海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

よくお寄せいただくご質問とその回答

よくあるご質問(FAQ)

よくあるご質問(FAQ)カテゴリー

よくあるご質問(FAQ)
カテゴリー

海外FXやFXplus (当社)のサービスに対し、お客さまからお問い合わせの多いご質問について、一般的な回答をまとめました。海外FXのご利用の際にご参考にしてください。

海外FXは日本のようなレバレッジ規制はありますか?

UPDATE2020.05.05

海外FX業者は、XMの888倍をはじめ、国内業者より高いレバレッジを提供しています。EU圏の30倍等、日本以外にもレバレッジ規制はありますが、利用者が高いレバレッジを好むため、規制の緩いセーシェル等に別法人を作って高いレバレッジを提供しているケースもあります。


海外FXにも金融当局の規制あり

海外FX業者も、現地の金融ライセンスを取得し、日本の金融庁のような組織から一定の規制を受けていることが多いです。

レバレッジ規制も、現地の金融当局のルールに従わなければなりません。

例えば、EU圏では、2018年にEUの金融庁にあたるESMAが、最大レバレッジを30倍に制限する規制を含む新たなルールを定めました。

この規制変更により、日本に進出していた欧州系のFX業者は、これまでのような高いレバレッジを提供できなくなりました。しかし、FXの利用者は高いレバレッジを好むため、各社はそのニーズを満たすために対策を行っています。

オフショアに別法人を設立して高いレバレッジを継続

2018年のEUの規制変更に対応するため、EU圏を基盤とする業者は、セーシェル等の比較的規制の厳しくない国に別法人を設立して、これまで通りのサービスを提供することを決めました。

海外業者の多くが、あまり知名度のない国を拠点としているのはこのためです。

例えば、日本でも人気のあるXM(エックス エム)は、セーシェルに別法人を設立し、日本在住の顧客の口座を移しました。これにより、EUの規制を受けないため、引き続き最大888倍のレバレッジを提供しています。


高いレバレッジのメリットとデメリット

レバレッジが高いことの大きなメリットは、FXの口座に預け入れる証拠金が少なくて済むということです。

レバレッジの差は、ポジションを取るために必要な証拠金の差になります。国内のレバレッジ25倍でポジションを取るために必要な証拠金は、ドル円10,000通貨につき約43,000円です。一方、XMのレバレッジ888倍であれば、同じポジションを持つために必要な証拠金は約1,200円です。

これにより、多額の証拠金を預け入れなくても十分なロットで取引ができます。

「高いレバレッジは危険」と言う声もありますが、実際には必要証拠金が低くなるだけなので、デメリットはありません。しいてデメリットを挙げるとすれば、トレードする側の気持ちの問題でしょう。

レバレッジが高いと、持っている資金量に比べて大きなロットでポジションを持つことができるため、1度損切りをすると資金の多くがなくなってしまうような大きなロットで取引をする人も出てくるようです。

そのため、国内業者と比べて危険と思われているようですが、資金管理をしっかりと行っていれば、高いレバレッジにはデメリットはありません。

海外FX業者の特徴には、高いレバレッジの他にも、口座残高を超える損失が出た場合にFX業者が負担してくれるゼロカットシステムがあります。

レバレッジが高いことによりFX口座に多額の入金をする必要がなく、ゼロカットシステムにより口座残高を超える損失が発生しないため、海外FXの方がリスクを抑えてトレードすることができるとも言えます。

自分のトレードスタイルに合ったレバレッジの業者を選択することをおすすめします。

参照の多いご質問 (FAQ)

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE作成日:

アンケート

この回答で、あなたの疑問は解決しましたか?

この回答についてのご意見・ご要望をお聞かせください。

※このアンケートでは個別のご質問・お問い合わせはお受けしておりません。

topへ