海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Titan FXのCFD取引ってどう?メリットや主要銘柄を紹介します

安藤光輝

安藤光輝

プロトレーダー

当社ライター兼プロトレーダー

海外FXブローカーを駆使する、現役トレーダー兼ライター

<プロフィール>

20歳から国内FXを開始し、ほとんど全ての資金を失う。その後、独自のブレイクアウト手法を確立し、海外FX専業トレーダーに移行。各海外FXブローカーの特長を利用した取引により生計を立てる。現役トレーダー。FXplusでコラムを担当。

Titan FXのCFD取引ってどう?メリットや主要銘柄を紹介します

FXplus

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

商品・通貨ペア関連

Updated最終更新:

FX通貨ペアのスプレッドが狭いことで有名なTitan FX(タイタン FX)ですが、FX通貨ペア以外にもCFD銘柄のトレードをすることができます。取扱っているCFD銘柄数は比較的少なめですが、世界でも注目されているダウ平均株価や日経平均株価も含まれており、FXと同じ口座でトレードが可能です。

この記事では、Titan FXのCFD取引に注目して、メリットやスプレッド、各CFD銘柄の特徴を紹介していきます。

CFDについて理解しよう

CFDって何?

CFDとは、Contract For Differenceの頭文字をとった言葉で、和訳すると「差金決済取引」となります。差金決済取引とは、価格の変動で利益を狙う投資で、FXもCFD取引の1つです。

FXはCFD取引の中で「通貨ペア」のみを示す言葉ですが、CFDには、通貨ペアの他にも、世界の株価指数(日経平均株価やダウ平均株価)、貴金属(例:金(GOLD))、商品先物(例:原油(Oil))、債券や個別株CFDなどの銘柄も含まれます。単に「CFD」と呼ぶ場合は、一般的にFX通貨ペア以外の銘柄を指します。

CFDの仕組み


FXトレーダーがCFD取引もする理由

FX通貨ペアと株価指数やGOLD(金)などの主要CFDは関連性が非常に深いことで知られています。FX通貨ペアもCFD銘柄も、該当国の経済状況やファンダメンタルズの要素で価格が変動する場合は、とりわけ相関性が高くなります。

例えば、ドル円(USD/JPY)とダウ平均株価のチャートを比較してみると、ダウ平均株価が値下がりすると翌日は円高傾向になる確率が高くなります。これは、ダウ平均株価が下がる⇒ドル安になる⇒リスク回避のため円高に進みやすくなるという流れです。

また、ダウ平均株価が取引されているニューヨーク時間は、FXトレーダーにも人気が高い時間です。ダウ平均株価の動きを見ながら、ドル円のデイトレードをするFXトレーダーも多くいます。相関性が深い通貨ペアとCFD銘柄はどちらかが先に価格変動する可能性があり、双方を監視することによって、利益が出る確率を上げているのです。

世界はCFD取引の方が人気?

イギリスでは、早くも1990年代前半にはCFDに注目が集まっており、現在では金融市場シェアの30%を占めているようです。同様にアメリカでも1997年にCFD取引がスタートしています。

今から20年以上前には、すでにCFD取引の魅力に多くの人が気づいていたということです。

FXと比較すると、CFDの方が、取扱銘柄が多く、人気が集まっていると考えられます。取引量の多いイギリスで30%近くのシェアをCFD取引が占めているということからも、CFD取引の人気の高さが分かりますね。

Titan FXでCFD取引をするメリット

Titan FX(タイタン FX)に限らず、海外FX業者全般のメリットとして、「CFD専用口座を作る必要がなく、FXと同じ口座でトレードできる」という点があります。

日本でも、FX取引とCFD取引の両方を取り扱うFX業者が増えてきましたが、同一業者であってもCFD口座とFX口座を別々に開設する必要があります。資金をそれぞれの口座に入金しなければいけないので、資金効率が悪くなってしまいます。海外FX業者は、FXとCFDを同一口座でトレードできるのが大きなメリットです。

これに加えて、この章ではTitan FX独自のメリットを紹介します。


最大レバレッジ500倍でCFD取引ができる

Titan FXでCFD取引をする最大の魅力は、「最大レバレッジ500倍」でトレードできる点です。

Titan FXはCFD取引も最大レバレッジ500倍

ほとんどの海外FX業者では、CFD銘柄とFX通貨ペアの最大レバレッジは別々に設定されています。例えば、人気の高いXM Trading(エックスエム)は日経平均株価が最大レバレッジ200倍、ダウ平均株価が最大レバレッジ100倍に設定されています。

XMでは、FX通貨ペアのレバレッジは最大888倍と高いのですが、CFD取引は低めの設定です。

一方、Titan FXはFX通貨ペアもCFD銘柄も関係なく最大レバレッジ500倍でトレードできます。海外FX業者のハイレバレッジをCFD取引でも活用したい方にはおすすめできる業者です。

XMとTitan FXでダウ平均株価1ロット当たりの必要証拠金を比較すると次のようになります(2020年7月のレートで計算)。

ダウ平均株価の必要証拠金の比較

xem約28,000円
tfx約5,700円

必要証拠金の金額にかなり差があることが分かりますね。XMはレバレッジが高いことで有名ですが、CFDに限って言えばTitan FXの方が高いレバレッジでトレードできます。

最新情報

【2021.6.17】Titan FXでは、ビットコイン、イーサリアムなどの主要9通貨18ペアの仮想通貨(暗号資産)CFD商品の取扱いを開始しました。仮想通貨CFDは、手数料無料でレバレッジ20倍、最小取引単位0.01ユニットから取引可能です。


最低ロットが小さい

ほとんどの海外FX業者で、FX通貨ペアについては0.01ロット(1,000通貨)単位でのトレードが可能ですが、CFD取引についてはトレードできる最小単位を大きく設定している業者もあります。

例えば、XMのCFDは、貴金属銘柄のゴールド・シルバーを除き、1ロット単位での注文しかできません。1ロット単位での注文とは、1ロット、2ロット、3ロットなどでの注文は可能ですが、0.1ロットなどの小さいロットでの注文や、1.1ロットなど小数点以下のついた単位での注文はできないということです。

一方、Titan FXは、0.1ロットからCFD取引が可能です。少額からCFD取引がしたい方や、ロット数を細かく調整したい方には使いやすいですね。

Titan FXは0.1ロット単位でのトレードが可能

編集部

編集部の
コメント

以前はTitan FXも1ロット単位でしかCFD取引ができなかったのですが、2020年6月に仕様が変更になり、0.1ロット単位での注文が可能になりました。CFDで1ロットというのはかなり大きなロットで、少額でトレードしたいユーザーにとっては不便でした。ユーザーのニーズに応じて柔軟に仕様を変更してくれるのはありがたいですね。


CFD取引にもゼロカットが適用される

ボラティリティが大きいCFD取引では、チャートの窓が開きやすく、週末にポジションを持ち越すリスクも高いので、ゼロカットシステムがあると安心です。CFD銘柄は、FX通貨ペアと比較すると、チャートの窓は開きやすいと感じます。

予想外の方向にチャートの窓が開いてしまったとき、少額の口座残高だとマイナスになってしまう可能性もありますが、ゼロカットシステムがあれば、入金額以上の損失になることはありません。最近、Titan FXはゼロカットに関するルールを改正して、口座ごとにゼロカットを適用するルールに改善されました。

安心できる取引環境で自由にトレードできるのが、Titan FXの魅力でもあります。

Titan FXのCFDスプレッドを主要海外FX業者と比較してみた

CFD銘柄の取引ができる主要海外FX業者4社(XM、Titan FX、Axiory、Gemforex)で日経平均株価とGOLDのスプレッドを比較してみました。

1日の平均スプレッドをツールで計測


日経平均株価の平均スプレッド比較

日経平均株価は、他のCFD銘柄と比較してもスプレッドが狭いのですが、主要海外FX業者の中で最もトレードしやすいのが、Titan FXです。

日経平均株価のスプレッド比較

FX業者平均スプレッド最大レバレッジ
tfxTitan FX8500倍
xemXMTrading12200倍
Axiory8100倍
Gemforex10100倍

日経平均株価は、日本に居住している人には、馴染み深い銘柄ですね。日経平均株価のCFDは、ほぼ24時間取引することが可能で、日中働いているサラリーマンの方でも帰宅後のニューヨーク時間にトレードできます。

世界三大市場の1つが東京ですので、流動性も高く、自分の狙った価格で約定できることがほとんどです。Titan FXは約定力にも定評がある海外FX業者ですので、初めてCFD取引をする方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。


GOLD(XAUUSD)の平均スプレッド比較

GOLDのスプレッドについても調べてみましたが、Titan FXはXMよりもやや広いスプレッドという結果になりました。

GOLDのスプレッド比較

GOLDロンドン・ニューヨーク時間東京時間最大レバレッジ
tfxTitan FX31.639.3500倍
xemXMTrading24.733.7888倍
Axiory43.552.0100倍
Gemforex30.030.3100倍

それぞれの海外FX業者によって、力を入れているCFD銘柄が異なるので、取引したい銘柄をデモ口座などで比較してみると良いでしょう。

Titan FXの主要CFD銘柄を紹介します

人気のCFD銘柄を、Titan FX(タイタン FX)での取引単位や1ロット当たりの必要証拠金も併せて紹介します。Titan FXは、CFD銘柄でもレバレッジが500倍に設定されているため、少ない証拠金でトレードができます。

1ロット当たりの必要証拠金は、2020年7月時点のレートで計算しており、当該銘柄のレートによって変動しますので、目安と考えてください。


ダウ平均株価(US30)

世界的に最も注目されている株価指数です。アメリカの代表的な企業30社の銘柄で構成されており、「世界の体温計」ともいわれています。ダウ平均株価の動向は、通貨ペアや他のCFD銘柄に大きな影響を与え、世界情勢が不安になるとボラティリティが極端に高くなる場合があります。

Titan FXのダウ平均株価銘柄

銘柄名
(シンボル表記)
1ロットの必要証拠金
US30約5,700円
ボラティリティが急上昇。突然の動きにご用心!?

2020年3月にコロナショックがありました。私も毎日ニュースを聞いて驚いていたのですが、ダウ平均株価が1ヶ月に1万ドル近くも下落してしまったのです。イメージとしては、リーマンショックの約2倍のボラティリティでした。

リーマンショックは、主に金融関係企業に対する不安要素が高まって暴落したのですが、経済活動が完全にストップするわけではありませんでした。そういう意味では、現在の状況が前代未聞の事態であると言えます。

今後も先行きが不透明で相場が敏感になっています。突然の動きに注意が必要です。


日経平均株価(JPN225)

日本の主要企業225社の銘柄で構成されており、日本の景気動向を計る指標とされています。日本の景気動向を見るのに有効とされていますが、実体経済をあまり反映していないように思います。

実は、日経平均株価(JPN225)は、他のCFD銘柄よりもトレードしやすい銘柄です。その理由は、スプレッド。他の銘柄と比較しても、圧倒的にスプレッドが狭く設定されています。

CFD銘柄は、FX通貨ペアと比較するとスプレッドがやや広めですが、スプレッドが狭いJPN225はねらい目銘柄だと思います。さらに、Titan FXはCFD銘柄でもFXと同じ最大レバレッジ500倍でトレードできます。 スプレッドとレバレッジという取引環境がそろったTitan FXは、最高のトレード環境です。

日経平均株価は、海外FX業者の間でも1ロット当たりの取引単位(契約サイズ、コントラクトサイズ)が異なる場合が多く、Titan FXの場合は1ロットの取引単位が100に設定されていますので、注意しましょう。

Titan FXの日経平均株価銘柄

銘柄名
(シンボル表記)
1ロットの必要証拠金
JPN225約4,500円
バブルよりも高騰している日経平均株価

バブル景気が終わった後の平成の時代を「失われた20年」と呼ぶ人もいます。1970年代から続いた好景気は1990年代に終わりを告げました。当時、日経平均株価は3万円を超える勢いになっていました。当時と比較すると、最近は景気が良いと感じている人は少ないでしょう。しかし、日経平均株価だけを見ると、バブル崩壊後でも高値圏で現在も推移しています。

実をいうと、日本銀行がETFを買い入れていることによって、実質的に株を購入する効果が出ています。2019年11月時点で31兆円以上を購入しており、上場している企業時価総額の5.3%に該当するそうです。

本当に日本が成長して株が上がっているのかどうか、疑問が残りますね。


GOLD(XAUUSD)

ファンダメンタルズの影響を受けやすいのが「GOLD(金)」です。金(きん)は、株式や債券のように相対的な価値ではなく、「金」自体が実質資産です。そのため、昔から「金」を保有していることは財産を保有していることの象徴でした。

現在でも、株式や債券などのファンダメンタルズが弱くなってしまうと、金の価値が上昇するという傾向があります。「有事の金」ともいわれますが、世界の情勢が不安定になるほど「金」の価格は上昇します。

GOLDと言えば金/米ドル(XAUUSD)の銘柄が一般的ですが、Titan FXでは、これに加えて金/ユーロ(XAUEUR)や金/豪ドル(XAUAUD)の銘柄もトレードできます。

Titan FXのGOLD銘柄

銘柄名
(シンボル表記)
1ロットの必要証拠金
XAUUSD約38,000円
XAUEUR約38,000円
XAUAUD約38,000円
SILVER(銀)には歴史的な事件があった

GOLD(金)は取引量も多いのですが、同じ貴金属であるSILVER(銀)には先物取引の歴史的事件があります。

先物投資が主流だった1979年、「銀の木曜日」と呼ばれる銀の買い占め事件が発生し、銀の価格が20倍以上に暴騰しました。ある投資家による価格つり上げ操作ですが、「ゾーン -- 相場心理学入門」の著者も大損失を出したことを公表しています。

実は、この事件を契機に銀を使ったフィルムカメラから全く使わない「デジタルカメラ」、コンピュータX線撮影技術が発達したそうです。


パラジウム(XPDUSD)

パラジウムは2009年のリーマンショック以降に注目されてきました。パラジウムは、自動車など工業部品に使用されているので、経済が発展するほどパラジウムの需要が高まり、価格も上昇します。

2016年から6倍以上に価格が上昇してきましたが、2020年3月に大暴落しました。2020年6月現在では、ほとんど動きがありません。コロナウィルスによる外出自粛により、自動車などの工業製品の需要も激減しているので、パラジウムの取引量が極端に減少しています。

パラジウムの値動き

外出自粛が緩和されて、工業製品の需要が再び出てくると、動きが出てくる可能性がありますが、先行きは不透明です。

Titan FXのパラジウム銘柄

銘柄名
(シンボル表記)
1ロットの必要証拠金
XPDUSD41,000円

原油

原油取引には、WTI原油やブレント原油などいくつか種類がありますが、特にWTI原油は、世界最大の取引量を誇る先物CFDです。ボラティリティが非常に大きいことで知られています。経済状況による需要・供給の変化に敏感に反応します。

最近では、2020年4月20日に史上初めてマイナス価格、1バレル=-37.63ドルで取引を終えました。マイナス価格とは、売り手がお金を払って、原油を売り渡すという状態です。まさに想定外の出来事となりました。

マイナス価格になることは海外FX業者も想定していなかったため、多くのFX業者で、マイナス価格になった時点で強制決済が行われ、新規トレードができなくなりました。

このような事態になることが想定されていないのは仕方がないことだと思いますが、トレードが停止してしますのは困りますよね。このため、この事件の後、Titan FXは2020年6月に、原油の仕様を変更し、マイナス価格でもトレードができるようになりました。

具体的には、本来の価格に100ドル上乗せした価格でトレードをすることになります。これにより、例えば再度1バレル=-37.63ドルになったとすると、Titan FXでの価格は-37.63ドルに100ドルを上乗せするため、62.37ドルというプラスの数字になり、通常通りトレードができるということになります。

ポジションを保有していた人のために、従来のWTI原油銘柄(XTIUSD)・ブレント原油銘柄(XBRUSD)もMetaTrader4(MT4)/MetaTrader5(MT5)上でチャートは表示されますが、新規ポジションの発注はできません。

トレードする際は、新しい銘柄のWTI原油(USOUSD)・ブレント原油(UKOUSD)のチャートを選択してください。

Titan FXでは、2020年7月時点で原油関連銘柄のレバレッジが100倍に制限されていますが、これは原油価格が不安定なことによる一時的な措置で、原油市場が安定すればレバレッジの引き上げが行われる見通しだそうです。

Titan FXの原油銘柄

銘柄名
(シンボル表記)
レバレッジ1ロットの必要証拠金
XTIUSDUSOUSD100倍約30,000円
XBRUSDUKOUSD100倍約30,000円

編集部

編集部の
コメント

CFD銘柄は、それぞれ特徴的な動きがあり、ボラティリティも様々です。Titan FXはほぼ全てのCFD銘柄で最大レバレッジ500倍なので、必要証拠金は計算しやすいです。デモ口座でいろいろ試して、自分に合う銘柄を見つけてみましょう。

FXトレーダーがCFD取引をする際の注意点

FXトレードをメインにしているが、CFDにも関心があるというトレーダーは多いでしょう。FXトレードとCFD取引にはいくつか違いがありますので、注意点を紹介します。


ボラティリティが予想以上に大きい

CFD銘柄は、FX通貨ペアよりもボラティリティが予想以上に大きくなる傾向があります。原油CFDをトレードしてみましたが、ドル円が1週間で動く価格変動幅を原油だと1時間で動いてしまうようなイメージです。

コロナショックが落ち着いてきた現在でも、1日に3ドル程度の値動きをすることは珍しくありませんが、元々の価格が40ドル(2020年6月現在)なので、3ドル動くと1日に7.5%の変動をしていることになります。

気になる銘柄をデモ口座で試してみるとイメージがしやすいでしょう。


チャートの窓が開きやすい

CFD銘柄の2つ目の特徴は、週明けに「チャートの窓が開きやすい」という点です。

CFD銘柄はチャートの窓が開きやすい

例えば、ダウ平均株価(US30)のチャートを見てみると、1か月の間に2回も大きな窓が開いていますね。1回目は約900ドル、2回目は約500ドルです。上記は、2020年3月なのでボラティリティが高まっていた時ですが、平常時でも為替より窓が開きやすくなります。

株価指数や原油などの商品先物CFDでトレードするときは、経済指標カレンダーをチェックするのがおすすめです。


FXより損益の変動が激しい

CFD銘柄は、FXよりも損益の変動が激しく、最初は驚くと思います。例えば、ダウ平均株価指数(US30)で1ロットを保有していると、1分足のわずかな変動でもあっという間に数千円~数万円の損益になります。

ダウ平均株価では、1日に数百ドル動くことは珍しくなく、変動が激しいときには1,000ドル以上動く場合もあります。

Titan FXでダウ平均株価を1ロット保有した場合、1日に1,000ドル価格が変動すると損益もちょうど1,000ドル(1ドル=110円の場合約11万円)になりますので、FXの通貨ペアを1ロット保有した場合ではなかなか発生しない損益になりますね。

大きな利益を得る可能性もありますが、その分FXよりもリスクが高くなる可能性があります。銘柄ごとに、どの程度の価格変動や損益が予想されるのかを事前に確認しておくようにしましょう。

トレードの幅を広げてみよう

Titan FX(タイタン FX)は、スプレッドが狭いことが有名ですが、CFD取引では最大レバレッジ500倍でトレードできることも魅力です。主要海外FX業者は、Titan FXよりもスプレッドが狭いCFD銘柄もありますが、最大レバレッジがTitan FXの1/2以下になっています。資金効率の面から考えれば、Titan FXのCFD取引が最もおすすめです。

CFD銘柄は、テクニカルやファンダメンタルに素直に動く可能性が高く、世界でも主流になっているトレードです。なかなかFXで利益が出ないという人も、トレードの幅を広げてみると、新しい発見があるかもしれません。

当サイトでは、最新の海外FX業者人気ランキングで主要海外FX業者7社のスプレッドやサービスの比較をしていますので、ぜひ参考にしてみてください。

Titan FX CFDに関連したよくある質問(FAQ)

安藤光輝

安藤光輝

プロトレーダー

当社ライター兼プロトレーダー

海外FXブローカーを駆使する、現役トレーダー兼ライター

<プロフィール>

20歳から国内FXを開始し、ほとんど全ての資金を失う。その後、独自のブレイクアウト手法を確立し、海外FX専業トレーダーに移行。各海外FXブローカーの特長を利用した取引により生計を立てる。現役トレーダー。FXplusでコラムを担当。

当社の「プロが語る海外FXコラム」に掲載の情報は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。

なお、この情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社(FXplus)が独自に制作したものであり、当サイトに掲載されているデーターの無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、当社までご連絡ください。

もっとみる
AWARDS

海外FX業者

人気ランキング

海外FX業者 人気ランキング >

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

海外FXの特集記事

当サイト限定

開催中のキャンペーン情報

開催中のキャンペーン一覧 >

よく読まれている記事

よく読まれている記事

よく読まれている記事

最新の記事

メニューを閉じる