海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

海外FXの基礎知識

海外FX初心者必見!ハイレバで勝つ秘訣とおすすめ業者を紹介

伊藤亮太

監修者:伊藤亮太

ファイナンシャルプランナー

当社監修者兼ファイナンシャルプランナー

FXに関する知見が豊富なファイナンシャルプランナー

<プロフィール>

慶應義塾大学大学院商学研究科経営学・会計学専攻修了。在学中にCFPを取得する。その後、証券会社にて営業、経営企画、社長秘書、投資銀行業務に携わる。FX事業の立ち上げにも参画した経験あり。
2007年11月に「スキラージャパン株式会社」を設立。現在、富裕層個人の資産設計を中心としたマネー・ライフプランの提案・策定・サポート等を行う傍ら、資産運用に関連するセミナー講師や講演を多数行う。著書も多数あり。

海外FX初心者必見!ハイレバで勝つ秘訣とおすすめ業者を紹介

海外FX業者比較

Updated最終更新:

海外FXハイレバレッジトレードのすすめ!海外FXならローリスクハイリターンが狙える

海外FXは、国内FXよりもはるかに高いレバレッジで取引できるという特徴があります。国内FXではレバレッジの上限が25倍に制限されているのに対し、海外FXには1,000倍から6,000倍、あるいは無制限のレバレッジを提供する業者さえ存在します。

  1. 資金効率の向上
  2. 利益の最大化

ハイレバレッジを利用したトレードは資金効率が飛躍的に向上するという大きなメリットがあります。コントロール次第では、ほんのわずかな資金から大きな利益を獲得することも可能です。

また、一般的にハイレバレッジは高リスクと思われがちですが、多くの海外FX業者がゼロカット制度を導入しているため投資金額を超える損失は発生しません。これにより、リスクを限定した環境で大胆な取引が可能です。

本記事では、ハイレバレッジの特性、その取引でのメリットとデメリット、おすすめの海外FX業者、そして安全かつ効率的に利益を上げる方法について詳しく解説します。

この記事はこんな方におすすめします

  1. 海外FXのハイレバレッジとは何か知りたい

  2. ハイレバでおすすめの海外FX業者が知りたい

  3. ハイレバで取引するメリットが知りたい

海外FXのハイレバとは

ハイレバとは

ハイレバレッジ、通称「ハイレバ」とも呼ばれるこの仕組みは、預けた証拠金が何十倍、何百倍にも拡大して取引される「レバレッジ取引」の倍率が高いことを意味します。

レバレッジは、てこの原理を駆使して少額の資金で大量の取引を可能にする仕組みです。日本国内のFX業者は、金融庁の規制に従い、最大で25倍のレバレッジしか提供できません。

それに対して、海外FX業者にはこのような倍率制限が存在しないため、レバレッジが500倍、1,000倍、2,000倍、さらには無制限と、日本国内のFX業者よりもはるかに高い倍率で取引ができるのが特徴です。

海外のFX業者がハイレバレッジで取引可能な理由は、日本の金融庁の定めた規制には該当しないため、各FX業者で自由に倍率が決められることにあります。

レバレッジは高ければ高いほど少ない証拠金で大きな取引が可能になるので、海外FXは日本国内のFX業者で取引するよりも格段にトレードの幅が広がります。そのため、海外FX業者で取引するトレーダーは年々増え続けているのが現状です。

編集部

編集部の
コメント

2018年に、EU圏にて最大レバレッジが30倍までに制限される規制が定められました。EU圏のライセンスで運営をしていたブローカーは、こぞって規制の緩いオフショアに別法人を設立し、従来と同じハイレバレッジを提供し続けています。オフショアのライセンスの効力を不安視するユーザーもいますが、国内FXにはないハイレバレッジは、海外FXの最大の魅力であり、多くのトレーダーが海外FXを始める最も大きな動機の一つになっています。


海外FXのハイレバ取引で必要な証拠金

ハイレバと証拠金の関係

100万円分の取引をする際に、国内FX業者と海外FX業者でどのくらいの差が生まれるのか例を挙げて説明します。

100万円を取引するために必要な金額は【証拠金 ÷ レバレッジ】で求めることができます。

国内FX業者のレバレッジは25倍ですので、100万円の取引をする時に必要な証拠金は「100万 ÷ レバレッジ25倍」で4万円です。

一方、レバレッジ1,000倍の海外FX業者で取引をした場合、100万円の取引をする際に必要な証拠金は「100万 ÷ レバレッジ1,000倍」で1,000円となります。

レバレッジ25倍 100万÷25=40,000円
レバレッジ500倍 100万÷500=2,000円
レバレッジ888倍 100万÷888=1,126円
レバレッジ1,000倍 100万÷1,000=1,000円

同じ100万円分の取引でも、国内FX業者と海外FX業者では必要な証拠金に圧倒的な差が生まれるため、資金効率を優先するトレーダーにとって海外FX業者の利用は避けて通れない選択肢と言えるでしょう。


海外FX業者のハイレバ比較一覧

海外FX業者をレバレッジが高い順に表にまとめてみました。一昔前の海外FX業界ではレバレッジ500倍でもハイレバレッジとされてきましたが、業界の進化により最大レバレッジはさらに高くなっています。

現状、Exness(エクスネス)とLand Prime(ランド プライム)がレバレッジ無制限という前人未踏なレバレッジ領域を提供し、他社に大きな差をつけています。

各海外FX業者の最大レバレッジ比較一覧

Exness 無制限(21億倍)
Land Prime
Trader Trust 3,000倍
easyMarkets 2,000倍
HF Markets
XS.com
BigBoss 1,111倍
XMTrading 1,000倍
Focus Markets
FXGT
IS6FX
MILTON MARKETS
Vantage
Titan FX 500倍
ThreeTrader
MYFX Markets
Tradeview
もっと見る

1,000倍を超えるハイレバレッジを提供している業者は、主に資本力のある大手や老舗ブローカーで安全性の面でも評価できる業者が並んでいます。

一方で、レバレッジが500倍以下の業者はより堅実な取引環境を提供しており、顧客に透明性や使い勝手の良さで還元しようと努力しています。

いずれにせよ、500倍というレバレッジでさえ一般的には非常に高いとされています。そのため、どちらのタイプのブローカーを選んでも取引において制限を感じることは少ないでしょう。

海外FXのハイレバを活用するメリット

海外FX業者のハイレバレッジを活用するメリットを、さらに掘り下げて見ていきましょう。

ハイレバのメリット


メリット

メリット①:ゼロカットシステムを採用しているため追証がない

ゼロカット」とは「Negative Balance Protection」とも呼ばれ、顧客のマイナス残高を保護するシステムです。

ゼロカットを採用している海外FX業者では、口座残高がマイナスになってもFX業者による補填がおこなわれるため、口座残高以上の損失が発生することがありません

一方、国内FX業者は金商法で顧客資産の補填が禁じられているためゼロカットシステムを導入していません。つまり、口座残高がマイナスになった場合はFX業者に返済する必要があります。

また、国内FX業者では証拠金維持率が一定の水準を下回ると「追証」、すなわち追加証拠金の請求がおこなわれます。追証を求められた顧客は速やかに入金して追証の解消をしなければならず、期限内に支払いをしなかった場合は全ての保有中のポジションが強制決済されます。

国内FX業者で負債の支払いを怠ると、法的手続きが進み最終的には財産が差し押さえられる可能性がありますが、海外FXのゼロカットを採用している業者を選ぶことでこれらのリスクを回避することができます。


メリット

メリット②:少額からでも大きなリターンを狙うことができる

海外FX業者のレバレッジは日本国内のFX業者よりも高く、少額からでも大きな利益を狙える環境が整えられています。

たとえば、初期資金1万円で140円のドル円を売買する場合、レバレッジ25倍の国内FXでは0.17ロット(1,700通貨)の取引ができる計算になります。しかし、多くの国内FX業者では最低単位が0.1ロット以上と定められており、実際に1万円で取引するとなると0.1ロット分しか保有できません。これでは100pipsの値幅を獲得しても約1,000円の利益にしかならず、資産を積み上げるのに途方もない時間がかかります。

一方で、海外FXで1,000倍のレバレッジを活用すると、同じ1万円の初期資金で約0.7(約7万通貨)ロットの取引が可能です。海外FX業者の1ロットは国内FX業者の「1ロット = 1,000通貨」と異なり、「1ロット = 10万通貨」です。そのため、国内FX業者と比較して約70倍のポジションを持つことができます。

加えて、海外FX業者ではXMTrading(エックスエム)やHF Markets(エイチエフ マーケッツ)、Exness(エクスネス)のように「セント口座」を提供している業者があります。セント口座を利用すると通常の100分の1サイズで取引ができるため、ほんのわずかな金額からでもリスクを抑えつつ本格的なFXの経験を積むことが可能です。


メリット

メリット③:実効レバレッジの幅が広がる

レバレッジには最大レバレッジと実効レバレッジという2つの概念があります。

最大レバレッジ」は保有資金に対し、取引できる上限額を示しています。一方、「実効レバレッジ」は実際の取引額が保有資金に対してどの程度の倍率かを示しています。

実効レバレッジはトレーダーの資金とポジション量によって決まりますが、レバレッジが高ければ高いほど、実効レバレッジの幅が広がります。

例えば最大レバレッジが1,000倍の場合、100ドルの資金で最大10万ドルまでの取引が可能です。しかし、実際の取引額を1万ドルに抑えれば、実効レバレッジは100倍となります。

このように、最大レバレッジが高いほど実効レバレッジの範囲が広がり、トレーダーのコントロール次第で実効レバレッジを自由に調整できます。最大レバレッジの上限にとらわれることなくリスクに応じた柔軟な取引が可能となるため、レバレッジが高いほどトレードの自由度が高まると言えるでしょう。


メリット

メリット④:海外FXはロスカット率が低い業者が多い

ロスカット水準とは、強制決済が行われる証拠金水準のことを指します。この水準は国内と海外のFX業者で大きく異なります。

項目 国内FX業者 海外FX業者
特徴 ロスカット水準が高い
(通常80%~100%)
ロスカット水準が低い
(通常20%~50%)
特徴
国内FX業者 ロスカット水準が高い
(通常80%~100%)
海外FX業者 ロスカット水準が低い
(通常20%~50%)

国内FX業者の場合は、レバレッジが低くロスカット水準が高いため、強制ロスカットが発生しても手元にまとまった資金が残ります。ただし、低いレバレッジと高いロスカット水準の組み合わせは多くの資金が多く拘束されるため、すぐにロスカットが発生しトレードの自由度が低くなる可能性があります。

海外FX業者の場合は、レバレッジが高くロスカット水準が低いため、強制ロスカットが発生すると手元にはわずかな資金しか残りません。しかし、ロスカット水準が低いことを活かすことで、多くの証拠金を使って大きな利益を狙うことが可能です。

また、海外FXでは必ずロスカットで大きな資金を失うわけではありません。レバレッジは1倍から設定できるため、国内FXよりもコントロールの幅が広がるというだけで、国内FX同様の低リスクな取引も可能です。

ここのポイント

ハイレバトレードは危険?

ハイレバレッジのトレードが危険と言われる要因は、損失額の大きさにあります。海外FXでは少ない資金で、大きなサイズのポジションを持つことができるため、相場が逆行した場合に失う資金が大きくなります。しかし、実際のトレードで効かせるレバレッジはトレーダーが自由にコントロールできる上、多くの海外FX業者ではゼロカットを採用しているので、入金額以上の損失は発生しません。「ハイレバレッジ=危険」とはいいますが、リスク管理さえしていれば、メリットしかありませんので、海外FXの醍醐味ともいえるハイレバトレードにチャレンジする価値は多いにあります。

海外FXのハイレバで取引するデメリット

ハイレバのデメリット

ハイレバトレードのメリットを見てきましたが、いくつかのデメリットもあります。次はデメリットをそれぞれ詳しく見てみましょう。


デメリット

デメリット①:ロスカットにより資金を全額失うリスクが高い

日本国内FX業者と海外FX業者では、ロスカットレベルが異なります。日本国内FX業者のロスカットレベルは高く、海外FX業者では低い水準になっています。

日本国内FX業者でロスカットが執行されても、そのロスカットレベルが高い水準にあるため、証拠金の口座残高が全て無くなるという事はありません。しかし、ロスカットレベル水準が高いという事は含み損に耐えられる範囲も狭いということです。

反対に、海外FX業者のロスカットレベルは低い水準にあるため、ロスカットが執行された場合は、証拠金の口座残高がゼロにならなくても大部分が無くなる場合があります。また、ロスカットレベル水準が低いので含み損に耐えられる範囲も広いという事になります。

つまり、海外FX業者はギリギリまで含み損に耐えられて大きな利益が狙える反面、ロスカットが執行されると多くの証拠金を失うリスクがあるというわけです。


デメリット

デメリット②:稼ぎすぎると税金面で国内FXよりも不利になる

日本国内FX業者の税金は申告分離課税なので、申告分離課税は所得額の大小にかかわらず税率は一律20%です。

一方、海外FXの税金は総合課税です。

総合課税は得た利益によって、税率が変動します。例えば、利益195万円以下の場合は税率15%、利益195万~330万円以下の場合は税率20%、330万円~695万円以下の場合は税率30%と変動します。

そして、最大では45%の税率になる場合もあります。つまり、総合課税の海外FXですと稼ぎすぎると国内FXよりも税率は不利になります。

ここのポイント

海外FXの税金が安くなる範囲は?

国内FXは申告分離課税のため、一律20パーセント課税されることが決まっています。よって、控除も考慮すると海外FXが330万円までなら国内FXよりも税率が低いことになります。


デメリット

デメリット③:安全性に問題があるFX業者が存在する

海外FX業者は日本の厳しい審査が必要ありませんので、なかには信頼に欠ける業者も存在します。

  1. 審査が厳しいライセンスをクリアしているか
  2. 信託保全があるのか
  3. 資金を保証する制度や金額はどうか

を確認する方法があります。

海外FXの場合は特に自分に全ての責任があることを認識し、信頼のおけるFX業者を選ぶ必要があります。

海外FXのおすすめハイレバトレード手法

まずはリスク管理を徹底しよう

ハイレバのトレードではリスク管理と精細な分析が重要です。慣れないうちは適切なポジション量を必ず守り、100pips~200pips逆行しても余力があると思える取引量でトレードすると失敗が少なくなります。

トレードでどのくらい資金の余力があるのかは次の計算式で求めることができます。

  1. 1ロットあたりの必要証拠金 = 為替レート × ロット数 ÷ レバレッジ
  2. 取引可能ロット数 = 口座残高 ÷ 1ロットの必要証拠金

海外FXではほとんどのブローカーが1ロット=10万通貨としていますので、1ロットでの必要証拠金と取引可能なlot数の計算方法は下記になります。

条件:ドル/円(1ドル=100円換算/レバレッジ500倍/資金10万円)

  1. 1ロットに必要な必要証拠金=100×10万通貨(1ロット)÷500倍=20,000円
  2. 取引可能ロット数=10万円÷20,000円=5ロット

この計算式を利用して、掛けようとするレバレッジ数でどのくらい必要証拠金が必要なのか、取引可能な枚数はどのくらいなのかをしっかりと理解して、無理のないトレードをしましょう。

また、取引しようとするlot数でpipsが上下すると、どのくらいの損益になるのかをフルレバレッジ(最大倍率のレバレッジ)1,000倍の例で説明します。

フルレバ1,000倍の場合(※)

  1. フルレバで1万円の資金で取引する場合のロット数 1ロット(10万通貨)
  2. フルレバで5万円の資金で取引する場合のロット数 5ロット(50万通貨)
  3. フルレバで10万円の資金で取引する場合のロット数 10ロット(100万通貨)

1ドル100円換算 / 資金10万円 / 1万通貨の場合は必要証拠金1,000円

このようにフルレバで取引すると少額でも大きなリターンが得られる半面、損益の額も大きくなります。

証拠金の余力がない程の無理なトレードをすると、すぐにロスカットになりますので、余裕のあるロット数で行うことが重要です。


チャートの点を捉えるプライスアクショントレード

ローソク足を利用するプライスアクショントレードは、何よりも早く相場の情報を得ることができるため、シビアなエントリーが求められるハイレバトレードとの相性は抜群です。

特にハイレバのエントリーとして特におすすめなのが、「つつみ足」と「エンゴルフィンバー」です。プライスアクションの中にはピンバーなど様々な反転サインがありますが、ピンバーのように長いヒゲをつけるローソク足の場合、損切り位置が遠くなる欠点があります。つつみ足やエンゴルフィンバーの場合は損切り位置が遠くなることもないので、少ないリスクでエントリーすることが可能です。

ただし、つつみ足やエンゴルフィンバーは高値圏、又は安値圏で形成されなければなりません。そのためにはオシレーターやライントレードを組み合わせて相場の状況を知ることが重要になります。

豆知識

つつみ足・エンゴルフィンバーとは?

「つつみ足」とはローソク足チャート分析で見られる重要なパターンの一つで、英語で "Engulfing Pattern"と呼ばれています。つつみ足は、2つのローソク足から構成されており、最初のローソク足は比較的小さく、次のローソク足は最初のローソク足を完全に「包み込む」ような大きさで形成されます。

つつみ足は、市場の心理が急激に変わったことを示しています。大きなローソク足が前の小さなローソク足を包み込むことで、ひとつのトレンドが終了し、停滞または反転を迎える可能性があることを表しています。特にトレンドの終わり近くで形成されたつつみ足は、そのトレンドの転換を予兆する強いシグナルとされています。


オシレーターでレンジ相場を狙い撃ち

オシレーターは「だまし」になることも多いテクニカル指標ですが、レンジ相場に限定した環境下ではそこそこの威力を発揮します。

トレンド相場は押し目買いや戻り売りが有効ですが、押しや戻りが深いことも多くハイレバでエントリーが難しいと感じることも少なくはありません。

一方で、レンジ相場では損切り位置が明確なため、ブレイクするまでレンジ相場の上下を取りに行くことができます。

ただし、レンジ相場とは言えテクニカル分析の組み合わせは必要です。オシレーターのみで判断はせず、つつみ足やライントレードと組み合わせて取引を行いましょう。

また、小さすぎるレンジ相場でのエントリーはおすすめできません。獲得できる予想利益に対して損失の割合が大きくなってしまう可能性があるためです。正確には勝率との兼ね合いを見て判断するのがベストですが、レンジ相場でもリスクリワードを意識してトレードを行いましょう。

ハイレバで取引したい人におすすめな海外FX業者

海外FXのハイレバレッジで取引をしたい人向けに、おすすめな海外FX業者3社を紹介します。


第1位EXNESS
  1. 無制限レバレッジが利用可能
  2. ロスカット水準0%
  3. 入出金・資金移動が迅速
  4. 激狭スプレッド
  5. 仮想通貨・ゴールドが優秀

Exness(エクスネス)は業界で数少ない無制限レバレッジを提供する業者です。その魅力は無制限レバレッジだけに留まらず、ロスカット水準0%、低スプレッドと様々な面で他社を凌駕しています。

さらに、入出金や資金移動が迅速な点もハイレバレッジと相性の良いポイントです。入金や資金移動に時間を取られてエントリーポイントを逃してしまった経験のあるトレーダーも多いはずです。Exnessであればそのような心配もありません。

Exness 口座開設ページを開くblank


第2位HF Markets
  1. 最大2,000倍のレバレッジ
  2. 入金ボーナスあり
  3. プロ口座のスプレッドが優秀
  4. 入出金・資金移動が迅速
  5. 夜間のカスタマーサポートに対応

HF Markets(エイチエフ マーケッツ)は、最大2,000倍のレバレッジが利用できる海外FX業者です。レバレッジだけでなく、プロ口座のスプレッドも優れており、ハイレバを駆使したスキャルピングにも適しています。

また、Exnessに負けず劣らずの入出金速度で、急なエントリー時には入金先候補のひとつとなるでしょう。カスタマーサポートが日本時間の夜間にも対応している点もポイントです。相場の動きが活発な時間帯にスムーズなサポートを受けることが可能です。

HF Markets 口座開設ページを開くblank


第3位XMTrading
  1. 最大レバレッジ1,000倍
  2. 口座開設ボーナスあり
  3. ゼロカット完備
  4. 執行率100%の確かな約定力
  5. KIWAMI極口座はスキャルピングに最適

海外FX業者の中では、XMTrading(エックス エム)が圧倒的な日本人シェアを誇っています。XMの優秀な約定力と約定スピードに加え、最大1,000倍のハイレバレッジ、さらにハイレバトレードする際に重要となるゼロカットシステムが導入されているため、リスクを抑えたトレードが可能です。

XMTrading×FXplusタイアップキャンペーン

また、XMは口座開設ボーナスや入金ボーナスなど、各種ボーナスも充実しており、初心者でもハイレバトレードにチャレンジしやすい取引環境であることも人気の理由です。

XMTrading 口座開設ページを開くblank

ハイレバ取引ができる海外FX業者を選ぶ注意点

各FX業者ではそれぞれに最大レバレッジが違うほかにも、条件によってレバレッジの倍数が変わることがありますので詳しく見ていきましょう。


取引通貨ペアによってレバレッジの倍率が変わる

仮に、レバレッジが最大レバレッジ1,000倍であっても、通貨ペアによっては1,000倍のレバレッジで取引できない場合があります。最大レバレッジで取引できない銘柄で多いのは、取引量が少ないマイナー通貨ペアや株価指数、仮想通貨などです。

これらのペアはメジャー通貨ペアと比較して流動性が低く、価格の急激な変動も激しいため、主要なメジャー通貨と同じような最大レバレッジでの取引を提供すると、海外FX業者のリスクが大きくなります。

このような理由から、最大レバレッジが1,000倍であっても、全ての取り扱い通貨ペアで最大レバレッジ1,000倍で取引できるわけではありません

自分が口座開設する海外FX業者の通貨ペアごとのレバレッジを事前に確認しておくようにしましょう。


選ぶ口座のタイプによってレバレッジの倍率が変わる

海外FXの最大レバレッジは、選ぶ口座タイプによって倍率が異なる場合があります。

例えば、XMTrading(エックス エム)の最大レバレッジは1,000倍です。しかし、この最大レバレッジ1,000倍はスタンダード口座、マイクロ口座、KIWAMI極口座のみで、ECN口座の最大レバレッジは500倍までです。

このように、同じ業者でも選択する口座タイプによりレバレッジの倍率が変わる場合がありますので、事前に確認しておきましょう。


取引高によってレバレッジが制限される場合がある

XMTrading(エックス エム)では、口座の有効証拠金によりレバレッジが変動する「フローティングレバレッジ方式」を採用しています。このため、全ての口座の有効証拠金が2万ドル(200万円)を超えると最大レバレッジは200倍に、10万ドル(1,000万円)を超えると100倍に引き下げられます。

フローティングレバレッジ

フローティングレバレッジ方式とは、残高や有効証拠金などのトレーダーの取引状況に応じてレバレッジが変動する事です。

多くの海外FX業者では、このフローティングレバレッジ方式を採用しています。 多額の証拠金を入れて取引しようと考えている方は、この点に注意してください。

まとめ

ローリスクハイリターン

海外FX業者のハイレバは、日本国内のFX業者のレバレッジである25倍を多く上回っています。

レバレッジ倍数が高い事で、少ない資金で大きく利益を上げられる半面、ロスカットになりやすいので資金管理を徹底するなどの対策が必要です。

ハイレバレッジの特性を正しく理解し、リスクをコントロールしつつ、自身のトレードに活用していきましょう。

海外FX業者比較

Updated最終更新:
杉田大輔
筆者:杉田大輔

投資経験2年以上、独自のスイングトレードの手法により運用額100万円以上を経験。現在は利用者視点から海外FX業者に関する記事を執筆するライターとして活動中。

FXplusでは、記事に関するご意見・ご感想を受け付けています。
海外FXに関するレアな情報や業界関係者の内部情報などは、ぜひ編集部までお寄せください。
また、定期的に記事を執筆頂けるライターさんも随時募集しています!

問い合わせ先:support@fxplus.com
(大文字@を小文字に変えて送信してください)

伊藤亮太

監修者:伊藤亮太

ファイナンシャルプランナー

当社監修者兼ファイナンシャルプランナー

FXに関する知見が豊富なファイナンシャルプランナー

<プロフィール>

慶應義塾大学大学院商学研究科経営学・会計学専攻修了。在学中にCFPを取得する。その後、証券会社にて営業、経営企画、社長秘書、投資銀行業務に携わる。FX事業の立ち上げにも参画した経験あり。
2007年11月に「スキラージャパン株式会社」を設立。現在、富裕層個人の資産設計を中心としたマネー・ライフプランの提案・策定・サポート等を行う傍ら、資産運用に関連するセミナー講師や講演を多数行う。著書も多数あり。

当社の「海外FXの基礎知識」に掲載の情報は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。

なお、この情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社(FXplus)が独自に制作したものであり、当サイトに掲載されているデーターの無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、当社までご連絡ください。

もっとみる

コラム・ブログ

海外FXの特集記事

海外FX業者

人気ランキング

  • 1

    xem

    25.50
  • 2

    tfx

    25.00
  • 3

    fxg

    23.50
  • 4

    exn

    23.25
  • 5

    big

    23.00

海外FX業者 人気ランキング >

当サイト限定

開催中のキャンペーン情報

開催中のキャンペーン一覧 >