入出金手数料の低さ比較

入出金方法と手数料で、海外FXブローカーを比較 入出金方法と手数料で、海外FXブローカーを比較

入出金手数料の低さ比較でランキング

  ブローカー/口座種別

主な入金方法と手数料

クレジットカード 国内銀行送金

主な出金方法と手数料

クレジットカード 国内銀行送金
国内銀行(三井住友)で入金可能な業者

XM / XEMarkets (エックス エム)

無料 無料
(1万円以上)
無料 無料
いち早く国内銀行に対応!入出金手続きも国内業者なみの早さ
XMは、いち早く国内銀行送金に対応し、全ての入出金手数料を無料にするなど、ユーザーの入出金に伴う全ての障壁を無くした、ユーザーマインドの高いブローカー。

FxPro (エフエックス プロ)

無料 無料 無料 無料
入出金に伴う全ての手数料が無料!10月より国内銀行も利用可能
FxProは、お財布口座との連動で、全ての入出金手数料を無料としました。国内銀行送金を利用した場合、通常30分~2時間ほどですがまれに加算まで時間がかかることも...

ThinkForex (シンク フォレックス)

無料 無料 5
ユニット(*1)
25
ユニット(*1)
入金手数料は無料だが、出金はまとめるほうがお得です
ThinkForexは、入金手数料ですが、出金には1回あたりの手数料が必要です。国内送金を利用して送金した場合、サポートデスクとの時間差で即加算されない場合が多いので要注意。

IFC Markets (IFC マーケット)

無料 無料 - 無料
クレジットカードで入金しても、出金は銀行送金のみの対応
IFC Marketsは、どの様な出金方法であっても、出金の際はお客様名義の銀行口座に送金する方法のみの対応となります。出金までは非常に迅速で、僅か2,3日で国内銀行に入金になります。

FXDD (エフエックス DD)

無料 無料 無料
(月2回目から$30)
無料
(月2回目から$30)
10月より国内銀行に対応!2回目以降の出金には手数料が必要
FXDDは、2014年10月より、国内銀行送金に対応しました。出金は、月1回までは無料、2回目以降は、1回あたり$30の手数料がかかります。尚、出金の際は出金用紙を記入し、サインが必要となります。

AXIORY (アキシオリー)

3.5%
+0.35EUR
無料
(5万円以上)
無料 無料
クレジットカード入金の場合、入金手数料が必要です
AXIORYは、クレジットカードを使って入金する場合、3.5%の手数料が差し引かれて口座に入金されます。昨今のブローカーは、入金手数料無料が当たり前となってきているので、改善して欲しいところです...
国内銀行口座未対応業者

TradersTrust (トレーダズトラスト)

無料 海外銀行
のみ
無料 無料
唯一、国内銀行送金に未対応。早期の対応が待たれます...
TradersTrustは、取扱海外FXブローカーの中で、唯一、国内銀行送金に対応しておりません。入金の際は、海外銀行送金を行うか、クレジットカードで入金できる限度額がトレード証拠金最高額となります。
(*:1)
1ユニット=JPY口座/100円、USD口座/1ドル、EUR口座/1ユーロ。
Pepperstoneは、日本居住者の口座開設を中止したため、 条件比較から除外しております。
入出金手数料の低さ比較 (評価: 4.4/5.0185件)
関連項目
Google +1

↑ページTOPへ↑

海外FX口座開設の注意事項

海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。
当初投資の一部、または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。