海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

海外FXの基礎知識

海外FXの入金にデビットカードを使うメリット

伊藤亮太

監修者:伊藤亮太

ファイナンシャルプランナー

当社監修者兼ファイナンシャルプランナー

FXに関する知見が豊富なファイナンシャルプランナー

<プロフィール>

慶應義塾大学大学院商学研究科経営学・会計学専攻修了。在学中にCFPを取得する。その後、証券会社にて営業、経営企画、社長秘書、投資銀行業務に携わる。FX事業の立ち上げにも参画した経験あり。
2007年11月に「スキラージャパン株式会社」を設立。現在、富裕層個人の資産設計を中心としたマネー・ライフプランの提案・策定・サポート等を行う傍ら、資産運用に関連するセミナー講師や講演を多数行う。著書も多数あり。

海外FXの入金にデビットカードを使うメリット

海外FXの入金方法

Updated最終更新:

デビットカードも海外FXの入金に利用できる!カード不正利用が心配な人におすすめ

海外FXを勉強し始めた人にとって、入金方法は悩みの種の1つではないでしょうか。海外FXには色々な入金方法があるので、どの方法が自分に合っているのかは、なかなか分かりにくいものです。

オンラインショッピングが当たり前の今、クレジットカードやデビットカードを持っている人は少なくありません。海外FXでもカード入金は便利な方法ですが、クレジットカードを使うとなると、使いすぎや不正利用を心配に思う方もいるでしょう。

そこで注目したいのが、デビットカードの存在です。デビットカードでは、銀行口座に入金した金額のみが利用枠として使用でき、カードで決済を行うと利用分が即時引き落とされます。後払いのクレジットカードと違って使いすぎてしまう心配が少なく、使うときだけ口座に入金すれば不正利用の心配もないため、資金管理の面で安心した取引を望む人には、おすすめしたい入金方法です。

クレジットカードとデビットカードの違い

クレジットカードとデビットカードの違い

今回は、海外FXでデビットカードを利用する場合のメリットや、利用可能な海外FX業者、さらに入金・出金の仕組みや入金できない場合の対処法について、詳しく解説していきます。

この記事のポイント

海外FXでは、手軽にできるクレジットカード入金は人気の入金方法です。しかし、使いすぎや不正利用が心配なため、クレジットカード入金を利用したくないと感じる方もいます。そうした方には、クレジットカードと同じ感覚で利用できるデビットカードがおすすめです。この記事では、クレジットカードとデビットカードの違いにも注目して解説します。

この記事はこんな方におすすめします

  1. クレジットカードとデビットカードの違いを知りたい

  2. 海外FX業者で利用できるカードブランドを知りたい

  3. デビットカードの入金・出金の仕組みを知りたい

【クレジットカードと比較】デビットカードのメリット

最初に、デビットカードの概要から見ていきましょう。クレジットカードとデビットカードの違い、そして、クレジットカードと比べた場合のデビットカードのメリットを紹介します。


クレジットカードとデビットカードの違い

クレジットカードとデビットカードの大きな違いは、利用額の支払い方法にあります。

クレジットカードとデビットカードの支払い方法の違い

クレジットカードユーザーが利用した時点では支払いは発生せず、カード会社が一旦立て替えます。決められた期間内の利用額をまとめて後払いする形です。
デビットカードカードと銀行口座が直結しています。ユーザーが支払いに利用すると同時に、利用額が口座から引き落とされます。
クレジットカード
ユーザーが利用した時点では支払いは発生せず、カード会社が一旦立て替えます。決められた期間内の利用額をまとめて後払いする形です。
デビットカード
カードと銀行口座が直結しています。ユーザーが支払いに利用すると同時に、利用額が口座から引き落とされます。

クレジットカードとデビットカードの支払い方法の違い

クレジットカードとデビットカードの支払い方法の違い

デビットカードでは、支払い金額は銀行口座から即時引き落とされます。口座残高がなければカードの利用自体ができないため、口座にお金を入れておかなければ、万一の際も不正利用される心配がないということになりますね。

クレジットカード番号を海外FXに登録することに抵抗を感じる場合でも、デビットカードの場合は対応策がある分、安心して使えるのではないでしょうか。

支払い方法が違うことにより、カードによる入金限度額も、クレジットカードとデビットカードで異なります。

カード入金の限度額

クレジット
カード
ショッピング枠の限度額
デビット
カード
銀行口座の預金残高

一旦カード会社が支払いを立て替えるクレジットカードは、「信用取引」に当たります。このため、カードの利用には、利用者の年収などに応じた限度額が設定されています。

一方、デビットは既に入金した銀行口座からの引き落としになるため、信用取引ではありません。このため、基本的には、引き落とされる銀行口座にある残高がカード入金の限度額となります。

厳密に言えば、デビットカードにも利用の限度額は設定されているのですが、アプリや会員サイトから簡単に変更でき、上限も1日当たり500万円など、クレジットカードと比較すると大幅に制限の緩い限度額となっています。


デビットカードのメリット

デビットカードのメリットをまとめました。デビットカードには、クレジットカードと同じように利用できるというメリットに加えて、デビットカードならではのメリットもあります。

メリット

海外FX業者に即時入金可能

デビットカードのメリットは、クレジットカードと同じように、海外FX業者に即時入金が可能な点です。現在多くの海外FX業者でクレジットカード/デビットカード入金は、即時入金が可能となっています。

証拠金維持率が下がってしまったときや、すぐにトレードを開始したいときに、即時入金に対応している入金方法は非常に便利です。

メリット

お金を管理しながら使うことができる

クレジットカードは、カード会社が定めた限度額の範囲で支払うことができます。手元にない金額を扱える便利さはありますが、FXの支払いの場合は、使い過ぎてしまうかも知れないなどの不安がありますよね。

それに対してデビットカードは、支払いは銀行口座に直結しているので、手元にないお金を使い過ぎると言う心配はありません。口座に入れておく金額も自分自身で調整できるため、資金管理がしやすいと言えます。

メリット

限度額の制限が緩く、預金残高を利用限度額にできる

クレジットカードの利用限度額は、年収等に応じてカード会社の審査により決められますが、デビットカードの場合、利用限度額の制限が緩く、預金残高を利用限度額とすることができます。利用限度額を自分で決めることができるということですね。

FXを始めたばかりの人が、お金を使いすぎないように調整する場合にも便利ですが、FXで稼げるようになって、大きめの入金をしたい場合にも、利用限度額を自分で決められることはメリットになります。

メリット

借金をしないで現金感覚で支払いが可能

クレジットカードで海外FXに入金する場合は、一旦はカード会社に支払ってもらって、後で清算する形になります。しかし、借りたお金で投資をするのは気が進まないという人も多いのではないでしょうか。

それに対してデビットカードの場合は、入金額の支払いは銀行口座から即時引き落としとなるため、自分の財布から直接現金払いをしている感覚に近いです。

FXでは、お金が増えることもあれば、減ってしまうこともあります。もしクレジットカードで入金したFX口座の残高が減ってしまった場合、失ったお金に対する支払いが後日待っていると思うと、何とも切ないですよね。同じカード払いでも、クレジットカードよりデビットカードの方が、心理的な納得感は大きいのではないでしょうか。

提携7社で利用可能なクレジットカード/デビットカードのブランドを解説

ここからは、各海外FXで利用できるクレジットカード/デビットカードについて紹介します。デビットカードは、各海外FX業者が対応しているクレジットカードと同じブランドが利用できます。Titan FX(タイタン FX)など、入金方法として「クレジットカード」としか記載されていないFX業者もありますが、デビットカードでも問題なく利用できます。

また、各海外FX業者に直接入金するのではなく、一旦カードでオンラインウォレットに入金し、そこから海外FX業者に入金する方法もあります。

海外FX業者ごとのカードブランドやオンラインウォレットの対応状況、おすすめのカードブランドについて見ていきましょう。


提携7社で利用可能なカードブランド一覧

当サイトと提携する海外FX業者7社でのクレジットカード/デビットカードの対応状況を一覧にまとめました。

海外FX業者のカードブランド対応状況

全ての業者でVISAが利用できるのが特徴です。また、VISAに加えて、JCBかmastercardのどちらか、またはその両方が使える業者が多いですね。

例外的に、Titan FXはAMEXも利用できますが、AMEXやDinersなどの高級カードブランドは、海外FX業者への入金に利用できることはほとんどありません。これらのカードを利用したい場合、オンラインウォレット経由でのカード入金という方法もあります。


オンラインウォレット経由でのカード入金も可能

海外FXでクレジットカード/デビットカードを使う方法としては、直接入金と間接入金の2通りがあります。

直接入金とは、入金の際に海外FX業者のサイトでカード情報を入力し、その場で決済する方法です。一方、間接入金とは、bitwallet(ビットウォレット)などのオンラインウォレットに一度入金し、そのオンラインウォレット口座から海外FXの取引口座へ入金する方法です。

海外FX大手のXMTrading(エックス エム)で説明すると、直接入金の場合はXMの公式サイト経由でカード決済を行いますが、間接入金の場合は、XMが提携する3つのオンラインウォレット業者(bitwallet、STICPAY、BXONE Wallet)のどれかでカード決済を行います。

間接入金の場合、オンラインウォレット事業者の手数料がかかってしまう場合がありますので、基本的には直接入金をおすすめします。しかし、オンラインウォレット経由でカード入金を行うと、各海外FX業者が対応しているカードブランド以外のブランドも利用できるというメリットがあります。

オンラインウォレット経由でのカード入金

オンラインウォレット経由でのカード入金

海外FXでは、bitwallet、STICPAY(スティックペイ)、BXONE Wallet(ビーエックスワン)の3つのオンラインウォレットがよく利用されますが、各オンラインウォレットが対応しているカードブランドと、それぞれのオンラインウォレットが利用できる海外FX業者をまとめました。

オンラインウォレットに入金できるカードブランド

オンラインウォレットクレジットカード
/デビットカード
bitwallet
  1. VISA
  2. mastercard
  3. AMEX
  4. JCB
  5. Diners
STICPAY
  1. VISA
  2. mastercard
BXONE Wallet(※)
  1. VISA
  2. mastercard
bitwallet
  1. VISA
  2. mastercard
  3. AMEX
  4. JCB
  5. Diners
STICPAY
  1. VISA
  2. mastercard
BXONE Wallet(※)
  1. VISA
  2. mastercard

BXONE Walletの場合、クレジットカード/デビットカード入金は仮想通貨を購入する形で行います。

海外FX業者のオンラインウォレット対応

 bit
wallet
STIC
PAY
BXONE Wallet
XM可能可能可能
Titan FX可能可能不可
Bigboss可能不可可能
TradersTrust可能不可不可
Tradeview可能不可不可
IFC Markets可能不可不可
FXDD可能不可不可

海外FXのオンラインウォレットとしては、bitwalletが最も提携業者が多いです。但し、bitwalletはカード入金の手数料が8~8.5%と高いのがデメリットです。カード入金手数料はSTICPAYの方が安く、3.85%の手数料で利用できます。

編集部

編集部の
コメント

海外FX業者が対応しているカードブランドであっても、ご利用のカード会社が海外FX業者への支払いを拒否しているなどの原因により、カード入金に利用できない場合もあります。カード会社に連絡すると利用できるように設定してもらえる場合もありますが、残念ながら入金に利用できない場合もあります。オンラインウォレットを経由したカード入金は、こうした場合にも利用できます。


海外FXにおすすめのデビットカード

VISAのクレジットカード/デビットカードは、多くの海外FX業者が対応しているため、最もおすすめのカードブランドになります。VISAに次いで、mastercardも多くの海外FX業者が対応しており、使いやすいカードブランドと言えます。

特にデビットカードの場合は、クレジットカードのような審査がなく、銀行口座を開設して申請すればすぐに発行されます。もしまだデビットカードを持っていない場合や、海外FX専用にカードを作りたい場合は、VISAブランドのデビットカードがおすすめです。

ジャパンネット銀行、楽天銀行などの場合は、オンラインで手続きが可能なので、日中お勤めで時間のない人にとっても、カードの発行がしやすいですね。

注意しなければいけないのは、入金する海外FX業者で利用できるブランドのデビットカードであっても、カードを発行した金融機関が海外FXへの入金に制限をかけているなどの理由により、利用できない場合があることです。例えば、ソニー銀行のデビットカードでは、海外FX大手のXMTrading(エックス エム)に入金できません。

利用できるかどうかは、カードブランドに関わらず、カードを発行した金融機関の方針と入金先の海外FX業者によりますので、一概には言えませんが、カードブランドが対応しているデビットカードでも入金できないケースがあるということは覚えておくと良いでしょう。

デビットカードでの入金・出金の仕組みを解説

続いて、海外FX業者へデビットカードでの入金・出金の仕組みを解説していきます。入金についてはクレジットカードと同じ仕組みでの入金が可能ですが、出金では違いが出てきます。


入金の仕組み

クレジットカードとデビットカードの入金の違いは、「1-1. クレジットカードとデビットカードの違い」で解説した通り、入金限度額の違いのみで、同じように利用できます。

海外FX業者へのクレジットカード/デビットカード入金は、カード情報と入金額を入力して決済する流れで行います。

基本的には、オンラインショッピングでの支払い手続きに似ていると考えていただいて大丈夫ですが、海外FX業者によっては、使用するカードの本人確認として、番号を一部伏せたカードの券面画像を事前に登録することを求められる場合があります。

Titan FXでのクレジットカード/デビットカードの事前登録

例えば、Titan FX(タイタン FX)では、このようにカード番号の下4桁以外を隠したカード画像を事前に提出する必要があります。海外FXでは、高額の入出金を行う場合もあるため、通常のショッピングでの利用と比較すると、不正使用防止などの目的で厳しいセキュリティ対応を行っている海外FX業者があるのです。

クレジットカード/デビットカードで入金した場合、ほとんどの海外FX業者で即時に取引口座に反映され、さらに入金手数料は無料です。銀行送金の場合は、営業時間外や土日祝日は入金できませんが、カード入金であればいつでも入金に対応している海外FX業者が多いのはメリットです。素早く手軽に入金する手段として、クレジットカード/デビットカードは最適でしょう。


出金の仕組み

出金は返金処理により行われる

海外FX業者でのクレジットカード/デビットカードでの出金は、実際はカード利用をキャンセルした「返金」と言う形になります。

クレジットカードでは、カード利用料金の支払いがまだ行われていない場合は次の月の支払い予定額から減額され、既に支払いを行っていた場合はカード会社が銀行口座に振り込む形で返金が行われます。

一方、デビットカードは、カード利用料金は即時銀行口座から引き落とされているため、支払い予定額からの減額ではなく、カード会社が銀行口座に振り込む形での返金となります。

クレジットカード/デビットカードでの出金には、海外FX業者からカード会社へ出金処理が行う時間(1~数営業日)と、カード会社が返金処理を行う時間(1~数十営業日)がかかりますので、資金が手元に届くまでには時間がかかる可能性があります。

カード会社からの返金は、クレジットカードの場合、次の支払い予定日にまとめて行われる場合が多いですが、デビットカードの場合は海外FX業者からカード利用のキャンセル情報が届いた段階ですぐに返金を行うカード会社もあります。但し、カードの返金がいつ行われるかはカード会社によって異なるため、場合によっては数十営業日かかってしまう可能性もあり、出金スピ―ドの面では使いづらい出金方法となります。

返金がいつ行われるかは、ご利用のカード会社に問い合わせてみましょう。

出金できるのは入金した金額まで

クレジットカード/デビットカードでの出金は、返金の形で行われるため、出金できる金額の上限は、入金した金額までという特徴があります。

例えば、クレジットカード/デビットカードを使って10万円入金し、5万円の利益が発生。証拠金の残高が15万円になった場合、入金した10万円は、クレジットカード/デビットカードへ出金し、利益分の5万円はクレジットカード/デビットカード以外の方法で引出しすることになります。

例)クレジットカード/デビットカードで、「10万円」入金し、「5万円」の利益が発生した場合(合計残高:「15万円」)

【残高】

15万円の出金

 入金出金
クレジットカード
/デビットカード
10万円10万円
その他の方法
による出金
-5万円

出金方法が分かれるのが面倒だから、残高をまとめて1つの方法で出金してしまいたいと思われるかもしれません。しかし、クレジットカード/デビットカードでの出金は、返金処理で行われるため、利益分は出金できないというルールです。

但し、これには例外があります。カードで入金した場合、一定期間が経過するとショッピング履歴によるキャンセル処理ができなくなります。その場合は、海外銀行送金やオンラインウォレットなどの別の方法での出金が可能です。

デビットカードで入金できない原因と対処法

ネット上には、デビットカードによる入金ができない、失敗するなどの口コミが見られる場合がありますね。最後に、カード入金できない場合の原因と対処法について確認しましょう。


対応していないカードブランドを使った場合

海外FX業者によって、対応しているカードブランドには違いがあります。VISAは多くのブローカーが対応していますが、mastercardやJCBに対応しているところは少ないなどの違いですね。当然のことですが、対応していないブランドのカードでは、入金することができません。

また、デビットカードにはVISAなどの国際カードブランドが付いたものの他に、「ジェイデビットカード(J-Debit)」と言う、銀行のキャッシュカードにデビットカードの機能が付いたものがあります。ジェイデビットカードの場合は、日常的な買い物には使えますが、海外FXでの入金には使えませんので、ご注意ください。


利用可能な残高がない場合

デビットカードの場合は預金残高、クレジットカードの場合はショッピング枠が、入金額より少ない場合も入金はできません。ただしデビットカードの場合は、銀行口座に入金することで簡単に解決可能です。

海外FXへのカード入金で失敗する場合は、こうした初歩的なミスがほとんどだと言われていますので、よく注意したいですね。


カード会社の判断により、海外FX業者への入金ができない場合

利用する海外FX業者によっては、カード会社の判断により、カードの利用ができない場合があります。利用制限の理由としては、海外FX業者が日本の金融ライセンスを持っていないなどの理由があります。

VISAなど同じカードブランドのクレジットカード/デビットカードでも、カード発行会社はそれぞれ異なります。海外FX業者の利用ができるかどうかは、カード会社の判断によります。

また、同じカードでも、ある海外FX業者では使えないけど、別のFX業者では使えるということは珍しくありません。また今までは使えなかった海外FX業者でも、数ヶ月後には利用できるようになっているという場合もあるようです。利用できなかったカードも、他の海外FX業者で試したり、日を置いて試してみるなどの対処法があるでしょう。

お持ちのカードが利用できなかった場合は、別のカードを用意したり、オンラインウォレット経由でカード入金したりするなどの対応を検討しましょう。


ネット回線が不安定の場合

カード決済の際にネット回線が不安定だと、一時的にカード利用ができない場合があります。その場合はインターネットの接続状況を確認して、接続状況が改善されたら再度入金手続きをしてみると良いでしょう。

まとめ

今回は、海外FXでのデビットカード利用のメリットや対応業者、注意点などについてご紹介してきました。

デビットカードは銀行口座からの即時引き落としなので、口座残高を調整することで、お金を使い過ぎることなく資金管理がし 益分については、主に海外銀行送金などの別の出金方法を利用することになります。

海外FXへの入金でデビットカードの利用を考えている方は、是非このページを参考にしてみてください。

海外FX デビットカード - よくある質問(FAQ)

海外FXのデビットカードについての「よくある質問」をFAQ形式でまとめています。


  1. 日本で知名度の無いFX業者であっても、海外では非常に信頼度が高い業者が多く存在します。しかし、中には営業状態や運営方法に疑問がある業者もありますので、正しい情報をもとに、安心して利用できる海外FX業者を選定することが重要です。

    続きを読む

  2. デビットカードによる出金は、海外FX口座への入金をキャンセルする形となり、カード利用がキャンセルされた場合の返金と同様の手続きになります。海外FX業者にて出金手続きを行い、その後カード会社にて返金処理が行われ、カードと紐づいている銀行口座に出金額が着金します。

    続きを読む

  3. いいえ、マネーロンダリング等の不正を防ぐため、第三者のカードはもちろん、家族カードまたは配偶者名義のカードであっても利用することはできません。海外FXの入出金に利用するクレジットカード/デビットカードの名義は、取引口座の名義と一致している必要がございます。

    続きを読む

  4. 海外FXの入金方法は、クレジットカードやオンラインウォレット、国内・海外銀行送金など、国内FXと比べて多様です。即時入金サービスを提供しているブローカーもあります。通常はいくつかの入金方法が選べますので、便利さ・条件等を比較してお好みの方法で入金できます。

    続きを読む

  5. いいえ、利益分はご入金時に利用したデビットカードへ出金することはできません。デビットカードへのご出金は、ご入金された累計金額までが上限となりますので、利益分は銀行送金やオンラインウォレットなど、各海外FX業者の提供しているその他出金方法をご利用ください。

    続きを読む

  6. 海外FXの口座へ、デビットカードで入金する時に入力するCVV(Card Verification Value)は、カード裏面の署名欄右上に記載された3桁の数字になります。3桁以上の数字が記載されている場合は、右側3桁の数字をご利用下さい。

    続きを読む

  7. いいえ、デビットカードへの出金は、即時反映されません。海外FX業者側での出金手続きは通常1営業日以内に行われますが、その後カード会社側で返金手続きを行うため、実際にお客様のお手元に資金が届くまでに、お時間がかかる場合がございます。

    続きを読む

海外FXの入金方法

Updated最終更新:
enokoro
筆者:enokoro

2016年からFXを始め、開始当時から海外FX口座を利用しています。現在メインで使っているのは、XMとTitanFX。実戦経験も交えながら、分かりやすく海外FXの情報をお伝えします。

伊藤亮太

監修者:伊藤亮太

ファイナンシャルプランナー

当社監修者兼ファイナンシャルプランナー

FXに関する知見が豊富なファイナンシャルプランナー

<プロフィール>

慶應義塾大学大学院商学研究科経営学・会計学専攻修了。在学中にCFPを取得する。その後、証券会社にて営業、経営企画、社長秘書、投資銀行業務に携わる。FX事業の立ち上げにも参画した経験あり。
2007年11月に「スキラージャパン株式会社」を設立。現在、富裕層個人の資産設計を中心としたマネー・ライフプランの提案・策定・サポート等を行う傍ら、資産運用に関連するセミナー講師や講演を多数行う。著書も多数あり。

当社の「海外FXの基礎知識」に掲載の情報は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。

なお、この情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社(FXplus)が独自に制作したものであり、当サイトに掲載されているデーターの無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、当社までご連絡ください。

もっとみる

コラム・ブログ

海外FXの特集記事

海外FX業者

人気ランキング

  • 1

    xem

    4.00
  • 2

    tfx

    3.80
  • 2

    exn

    3.80
  • 4

    fxg

    3.60
  • 5

    mil

    3.50

海外FX業者 人気ランキング >

当サイト限定

開催中のキャンペーン情報

開催中のキャンペーン一覧 >

メニューを閉じる