海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

MacでMT4/MT5が動かない?新OSでMT4/MT5を利用する方法

安藤光輝

安藤光輝

プロトレーダー

当社ライター兼プロトレーダー

海外FXブローカーを駆使する、現役トレーダー兼ライター

<プロフィール>

20歳から国内FXを開始し、ほとんど全ての資金を失う。その後、独自のブレイクアウト手法を確立し、海外FX専業トレーダーに移行。各海外FXブローカーの特長を利用した取引により生計を立てる。現役トレーダー。FXplusでコラムを担当。

MacでMT4/MT5が動かない?新OSでMT4/MT5を利用する方法

FXplus

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

その他

Published作成日:
Updated最終更新:

自分が使っているPCがMacなので、MetaTrader4(MT4)/MetaTrader5(MT5)が取引プラットフォームである海外FX業者への口座開設をあきらめている人も多いと思います。MacはWindowsと比較すると制限も多くありますが、MT4/MT5が全く利用できないわけではありません。

この記事では、MacトレーダーがどのようにMT4/MT5を利用するのか、詳しい手順を解説していきます。

最新OSのMacではMT4/MT5が使えない

CatalinaへのOSアップデートが原因

アップル社は、2019年10月8日に最新macOS Catalinaをリリースしました。デュアルディスプレイ環境にできるSidecar機能がリリースされるなど嬉しい変更点もあったのですが、海外FXを利用するトレーダーに最も影響が大きいのは「32ビットアプリが使えなくなったこと」です。

今回のCatalinaへのアップグレードによって、32ビットアプリであるMac版MT4/MT5が利用できなくなくなってしまいました。

Mac版MT4/MT5を提供しているXMTrading(エックス エム)のカスタマーサポートによると、MT4/MT5の開発元であるメタクオーツ社と2019年10月(OSアップデート直後)から協議中であるものの、解決策は2020年5月時点でも見つかっていないようです。

今後CatalinaでもMT4/MT5を利用できるようになるかもしれませんが、現状ではまだ予定はありません。Macユーザーは、MT4/MT5をMacに直接インストールすることはできないという前提で、他の方法を考える必要があります。

なお、XMやTitan FX(タイタン FX)などの海外FX業者では現在もMac版MT4/MT5がダウンロードできますが、こちらはOSがCatalinaより前のOSでしか利用できません。

XMのMac版MT4ダウンロードページ

MT4が開発された時代

MT4/MT5は、もともとWindows用に開発された取引プラットフォームで、MT4が2006年、MT5は2011年にリリースされました。MT4の歴史は長く、何とWindows Vistaよりも前にMT4は開発されていたのです。

iPhoneもなかった2006年頃は、Macを利用しているトレーダーはほとんどいなかったので、人気になってきた後にMac版MT4が誕生したという経緯があります。時代の流れを感じるのですが、それだけ長くMetaTraderが多くのトレーダーに愛用されている証拠ですね。


Macユーザーはどうすればいい?

問題なのは、「macOS Catalinaにアップグレードした後、どうすればMT4/MT5が再び使えるようになるか」という点です。

MT4/MT5はカスタムインジケータや自動売買トレードができるため、これらの機能を利用しているトレーダーにとっては不可欠なツールです。現在の状況は、Macのローカル環境は不利と言わざるを得ないのですが、様々なツールを使えば、これまでどおりMT4/MT5でトレードできるのです。

MacユーザーがMT4/MT5を使うには、主に3つの方法があります。

MacユーザーがMT4/MT5を利用する方法

  1. Macの中にWindows環境を整える(Parallels、Boot Campなど)
  2. VPS(仮想専用サーバー)を利用する
  3. ウェブブラウザ上でWebTraderを利用する一部機能のみ

MacユーザーがMT4/MT5を利用する方法

この他、OSをCatalinaからダウングレードする方法もありますが、セキュリティなどの問題からおすすめはしません。また、MT4/MT5は、モバイル版アプリでも指値・逆指値などの基本的な機能は利用できますので、モバイル版アプリのみでトレードを完結させるという方法もあります。

では、MacユーザーがMT4/MT5を利用する方法を順番に見ていきましょう。

MacでMT4/MT5を使う3つの方法

Windows環境を整える

私のおすすめは「Windows環境を整える」という方法です。Parallels(パラレルズ)などの仮想化ソフトを使う方法と、Macに標準インストールされているBoot Camp(ブートキャンプ)を使う方法があります。

MacユーザーがMT4/CatalinaでWindows環境を整える方法

仕組みが少し異なりますが、どちらもMacを使いながらWindowsが使えるようになるツールです。Windows環境にWindows版のMT4/MT5をインストールすることになるため、MT4/MT5の全ての機能を利用できます。

Parallelsは外部ソフトなので購入費用として初期コストが発生しますが、Boot CampはMacに標準インストールされているため無料で利用できます。(どちらの場合もWindows OSのライセンス料金は別途必要です)

無料で利用できるBoot Campは、Windowsのアプリケーションを利用する場合にPCを再起動する必要があり、非常に手間がかかるというデメリットがあるため、Parallelsの方がおすすめです。

ParallelsとBoot Campについては、「3.ParallelsとBoot Campを比較」で詳しく解説します。

OSをダウングレードするのはどう?

macOS 10.14(Mojave)以前のバージョンであれば、海外FX業者が提供するMac版MT4/MT5をそのままインストールできます。しかし、セキュリティの問題が発生しやすいため、推奨しません。

現在Catalinaを使っており、ダウングレードするには、OSアップグレード前にバックアップを取っていた場合はバックアップを利用し、バックアップを取っていなかった場合はOSを再インストールする必要があります。ダウングレードでトラブルが発生することもあるため、上級者でPCに自信がある人のみ検討するようにしてください。


VPSを利用する

MT4/MT5を利用するにはWindowsが必要となるため、Windowsの利用できるVPS(仮想専用サーバー)を契約するという方法もあります。

VPSとは、月額千円~数千円程度でレンタルしたサーバーに、自宅パソコンなどからリモートアクセスして使用するものです。OSとしてWindowsを選べば、WindowsのPCと同じようにMT4/MT5をインストールできます。

VPSの仕組み

VPSはMT4/MT5を24時間起動させることができるため、Macユーザー以外にも自動売買システム(EA)を利用するトレーダーに利用者が多いです。

VPSのメリットは、導入までの初期費用が安いことと、外部サーバーにアクセスするだけなのでPC本体のメモリやHDDにはほとんど影響がないことです。費用は、最も安いプランであれば月額千円程度です。


WebTraderを利用する

XMTrading(エックス エム)など一部の業者は、MT4/MT5の簡易的な機能をウェブブラウザ上で利用できるWebTrader(ウェブトレーダー)を提供しています。WebTraderは、OSに関係なく利用できるので、基本的なインジケータしか使わない裁量トレーダーにおすすめです。

XMウェブトレーダー

WebTraderで注意したいのは、MT4/MT5の機能が制限されることです。

WebTraderの機能制限

  1. カスタムインジケータが利用できない
  2. EAが利用できない

MT4/MT5のメリットであるカスタマイズ機能や自動売買トレードができませんので、MT4/MT5の機能をフル活用したい方は、Parallelsなどの仮想化ソフトやBoot Camp、VPSを検討してください。

当サイトで紹介している海外FX業者6社のWebTrader対応状況をまとめました。

MT4のみ対応の業者が多いため、MT5で利用したい場合、XMがおすすめです。

WebTrader対応海外FX業者

ブローカー名MT4MT5
xem
tfx×
tdt×
(MT5取扱いなし)
ifc
fxd×
trv××

ParallelsとBoot Campを比較

仮想化とHDD分割の違い

MacでWindows環境を整える代表的な方法が「Parallels」と「Boot Camp」です。Parallelsは「仮想化」、Boot Campは「HDD分割」を利用してWindows環境を整えています。この2つの特徴を比較してみました。

ParallelsとBoot Campの違い

Parallelsは、macOSの中にWindows OS専用領域を作成できるツールで、「仮想化ソフト」と呼ばれます。デスクトップ画面のDocからMT4/MT5を起動できるため、起動にかかる時間はほんの数秒です。

一方、Boot Campは、PCのHDDを「macOSとWindows OSに分割する」もので、OSを切り替えるたびにパソコンの再起動が必要になります。

大まかに言えば、「Parallelsはコストがかかるが、MT4/MT5をスムーズに起動できる」「Boot Campは無料で利用できるが、macOSから切り替えるためにPCを再起動する必要がある」という違いです。

では、詳しく見ていきましょう。


Parallelsは費用が高い

Parallelsを利用すると、DockにWindowsアプリケーションを追加することができるので、MT4/MT5のアイコンをクリックするだけでMT4/MT5が起動できます。

MT4/MT5を利用する際に再起動してOSを切り替える必要があるBoot Campと比較すると使いやすさは抜群です。

Parallelsの仕組み

ただし、PCのメモリとCPUをWindowsに割り当てて使用することになるため、PCの処理速度が低下する可能性があるというデメリットもあります。最新OSのCatalinaに対応しているParallels Desktop 15を稼働させるのに必要なメモリは、最低4GB、推奨されているのは16GBです。

コストに関してですが、ソフトの購入費用、MacのOSアップデートごとに必要となるアップグレード版購入費用、Windows OSライセンス料の3つが必要になるため、数万円以上の費用が必要です。

コスト面でメリットのあるBoot Campの年間コストを比較してみます。

ParallelsとBoot Campのコスト比較

項目ParallelsBoot Camp
購入費用8,345円なし
アップデート版購入費用5,204円なし
Windowsライセンス料
(10 Homeの場合)
19,360円19,360円
合計初年度:27,705円
2年目以降:5,204円
初年度:19,360円
2年目以降:0円

Parallelsは高機能ですが、ソフトの購入費用だけでなく、macOSのメジャーアップデートのたびにアップデート版購入費用がかかります。さらに、Windows10ライセンス料が必要なので、初年度には約2万7,000円、2年目以降はmacOSのアップグレードごとに約5,200円のランニングコストが発生します。

一方、Boot CampはMac PCに標準インストールされているため、初期費用コストは発生しません。必要なのはWindowsのライセンス料金です。すでにWindows10ライセンスを保有している人は、コストが発生しません。

コストを比較すると、圧倒的にBoot Campの方がお得です。

しかし、トレード環境はParallelsの方が格段に使いやすいです。デスクトップ画面からクリック一つでWindows環境に移行でき、ファイルの移動なども可能です。カスタムインジケータや自動売買システム(EA)を利用する方は、ファイル移動もストレスなく行えるというメリットがあります。

Parallelsは14日間の無料トライアルを提供しています。実際に使い心地を試してみてください。

Parallels無料トライアル

編集部

編集部の
コメント

ParallelsはPCのメモリとCPUを、Boot CampはHDDをWindowsに割り当てる必要があるため、PCの使い勝手は悪くなります。一方、VPSを契約すれば、月額料金は発生するものの、PC本体への影響は少ないです。VPSは、FXトレーダーの中でも自動売買ユーザーの中に利用者が多く、「FX専用VPS」というサービスも用意されていますので、利用は難しくありません。PCの使い勝手を重視する方は検討してみてください。


Boot Campは再起動が必要

Boot Campは、PCのHDDを「macOSとWindowsOSに分割する」というもので、1台のPCに2つのOSがインストールされている状態になります。

最初に、「MacPCのどれだけの容量をWindows OSに割り当てるか」という作業を行います。これを「パーティションを作成する」といいます。MacPCの性能が良いほど、Windows OSに割り当てる容量も増えますので、できるだけハイスペックなMacを使うことをおすすめします。

Boot Campの仕組み

Boot Campを利用するには、最低64GBの空きストレージ容量が必要です。Apple社はHDD/SSD 256GB以上のPCを利用することを推奨しています。

Boom Campのメリットは、コストが基本的に発生しないことです。「3-2.Parallelsは費用が高い」で比較した通り、Boot CampはMacに標準インストールされているので、初期コストもランニングコストも発生しません。必要なのは、Windowsライセンス料のみです。

一方、大きなデメリットは、MT4/MT5を使うためにPCを再起動させてOSを切り替えなければいけないことです。やってみると、非常に手間がかかります。例えば、macOSに保存しているデータを閲覧はできませんし、移動も基本的にできません。

Parallelsと比較すると非常に不便なので、できればParallelsのような仮想化ソフトを利用することをおすすめします。

MacでもMT4/MT5でトレードできる

ここまでMac OSのCatalinaでMT4/MT5を使う方法について解説してきました。大切なのは「できるだけ自分が気持ちよくトレードできる環境を整えて、最高のトレード成績を出すこと」です。

Mac PCでも工夫次第で、MT4/MT5を使ったトレードが可能です。しかし、それぞれに強み・弱みがあります。

Parallelsは高機能で私は一番のおすすめするツールなのですが、ランニングコストは覚悟しなければいけません。その代わり、ストレスのない快適なトレード環境を実現できます。ランニングコストはトレードで稼ぐ!と思って、投資と考えることもできるでしょう。

MT4/MT5は、ほとんどの海外FX業者で採用されているツールなので、海外FX業者を利用するのであれば、どの方法でMT4/MT5を使うのがよいか、この記事を参考に検討してみてください。

当サイトでは、スプレッドやボーナスなど各項目で海外FX業者を比較した最新の海外FX業者人気ランキングを公開していますので、海外FX業者を選ぶ際にはこちらの記事を参考にしてください。

MT4/MT5に関連したよくある質問(FAQ)

安藤光輝

安藤光輝

プロトレーダー

当社ライター兼プロトレーダー

海外FXブローカーを駆使する、現役トレーダー兼ライター

<プロフィール>

20歳から国内FXを開始し、ほとんど全ての資金を失う。その後、独自のブレイクアウト手法を確立し、海外FX専業トレーダーに移行。各海外FXブローカーの特長を利用した取引により生計を立てる。現役トレーダー。FXplusでコラムを担当。

当社の「プロが語る海外FXコラム」に掲載の情報は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。

なお、この情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社(FXplus)が独自に制作したものであり、当サイトに掲載されているデーターの無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、当社までご連絡ください。

もっとみる
AWARDS

海外FX業者

人気ランキング

海外FX業者 人気ランキング >

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

海外FXの特集記事

当サイト限定

開催中のキャンペーン情報

開催中のキャンペーン一覧 >

よく読まれている記事

よく読まれている記事

よく読まれている記事

最新の記事

サイトの更新情報一覧 >

メニューを閉じる