海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

海外FXの基礎知識

海外FX業者のレバレッジを徹底比較!レバレッジ重視での業者の選び方

伊藤亮太

監修者:伊藤亮太

ファイナンシャルプランナー

当社監修者兼ファイナンシャルプランナー

FXに関する知見が豊富なファイナンシャルプランナー

<プロフィール>

慶應義塾大学大学院商学研究科経営学・会計学専攻修了。在学中にCFPを取得する。その後、証券会社にて営業、経営企画、社長秘書、投資銀行業務に携わる。FX事業の立ち上げにも参画した経験あり。
2007年11月に「スキラージャパン株式会社」を設立。現在、富裕層個人の資産設計を中心としたマネー・ライフプランの提案・策定・サポート等を行う傍ら、資産運用に関連するセミナー講師や講演を多数行う。著書も多数あり。

海外FX業者のレバレッジを徹底比較!レバレッジ重視での業者の選び方

海外FX業者の選び方

Updated最終更新:

高いレバレッジは海外FX業者の魅力!各業者のレバレッジを口座タイプ別に徹底比較

海外FXの大きな魅力の1つに、高いレバレッジがあります。多くの海外FX業者で500倍を超えるレバレッジを提供しているため、上手に使えば少ない資金でも大きな利益を出すことが可能です。

レバレッジ自体は国内FXにもありますが、最大で25倍と規制されているため、「口座開設するなら海外FXで」と考えている方も多いことでしょう。

レバレッジと必要証拠金には、レバレッジが高くなればなるほど必要証拠金は小さくなるという関係があります。必要証拠金が小さくなる分、少ない資金で大きなトレードができるようになるというメリットがあるのです。

レバレッジが上がると必要証拠金が少なくなる

レバレッジが上がると必要証拠金が少なくなる

メリットの多いハイレバレッジですが、同時に諸刃の剣でもあり、資金に対して過剰に大きなポジションを持ってしまうと、一気に資金がなくなってしまうリスクも持ち合わせています。しかし、海外FXではリスク対策の最後の砦として、万一の際も追証が発生しない「ゼロカットシステム」という仕組みがありますので、安心して利用できます。

この記事では、海外FX業者の口座タイプごとの最大レバレッジの比較や、メリット・デメリットなど、海外FXのレバレッジについて詳しく解説します。レバレッジを重視して海外FX業者を選びたい方はぜひ参考にしてください。

この記事のポイント

海外FX業者が公式サイトで公表しているレバレッジは「最大レバレッジ」であり、実際には、口座タイプや銘柄、口座残高の金額によって最大レバレッジよりも制限される場合があります。レバレッジを重視して海外FX業者を選ぶ際には、制限がないかどうかも事前に確認するようにしましょう。この記事では、各海外FX業者のレバレッジ制限についても詳しく解説しています。

この記事はこんな方におすすめします

  1. 海外FX業者の口座タイプ別のレバレッジが知りたい

  2. 海外FXのハイレバレッジのメリットを知りたい

  3. 海外FXのレバレッジが制限される場合について知りたい

海外FX業者のレバレッジ比較

海外FX業者は国内FX業者よりレバレッジが高いことが魅力ですが、実際には海外FX業者の中でもレバレッジにはかなり差があります。


レバレッジが違うと必要証拠金が変わる

レバレッジの違いは、直接的には必要証拠金の違いになります。必要証拠金とは、一定の通貨量の取引をするにあたって口座に入れておかなければならない証拠金の額のことです。

例えば、ハイレバレッジに強みのあるXMTrading(エックス エム)スタンダード口座のレバレッジ888倍と、スプレッドが狭い代わりにレバレッジはあまり大きくないTradeview(トレードビュー)ILC口座の200倍を比較すると、レバレッジは4倍以上異なります。

このため、XMのレバレッジ888倍と、Tradeviewの200倍でドル/円10万通貨の必要証拠金を比較すると、XMが約12,000円、Tradeviewが約55,000円となり、Tradeviewの方が4倍以上の必要証拠金が必要となることがわかります(1ドル110円で計算)。

レバレッジの違いによる必要証拠金の違い

レバレッジの違いによる必要証拠金の違い

国内FX業者はTradeviewよりもさらに8倍多い約440,000円の証拠金が必要なため、Tradeviewでも国内FX業者と比較するとハイレバレッジと言えますが、同じ海外FX業者でもXMとTradeviewではかなり違いがあることが分かりますね。

では、海外FX業者ごとのレバレッジの違いを見ていきましょう。


海外FX業者7社の口座タイプ別レバレッジを比較

当サイトで提携している海外FX7社の口座タイプごとの最大レバレッジを一覧にまとめました。また、その最大レバレッジでドル/円10万通貨のポジションを持った場合の必要証拠金も紹介します。レバレッジが高くなると、実際にどれくらい必要証拠金が下がるのかを比較することができます。

海外FX業者のレバレッジと必要証拠金比較(1ドル=110円、10万通貨)

海外FX業者口座タイプレバレッジ必要証拠金
XMTrading
(エックス エム)
スタンダード口座888倍約12,000円
マイクロ口座
ゼロ口座500倍22,000円
Titan FX
(タイタン FX)
スタンダード口座500倍22,000円
ブレード口座
Traders Trust
(トレーダーズ トラスト)
クラシック口座500倍22,000円
プロ口座
VIP口座200倍約55,000円
Tradeview
(トレードビュー)
Xレバレッジ口座500倍22,000円
ILC口座200倍約55,000円
IFC Markets
(IFC マーケット)
マイクロ口座400倍約28,000円
スタンダード口座200倍約55,000円
FXDD
(エフエックス DD)
スタンダード口座500倍22,000円
プレミアム口座
Bigboss
(ビッグボス)
スタンダード口座999倍約20,000円
プロスプレッド口座
XMTrading(エックス エム)
スタンダード/マイクロ口座
レバレッジ888倍
必要証拠金約12,000円
ゼロ口座
レバレッジ500倍
必要証拠金22,000円
Titan FX(タイタン FX)
スタンダード/ブレード口座
レバレッジ500倍
必要証拠金22,000円
Traders Trust(トレーダーズ トラスト)
クラシック/プロ口座
レバレッジ500倍
必要証拠金22,000円
VIP口座
レバレッジ200倍
必要証拠金約55,000円
Tradeview(トレードビュー)
Xレバレッジ口座
レバレッジ500倍
必要証拠金22,000円
ILC口座
レバレッジ200倍
必要証拠金約55,000円
IFC Markets(IFC マーケット)
マイクロ口座
レバレッジ400倍
必要証拠金約28,000円
スタンダード口座
レバレッジ200倍
必要証拠金約55,000円
FXDD(エフエックス DD)
スタンダード/プレミアム口座
レバレッジ500倍
必要証拠金22,000円
Bigboss(ビッグボス)
スタンダード/プロスプレッド口座
レバレッジ999倍
必要証拠金約20,000円

ほとんどの業者で500倍以上の高いレバレッジを提供していることが分かりますね。Traders Trust(トレーダーズ トラスト)、Tradeview(トレードビュー)、IFC Markets(IFC マーケット)はレバレッジがやや低い200倍の口座も提供していますが、通常の口座よりも取引コストが安いなどのメリットがある口座については、低いレバレッジが設定される場合が多いです。

また、レバレッジの違いによる必要証拠金の違いにも注目してみましょう。必要証拠金が少ないほど、少額からでも取引ができるので、ユーザーとしてはメリットが大きいです。

ここのポイント

レバレッジは高ければ高いほどいいの?

XMの最大レバレッジは888倍ですが、海外FX業者の中には1000倍を超えるレバレッジを提供している業者もあります。しかし、888倍と1000倍を比較すると、実質的な差はほとんどないと考えていいでしょう。

ドル/円10万通貨を保有する場合の必要証拠金は、888倍で約12,000円、1,000倍で11,000円となるため、差は約1,000円しかありません(1ドル110円で計算)。レバレッジ500倍の場合の必要証拠金は22,000円ですので、500倍から888倍にレバレッジが上がると、必要証拠金の金額には約10,000円の差が出ましたが、888倍と1,000倍の場合は金額にほとんど差が出ないのが分かりますね。

レバレッジは、元々の数字が大きくなると、さらに数字が増えても必要証拠金の金額はあまり変わらなくなるという性質があります。レバレッジがある程度大きくなれば、レバレッジ以外の取引条件を参考に海外FX業者を選ぶことをおすすめします。

海外FXのレバレッジのメリット・デメリット

続いて、海外FXの高いレバレッジのメリットとデメリットについて解説します。よく、海外FXはレバレッジが高いから危険、と言われますが、果たして本当なのでしょうか?


【メリット】少ない資金で大きな利益が狙える

まずは、高いレバレッジのメリットから見ていきましょう。

メリット

少ない資金でトレードできる

先ほど解説した通り、レバレッジが大きいことは、必要証拠金を小さくする効果があります。必要証拠金は、以下のように計算することができます。

必要証拠金の計算方法

必要証拠金 =
購入する通貨の枚数 ÷ レバレッジ

この式からも、レバレッジが大きい方が、必要証拠金を小さくできることが分かりますね。

この式に当てはめると、XMのレバレッジ888倍でドル/円1万通貨をトレードした場合の必要証拠金は、「10,000ドル÷888=11.26ドル(1,238JPY相当)」となります(1ドル110円で計算)。

FXをこれから始める時には、何十万円、何百万円という投資資金を、すぐに用意するのが難しい場合もあるのではないでしょうか。しかし、海外FXでは高いレバレッジにより、数千円、数万円という少額からでも、取引を始めることができます。

メリット

大きな利益が狙える

少ない証拠金で取引できるということは、証拠金に対して大きなポジションを持つことも可能と言い換えることができます。

例えば10万円の証拠金がある時、レバレッジ500倍の海外FX業者で、計算上持てる最大の取引数量は、約45万通貨です(証拠金維持率100%で計算)。

もし同じ10万円の証拠金がある時、レバレッジ25倍の国内FXでは、計算上持てる最大の取引数量は、約2万3千通貨となります(証拠金維持率100%で計算)。

国内FXでは、持てる最大の取引数量が少ないため、少額の資金から大きく増やすことは難しいですが、海外FXでは、最大約45万通貨までの間で自由にポジションの量を決定できます。レバレッジが高い方が大きなポジションを持てるため、大きな利益を狙いやすいというメリットがあるのです。

メリット

強制ロスカットされにくい

強制ロスカットとは、証拠金維持率が各FX業者の規定以下に下回った場合に、損失の拡大を防ぐためにFX業者によってポジションが強制的に決済されることを言います。海外FXの強制ロスカット水準は業者により様々ですが、20~50%程度が多いです。

レバレッジが高いことは、証拠金維持率を上げ、強制ロスカットが発動されにくくする効果もあります。

分かりやすくするために、証拠金維持率が20%を下回った場合に強制ロスカット水準が発動されるという条件に揃えて、レバレッジ25倍の国内FX業者とレバレッジ888倍のXMを比較してみましょう。

レバレッジの違いによるロスカットラインの違い

レバレッジの違いによるロスカットラインの違い

国内FXの場合、ドル/円10万通貨を保有した場合の必要証拠金は約440,000円なので、強制ロスカットは口座残高が約88,000円になった段階で発動します。一方、海外FXの場合、元々の必要証拠金が約12,000円ですので、口座残高が約2,400円になるまで強制ロスカットは発動しません。

このように、レバレッジが高いと、強制ロスカットが発動しにくくなるというメリットがあります。

メリット

レバレッジによるリスクはロット設定でコントロールできる

FXを始めたばかりの時によくある誤解として、「同じトレードをしても、レバレッジが大きい方が利益が大きくなる、または損失が大きくなる」というものがあります。しかし、FXの損益を決める要素は、ロット(取引数量)と値幅(pips)です。

レバレッジは損益に対して直接の関係はなく、同じ取引数量でトレードすれば、海外FXも国内FXも損益は同じです。

レバレッジが高いことの大きなメリットは、ここまで見たように、少額からでも取引できることや、ロスカットされにくいことに加えて、取引するロット数の調整によってリスクのコントロールが可能であることでしょう。取引においての行動の選択肢が増えることが、高いレバレッジ最大の魅力です。


【デメリット】ポジションが大きくなりすぎるリスク

続いて、高いレバレッジが持つデメリット、そしてリスクについて見ていきましょう。

デメリット

証拠金に対して大きいポジションを持ててしまう

少ない証拠金で取引できることや、大きな利益を狙えることは、高いレバレッジのメリットです。しかし、それは言い換えれば「証拠金に対して大きいポジションを持ててしまう」と言うことでもあります。

トレードをしていると、勝てる時ばかりではなく、当然負ける時もあります。そんな時に、感情的にロットを上げて負け額を取り返しに行くのは、大変危険な行為です。しかし、レバレッジの高い海外FXでは、やろうと思えば出来てしまうのです。

そのような危険なトレードは、1度や2度はうまく行くことがあるかも知れません。しかし長期的には、確実に資産を失う行為です。レバレッジを上手に使うためにも、資金管理のルールを決めて守る必要があります。

デメリット

ロット数を持ちすぎると、強制ロスカットされやすい

レバレッジが高いことは、強制ロスカットされにくい効果も持っていますが、証拠金に対してあまりに大きなポジションを持った場合は、少しの逆行でも強制ロスカットとなるリスクが高まります。基本的な考え方として、実際の取引におけるリスクは、ロット数の調整によってコントロールしなければいけません。

しかし、「ロット数を持ちすぎると、強制ロスカットされやすい」ことは、海外と国内を問わず、FX取引の一般的な注意点です。海外FXは、持てる取引数量の上限が高く、自分の好きな量のポジションを持つことができる半面、資金管理について自分でしっかりとコントロールする必要があります。

強制ロスカットを受けないように資金管理を行う必要がありますが、国内FXでは強制ロスカットが間に合わなかった場合、追証と言う恐ろしい事態が待っているリスクがあるのに対して、海外FXには「ゼロカット」という救済措置がありますので、最悪の事態は回避できます。

次の項目では、海外FXのハイレバレッジが人気な理由を、ゼロカットなどの面から見ていきたいと思います。


海外FXのハイレバレッジが人気な理由

海外FXのハイレバレッジは、国内FXにはない魅力があります。その人気の大きな理由として、海外FXでは追証がないということが挙げられるでしょう。

追証とは、急な価格変動で強制ロスカットが間に合わず、口座残高がマイナスになった場合に、トレーダーがマイナス分を支払わなければならないことです。

急な価格変動として最近では、2015年のスイスフランショックが記憶に新しいかも知れません。国内FXを利用していたユーザーの中からは、強制ロスカットが間に合わず多額の追証を抱えることになったという残念な話が聞かれました。

しかし、そうした相場の混乱の中でも、海外FXでは「ゼロカット」と言うシステムにより、ユーザーは追証を払う必要がありません。実際にスイスフランショック時でも、海外FX業者のXMはきちんとゼロカットを実行したことが、トレーダーの間で話題になりました。

高いレバレッジで大きなポジションを持つことも可能な海外FXですが、万一の際にもゼロカットにより追証がないのは、非常に心強いですね。ただし、業者によってはゼロカットの濫用と見られる行為(指標発表時に極端なハイレバレッジ取引を行うことなど)を繰り返すと、ペナルティが課せられる場合もありますので、ゼロカット頼みの乱暴なトレードは避けたほうが良いでしょう。

海外FXのレバレッジ制限

高いレバレッジがセールスポイントの海外FXですが、実は場合によってレバレッジ制限がかけられることがあります。ここではレバレッジ制限がされる3つのパターンについて確認しましょう。


口座残高が一定額を超えた場合

口座残高が規定の金額を超えることで、レバレッジ制限がかかる場合があります。例えば、人気海外FX業者のXMTrading(エックス エム)では、スタンダード口座・マイクロ口座では最大888倍のレバレッジを提供していますが、口座残高が2万ドル(相当額)を超えると最大レバレッジは200倍に、口座残高が10万ドル(相当額)を超えると最大レバレッジは100倍へと制限されます。

当サイトで提携している7社の中では、XMとTraders Trust(トレーダーズ トラスト)、IFC Markets(IFC マーケット)に口座残高によるレバレッジ制限があります。

入金額だけではレバレッジ制限がかからなくても、利益により残高が増え、上記の金額を超えてしまった場合もレバレッジ制限がかけられますので、トレード結果によって口座残高が上限を上回りそうな場合は注意しましょう。

口座残高によるレバレッジ制限

海外FX業者口座残高レバレッジ
XMTrading
(エックス エム)
$20,001~$100,000200倍
$100,001以上100倍
Traders Trust
(トレーダーズ トラスト)
200万円~500万円200倍
500万円以上100倍
IFC Markets
(IFC マーケット)
500万円~1,000万円100倍
1,000万円超50倍
XMTrading(エックス エム)
$20,001~$100,000200倍
$100,001以上100倍
Traders Trust(トレーダーズ トラスト)
200万円~500万円200倍
500万円以上100倍
IFC Markets(IFC マーケット)
500万円~1,000万円100倍
1,000万円超50倍

市場の混乱が予想される場合

例えば米国大統領選挙や、その他大きな政治・経済などのイベント時には、値動きが過剰に反応したり、不安定になる場合があります。そうした市場の混乱が予想される場合は、事前にFX業者からレバレッジ制限のアナウンスがあります。メールや公式サイト内で発表されますので、日頃から忘れずに確認するようにしましょう。

最近では、2019年の英国総選挙の際、XMがポンド関連の通貨ペアのレバレッジを200倍に引き下げました。

英国総選挙によるXMのレバレッジ制限

英国総選挙によるXMのレバレッジ制限


特定の通貨ペアのレバレッジ制限

激しい値動きが起きる可能性がある不安定な通貨を含む通貨ペアでは、規定の最大レバレッジよりも低めにレバレッジ制限がかけられている場合があります。多くの場合は、流通量の少ない通貨ペアになりますが、業者によってはスイスフランを含む通貨ペアもレバレッジ制限の対象になっている場合があるので注意しましょう。

例えば、人気海外FX業者のXMでは下記の通貨ペアでレバレッジを制限しています。

XMの通貨ペアによるレバレッジ制限

通貨ペアレバレッジ
CHF関連通貨ペア400倍
TRY関連通貨ペア100倍
HKD、CNH、DKK、RUB関連通貨ペア50倍

レバレッジ重視での海外FX業者の選び方と注意点

最後に、レバレッジの視点から海外FX業者を選ぶ時のポイントと注意点を見ていきます。おすすめの海外FX業者もあわせてご紹介していますので、是非参考にしてみてください。


口座タイプ・口座残高・通貨ペアによる制限を確認する

海外FX業者ごとにレバレッジの設定が異なるのは当然ですが、業者内でも口座タイプによってレバレッジが違う場合があります。基本的に、レバレッジ400倍もあれば十分な倍率ですが、中には意外と低いレバレッジ設定の口座タイプもあるため、事前に確認した方が良いでしょう。

口座タイプごとの最大レバレッジは「1-2.海外FX業者7社の口座タイプ別レバレッジを比較」で一覧にまとめています。

また、200万円を超える高額入金の予定がある方は口座残高によるレバレッジ制限を、マイナー通貨ペアをトレードする方は通貨ペアによるレバレッジ制限を確認しましょう。レバレッジ制限については「3-1.口座残高が一定額を超えた場合」で各海外FX業者の情報をまとめています。

口座タイプ・口座残高・通貨ペアによる制限がない業者としては、Titan FX(タイタン FX)があります。Titan FXは、2014年に設立され、バヌアツ共和国金融当局のライセンスを得て営業している海外FX業社で、約定力に定評があります。


ゼロカットの実績がある業者を選ぶ

ハイレバトレードを行う場合、国内FX業者より大きなポジションを持つことができますので、その分損失も大きくなってしまう可能性があります。特に、週末にポジションを持ち越して月曜日に大きな窓開けがあった場合は、かなりの損失が出てしまう場合もあります。

このため、万一のことも考えて、ゼロカットに対応したFX業者を選ぶことも大事です。さらに言えば、ゼロカットの実績があったり、ゼロカットについて悪い噂のない業者を選ぶことも重要でしょう。当サイトで提携している海外FX7社は、FXDD以外は全てゼロカット対応の業者ですが、その中でも安定した業者といえば、やはりXMです。

XMは、2009年に設立され、セーシェル金融庁のライセンスを得て営業している海外FX業社です。最大888倍のレバレッジを始め、高い約定力や豊富なボーナスキャンペーンなど、スペックのバランスが高く、FX初心者の方にもおすすめできる業者です。


約定力が高い業者を選ぶ

ハイレバレッジトレードをする際は、約定力が高いことは必要不可欠な要素です。注文が頻繁に滑るような約定力が不安定な業者では、リスクをとって稼ぎに行くトレードはできません。

XMやTitan FXは、約定力の高さに定評があります。XMは、約定スピードが早く、全注文の99.53%が1秒以内に約定されているというデータを公表しています。一方、Titan FXは、ボーナスキャンペーンを一切行わない代わりに、トレード環境に力を入れており、スキャルピングトレーダーなどに愛用されてます。

まとめ

今回は、海外FX業者ごとのレバレッジ比較や、レバレッジのメリット・デメリット、そして業者の選び方などについて見てきました。海外FXの高いレバレッジには大きな魅力がありますが、ゼロカットや約定力など、関連する要素と合わせて見ていくことが重要です。

海外FX業者選ぶ際には、今回お伝えしたレバレッジの考え方や注意点などを、是非参考にしてみてください。

海外FX レバレッジ - よくある質問(FAQ)

海外FXのレバレッジについての「よくある質問」をFAQ形式でまとめています。


  1. いいえ、全ての海外FX業者がゼロカットシステムを採用しているとは限りません。FXDD(エフエックス DD)のように一定の証拠金維持率を下回ると発動する強制ロスカットシステムは導入しているが、追証ありのシステムを採用している海外FX業者もあります。

    続きを読む

  2. レバレッジが高いほど、資金効率良く利益を上げることができますが、資金不足によるロスカットのリスクは高まります。また、急激な相場変動によるロスカットも考えられますが、追証のない海外FX業者での取引であれば損失は証拠金のみでリスクを最低限に抑えることができます。

    続きを読む

  3. レバレッジは、基本的には固定ですが、お客様の口座残高や、取引する通貨ペアによって制限される場合がございます。口座残高による制限の場合、口座残高が各海外FX業者の定める上限を上回ると、レバレッジが引き下げられますので、ご注意ください。

    続きを読む

  4. XM Trading(エックス エム)では、最大888倍という海外FX業者の中でも特に高いレバレッジを提供しています。高いレバレッジを含め、XMが提供するサービスへの人気や信頼性は高く、海外FX業者人気ランキングでも常に上位に位置するブローカーです。

    続きを読む

  5. はい、問題ございません。日本人が海外FXを利用することは違法ではなく、罰則等を課せられることはございません。但し、海外FXで得た利益を申告せず、脱税とみなされた場合は、重加算税に加え、悪質な場合は刑事罰の対象になりますので、利益の申告を忘れないようご注意ください。

    続きを読む

海外FX業者の選び方

Updated最終更新:
enokoro
筆者:enokoro

2016年からFXを始め、開始当時から海外FX口座を利用しています。現在メインで使っているのは、XMとTitanFX。実戦経験も交えながら、分かりやすく海外FXの情報をお伝えします。

伊藤亮太

監修者:伊藤亮太

ファイナンシャルプランナー

当社監修者兼ファイナンシャルプランナー

FXに関する知見が豊富なファイナンシャルプランナー

<プロフィール>

慶應義塾大学大学院商学研究科経営学・会計学専攻修了。在学中にCFPを取得する。その後、証券会社にて営業、経営企画、社長秘書、投資銀行業務に携わる。FX事業の立ち上げにも参画した経験あり。
2007年11月に「スキラージャパン株式会社」を設立。現在、富裕層個人の資産設計を中心としたマネー・ライフプランの提案・策定・サポート等を行う傍ら、資産運用に関連するセミナー講師や講演を多数行う。著書も多数あり。

当社の「海外FXの基礎知識」に掲載の情報は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。

なお、この情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社(FXplus)が独自に制作したものであり、当サイトに掲載されているデーターの無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、当社までご連絡ください。

もっとみる

コラム・ニュース

海外FXの特集記事

海外FX業者

人気ランキング

  • 1

    xem

    4.48
  • 2

    tfx

    4.40
  • 3

    exn

    4.38
  • 4

    gem

    4.33
  • 5

    mil

    4.08

海外FX業者 人気ランキング >

当サイト限定

開催中のキャンペーン情報

開催中のキャンペーン一覧 >

メニューを閉じる