海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

ThreeTrader(スリートレーダー)

ThreeTrader(スリートレーダー)の口座開設・MT4導入方法を解説!

ThreeTrader(スリートレーダー)の口座開設・MT4導入方法を解説!

口座開設方法

Updated最終更新:

ThreeTrader(スリートレーダー)は2021年にスタートし、極めて狭いスプレッドで注目を集める海外FX業者です。

海外FX業者の口座開設は、一般的に身分証明書に加えて、住民票や公共料金の領収証などの居住証明書が求められます。

しかし、ThreeTraderではマイナンバーカードまたは運転免許証をお持ちであれば一枚の身分証明書で口座開設が可能なため、他社よりもスムーズに取引をはじめられます。

この記事では、ThreeTraderの口座開設方法を画像付きで分かりやすく解説していきます。

ThreeTrader(スリートレーダー)の口座開設方法

まずは、ThreeTrader(スリートレーダー)の口座開設に必要なものから見ていきましょう。

口座開設のための事前準備

ThreeTrader(スリートレーダー)の口座開設では、開設者本人と確認することができる「本人確認書類」と「居住証明書」の提出が必要です。

マイナンバーまたは運転免許証をお持ちの方は、居住証明書の提出を省略することができますが、お持ちでない方は居住証明書を用意しておきましょう。

あらかじめそれぞれの書類をカメラで撮影し、PCに保存しておくことでスムーズに口座開設を進めることができます。

本人確認書類

ThreeTrader(スリートレーダー)の口座開設の本人確認書類として下記書類の提出が認められています。

ThreeTraderに提出可能な本人確認書類

  1. 運転免許証(※)
  2. マイナンバーカード(※)
  3. パスポート
  4. 国が発行する写真付きの身分証明書

運転免許証とマイナンバーカードは、本人確認書類と居住証明書の両方に提出することができます。

提出する書類は有効期限内のものに限り、フルネーム、生年月日、発行日または有効期限、顔写真が記載されている必要があります。

居住証明書

ThreeTrader(スリートレーダー)の口座開設の居住証明書として現住所が記載された下記書類の提出が認められています。

ThreeTraderに提出可能な居住証明書

  1. 住民票
  2. 銀行及びクレジットカードの利用明細書
  3. 公共料金の領収書
  4. 運転免許証
  5. マイナンバーカード

提出する書類は発行より3ヵ月以内の物である必要があります。

個人情報の登録

必要な書類が準備できたら、まずはThreeTrader(スリートレーダー)のホームページに移動します。

ThreeTrader ライブ口座開設

ホームページ画面右上にある「ライブ口座開設」をクリックします。

ThreeTrader ライブ口座申請画面

ライブ口座開設画面で上記画像を参考に、個人情報およびパスワードを入力していきます。

1

名前をローマ字で入力します。(日本語は入力できません)

2

苗字をローマ字で入力します。(日本語は入力できません)

3Eメール

お持ちのEメールアドレスを入力します。

4国と地域

Japanを入力します。(デフォルトでJapanが設定されています。)

5携帯電話番号

お持ちの携帯電話の電話番号を入力します。

6パスワード

任意のパスワードを8文字以上15文字以内で設定します。パスワードには大文字と小文字、数字を含める必要があります。

7パスワード再入力

パスワードの誤入力を防ぐために、クライアントポータルパスワードを再入力します。

8チェックボックス

チェックボックスをクリックしてチェックを入力します。

9次へ

全ての項目の入力が終わったら、「次へ」をクリックして次の画面へと進みます。

追加情報の登録

個人情報の登録が完了した次は、生年月日などの追加情報を入力していきます。

ThreeTrader 追加情報入力フォーム

上記画像を参考に、番号の各項目を入力していきます。

1生年月日

生年月日を左から「日/月/年」の順に入力します。

2住所

現住所の市区町村名以降を入力します。

3市区町村

現住住所の市区町村名を入力します。

4都道府県

現住所の都道府県名を入力します。

5郵便番号

現住所の郵便番号を入力します。

6次へ

全ての項目の入力が終わったら、「次へ」をクリックして次の画面へと進みます。

こちらの追加情報に入力をする住所については、準備した本人確認書類および居住証明書と内容が一致する必要があります。

ライブ口座の開設申請

追加情報の入力が完了したら、次はThreeTrader(スリートレーダー)のライブ口座の開設申請です。

ThreeTrader パスワード設定画面

上記画像を参考に、番号の各項目を入力していきます。

Pureスプレッド口座とRawゼロ口座の2種類の口座から選択できますが、Pureスプレッド口座は1万円から、Rawゼロ口座は10万円からの入金となります。

上記画像を参考に、各項目をご入力ください。

1口座タイプ

口座タイプをPureもしくはRawから選択します。(口座タイプについては記事後半で紹介しています。)

2口座通貨

口座通貨をJPYもしくはUSDから選択します。

3口座レバレッジ

1~500倍までの使用するレバレッジを選択します。

4パスワード

8~15文字でパスワードを設定します。大文字と小文字、数字を含める必要があります。

5パスワード再入力

パスワードの誤入力を防ぐために、MT4パスワードを再入力します。

6チェックボックス

クライアント契約などを確認しチェックボックスにチェックを入れます。

7提出する

全ての項目の入力が終わったら、「提出する」をクリックして次の画面へと進みます。

本人確認書類と居住証明書の提出

ThreeTrader(スリートレーダー)の口座開設でライブ口座の開設申請まで完了すると、次は本人確認書類の提出です。

ThreeTrader 本人確認書類提出画面

下記の表を参考に、身分証明書と居住証明書をアップロードしましょう。

1顔写真付き身分証明書

写真付き身分証明書をクリックし、用意したデータを提出します。(※1)

2居住証明

居住証明をクリックし、用意したデータを提出します。(※2)

3提出する

全ての書類のアップロードが終わったら、「提出する」をクリックします。

  1. 身分証明書には有効期限内のパスポート・運転免許証・マイナンバーカードなどがご利用になれます。
  2. 居住証明書には発行から三ヶ月以内のガス・電気・水道などの公的料金請求書や銀行取引明細書がご利用になれます。

ThreeTrade rダッシュボード画面

書類の提出が完了すると、ThreeTraderのダッシュボード画面に移行します。

これでThreeTraderの口座開設の申請は全て完了です。

提出した書類の審査は、およそ1営業日以内に完了します。書類の審査が完了すると。入金、出金、取引などThreeTraderの機能がすべて利用可能となります。

追加口座の自動承認は5口座まで

2023年11月より、ライブ口座の追加が自動承認されるのは最初の5口座までとなりました。6口座目以降の追加口座を申請した場合は審査が必要となります。なお、既に開設している5口座のうち一度も取引していない口座がある場合、追加口座の申請は自動的にキャンセルされます。

トレード用のMT4をダウンロード

ThreeTrader(スリートレーダー)では、取引ツールとしてHUBxとMT4を提供しています。しかしThree Tradeの口座開設を完了してもすぐにMT4でトレードを行えるわけではありません。

世界中のトレーダーが利用するMT4を使うために、まずはダウンロードをして準備をする必要があります。

この章ではMT4のインストール方法とログイン方法を解説していきます。

MT4をインストール

ThreeTrader(スリートレーダー)のMT4はダッシュボード画面からダウンロードしインストールすることができます。

ThreeTrader MT4ダウンロード画面

まずはダッシュボード画面の「ダウンロード」をクリックします。

ThreeTrader デバイス選択画面

ダウンロードページでは各端末に合わせたMT4ダウンロードのボタンが用意されています。

お持ちの端末に合わせたボタンをクリックし、MT4のセットアップファイルをダウンロードします。

セットアップファイルのダウンロードが完了したら、ファイルを開きセットアップ作業に進みましょう。

ThreeTrader MT4セットアップ画面

ダウンロードしたファイルをクリックすると、ThreeTraderのMT4インストール画面が表示されるので、同意条項を読み「次へ」をクリックします。

次へクリックすると自動的にパソコンへインストールがはじまります。

ThreeTrader MT4アイコン

インストール完了後はデスクトップ画面に「ThreeTrader MT4 Tarminal」のアイコンが表示されるようになります。

MT4にログイン

MT4のインストールが完了したらMT4を起動します。

MT4を立ち上げると同時に、取引サーバー選択画面が表示されるので「ThreeTrader-Live」を選択し「次へ」をクリックします。

ThreeTrader サーバー選択画面

もし取引サーバー選択画面が表示されない場合には、MT4左上の「ファイル」を選択し「取引口座にログイン」をクリックすることで、ログイン情報入力画面が表示されます。

口座開設完了メール、またはThreeTraderのダッシュボード画面で確認することのできるログインIDとパスワードを入力し、ログインボタンをクリックすると取引口座にログインをすることができます。

ThreeTrader 口座情報入力画面

ここのポイント

スリートレーダーのデモ口座を活用しよう!

まだ利用したことがないブローカーで、いきなりリアルトレードをするのはすこし不安ですよね。特に、海外FXをあまり利用したことがない方にとっては、その不安は大きいことでしょう。

そんな方のために、ThreeTraderではデモ口座を提供しています。デモ口座は1アカウントにつき5つまで保有することができ、口座の種類・口座レバレッジ・口座通貨・初回入金を設定することで、自分が試したい条件でトレードを試すことが可能です。

リアル口座を開設してからでも、デモ口座開設は可能なので、ぜひ有効活用してくださいね。

トレード用のMT4をダウンロード

ThreeTrader(スリートレーダー)の口座開設が完了しMT4を利用する準備ができたら、トレードをはじめるための資金を入金する必要があります。

ThreeTraderではどのような方法で入金と出金ができるのかを紹介していきます。

ThreeTraderの入金方法

ThreeTrader(スリートレーダー)では、ダッシュボード画面にログインし入金方法を選択することで入金が行えます。

入金方法としては下記の方法に対応しています。

入金方法 種類 最低入金額 反映時間
クレジットカード VISA、mastercard、AmericanExpress、JCB 1万円 即時反映
オンラインウォレット bitwallet
(VND Instant Pay、Phillipines Instant Pay)
即時反映(20分)
国内銀行送金 国内指定銀行送金、日本国外銀行振込み 営業時間内で約20分、1~3営業日
仮想通貨 USDT(テザー) 即時反映
クレジットカード
VISA、mastercard、AmericanExpress、JCB
最低入金額 1万円
反映時間 即時反映
オンラインウォレット
bitwallet(VND Instant Pay、Phillipines Instant Pay)
最低入金額 1万円
反映時間 即時反映(20分)
国内銀行送金
国内指定銀行送金、日本国外銀行振込み
最低入金額 1万円
反映時間 営業時間内で約20分、1~3営業日
仮想通貨
USDT(テザー)
最低入金額 1万円
反映時間 即時反映

各入金方法では手数料0円で入金を行うことが可能で、最低入金額は1万円からとなります。

また、仮想通貨USDTで入金を行う際に発生するネットワーク手数料は利用者負担となります。

ThreeTraderの出金方法

ThreeTrader(スリートレーダー)では、ダッシュボード画面にログインし出金方法を選択することで出金が行えます。

出金方法としては下記の方法に対応しています。また、出金手数料は入金手数料同様に全て無料となります。

入金方法 種類 最低出金額 反映時間
クレジットカード VISA、mastercard、AmericanExpress、JCB 1万円 1~3営業日
オンラインウォレット bitwallet
(VND Instant Pay、Phillipines Instant Pay)
1営業日
(1~3営業日)
国内銀行送金 国内指定銀行送金、日本国外銀行振込み 1~3営業日
仮想通貨 USDT(テザー) 1営業日
クレジットカード
VISA、mastercard、AmericanExpress、JCB
最低出金額 1万円
反映時間 1~3営業日
オンラインウォレット
bitwallet(VND Instant Pay、Phillipines Instant Pay)
最低出金額 1万円
反映時間 1営業日(1~3営業日)
国内銀行送金
国内指定銀行送金、日本国外銀行振込み
最低出金額 1万円
反映時間 1~3営業日
仮想通貨
USDT(テザー)
最低出金額 1万円
反映時間 1営業日

ThreeTrader(スリートレーダー)の特徴を紹介

ThreeTrader(スリートレーダー)の口座開設および入出金方法を解説してきましたが、ここからはThreeTraderがどのような特徴を持つ海外FX業者なのかを紹介します。

最大500倍のレバレッジと豊富な商品

ThreeTrader(スリートレーダー)では最大500倍によるハイレバレッジトレードが可能です。

少額資金でもレバレッジを活用して効率よくトレードを行うことができると同時に、ゼロカットシステムを採用しているため高いレバレッジでも入金した金額以上の損失が出る心配はありません。

取扱い商品についてはFXをはじめ、仮想通貨やゴールドなどの貴金属、株価指数のインデックスやコモディティなどのCFD取引を取り扱っています。

日本でメジャーな米ドル円やユーロドルだけではなく、ビットコインやイーサリアム、ナスダックや日経平均、XAU(ゴールド)など様々な商品でトレードを行うことができます。

また、ThreeTraderはXAUUSDも500倍のハイレバレッジで取引が可能です。XAUUSDのレバレッジは低く抑えられている業者も多いため、ハイボラティリティなXAUUSDを500倍で取引出来るという点もThreeTraderの魅力です。

ここのポイント

最大レバレッジ500倍は物足りない⁈

近年、海外FXでは最大レバレッジが高くなっている傾向にあります。例えば、GEMFOREXでは、以前まで限定口座であった「レバレッジ5,000倍口座」を一般開放したことで、だれでも最大レバレッジ5,000倍が利用できるようになりました。

このような傾向を見るとThreeTraderの最大レバレッジ500倍は少し物足りなく感じる方もいることでしょう。しかし、詳しく取引条件を見ると、最大レバレッジが高いほど、口座残高によるレバレッジ制限や保有ロット数などの制限が厳しくなっています。

ThreeTraderでは口座残高によるレバレッジ制限がないため、かなり自由度の高い条件下でハイレバレッジ取引が楽しめます。

2種類の口座タイプ

ThreeTrader(スリートレーダー)ではRawゼロ口座とPureスプレッド口座を用意しています。大きく異なる点は最小入金額です。

Pureスプレッド口座は1万円から利用可能ですが、Rawゼロ口座は10万円の初回入金額が必要となっています。

Rawゼロ口座はPureスプレッド口座に対して平均して0.1pipsほど取引コストを削減することができるため、入金額に余裕があるのであればRawゼロ口座の利用がおすすめです。

項目 Rawゼロ Pureスプレッド
口座通貨 USD、JPY USD、JPY
スプレッド 0pipsから 0.5pipsから
手数料 往復400円(4USD)/ロット 無料
レバレッジ 最大500倍 最大500倍
最小入金額 1,000USDもしくは10万円 1万円
取扱商品 FX、貴金属、原油、インデックス、仮想通貨 FX、貴金属、原油、インデックス、仮想通貨
プラットフォーム MT4 MT4
最小取引サイズ 0.01ロット 0.01ロット
スワップ 機関投資家向けスワップ 一般スワップ
Rawゼロ
口座通貨 USD、JPY
スプレッド 0pipsから
手数料 往復400円(4USD)/ロット
レバレッジ 最大500倍
最小入金額 1,000USDもしくは10万円
取扱商品 FX、貴金属、原油、インデックス、仮想通貨
プラットフォーム MT4
最小取引サイズ 0.01ロット
スワップ 機関投資家向けスワップ
Pureスプレッド
口座通貨 USD、JPY
スプレッド 0.5pipsから
手数料 無料
レバレッジ 最大500倍
最小入金額 1万円
取扱商品 FX、貴金属、原油、インデックス、仮想通貨
プラットフォーム MT4
最小取引サイズ 0.01ロット
スワップ 一般スワップ

バヌアツライセンスの保有

海外FX業者は拠点とする地域の金融ライセンスを取得することによって、規制に沿った健全な運営を行います。

ThreeTrader(スリートレーダー)ではバヌアツ共和国の金融ライセンス(ThreeTrader Global Limited :VFSC 40430)を取得しており、規制に沿った健全な運営が行われています。また、ThreeTrader以外にバヌアツライセンスで運営している海外FX業者にはTitan FXなどがあります。

海外FX業者は国内FX業者と異なる場合が多く、顧客資産の分別管理や信託保全を行っていない場合が多いです。

その代わりとして金融ライセンスの保有が信頼性の指標となるため、ThreeTraderは金融ライセンスを取得していない業者よりも信頼性のある海外FX業者です。

平日13時間対応のライブチャット

海外FX業者の中には日本語でのサポートを行っていない業者もあり、問題が発生した際には英語や現地語でのやり取りが必要となります。

ThreeTrader(スリートレーダー)では平日7時から20時まで13時間の日本語サポートをおこなっており、メールおよびライブチャットでサポートを受けることができます。

英語が苦手という人でもThreeTraderなら安心して利用することができます。

ここのポイント

高品質な日本語対応

ThreeTraderの日本語対応はとても高品質です。ブローカーによっては、翻訳機を使ったり、botでのチャット対応を採用していることがあり、複雑な要件を伝えづらいことがあります。

しかし、ThreeTraderでは日本人スタッフが丁寧に対応してくれるため、そのようなストレスを感じることはありません。

レスポンスも早く、すぐに知りたいことが知れるというのも嬉しい点です。

新興海外FX業者として今後期待のThreeTrader

ThreeTrader(スリートレーダー)は新興海外FX業者でありながら、スプレッドの狭さには熟練者からも定評があり、他社からの乗り換える方も多い業者です。

狭いスプレッドやXAUUSDのハイレバレッジ、トレーダーに好まれるポイントを抑えておりFX初心者から上級者までしっかりと使える業者となっています。

口座開設時のKYCも免許証またはマイナンバーカード1枚で完了するため、他社よりも気軽に開設することが可能です。まだ取引口座をお持ちでない方は、ThreeTraderの極狭スプレッドを是非一度お試しください。

ThreeTrader 口座開設ページを開くblank

口座開設方法

Updated最終更新:
FXplus編集部
筆者:FXplus編集部

海外FXをご利用するにあたり、最新の海外FX人気ランキングや、海外FX業者の無料口座開設代行など、海外FXの初心者でも安心してご利用頂けるコンテンツを提供しています。

FXplusでは、記事に関するご意見・ご感想を受け付けています。
海外FXに関するレアな情報や業界関係者の内部情報などは、ぜひ編集部までお寄せください。
また、定期的に記事を執筆頂けるライターさんも随時募集しています!

問い合わせ先:support@fxplus.com
(大文字@を小文字に変えて送信してください)

当社の「海外FX 業者レビュー」に掲載の情報は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。

なお、この情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社(FXplus)が独自に制作したものであり、当サイトに掲載されているデーターの無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、当社までご連絡ください。

もっとみる

tht

リアル口座開設リアル口座開設

海外FX業者

人気ランキング

  • 1

    xem

    25.50
  • 2

    tfx

    25.00
  • 3

    fxg

    23.50
  • 4

    exn

    23.25
  • 5

    big

    23.00

海外FX業者 人気ランキング >

当サイト限定

開催中のキャンペーン情報

開催中のキャンペーン一覧 >