海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

初心者が知っておきたいFXの基本!レバレッジの仕組み

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
UPDATE2018.08.27

FXに関する基礎知識

初心者が知っておきたいFXの基本!レバレッジの仕組み

FX初心者は、FX取引に関する基本的なことについて、しっかり理解して取引することが大切です。基本事項がわからないで取引を続けていると、大きな損失を被ってしまう可能性が高いです。FX投資を続けていくためにも、取引の基本を知らないことによる損失は避ける必要があります。そこで、FX取引の特徴であり基本でもあるレバレッジについて、その仕組みとメリット・デメリット、国内FXと海外FXの最大レバレッジの違いなどについてお伝えします。

FXのレバレッジの仕組みとは?

てこの原理と同じ?拠出金の何倍もの取引が可能

レバレッジとは『てこの原理』という意味で、小さな力で大きなものを動かすことをいいます。FXにおけるレバレッジは、FX会社に拠出した証拠金の何倍もの取引ができることを指します。

例えば、投資可能な自己資金が1万円だった場合、一般的な金融商品に対する投資であれば1万円の取引しかできません。しかし、FXでは1万円の自己資金を証拠金として拠出し、10倍の倍率でレバレッジをかけることによって10万円分の取引ができるのです。

その後、予想した方向に為替相場が10%動いたとすると、10万円の10%である1万円の為替差益が生じます。この利益を確定すれば、証拠金1万円と為替差益1万円を手にできます。取引を終了して損益を確定する場合は、反対売買することになっています。為替相場が予想外の方向に変動すれば為替差損が発生します。

レバレッジをかけた場合の損益計算

レバレッジをかける場合は、証拠金の金額とレバレッジの倍率、そして為替相場の変動率によって損益が変わってきます。そのため、レバレッジをかけた取引を始める前に、損益計算ができるようにしておく必要があるでしょう。

レバレッジの仕組み

例えば、1万円の証拠金で25倍のレバレッジをかけた場合、25万円の取引が可能になります。ここで為替レートが4%変動するとちょうど1万円の損益が発生することになり、利益であれば投資資金である証拠金が倍になる、損失であれば証拠金を全額失うことになります。

つまり、レバレッジの倍率分、取引金額も損益金額も増幅されることになるのです。証拠金の金額を100%とすると、証拠金と同額の損益が発生する場合の為替レートの変動率は、100%をレバレッジ倍率で割ったものになります。25倍の倍率であれば4%、10倍であれば10%です。この関係がわかっていれば、損益管理ができるはずです。

国内FXにはレバレッジ倍率最大25倍の規制がある

レバレッジの倍率は何倍でもかけて良いというわけではありません。国内FXでは最大25倍に規制されています。

過去には200倍など、25倍を大きく上回るレバレッジをかけることができましたが、レバレッジの仕組みとリスクを十分理解せずに取引をしていた人が多額の損失を出したことなどがきっかけで、個人投資家が過大なリスクに直面することがないように保護することを目的としてハイレバレッジに対する規制が強まりました。

段階的に最大100倍まで、最大50倍までと規制が強まってきて、最終的に最大25倍までに規制されるに至っています。

FXのレバレッジのメリット・デメリット

メリットは少額投資で大きな利益が狙えること

FXでレバレッジをかけた取引を行うことのメリットは2つあります。

ひとつ目は、自己資金が少額であったとしてもFX投資ができることです。10万円の取引をする場合、レバレッジ10倍であれば1万円、25倍のレバレッジをかける場合は4千円あれば取引可能になります。

レバレッジの仕組み

2つ目は、リターンを大きくできることです。例えば、一般的な外貨建て投資の場合、為替レートが有利な方向に10%変動すれば、手数料などを除いた利益率は10%ということになります。しかし、FX取引でレバレッジを10倍にすれば利益率は100%、つまり証拠金と同額の利益が得られることになります。レバレッジを25倍にすれば利益率は250%になります。

ほんの少しの為替レートの変動でも、利益率はレバレッジをかけることで増幅されますので、大きな利益が狙えることがメリットといえるでしょう。

デメリットはリターンが大きい分リスクも大きいこと

一方、レバレッジをかけることによるデメリットもあります。デメリットは大きな損失を被る可能性があることです。

リスクとリターンは常に相反する関係にあります。大きなリターンを追求すればリスクも大きくなってしまいますし、リスクを抑えようとするとリターンも小さくなってしまうという関係です。大きなリターンが狙えることがレバレッジのメリットですが、倍率を上げて大きなリターンを狙えば狙うほど、大きな損失を被るリスクも拡大することになります。

例えば、証拠金1万円でレバレッジ1倍の場合は、為替レートが損失の方向に10%変動すると1千円の損失となり利益率はマイナス10%ですが、レバレッジを25倍にしていたとすると損失は25倍の2万5千円となり、利益率はマイナス250%と大きなものになってしまいます。

海外FXのレバレッジの特徴

レバレッジ倍率が大きく少額の拠出金で大きな取引可能

国内FXはレバレッジの最大倍率が25倍までに規制されていますが、海外FX会社には日本の規制は及ばず、海外FXでは日本とは比較にならない倍率のレバレッジをかけることが可能です。

最大数百倍のレバレッジが一般的で、海外FX会社によっては千倍を超えるレバレッジがかけられる場合もあります。そのため、海外FXには、ごく少額の証拠金であっても大きな取引を行って、多額の利益を手にできる可能性があるという特徴があります。

仮に250倍のレバレッジをかける場合、日本の最大レバレッジである25倍のさらに10倍ということになりますので、よりハイリスクハイリターン取引になります。

ゼロカットで証拠金以上の損失リスクを回避できる

海外FXは25倍を大きく超えるレバレッジがかけられる点に魅力を感じたとしても、その分損失も大きくなるリスクが増えることになるため、海外FXに不安を感じている人もいるかもしれません。しかし、海外FXにはリスクを限定できる強力な仕組みがセットされています。それがゼロカットシステムです。

レバレッジの仕組み

ゼロカットとは、取引中に発生している損失額が証拠金の額を超えた場合、強制的に損失額を証拠金と同額として確定して取引を強制終了する仕組みです。ゼロカットシステムのおかげで、少なくとも証拠金を上回る損失を被るリスクは回避できることになります。

国内FXの場合にもロスカットという似たような仕組みがありますが、相場が混乱した場合などは上手く機能しなかったこともありました。海外FXのゼロカットシステムのほうが安全性は高いといわれています。

ハイレバレッジ取引で大きなリターンを狙って海外FXに挑戦しよう

レバレッジはFX取引の大きな特徴です。少額投資で大きなリターンが狙えることがFX投資の魅力です。

ただし、大きなリターンを狙うとリスクも大きくなることは避けられません。そのため、レバレッジをかける取引はハイリスクハイリターンだといわれています。しかし、海外FXであればリスク側はゼロカットシステムで限定し、リターン側はハイレバレッジで大きな利益を追求することが可能になります。

国内では最大25倍に規制されているレバレッジを100倍、1000倍とかけてみたい人は、ゼロカットを上手く活用してリスクを抑えながら海外FXに挑戦することをおすすめします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE作成日:

メニューを閉じる