます。資金に余裕がある時に、Rawゼロ口座を利用できるようにしておきましょう。

ここのポイント

2回目以降の入金は1万円から可能

入金額が10万円からと定められているのは初回のみであるため、一度10万円の入金を行ってしまえば2回目以降は10万円以上の入金である必要はありません。

2回目以降は最小入金額の制限無く利用可能ですが、ThreeTraderでは1万円未満の入金手段の取り扱いがないため、実際には1万円以上の入金から利用が可能です。

ThreeTraderの口座タイプ まとめ

ThreeTrader(スリートレーダー)の各口座タイプの特徴やメリット・デメリットについて解説してきました。簡潔にまとめると以下の通りです。

・Pureスプレッド口座

向いている人初心者やデイ・スイングトレーダー
特徴最低入金額1万円かつスプレッド内包型で扱いやすい
注意点Rawゼロ口座と比較すると0.1pipsほど取引コストが高い

・Rawゼロ口座

向いている人取引回数の多いトレーダー
特徴極限までのロースプレッド・ローコストを実現
注意点取引手数料が2ドルかかり、初回入金額が10万円から

ThreeTraderでは、Rawゼロ口座の方が取引コストを抑えられますが、その差は0.1pipsほどとわずかなものです。

Rawゼロ口座は初回入金額が10万円からと少しハードルが高いため、まずはPureスプレッド口座で少額トレードを試してみるのがおすすめです。

ぜひ一度、ThreeTraderの圧倒的な低スプレッドを体験してみてください。

ThreeTrader 口座開設ページを開くblank

ThreeTrader 口座タイプ - よくある質問(FAQ)

ThreeTraderに関する、よくある質問をまとめました。


  1. はい、ThreeTrader(スリートレーダー)では最低入金額を設けています。Pureスプレッド口座は最低入金額1万円から取引できます。一方、Rawゼロ口座は初回最低入金額が10万円からと、少し高めに設定されています。

    続きを読む

  2. ThreeTrader(スリートレーダー)でライブ口座をすでにお持ちであれば、デモ口座は有効期限はございません。ただし、ライブ口座をお持ちでない場合は有効期限は30日間となっています。

    続きを読む

  3. いいえ、ThreeTrader(スリートレーダー)では、ゼロカットシステムを採用しているため、追証はありません。万が一、口座残高がマイナスになっても、申請すればマイナス分がリセットされます。営業時間内であれば数十分〜数時間の間でゼロカットは適用されます。

    続きを読む

  4. いいえ、ThreeTrade(スリートレーダー)では、レバレッジ制限はありません。他社でよく設定されているような保有ポジションの総量や口座残高による制限はなく、いつでも最大500倍のレバレッジを活用することができます。

    続きを読む

  5. ThreeTrade(スリートレーダー)のスプレッドは各口座タイプによって異なります。Pureスプレッド口座では0.5pips~、またRAWゼロ口座では0.0pipsという業界をリードする低いスプレッドを提供してます。

    続きを読む

口座タイプ

Updated最終更新:
FXplus編集部
筆者:FXplus編集部

海外FXをご利用するにあたり、最新の海外FX人気ランキングや、海外FX業者の無料口座開設代行など、海外FXの初心者でも安心してご利用頂けるコンテンツを提供しています。

当社の「海外FX 業者レビュー」に掲載の情報は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。

なお、この情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社(FXplus)が独自に制作したものであり、当サイトに掲載されているデーターの無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、当社までご連絡ください。

もっとみる

tht

リアル口座開設リアル口座開設

海外FX業者

人気ランキング

  • 1

    xem

    24.00
  • 2

    tfx

    23.50
  • 3

    exn

    23.00
  • 4

    fxg

    22.50
  • 5

    hot

    22.00

海外FX業者 人気ランキング >

当サイト限定

開催中のキャンペーン情報

開催中のキャンペーン一覧 >