海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

海外FXの基礎知識

海外FX業者選びのポイントは約定力?落とし穴と注意点

伊藤亮太

監修者:伊藤亮太

ファイナンシャルプランナー

当社監修者兼ファイナンシャルプランナー

FXに関する知見が豊富なファイナンシャルプランナー

<プロフィール>

慶應義塾大学大学院商学研究科経営学・会計学専攻修了。在学中にCFPを取得する。その後、証券会社にて営業、経営企画、社長秘書、投資銀行業務に携わる。FX事業の立ち上げにも参画した経験あり。
2007年11月に「スキラージャパン株式会社」を設立。現在、富裕層個人の資産設計を中心としたマネー・ライフプランの提案・策定・サポート等を行う傍ら、資産運用に関連するセミナー講師や講演を多数行う。著書も多数あり。

海外FX業者選びのポイントは約定力?落とし穴と注意点

海外FXを利用する理由

Updated最終更新:

約定力は海外FX業者選びの重要なポイント

約定力は重要

海外FX業者を選ぶ際には、ボーナス提供の有無やスプレッドの狭さ、そして業者の信頼性などいくつかのポイントがありますが、忘れてはいけないのが実際に注文が執行される際に重要な「約定力」です。

約定力には、約定スピードやスリッページ率などが含まれており、高い約定力とは、約定するまでの時間が速く、注文した価格で約定できる確率が高いことを意味します。反対に約定力が低い業者の場合は、注文を出しても約定するまでに時間がかかったり、そもそも注文を拒否する場合があるので、思うような取引が難しくなります。悪い場合は、約定力の低さが損失に繋がることも考えられるでしょう。

今回は、海外FX業者選びで重要な約定力について、わかりやすく解説しています。約定力が高いおすすめの海外FX業者についてもまとめていますので、約定力について気になる方は、是非目を通してみてください。

この記事はこんな方におすすめします

  1. 約定力について詳しく知りたい

  2. 約定力で海外FX業者を選ぶことのメリット・デメリットを知りたい

  3. 約定力が高いおすすめの海外FX業者を知りたい

約定力とは

約定力とは

約定力とは、約定までにかかる時間(約定スピード)と、注文した価格で約定できる確率(スリッページ率)、さらにはリクオートや約定拒否などの発生の少なさ(約定率の総合的な精度)を表す言葉として使われます。そして約定力は、以下のような様々な条件で変化します。

  1. FX業者の取引方式
  2. 市場の流動性やボラティリティ
  3. 取引サーバーとの位置関係や接続品質
  4. ユーザー自身のトレード環境 など

当然ですが、約定スピードは早い方が良く、スリッページは起きないに越したことはありません。なのでユーザーとしては、完璧な約定力を提供してくれるFX業者を利用したいと思うのが当然でしょう。しかし、約定力には上記に挙げた要素にあるように、いくつかの条件が影響し、さらにはFX業者によって約定の精度が異なります。

例として、FX業者の取引方式による約定力の違いを考えてみましょう。

国内FXで主流のDD方式では、業者とユーザーの相対取引になります。業者がユーザーの注文を一旦決済するため、スリッページは起きにくいとされています。ただし、業者にとって処理しきれない注文に対しては、約定拒否が起こる場合があります。

海外FXで主流のNDD方式では、ユーザーの注文はインターバンク市場に直通するため、基本的に約定拒否は起こらない仕組みです。ただし、市場の流動性が低い時間帯やボラティリティが大きい場合は、スリッページが発生する場合があります。

約定力は色々な条件のもとでメリットやデメリットが起きてくるので、常に完璧な方法はありません。だからこそ約定力について知り、自分にあったFX業者を選ぶ必要があります。

約定と約定力の違い

そもそもFXにおいて約定とは、売買注文が成立することをいいます。売買注文とは、ポジションを持つ時の買い注文(ロング)や売り注文(ショート)はもちろん、決済や損切りの注文など、すべての注文の成立が含まれます。

したがって約定そのものには、約定スピードや約定率のような考え方は及んでいません。約定スピードの速さや約定率の高さは、基本的な取引環境であると同時に、付加価値として海外FX業者が提供しているサービスの一種であるともいえます。

約定力が高いことのメリット

約定力が高い事のメリット

ここからは、約定力が高い海外FX業者を選ぶことの具体的なメリットをご説明します。


メリット①:ストレスなく取引できる

クリックした時にすぐに成行注文が約定することや、レートが指定の価格に到達した時に問題なく指値・逆指値注文が約定することは、ストレスなく取引を続ける上ではとても重要なことです。約定までのスピードが遅かったり、注文が頻繁にスリップしたり拒否されるようなFX業者では、安心して資金を預けることはできません。

MILTON MARKETSXMTradingなどは100%の約定率、GEMFOREXTraders Trustは99%以上の約定率など、高い約定率を誇る優良な海外FX業者はたくさん存在します。


メリット②: スキャルピングとの相性が良い

スキャルピングとは、短い時間で小さな値幅を細かく取っていくトレードスタイルです。取引には瞬発力が要求されるため、約定力が高いFX業者を利用することが、取引を成功させるための条件と言っても過言ではないでしょう。

海外FX業者では、通常のスタンダード口座以外に、より約定力が高く、そしてスプレッドも狭いECN方式による取引口座を提供している場合があります。本格的にスキャルピングを行いたい場合は、Titan FXのブレード口座やXMTradingのゼロ口座など、ECN口座タイプを検討してみるのがよいでしょう。


メリット③: 大ロットの取引でも安心

取引するロット数が大きくなると万一の際の損失も大きくなるため、注文した価格で約定するための能力は、FX業者に対して必ず求めたいポイントになります。

また、高い約定力の背景には、最適なレートを提供するために幅広いリクイディティプロバイダーと質の高い接続を行なうなどの企業努力があるため、それを実現できている海外FX業者には一定の信頼が置けると言えます。大事な資金を預けるFX取引では、約定力とFX業者への信用はもっとも大切な要素の1つといって良いでしょう。Titan FXはリクイディティプロバイダーの強固なネットワークにより、安定した環境でトレードが可能です。

約定力が低いとどうなる?

約定力が低い事のデメリット

ここからは、反対に約定力が低い場合に考えられる問題に目を向けてみます。


約定スピードが遅い

約定スピードが遅い理由としては、ユーザー自身のインターネットの接続速度や取引に使用している機器のスペックが十分ではない可能性もありますが、FX業者の接続品質に問題がある場合もあります。

約定スピードが遅いと、値動きにワンテンポ遅れてついていくような形になるため、狙ったレートで仕掛けることができずにわずかな取りこぼしが発生してしまったり、決済や損切り時には、含み益を減らして決済してしまうことや、不利な損切りレートで約定してしまう可能性があります。


スリッページが多い

スリッページとは、注文を入れた価格とはずれた価格で約定してしまうことを指します。「注文がスリップする」「注文が滑る」という表現で使われることもあります。

スリッページは市場の流動性が低い(取引が活発にされていない)時間帯や、指標発表や要人発言などによって大きなボラティリティが発生した時に起こりやすいとされます。つまり、自分の注文に応じてくれる相手がいない場合や、相場の動きが急すぎる場合は滑りやすい、といえます。

スリッページが多い場合のデメリットは、約定スピードが遅い場合に起きるデメリットと似ています。希望する価格では約定できずにその前後の価格で約定してしまうため、思いがけない損失が出てしまう場合があります。


リクオートや約定拒否が多い

リクオートとは、ユーザーが注文した価格での約定をFX業者側が拒否し、価格を再提示してくることです。リクオートが発生すると、希望した価格では約定できず、業者が提示した価格で約定するかしないかをユーザーが選択できます。

注文を出した後にリクオート画面が表示されると、取引を継続するか、一旦は引き下がるかの判断を求められます。マーケットは考えている時間を待ってはくれませんので、値動き次第ではトレードチャンスを逃したり、損失を拡大してしまうといったことが起こり得ます。

リクオートと似た言葉で、オフクオートがあります。オフクオートは約定拒否のことで、この場合はその価格での約定ができず、価格の再提示もありません。

もしも、数pipsの値幅を争うスキャルピングでリクオートやオフクオートが起きたら、その取引にとっては致命的でしょう。機会損失や含み損の拡大といった事態が起きてしまう可能性が非常に高いといえます。

編集部

編集部の
コメント

海外FX業者でも顧客の発注をフリーズさせてクルクル回るアイコンを表示させたまま約定を遅らせる「クルクル詐欺」が見られる場合は詐欺行為とみなして良いでしょう。

スリッページを大きくするなどの行為が起こるようであれば、今後の取引コストにも影響がでることが懸念されますので、最初からそのような業者は選ばないほうが無難です。

約定力に関わる落とし穴と注意点

約定力の落とし穴

ここからは、約定力に関わるよくある勘違いや注意点について解説していきます。


約定スピードとスリッページ率は同じではない

約定力を構成する要素の中には、約定スピードとスリッページ率があります。約定スピードとスリッページ率は、どちらも注文を出してから実際に約定するまでに発生するわずかなズレによって測定されます。約定スピードが遅くなるほどスリッページしやすくなる傾向はありますが、実はこの2つは似ているようで同じものではありません。

約定スピードとスリッページ率の違いは、測定する単位から考えればわかりやすいでしょう。

約定スピードの単位は「ミリ秒(ms)」で、「100ms=0.1秒」となります。注文を出してから約定するまでに、何秒もかかっていては遅すぎますし、実際多くの注文は1秒程度以内に約定できます。そのためFXの約定スピードは、1,000分の1秒単位で計測されます。

一方、スリッページは時間によってではなく、値幅によって測定されるため、単位はpipsになります。つまり、注文した価格で約定できた場合は、スリッページがない状態(0pips)であり、それ以降は、±0.1pips以内に約定できた確率、±0.2pips以内に約定できた確率、という形でスリッページ率は測定されます。

編集部

編集部の
コメント

FX会社のサーバーとの物理的距離によって生じる200ミリ秒程度の通信遅延もなくしたい方は、FX会社のサーバーをアジアに置いている会社を選ぶことをおすすめします。ロンドンやニューヨークにサーバーがある場合は、200ミリ秒程度の通信遅延はどうしても発生してしまいます。アジアにサーバーを置いているFX会社としては、Traders Trust(トレーダーズ トラスト)があります。


約定率は、約定できる確率を表している

スリッページ率とよく似た言葉として、約定率があります。約定率の測定には、リクオートや約定拒否の発生率が含まれます。基本的には全注文から、リクオートや約定拒否などで約定できなかった注文の割合を差し引いたものが約定率とされます。


通貨ペアにより約定力は異なる

海外FXでは、非常に多くのFX通貨ペアを取引することが可能です。通貨ペアは、市場での取引量が多いメジャー通貨ペアや、取引量が少ないマイナー通貨ペア、さらに取引量が非常に少ないエキゾチック通貨ペアの3種類に分けることができます。

取引が活発なメジャー通貨ペアは、約定力は高く、そしてスプレッドも狭くなるなどの特徴がありますが、マイナー通貨ペアやエキゾチック通貨ペアは取引量が少なくなるため、約定力が落ちたり、スプレッドが極端に広くなる場合があるので注意が必要です。


取引するタイミングにより約定力は異なる

約定力は、相場状況の影響を大きく受けます。

例えば、日本時間の早朝は、主要市場であるニューヨーク市場が閉場し、東京市場も開場していない時間帯となり、市場の流動性は下がります。さらに海外FX各社ではロールオーバー(日をまたいでポジションを引き継ぐこと)の処理のために、サーバー時間で日付が変わる数分間は取引が不可能になる場合も多くあり、約定力は落ちる傾向があります。

また、重要な指標発表や政治イベント、要人発言などで市場に大きなボラティリティが生じている場合も、約定しにくくなる(スリッページしやすくなる)場合が多いです。

約定力が落ちるのはこんな時!

市場での取引が極めて少ない時間帯や、反対に値動きが激しいタイミングでは、FX取引の仕組み上、約定力が落ちやすくなります。新しくポジションを持つ際は、十分に注意すべきです。


業者によって異なる

NDD方式が主流の海外FXでは、約定力は概ね安定しているといわれます。しかし、FX業者による約定力の違いには、気をつけなければいけません。約定力が海外FX業者ごとに異なる要因の一つとして、各業者が使っているサーバーの処理能力が関係すると言われています。

相場状況が安定していて流動性が高い状態なら、多くのFX業者で高い約定力を提供できますが、例えば、取引するロット数が大きくなっても約定力の高さを保てるかどうかなどは、各社の約定能力の差が出やすい部分になります。

約定力が高いおすすめ海外FX業者

約定力の高さは、約定スピードやスリッページの少なさなどにより構成されますが、各海外FX業者の公式サイト内での約定に関するスペックや表記方法は、業者ごとに様々です。また、公式サイトに記載の内容と実際の使用感との間に若干のギャップがあることも確かです。この章では、実際の使用感も考慮した、約定力の高いおすすめの海外FX業者を紹介します。


MILTON MARKETS(ミルトンマーケッツ)
  1. 約定率100%
  2. 約定拒否なし
  3. リクオートなし
  4. 平均0.1秒以内の約定
  5. スリッページ保証制度あり

MILTON MARKETS(ミルトンマーケッツ)は、ヨーロッパのリクイディティプロバイダーを中心に強固なパートナーシップを結び、EquinixのLD4データーセンターを活用することで0.1秒以内の高速約定・執行率100%を実現しています。

MILTON MARKETS口座開設ボーナスキャンペーン

約定拒否やリクオートはなく、スリッページは僅かながらみられるものの、スリッページ保証が適用されるほどのケースはありません。MILTON MARKETSのスプレッドは業界トップクラスの狭さですから、それも考慮すると非常に快適な取引環境を提供しているブローカーであるといえます。

MILTON MARKETS 口座開設ページを開くblank

ここのポイント

スリッページ保証制度の適用条件

MILTON MARKETSでは、以下の条件下でスリッページ保障が適用され、注文価格と約定価格の差額(スリッページ分)が支払われます。

  1. スリッページ幅が1pips以上
  2. 約定時間が500ms以上
  3. 約定時間がマーケットオープン・クローズ時前後60分以外
  4. 約定時間が指標発表・ニュース等の前後30分以外

Traders Trust(トレーダーズ トラスト)
  1. 約定率99%以上
  2. 約定スピードは平均0.13秒
  3. NDD方式
  4. スリッページの心配なし
  5. EQUINIX社のデータセンターに設置

Traders Trust(トレーダーズトラスト)は、パフォーマンスが高いEQUINIX社のサーバーを活用し、日本とロンドンの2か所の設備で接続しています。そのため、平均的な約定速度は100msと抜群の速さであることが特徴です。

Traders Trust×Fxplusタイアップキャンペーン

また、Traders Trustはキャンペーンにも力をいれています。通常、期間限定で開催される口座開設ボーナスですが、FXplus経由で口座開設すると、必ず2万円のボーナスがもらえる特典がついてきます。トレーディングコンテストなども開催していますので、約定力などのトレード環境を体験するのに適しています。

Traders Trust 口座開設ページを開くblank


Exness(エクスネス)
  1. 指値注文でほぼスリッページなし
  2. NDD方式
  3. スキャルピング・アービトラージ可
  4. プロ口座は即時約定だがリクオートあり
  5. その他の口座は成行約定だがリクオートなし

Exness(エクスネス)の特徴は、豊富な口座設定にあります。上級者に選ばれているのは手数料無料で低スプレッドのプロ口座で、Instant Execution(即時約定)を採用しているためスリッページがほとんど起こらないことでも人気となっています。

Fxplusキャッシュバックキャンペーン

約定スピードは他社にやや劣る部分もありますが、スリッページに関しては不満のないレベルです。Exnessにはボーナスがありませんが、ゼロカット追証なしでロスカットは証拠金維持率0%なので、資金目いっぱいのトレードが可能です。

Exness 口座開設ページを開くblank


FBS(エフビーエス)
  1. 95%以上の注文が0.3秒以内に約定
  2. スリッページが起きにくい
  3. 約定拒否なし
  4. リクオートなし
  5. NDD方式

FBSは公式サイトでも、顧客に可能な限り最高の実行速度を保証する義務があると記載されており、その約定スピードには定評があります。スリッページも若干程度にとどまり、比較的優秀な取引環境を提供しています。

FBS×Fxplusタイアップキャンペーン

FBSでは最大140USDの未入金ボーナスがあり、レベルアップボーナス専用口座も提供しています。リスクなしで本番と同じ環境でトレードができるため、約定力のスピードを体感するには最適な環境です。

FBS 口座開設ページを開くblank


XMTrading(エックス エム)
  1. 約定率100%
  2. リクオーなし
  3. 約定拒否なし
  4. 全取引の99.35%が1秒以下で約定
  5. NDD方式

XM(エックスエム)では他社に先駆けて2010年から約定拒否やリクオートなしのサービスを提供しています。また、複数のリクイディティプロバイダーと提携しており、指標トレードなど値動きが激しい相場環境でも市場価格で取引を執行することが可能です。

XM×Fxplusタイアップキャンペーン

XMは未入金、入金ボーナスやロイヤルティプログラムなど、魅力的なサービスが充実していることに加えて、初回入金額が500円と初心者向けの設定になっています。このため、リスクをおさえながらXMの約定力を確認することが可能です。

XMTrading 口座開設ページを開くblank


Land-FX(ランドエフエックス)
  1. 低レイテンシー接続
  2. 約定スピード200ms
  3. NDD STP ECN方式
  4. 低スプレッド
  5. 指標時も安定

Land-FX(ランドエフエックス)は、平均200msというFX業界トップクラスの約定スピードで、指標時でも安定していると評価も高いです。約定スピードに関しては文句なしですが、稀にリクオートが起こります。

Fxplusキャッシュバックキャンペーン

約定スピードは他社にやや劣る部分もありますが、スリッページに関しては不満のないレベルです。Exnessにはボーナスがありませんが、ゼロカット追証なしでロスカットは証拠金維持率0%なので、資金目いっぱいのトレードが可能です。

Land-FX 口座開設ページを開くblank

ここまで、約定力が高い業者を紹介してきましたが、BigBoss(ビッグボス)HotForex(ホットフォレックス)は約定速度は遅いものの、滑らずしっかりと約定するので、これら2社も安心して利用できるおすすめのFX業者です。

まとめ

今回は、海外FX業者の約定力について説明しました。多くの海外FX業者が採用しているNDD方式では、ユーザーの注文は巨大市場に直通するため、リクオートや約定拒否が基本的には起こらず、高い約定率や約定スピードを提供できます。

ただし、市場の流動性が低い場合などは、ユーザーが注文したレートに他の注文がなく、約定できない(スリッページする)場合や、約定スピードが落ちる場合があります。スリッページの発生は取引方式の仕組み上ある程度は仕方のないものですが、約定能力の高い海外FX業者を選択することや、相場が安定して流動性の高い時間帯に取引することで、防げる可能性が高くなります。

海外FX業を選ぶ際には、約定力についても忘れずにチェックしてみてくださいね。

海外FXを利用する理由

Updated最終更新:
enokoro
筆者:enokoro

2016年からFXを始め、開始当時から海外FX口座を利用しています。現在メインで使っているのは、XMとTitanFX。実戦経験も交えながら、分かりやすく海外FXの情報をお伝えします。

伊藤亮太

監修者:伊藤亮太

ファイナンシャルプランナー

当社監修者兼ファイナンシャルプランナー

FXに関する知見が豊富なファイナンシャルプランナー

<プロフィール>

慶應義塾大学大学院商学研究科経営学・会計学専攻修了。在学中にCFPを取得する。その後、証券会社にて営業、経営企画、社長秘書、投資銀行業務に携わる。FX事業の立ち上げにも参画した経験あり。
2007年11月に「スキラージャパン株式会社」を設立。現在、富裕層個人の資産設計を中心としたマネー・ライフプランの提案・策定・サポート等を行う傍ら、資産運用に関連するセミナー講師や講演を多数行う。著書も多数あり。

当社の「海外FXの基礎知識」に掲載の情報は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。

なお、この情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社(FXplus)が独自に制作したものであり、当サイトに掲載されているデーターの無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、当社までご連絡ください。

もっとみる

コラム・ニュース

海外FXの特集記事

海外FX業者

人気ランキング

  • 1

    xem

    4.48
  • 2

    tfx

    4.40
  • 3

    exn

    4.38
  • 4

    gem

    4.33
  • 5

    mil

    4.08

海外FX業者 人気ランキング >

当サイト限定

開催中のキャンペーン情報

開催中のキャンペーン一覧 >

メニューを閉じる