海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

ThreeTrader(スリートレーダー)

ThreeTraderの禁止事項は?アービトラージ規制の噂を解説

ThreeTraderの禁止事項は?アービトラージ規制の噂を解説

話題のニュース

Updated最終更新:

当ニュース記事は執筆時点の最新情報に基づいて発信しています。現在の最新情報とは異なる場合がありますので、最新情報はこちらよりご確認ください。

ThreeTrader(スリートレーダー)は、2021年に運営を開始した海外FXブローカーです。他の海外FX業者と比較して圧倒的な低取引コストが高い評価を受けており、禁止手法がないと公言していることも注目されています。

しかしながら、禁止手法がないとはいえ、悪質で規約違反となる取引は認められていません。実際にThreeTraderで「アービトラージ」をしたユーザーが規制を受けたことが大きな話題となりましたが、その線引きはどこにあるのでしょうか。

今回は、「レイテンシーアービトラージ」という手法がThreeTraderで禁止されたという話題を例に、公正に取引をするために気をつけておきたいポイントをご紹介していきます。

ThreeTraderでアービトラージのトラブルが話題に

ThreeTraderではアービトラージが禁止されている

ThreeTrader(スリートレーダー)は2021年に運営を開始した新興ブローカーですが、圧倒的な低取引コストで瞬く間に日本人トレーダーから人気になりました。

優れた取引環境と独自のポイントシステム、そして「禁止手法はない」という特徴から、中上級者のトレーダーを中心に高い評価を得ています。

禁止手法について、ThreeTraderは公式ホームページで以下のように記述しています。

ThreeTrader公式ホームページの記述

ThreeTraderは、皆様の取引を妨げるような規則をそもそも設けていません。取引はむしろ促進していただけるよう尽力しています。お客様が高速スキャルピングEA(エキスパートアドバイザー)によって制限なく取引できるようにし、EA、スキャルピング、高頻度取引を愛用するトレーダーの皆様に優れた取引条件を提供し続けます。

ThreeTrader公式HPより)

しかし、これは基本的な取引手法に関するルールであり、悪質な取引や常軌を逸した取引手法は、規約で明確に禁止されています。最近では「アービトラージ」を実行したトレーダーがアカウントをロックされたことが話題になりました。

ThreeTraderの利用規約を再確認

アービトラージは規約の禁止手法に該当

「アービトラージ」は、ThreeTrader(スリートレーダー)を含むほぼすべての海外FX業者で禁止されています。

アービトラージとは、「複数の市場での価格差を利用して、同じ商品を低い価格で買って高い価格で売って利益を得る方法」です。日本語では「裁定取引」や「さや取り」とも呼ばれています。

アービトラージを簡単に説明すると以下のようになります。

アービトラージの例

  1. ブローカーAの取引価格:25ドル
  2. ブローカーBの取引価格:25.50ドル

この時、ブローカーAで購入してすぐにブローカーBで売却すると50セントの利益が出ます。

アービトラージの種類は様々ですが、価格差を狙うという基本的な構造は同じです。

禁止行為にあたるアービトラージの種類

今回、ThreeTraderでは一部のユーザーが「レイテンシーアービトラージ」という手法を実行して規制を受けました。

アビトラは殆どのブローカーで禁止行為

アービトラージは多くの海外FX業者で禁止されています。誤って行ってしまった場合でも、ブローカーによっては口座の凍結や出金拒否、利益の取り消しといった厳しいペナルティが課されることがあります。

レイテンシーアービトラージを意図的に使用された

「ThreeTrader(スリートレーダー)には禁止手法がない」という言葉を広義にとらえ、アービトラージをしたとあるユーザーの口座がロックされたことが、ネット上で注目されました。

その方が行ったのは、アービトラージの中でも時間のズレによる価格差を狙った「レイテンシーアービトラージ」です。

通貨ペアのレートは、わずかな時間差が生じることがあります。レイテンシーアービトラージは、この時間差による価格のズレを意図的に利用して利益を得る方法です。

ThreeTraderでは、常識的な範囲での取引においては「禁止事項」を定めていませんが、規約違反となるレイテンシーアービトラージは規制の対象になります。

そのため、アービトラージを実行したトレーダーは、ThreeTraderによる対応や措置を受けることとなりました。

対象者の口座をロックして不正に対応

実行したトレーダーは、数日間レイテンシーアービトラージで利益を得ましたが、スリッページが大きくなることが増えて損失が発生したと報告しています。

その後、トレーダーはポジション保有中にThreeTrader(スリートレーダー)によって口座がロックされ、決済ができなくなったと報告しています。サポートに連絡したことで決済は実行できたようですが、規約違反とされる点についてユーザーが納得せず同意しなかったため、その後の出金手続きは進行していない状況のようです。

なおこれについてトレーダーは「VDPという特定の顧客の取引を損失側に操作するツールを使用していた」と主張しましたが、ThreeTrader側はスリッページに対して「意図的に特定の顧客にスリッページを発生させることはできない」と否定しています。

VDPとは?

VDPとは、FX業者がMT4/MT5に導入することで、顧客の利益を減らす操作ができるとされているプラグインです。MT4/MT5会員制サイト内から流出した資料で、その存在が噂として知られるようになりました。VDPでは、「顧客の注文遅延」「非対称スリッページ」「顧客に有利でない方の価格で約定させる」「指標などニュース発表時に予約注文の変更を不可にする」などの機能が備わっているとされています。

ThreeTraderの利用規約を再確認

そもそも今回の「レイテンシーアービトラージ」は、ThreeTrader(スリートレーダー)の規約上でどういった違反に該当するのでしょうか?

ThreeTraderの規約にて該当する項目を一部抜粋しました。

ThreeTraderの規約より抜粋

9.7 価格、執行プロセス、取引プラットフォームの操作について

お客様が当社の価格、当社の執行プロセスまたは当社の取引プラットフォームを操作したと当社が判断した場合、当社は、当社の単独かつ絶対的な裁量で、お客様に通知することなく、取引プラットフォームを操作することができる。

【中略】

価格操作、執行プロセス操作および取引所操作」とは、以下の行為を含むがこれらに限定されない。

(a) マネーロンダリング、裁定取引、市場外の相場での取引、または価格の不一致や価格誤差から利益を得るために、ある市場で金融商品を購入し、別の市場ですぐに転売することを含むその他の活動。

(b) 一人のトレーダーが異なる口座を同時に取引していること。

(c) 内部・外部ヘッジ

(d) 偽のIDを使用すること

(e) 大規模な一方向の取引で取引資本のすべてをリスクにさらすような取引パターン。

(f) 過大なレバレッジの使用

(g) 他の用途と同一の電子的識別点

(h) 入金・出金パターン

(i)他のアカウントホルダーとのコミュニケーション

引用:ThreeTrader利用規約(PDF形式)

まず、ThreeTraderの規約に違反した場合、ThreeTrader側の判断で取引プラットフォームを操作できることが明記されています。そして(a)の文を読んでいただくと、「裁定取引(アービトラージ)」は禁止されていることがわかります。

他にも、ThreeTraderでは、他のアカウントホルダーとのコミュニケーションや過大なレバレッジの使用など、常軌を逸した取引の疑いがある場合は口座に干渉することができるという規約があります。

「禁止手法はない」と明記しているThreeTraderでも、不正取引については厳しく対処していることを改めて認識しておく必要がありそうです。

禁止行為にあたるアービトラージの種類

「レイテンシーアービトラージ」の他にも、「スワップアービトラージ」「3通貨アービトラージ」「ボーナスアービトラージ」といったアービトラージ手法が存在します。

これらの取引を避けるために、3種類のアービトラージについて簡潔に説明します。

スワップアービトラージ

「スワップアービトラージ」は、ブローカーごとに提示されているスワップの差を利用してスワップポイントから利益を得る手法です。

スワップポイントが有利になるように両建てすることによって、「価格差での損失は発生しないが、スワップポイントがプラスになる状態」を作り出して利益を得ます。

スワップポイントとは?

FX取引では、金利の異なる2か国の通貨ペアを取引するため、その金利調整分となる「スワップポイント」が発生します。利用するブローカーにもよりますが、基本的には低金利通貨を売って高金利通貨を買うと利益となり、高金利通貨を売って低金利通貨を買うと損失となります。p>

3通貨アービトラージ

「3通貨アービトラージ」は、3つの異なる通貨間で価格のズレが生じることを狙うアービトラージ手法です。

たとえば、ドル円(USD/JPY)、ユーロドル(EUR/USD)、ユーロ円(EUR/JPY)の3つの通貨ペアを使用して3通貨アービトラージを行う場合、ドル円のレートよりも、ドルからユーロに変えて、ユーロを円にすることで価格が乖離することがあり、その差額を利用します。

ただし、3通貨アービトラージは基本的に発生しないよう対策されており、価格差が起こることは極めて稀です。

ボーナスアービトラージ

「ボーナスアービトラージ」は、ボーナスのあるブローカーで両建てを行いクレジットボーナス分を利益にする手法です。

海外FX業者では、証拠金以上の損失が発生しないゼロカットシステムを採用している事が多くあります。そのため複数口座でボーナスを持ち、両建てすることで、一方ではゼロカットになり損失限定、もう一方では利益となる状況を作り、ノーリスクで利益を得ることができます。

ボーナスアービトラージは特にプログラムなどは必要ありませんが、実行すればすぐに気づかれるため、絶対に行わないようにしましょう。また、高額なボーナスを提供していないThreeTrader(スリートレーダー)ではこの手法を利用することができません。

罰則などの措置はよほど悪質なケースに限る

一般のユーザーにとって、偶然や知らないうちに規約に違反してしまうこともあります。その場合、利益の取り消しや出金拒否をされることを懸念する方もいるでしょう。

しかしThreeTrader(スリートレーダー)では、「取引を行っていると間違えてアービトラージになってしまうこともあり、それについては罰則や利益取り消しなどはない」と発表しています。

不正取引に該当した場合はまず、ThreeTraderからトレーダーに対して警告を行うようです。その時点では出金拒否や利益の取り消しはないので、もし警告を受けたら取引を改めれば問題ありません。

よって、「アービトラージが違反になると知らずに手法としてトレードしていた」といった初心者や知識が不足していたユーザーも、突然口座がロックされるといったことはありません。

一発でアウトなブローカーもありますが、まずは警告を行うThreeTraderはかなり寛容な海外FXブローカーといえます。

ThreeTrader 口座開設ページを開くblank

ThreeTraderは自由度の高いトレードが可能

ThreeTraderでは様々な取引ができる

規約違反は処罰されるThreeTrader(スリートレーダー)ですが、基本的なトレードであればかなり高い自由度があります。ThreeTraderでは、以下のような取引が可能です。

ThreeTraderで出来るトレード

  1. 高速スキャルピング
  2. EAの利用(高頻度取引を含む)
  3. 別口座を使った両建て

サーバーに負担がかかるという理由で禁止されていることも多い高速スキャルピングも容認しています。ThreeTraderは取引コストが低いという利点があるので、スキャルピングを自由にできるのは嬉しいですね。

また、EAの中でも高頻度に取引を行うスキャルピングEAを禁止している海外FX業者は多いですが、ThreeTraderでは問題なく実行可能です。

さらに、通常禁止されている別口座を使った両建てが認められていますので、リスクヘッジに活用できます。

口座間の両建てに注意

口座間の両建ては、両方のブローカーが両建てを容認している必要があります。ThreeTraderが両建てを認めていても、両建て先のブローカーが別口座を使った両建てを禁止している場合、ペナルティを受ける可能性があることにご注意ください。

ThreeTraderのルールを守ってトレードを楽しもう

ThreeTrader(スリートレーダー)では、一般的な取引手法の殆どを容認していますが、多くの海外FX業者で禁止されているアービトラージなどは規約違反となります。

また、わざとシステムの抜け穴などを利用した利益の積み上げや、グループでの取引などの不正取引行為は警告や口座凍結の対象です。

ただし、通常の取引や知らずに行った規約違反については、出金拒否や利益取り消しはないということなのでご安心ください。

ThreeTraderは、「Financial Commission」に加入するなど高い安全性のあるブローカーです。

抜群の取引環境を提供しているThreeTraderで、公正な取引をして利益を積み上げていくことを目指しましょう。

ThreeTrader 口座開設ページを開くblank

話題のニュース

Updated最終更新:
FXplus編集部
筆者:FXplus編集部

海外FXをご利用するにあたり、最新の海外FX人気ランキングや、海外FX業者の無料口座開設代行など、海外FXの初心者でも安心してご利用頂けるコンテンツを提供しています。

FXplusでは、記事に関するご意見・ご感想を受け付けています。
海外FXに関するレアな情報や業界関係者の内部情報などは、ぜひ編集部までお寄せください。
また、定期的に記事を執筆頂けるライターさんも随時募集しています!

問い合わせ先:support@fxplus.com
(大文字@を小文字に変えて送信してください)

当社の「海外FX 業者レビュー」に掲載の情報は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。

なお、この情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社(FXplus)が独自に制作したものであり、当サイトに掲載されているデーターの無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、当社までご連絡ください。

もっとみる

tht

リアル口座開設リアル口座開設

海外FX業者

人気ランキング

  • 1

    xem

    25.50
  • 2

    tfx

    25.00
  • 3

    fxg

    23.50
  • 4

    exn

    23.25
  • 5

    big

    23.00

海外FX業者 人気ランキング >

当サイト限定

開催中のキャンペーン情報

開催中のキャンペーン一覧 >