海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

海外FXの基礎知識

レバレッジ3000倍の海外FX業者メリット・デメリット~選び方の注意点~

伊藤亮太

監修者:伊藤亮太

ファイナンシャルプランナー

当社監修者兼ファイナンシャルプランナー

FXに関する知見が豊富なファイナンシャルプランナー

<プロフィール>

慶應義塾大学大学院商学研究科経営学・会計学専攻修了。在学中にCFPを取得する。その後、証券会社にて営業、経営企画、社長秘書、投資銀行業務に携わる。FX事業の立ち上げにも参画した経験あり。
2007年11月に「スキラージャパン株式会社」を設立。現在、富裕層個人の資産設計を中心としたマネー・ライフプランの提案・策定・サポート等を行う傍ら、資産運用に関連するセミナー講師や講演を多数行う。著書も多数あり。

レバレッジ3000倍の海外FX業者メリット・デメリット~選び方の注意点~

海外FX業者の選び方

Updated最終更新:

レバレッジ3,000倍って凄いけど、落とし穴はない?

「FXで素早く結果を出したい」「でも元手になる資金がない...」

という時に多くの人が考えるのが「高いレバレッジをかける」ことでしょう。

レバレッジとは「手持ちの金額を数倍~数百倍にしてトレードをできる仕組み」のことです。

たとえば、10倍のレバレッジをかければ、100万円を入金するだけで1,000万円分のトレードができます。

海外FX業者のなかには、レバレッジ3,000倍も存在します。しかし、気になることもあるでしょう。

  1. リスクはないのか
  2. そもそもレバレッジは高いほどいいのか

今回はこのような疑問に答えつつ、「海外FXでのレバレッジ3,000倍の取引」とはどういったものなのかを解説します。

この記事を読むことで、海外FXにおける3,000倍のメリット・デメリット、3,000倍業者を選ぶべきかどうかの判断材料にしてください。

この記事はこんな方におすすめします

  1. 海外FXで3,000倍のレバレッジを選択できる業者を知りたい

  2. レバレッジ3,000倍でのリスクを知りたい

  3. レバレッジ3,000倍をかける場合のメリットを知りたい

海外FXではレバレッジ3000倍が存在する

海外FX/国内FXレバレッジ比較

「海外のFXでは3,000倍のレバレッジもかけられる」と聞いても、FXに詳しくない人はピンとこないでしょう。しかし、国内FX業者の最大レバレッジと比較すれば、海外FXの3,000倍がいかに大きいか実感できるかと思います。

国内FX業者の最大レバレッジは25倍なので、海外FXのレバレッジは国内FX業者の最大120倍のレバレッジになります。つまり、海外FXは国内FXの120倍のハイリスク・ハイリターンになるのです。

実は、日本でも昔はもっと高いレバレッジをかけることができました。規制がなかった頃はレバレッジ400倍も個人でかけられたほどです。しかし、このようなハイレバレッジで失敗し、追証を払えないトレーダーが続出したため、これを金融庁が問題視し、規制が始まったのです。

規制は2段階で進み、2010年8月1日からは最大50倍に、2011年8月1日からは最大25倍になり、現在に至ります。そして、今後さらに「最大10倍」まで引き下げる動きが出ています。

このような流れの中「もっとレバレッジをかけたい」と考えるトレーダーは、最大3,000倍も可能な海外のFX業者に興味を持つのは自然な事でしょう。

ここのポイント

レバレッジ規制はトレーダー保護になる?

国内FXでレバレッジが規制される理由は、「トレーダーを保護するため」とされていますが、本当にトレーダーの保護に役立っているかどうかには疑問の声もあります。確かに、レバレッジが規制されていれば、資金量に対して大きすぎるポジションを持ってしまう事態は防げます。しかし、例えば国内FXのレバレッジ25倍でドル円10万通貨のポジションを持った場合の必要証拠金は約40万円ですが、ドル円であれば100pips変動しても損益は10万円ですから、デイトレードスタイルのトレーダーなどにとっては、損益に対して拘束される必要証拠金が多すぎるという弊害もあります。このため、トレーダー保護というメリットよりも、デメリットの方が大きいと感じたトレーダーが、海外FXへ流れているのです。海外FXでは、レバレッジ規制ではなく、追証のリスクをなくすゼロカットシステムによってトレーダーを保護しています。

レバレッジ3000倍の海外FX業者のメリット

レバレッジ3,000倍のメリット

現在、最大レバレッジ3,000倍の口座開設が可能な日本語対応の海外FX業者はFBS(エフビーエス)とTraders Trust(トレーダーズ トラスト)の2社です。

Traders Trustでは、2021年4月に導入を開始したダイナミックレバレッジにより、保有ポジションが1ロットまでレバレッジ3,000倍での利用が可能になりました。他社のハイレバレッジとは違い、証拠金残高ではなく、保有するロットによってレバレッジが変動する事が特徴です。

今や、Exness(エクスネス)が3,000倍を超えるレバレッジ無制限を提供しており、海外FX業者のレバレッジ競争は今後も過熱していくことが予想されます。

この章では、3,000倍のレバレッジをかけられる海外FX業者のメリットを3つ紹介します。

メリット➀低資金で大きな利益を狙える

3,000倍のレバレッジをかければ、約1万円の証拠金でも約3,000万円分のトレードが可能になります。「元手がないからFXも他の投資もできない」という人でも、1万円なら用意できるのではないでしょうか。レバレッジ3,000倍は、少額トレーダーが大きな利益を上げる絶好の機会でしょう。

FXではポジションの量に比例して勝ちトレードの利益額も増えていくので、しっかりとチャートの天底を捉えられる腕自慢のテクニカルトレーダーならば、少ない証拠金で莫大なリターンを得ることができます。

レバレッジによる証拠金額の違い

 Traders Trust
ダイナミックレバレッジ
FBS
3,000倍(※)
1,000倍500倍
1ロット3,334円3,334円10,000円20,000円
5ロット23,334円16,667円50,000円100,000円
10ロット73,334円50,000円100,000円200,000円
20ロット273,334円100,000円200,000円400,000円
1ロット
Traders Trust
ダイナミックレバレッジ
3,334円
FBS
3,000倍(※)
3,334円
1,000倍10,000円
500倍20,000円
5ロット
Traders Trust
ダイナミックレバレッジ
23,334円
FBS
3,000倍(※)
16,667円
1,000倍50,000円
500倍100,000円
10ロット
Traders Trust
ダイナミックレバレッジ
73,334円
FBS
3,000倍(※)
50,000円
1,000倍100,000円
500倍200,000円
20ロット
Traders Trust
ダイナミックレバレッジ
273,334円
FBS
3,000倍(※)
100,000円
1,000倍200,000円
500倍400,000円

USDJPY/100円計算
(スプレッドは考慮しないものとする)

FBSのレバレッジ3,000倍は証拠金残高200USD相当額までです。200USD~2,000USD相当額まではレバレッジ2,000倍が適用されます。

上記のように、レバレッジ3,000倍は、1,000倍と比較して必要証拠金がおよそ3分の1に圧縮され、理論上では3倍の利益を獲得することも可能になります。

極端なハイレバレッジでのトレードは、相場が逆行すれば一瞬で莫大な損失が出ます。しかし、ゼロカットシステム(以下、ゼロカット)のあるFX業者なら、借金を背負うことはありません。ゼロカットとは、簡単にいうと「どれだけの損失が出ても借金を背負うことはない」仕組みです。たとえば、1万円の証拠金で、3,000万円分のトレードをしていたとします。このとき、相場が10%下落したら、300万円の損失が出ます。しかしゼロカットがあれば、実際につぎ込んだ資金がゼロになった時点で、損失が止まります。つまり、この例では1万円をつぎ込んでいるので、1万円がなくなった時点でトレードが強制終了となるのです。

もちろん1万円でなくとも、5,000円でも3,000円でも構いません。ほんの少額からFXに参加できるのが、レバレッジ3,000倍のメリットです。

ここのポイント

「1万円で3,000万円分の取引」の意味とは?

FXでは、レバレッジの説明の際に「1万円で3,000万円分の取引」などという表現がよく使われます。しかし、この意味がピンとこない人も実は多くいるようです。FXは通貨の値動きに基づいて損益が発生するものですが、例えば、ドル円の1pipsは日本円1銭分の値動きに当たります。ドル円1ロットのポジションで1pipsの値動きがあれば1,000円の損益が発生しますから、1銭の値動きがなぜ1,000円の損益につながるのか疑問に思う方もいるでしょう。その理由は、1銭の値動きであっても大きな損益につながるよう、大量の資金をトレードしているからです。海外FXの1ロットは10万通貨、つまり10万ドル(約1,000万円)に当たります。10万ドル分が、1ドル当たり1銭(0.01円)の値動きをするから、1ロットの損益が「10万×0.01=1,000円」となるのです。

メリット②実効レバレッジの幅が広がる

実効レバレッジとは、保有するポジションが有効証拠金の何倍であるかを知るためのものです。

「取引数量×各通貨の現在レート÷有効証拠金額」で実効レバレッジを求めることができます。有効証拠金が1万円の場合を例に、保有ロット数と実効レバレッジの関係を下の表にまとめました。

有効証拠金額保有ロット実効レバレッジ
10,000円0.01ロット(1,000通貨)10倍
10,000円0.1ロット(10,000通貨)100倍
10,000円1ロット(100,000通貨)1,000倍

(USDJPY/100円計算)

ハイレバレッジが危険と認識されることが多いですが、これは大きな間違いで、正しくは実効レバレッジが高い事が危険なのです。

少ない資金から高い実効レバレッジをかけて資金を増やしていくのは海外FXの魅力のひとつですが、高い実効レバレッジは常に高いリスクと隣り合わせという事は、肝に銘じておきましょう。

レバレッジ3,000倍を使うと実効レバレッジが1倍~3,000倍まで広がります。実効レバレッジが広がるという事は、取引の自由度や柔軟性を高める事に直結します。

実効レバレッジを理解してリスクコントロールをしっかりする前提ではありますが、単純にハイレバレッジを使用する事にデメリットというものはほとんど存在しません。

では、取引の自由度が広がるとどのような事ができるのか、次の章を見てみましょう。

メリット③自由度の高いポジション構築が可能になる

メリット①では、最大3,000倍のレバレッジを活かして莫大な利益を得ることが可能と説明しました。しかし、デイトレーダーや、スイングトレーダー、多少の取引経験のある方ならば、チャートの天底を捉えることがいかに難しい事かよくご存じでしょう。

では、ハイレバレッジの活用術として、こちらはどうでしょうか。

ハレバレッジを利用して、相関ペアの両建てを少ない証拠金で保有する

同一ペアの両建てでしたら通常のレバレッジでも困ることはないでしょう。しかし、「GBPJPY売/EURJPY買」このような相関ペアの乖離を狙うポジションを構築したい時、ハイレバレッジは大いに役立ちます。
鞘取り、アービトラージ、裁定取引などと呼ばれるこの手法は、相関性の高い二つの銘柄の価格差を狙って利益をあげる事が目的です。

相関ペアの乖離が広がった時にポジションを構築し、両通貨の乖離が縮小したら決済することで差益を得るシンプルな手法で、両通貨に相関性がある事から価格差(損失額)が開きにくい特徴があり、比較的ローリスクで取り組める事もこの裁定取引のメリットです。しかし、実際にこの手法を取り入れると、少額トレーダーではあまり旨みがないのが現実です。
証拠金1万円、レバレッジ500倍という条件でこの裁定取引を行おうとすると、GBPJPY0.25ロット・EURJPY0.25ロットの最大約0.5ロット保有出来ることになります。しかし、裁定取引で狙う利益は値幅ではなく両通貨間の価格差ですから、両通貨間の価格差で得られる利益は0.25ロット分の利益になります。

そこでレバレッジ3,000倍を使うことで、GBPJPY1.5ロットEURJPY1.5ロットの3ロット保有することが可能になり、充分な利益を上げることが出来ます。3ロットというのはあくまでも"最大で"ですが、このようにレバレッジが足枷となることなく、自由度の高いポジションを構築出来るのはレバレッジ3,000倍の大きなメリットです。

レバレッジ3,000倍の海外FX業者のデメリット

レバレッジ3,000倍のデメリット

最大レバレッジ3,000倍の海外FX業者にも、当然デメリットもあります。ここでは、そのデメリットを3つ解説していきます。

デメリット①強制ロスカットをされやすい

最大レバレッジ3,000倍のFX業者でも、常に3,000倍かける必要はありません。当然、レバレッジを全く使わないトレードも可能です。

最大レバレッジが大きいということはトレーダーの選択肢が広くなるので、この点だけ見ればメリットしかありません。しかし、最大レバレッジが大きいと、過大なポジションを持ってしまうことがしばしばあります。これにより、わずかに上下しただけですぐに強制ロスカットされてしまうケースが増えます。3,000倍のレバレッジをかけて自身の証拠金に見合わないポジションを持てば、「何もできないままにトレードが終了する」リスクが高くなるわけです。

ハイレバレッジを上手に扱うには、自分自身でしっかりとしたリスクコントロールをする事が重要です。

編集部

編集部の
コメント

少額の入金でハイレバレッジのトレードをする場合、資金を一気に倍以上にするか、全てなくなるかのどちらかになるといった一発勝負のトレードをする方もいます。もちろん、そういったトレードで資産を大きく増やした方もいますし、それができることが海外FXの魅力でもありますが、勝ち負けを繰り返して安定的に資金を増やしていく方が一般的です。〇pips逆行したら損切りするなどというルールを決めて、何回か負けトレードが続いても再チャレンジできるようなポジション量でトレードしてみましょう。

デメリット②レバレッジ制限の規定が多い

3,000倍のレバレッジには制限の規定が多くあります。たとえば、FBSでは「200ドルまで」しかレバレッジ3,000倍を利用できません。Exness(エクスネス)では重要経済指標前後ではレバレッジ200倍に制限されます。

このような制限を課すのは、トレーダーを守る目的もありますが、FX業者側のリスクを軽減する目的もあります。

FBSはゼロカットを採用しているため、トレーダーが莫大な損失を出せば、FBSがそれをカバーしなければならないからです。

また、キャンペーンの適用条件が制限になるケースもあります。FBSの場合、いきなり資金が2倍になる「100%入金ボーナス」や、口座開設だけでお金をもらえるキャンペーンがありますが、中にはこれらのボーナスを悪用するユーザーも存在します。それらを未然に防ぐ観点からも、ボーナスやキャンペーンの適用条件は「レバレッジ500倍まで」などと抑えらえているケースが多いのです。

デメリット③実際に使っている人がいない

実は、実力と経験のあるトレーダーで3,000倍のレバレッジをかけている人はほとんどいません。書籍やWeb上においても3,000倍レバレッジに関する日本語の情報はまだあまりありません。

レバレッジ3,000倍で取引するノウハウは、自分で考えないといけないわけです。「失敗しながら経験を積んで成長する」にしても、わずかに相場が下がっただけで強制退場になる3,000倍ではその失敗がほとんどできません。

レバレッジが高い海外FX業者

この記事にたどり着いたあなたは、レバレッジの高さに惹かれて海外FXを検討している人でしょう。ここでは、レバレッジが高いFX業者の中でもおすすめできる5社を紹介します。


【おすすめ1位】Exness (エクスネス)
  1. 最大レバレッジ無制限
  2. 仮想通貨レバレッジ200倍
  3. 最低入金額設定なし
  4. ロスカット水準0%
  5. 金や仮想通貨など人気ペアはスワップフリー

Exnessは、レバレッジ無制限を武器に近年ハイレバレッジトレーダーの中で絶大な支持を集めているブローカーです。日本市場に進出してからの歴史は浅いものの、グループ全体で厳格なライセンスを保有しており、信頼性もトップクラスです。

Fxplusキャッシュバックキャンペーン

また、Exnessは監査機関として世界四大会計事務所の一つであるDeloitte Touche Tohmatsu(DTT)と提携しており、信頼性・透明性の高さにおいても安心感が持てるブローカーです。

Exness 口座開設ページを開くblank

編集部

編集部の
コメント

レバレッジ無制限、ロスカット水準0%で極限まで高められたExnessのハイレバレッジ環境ですが、ハイレバレッジを得意とするだけではなく、XAUUSD、BTCUSD、インデックス銘柄を続々スワップフリー化するなど、市場の流行に敏感であることも特徴です。仮想通貨やXAUUSDをスワップ無しで長期保有できるのは、現状Exnessだけです。


【おすすめ2位】Traders Trust(トレーダーズ トラスト)
  1. 最大レバレッジ3,000倍
  2. ストップレベルゼロ
  3. 業界屈指の高速約定
  4. 新規口座開設ボーナス10,000円
  5. クレジットカード入金VISA・master可
  6. bitwallet対応

Traders Trustでは、2021年4月に開始したダイナミックレバレッジにより、1ロットまでレバレッジ3,000倍の利用が可能になりました。他社のハイレバレッジとは違い、証拠金残高ではなく、保有するロットによってレバレッジが変動する事が大きな特徴です。

TradersTrust×Fxplusタイアップキャンペーン

Traders Trustは、スキャルピングや自動売買の制限がなく、さまざまなトレード手法を用いやすいFX業者です。日本語を含めた7つの言語でサービスを提供しています。世界各地のトレーダーが利用していることから、資金流動性(リクイディティ)が高いのも特徴です。

Traders Trust 口座開設ページを開くblank

編集部

編集部の
コメント

Traders Trustは取引環境に定評があり、中上級者のユーザーが多いFX業者です。レバレッジ3,000倍を提供するハイレバレッジブローカーの中では高速注文、高い約定力、ストップレベルゼロなど、他社と比較して取引環境に秀でているブローカーです。


【おすすめ3位】BigBoss(ビッグボス)
  1. 最大レバレッジ999倍
  2. クイック口座開設
  3. 口座開設ボーナス5,000円
  4. アルトコイン入出金可能
  5. クレジットカードVISA・master・JCB可

BigBossは「クイック口座開設」のサービスが人気のFX業者です。2021年にレバレッジは最大555倍から999倍に引き上げられました。 書類提出なしですぐに口座を開設し、トレードを開始できるのが特徴です。(出金などの手続きの前には書類の提出が必要です。)

BigBoss×Fxplusタイアップキャンペーン

カード入金手数料無料、多彩な仮想通貨での入出金が可能などのメリットもあり、多数の日本人がその使いやすさを評価しています。2016年から日本語に対応しており、全てのページを日本語で利用できる事はもちろん、カスタマーサポートの日本語レベルも高いです。

BigBoss 口座開設ページを開くblank

編集部

編集部の
コメント

取引の形式はインターバンクに直結するECN方式を採用しており、DD(ディーリングデスク)方式のように、FX業者が不透明に相場を操作するという心配がありません。
ECN方式である分、スプレッドは広くなりますが「信頼できる海外FX業者だけ利用したい」という人には、おすすめです


【おすすめ4位】XM Trading (エックス エム)
  1. 最大レバレッジ888倍
  2. 信頼度No.1
  3. 口座開設ボーナス5,000円
  4. 信託保全制度有り
  5. bitwallet・STICPAY対応
  6. クレジットカードVISA可

XM Tradingは、日本人の間で人気の高い海外FX業者の1つです。3,000円の口座開設ボーナスをもらい、すぐにトレードに参加できるのが特徴です。最大レバレッジは888倍で、数ある海外FX業者の中でも高水準です。

XM×Fxplusタイアップキャンペーン

新規口座開設ボーナスは、通常は3,000円ですが、当サイト経由でお申し込み頂いた場合、5,000円に増額されます。XMの口座開設を検討している方や興味がある方はぜひXMのボーナスを活用して、トレードを体感してみることをお勧めします。

XMTrading 口座開設ページを開くblank

編集部

編集部の
コメント

XM Tradingが人気の理由は、その信頼性・安全性の高さにあります。かつては短距離選手のウサイン・ボルトの公式スポンサーも務めるなど知名度は業界屈指です。その知名度にふさわしく、出金拒否や不利約定など、海外FXでよく聞かれる「不透明な取引」の噂がほとんど聞かれません。専属日本人スタッフも30名以上在籍しており、日本語対応のレベルの高さも海外FX業者の中でトップレベルです。日本語のやり取りがスムーズというだけでなく、週5日24時間体制のサポートで、対応自体もスピーディで丁寧なのも特徴です。


【おすすめ5位】FBS(エフビーエス)
  1. 最大レバレッジ3,000倍
  2. 信託保全制度あり
  3. ボーナスやキャンペーンが豊富
  4. bitwallet・STICPAY対応
  5. クレジットカード対応VISA・JCB可

FBSはTraders Trustと同じく3000倍のハイレバレッジを提供するFX業者です。FBSのスプレッドは全体的に広い傾向が見られます。しかし、大手のXMと同じく、信託保全制度を備えているのは大きなポイントです。

FBS×Fxplusタイアップキャンペーン

FBSの取引環境に関しては他社には至らない部分がありますが、キャンペーンやボーナスの開催には積極的で、同じレバレッジ3,000倍を提供するTraders Trustとは対照的な業者と言えるでしょう。

FBS 口座開設ページを開くblank

レバレッジ3000倍も必要? 海外FX業者を選ぶときの注意点

FX業者選びの注意点

最後に、3,000倍と言わずともレバレッジが高い業者を利用する際は注意すべきことがあります。ここでは、特に重要なポイントを2つ紹介します。


ゼロカットがある業者を使う

ゼロカットがある業者を使えば、借金を背負うリスクは原則ありません。2万円など「実際に入金した金額」を失うだけで済みます。

国内FX業者では、日本の金融庁が定めた法律によって顧客の損失を補填する事が禁止されています。国内FX業者では【追証】といい、証拠金維持率が一定以下になると証拠金の追加を要求されます。現状の国内FX業者では最大レバレッジ25倍規制と強制ロスカット制があるおかげで、とてつもない急変動が起こらなければ元金割れを起こし借金まで到達することはほぼありません。ですが、海外FXの極端に高いレバレッジでは、急変動で元金割れを起こすことが度々あります。現状ほとんどの海外FX業者がゼロカットシステムを採用していますが、3,000倍など高いレバレッジをかけるのであれば、必ずゼロカットがあるFX業者を利用しましょう。


3,000倍も必要か始める前に考える

トレーダーによって取引スタイルは様々で、ハイレバレッジを必要としないトレーダーも数多く存在します。
レバレッジ以前に、取り扱い銘柄、ボーナス、スプレッドなどの何を重視するかによってブローカーを選択すると良いのではないでしょうか。
今回紹介しているブローカーはハイレバレッジのイメージが強いですが、優秀な取引環境を備えたTraders Trustや、仮想通貨、金、株価指数をスワップ徴収無しで長期保有出来るExnessは、ハイレバレッジを好むトレーダー以外にも一考に値するブローカーです。
レバレッジだけにとらわれずに、その他の要素も考慮しながら自身のトレードスタイルに合わせて最適なブローカーを選択しましょう。

編集部

編集部の
コメント

レバレッジが高ければ高いほど、必要証拠金は少なくなります。例えば、レバレッジが倍になれば、必要証拠金は2分の1になります。この関係から、レバレッジには「500倍など一定を超えると差が少なくなる」という性質があります。例えば、レバレッジが25倍から50倍に倍増すると、ドル円1ロットの必要証拠金は約42万円から21万円に大きく減少します。しかし、同じ倍増でも、レバレッジが500倍から1000倍に増えた場合は、必要証拠金は約2万円から1万円に減少するだけです。このため、レバレッジは高ければ高いほどよいというわけではなく、他の条件とのバランスで考えることが重要です。

【まとめ】レバレッジ3,000倍の海外FX業者のメリットデメリット

レバレッジ3,000倍というハイレバレッジを扱うには、多少の経験と自制心が必要不可欠です。しかし、上手く使うことによって戦略の幅も広がり、より有利な取引も可能になるのも事実です。ハイレバレッジ=ギャンブルというイメージは強いですが、レバレッジ3,000倍をフルに使う必要はなく、ギャンブルにするもしないもトレーダー次第であると言えます。

Traders Trustのダイナミックレバレッジの登場により、従来のハイレバレッジブローカーの不満点であったストップレベル、約定力、スプレッドに関しては解消の糸口が見えて来ました。自分自身でリスクをしっかりと管理出来るのであれば、3,000倍のレバレッジを使うことにデメリットというデメリットは存在しないと言えるでしょう。

海外FX全般について よくある質問(FAQ)

海外FX全般についての「よくある質問」をFAQ形式でまとめています。


  1. AndroidOS用MetaTrader5(MT5)では、チャート画面に2つの異なる通貨ペア・時間足のチャートを一度に表示することができます。なお、iOS用MT5は、1種類のみとなり、経済指標カレンダーを同時に表示することが出来ません。

    続きを読む

  2. MetaTrader5(MT5)では、海外FX業者が契約しているリクイディティプロバイダー(流動性供給業者)が情報提供している場合に限り、どの価格に対し、どのくらい注文数が入っているか示す板情報画面を表示することができます。

    続きを読む

海外FX業者の選び方

Updated最終更新:
藤本圭太
筆者:藤本圭太

専業トレーダー。学生時代からトレードを開始。複数の海外FX業者に口座を持ち、逆張りスキャルピング手法を中心に着実に利益をあげている。現在ライターとしても活躍中で海外FXのいいところも悪いところも正直に伝えることをミッションとしている。

伊藤亮太

監修者:伊藤亮太

ファイナンシャルプランナー

当社監修者兼ファイナンシャルプランナー

FXに関する知見が豊富なファイナンシャルプランナー

<プロフィール>

慶應義塾大学大学院商学研究科経営学・会計学専攻修了。在学中にCFPを取得する。その後、証券会社にて営業、経営企画、社長秘書、投資銀行業務に携わる。FX事業の立ち上げにも参画した経験あり。
2007年11月に「スキラージャパン株式会社」を設立。現在、富裕層個人の資産設計を中心としたマネー・ライフプランの提案・策定・サポート等を行う傍ら、資産運用に関連するセミナー講師や講演を多数行う。著書も多数あり。

当社の「海外FXの基礎知識」に掲載の情報は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。

なお、この情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社(FXplus)が独自に制作したものであり、当サイトに掲載されているデーターの無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、当社までご連絡ください。

もっとみる

コラム・ニュース

海外FXの特集記事

海外FX業者

人気ランキング

  • 1

    xem

    4.48
  • 2

    tfx

    4.40
  • 3

    exn

    4.38
  • 4

    gem

    4.33
  • 5

    mil

    4.08

海外FX業者 人気ランキング >

当サイト限定

開催中のキャンペーン情報

開催中のキャンペーン一覧 >

メニューを閉じる