海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

初心者でも簡単!海外FXでコピートレード

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
DATE2019.10.08

海外FX初心者のお役立ち情報

初心者でも簡単!海外FXでコピートレード

「海外FXを始めたいけれど、チャートを見るのは難しそうだし、為替動向を分析するのは厳しそう」。こんな風に思っている人は多いのではないでしょうか。実際にチャートを監視したり、世界経済の動きを予想したりして海外FX取引をするのは、ある程度の経験が必要で、始めてすぐには難しい作業です。そんな時に役立つのは、コピートレードと呼ばれる取引手法です。海外FXの取引手法は大きく分けると「自分で取引をする」か「システムや第三者に委託する」かの二つになります。コピートレードは「システムや第三者に委託する」に分類でき、プロのトレーダーの取引をそっくりそのまま真似する手法です。取引を真似するので、海外FXを始めたばかりの初心者でもプロと同じタイミングで為替売買を行い、同程度の運用益を出すことも可能です。今回は、そんな海外FX初心者にとって魅力的な取引手法でもあるコピートレードについて紹介します。

コピートレードとは

コピートレードとは、海外FXにおける自動売買システムの一つです。文字通りプロのトレーダーと同じ取引をコピーして行い、利用者はスプレッドや得られた利益の中から手数料をコピートレード提供元に支払います。しかし、コピートレードはすべての海外FX業者で行えるわけではなく、コピートレードに対応している海外FX業者を選ばなくてはなりません。

初心者でも簡単!海外FXでコピートレード

海外FXにおけるコピートレードの仕組み

コピートレードでは、ストラテジープロバイダーと呼ばれるコピートレード提供元のトレーダーの運用をそっくり真似します。トレーダー(コピーする側)は一度コピーする環境を整えれば、コピーの期間中は取引の経過を見守るだけで、特別な操作は必要ありません。トレーダーはコピートレードによって利益が出た場合、その利益の数%〜十数%を手数料として支払うほか、月額利用料などがかかるケースもあります。トレーダー側はプロと同じ運用で利益が期待できるメリットがあり、ストラテジープロバイダー側はトレーダーからの手数料収入を得られるというメリットがあります。

どのストラテジープロバイダーを選ぶのかは、損益に直結するので非常に大切です。利益率やコピーしているトレーダーの人数、利益が出た際の手数料といった公開されている情報を基に判断しましょう。コピートレードはいつでもやめることができますが、残高が設定した金額を下回ったら中止するなどあらかじめ中止する条件を設定することもできます。

国内FX業者ではほとんど利用されず

海外FX業者では取引手法の一つとして定着していますが、国内FX業者ではほとんど認められていません。その理由は金融庁が、投資や金融商品の購入に関する助言や代理での購入に対して、規制を強化し監視を強めていることが関連しています。

海外FXにおけるコピートレードのメリット

コピートレードは、特に海外FX初心者やFX取引のためにまとまった時間を確保しづらいといった方におすすめできる取引手法です。メリットもあれば当然デメリットもありますので、まずはメリットから見てみましょう。

初心者でもプロトレーダーのような取引が可能に

プロトレーダーのような取引が可能になることがコピートレードをする最大のメリットです。海外FXで安定して利益を出しているストラテジープロバイダーが、それまで蓄積してきた経験やノウハウを駆使した取引をそのまま真似できるので、初心者であってもプロと同じ取引をすることができます。自分の資産がプロによって運用されるのと同じことですので、コピートレードを通して海外FXではプロがどう取引しているのかを勉強することもできます。

初心者でも簡単!海外FXでコピートレード

24時間海外FX取引が可能

プログラムによる自動取引なので、仕事をしている間でも寝ている間でも、すべて自動で海外FX取引が行われ、時間に拘束されることがありません。また、モニターで相場の動きを注視しながら売買のタイミングを図るといった手間も必要ないので、海外FXのためにまとまった時間を確保するのが難しい会社員や子育て中の主婦などに適しています。

コピートレードのデメリット

委託トレーダーへの信頼

コピーをしているプロトレーダーと同じ海外FX取引をしているので、そのトレーダーが損失を出してしまえば、自分も同じように損失を抱えることになります。この事態を回避するためには、トレーダーが開示している運用成績などからそのトレーダーが本当に信頼できるのかどうかを見極めなくてはなりません。少しでも不安を感じたら、コピーを中止して新しいストラテジープロバイダーを探すなどの対策を早めに打ちましょう。

導入コストや運用コスト

コピートレードは無料でできるものではなく、利用するためにはコストがかかります。月額の利用料金や利益の数%〜十数%の手数料といったコストは、自分で取引をする場合には発生しないものなので、コピートレードで得られた利益と利用コストを勘案し、コピートレードを継続するかどうか検討しなければなりません。

海外FXのコピートレードの始め方

では、コピートレードはどのように始めたらいいのでしょうか。まずはコピートレードに対応する海外FX業者の口座を開設し、実際にトレードを行うためのプラットフォームを用意した上で、VPS(仮想専用サーバー)を利用すればより一層安心して取引ができます。

取引プラットフォーム

取引を行うプラットフォームには様々な種類があります。多くの業者は世界的に人気が定着しているMetaTrader4やMetaTrader5、ZuluTradeなどのプラットフォームを採用し自動売買システムやコピートレード機能を提供しています。しかし、業者によっては、自社でプラットフォームを開発しており、同じ環境下でないとストラテジープロバイダーと同じ運用実績があげられない場合もあります。 自分が使い慣れたプラットフォームを採用している業者を選ぶことも重要ですし、選択できるストラテジープロバイダーの数などもプラットフォームによって異なるため、それぞれの良し悪しを見極めなければなりません。また、コピートレードは複雑な面もあるため、日本語対応をしている業者を選ぶと分かりやすいだけでなく、トラブルが発生した際に安心して問い合わせをすることができます。

VPSの導入

VPS(Virtual Private Server)とは、仮想専用サーバーのことで、物理的に専用サーバーを借りるよりは安価に自由度が高いサーバーのことを指します。VPSがないとコピートレードができないわけではありませんが、コピートレードを始めても、回線トラブルや停電などでサーバーが安定しなければ、24時間ずっと取引することができません。VPSは共有サーバーよりもを安定した通信ができるので、仕事中でも就寝中でも安心して海外FXの自動売買を続けられます。

初心者でも簡単!海外FXでコピートレード

まとめ

コピートレードは国内FXでは馴染みが薄いかもしれませんが、海外FXでは一般的な取引手法でプロのトレーダーの取引をそのままコピーできるという点で、海外FX初心者におすすめできる取引方法です。コピーしたストラテジープロバイダーが本当に信用できるのかを見極めることは簡単ではありませんし、プロといえども常に利益をあげられる訳ではありません。しかし、それであっても経験の浅い初心者が自分一人で海外FX取引をするよりも勝率が高くなると言えるでしょう。海外FXを始めたての人にとって有効的な手法ですが、あくまでも他人の取引のコピーです。より多くの利益を狙うのであれば、コピートレードをステップに有効的な取引手法を習得し、自分で取引を行う方向にシフトしたり、より高度な取引をしたりすることを考えてもいいかもしれません。自分に合った方法で、上手にコピートレードを利用して、海外FXのノウハウを習得し利益をあげられるようにしましょう。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ