海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

HF Markets(エイチエフ マーケッツ)

HF Marketsは先物銘柄をスワップフリーで取引可能!条件や銘柄を解説

HF Marketsは先物銘柄をスワップフリーで取引可能!条件や銘柄を解説

話題のニュース

Updated最終更新:

1,000種類以上の豊富な銘柄を提供するHF Markets(エイチエフ マーケッツ/旧HotForex)ですが、株価指数を中心とした先物銘柄をスワップフリーで取引可能であることは意外にも知られていません。

スワップフリー銘柄はポジションを翌日に持ち越した時にスワップポイントが発生しません。マイナススワップによる保有コストがかからなくなるため、中長期トレードが行いやすいことがメリットです。

ただし、先物はCFDとは異なり、決済期限があることに注意が必要になります。

当記事では、HF Marketsの先物スワップフリー銘柄の特徴や取引条件、メリット・デメリットについて解説しました。

新たなトレードスタイルを模索している方はぜひご参考ください。

HF Marketsの先物はスワップフリーで取引できる

HF Marketsは先物銘柄をスワップフリーで取引できる

HF Markets(エイチエフ マーケッツ/旧HotForex)では、各種先物銘柄をスワップフリーで取引可能です。スワップフリーの対象となっているジャンルは以下の通りです。

HF Marketsのスワップフリー対象ジャンル

  1. 株価指数(インデックス)先物
  2. エネルギー先物
  3. 債券

株価指数先物、エネルギー先物、債券先物をスワップフリーで取引できます。なお、株価指数とエネルギーは現物と先物両方の取引ができますが、スワップフリーは先物のみです。

また、HF Marketsは5種類の口座タイプがありますが、スワップフリーで取引できる先物を取り扱っているのは、「マイクロ口座」「プレミアム口座」「ゼロスプレッド口座」です。

最小取引量が1,000通貨の「セント口座」や他トレーダーの取引を丸々コピーできる「HFコピー口座」ではお取引頂けません。

先物とCFDの特徴と違い

スワップフリーの対象となっている先物は現物(CFD)と共通する銘柄が多いため、具体的にどのような違いがあるか気になる方は多いと思います。

結論から言うと、CFDは無期限に保有できることに対して、先物は「限月」という期限があり、決まった日付に決済されるのが大きな違いです。

例えば「ダウ平均株価(US30.F)」の先物では、直近の限月が2022年12月14日ですので、12月14日時点でポジションを保有していれば全て決済されます。

つまり、保有できる期間が決まっているため、CFDよりも取引が制限されるということです。

注文のタイミングによっては数日以内に決済しなければいけないという状況も起こるかもしれません。

したがって、銘柄ごとの限月や取引条件は、事前に確認しておくべきと言えるでしょう。

HF Marketsのスワップフリー銘柄と取引条件

HF Marketsスワップフリーのメリット

HF Markets(エイチエフ マーケッツ/旧HotForex)のスワップフリー取引のメリットは以下の通りです。

HF Marketsスワップフリー銘柄のメリット
1.中長期トレードがしやすくなる
2.HF Marketsならではのスワップフリー銘柄

中長期トレードがしやすくなる

スワップフリー銘柄は中長期トレードがしやすくなることが大きなメリットです。

海外FXのCFD銘柄では基本的にスワップポイントがマイナスに設定されています。つまり、日をまたいでポジションを保有すると、スワップポイントの支払いが生じるのが一般的です。

しかし、スワップフリー銘柄なら日をまたいでポジションを保有したとしても、マイナススワップ分のコストが発生しません。

保有し続けてもコストが発生しないため、数日から数週スパンで大きな値動きを狙って取引するスイングトレードがしやすくなります。

HF Marketsならではのスワップフリー銘柄

HF Markets(エイチエフ マーケッツ/旧HotForex)では、他の海外FX業者ではあまり取り扱っていないスワップフリー銘柄を取引できます。

具体的には、エネルギーや債券です。

決済期限がありますが、これら銘柄を比較的長いスパンで取引をしたい方にはメリットがあります。

HF Marketsスワップフリーのデメリット

HF Markets(エイチエフ マーケッツ/旧HotForex)のスワップフリーのデメリットは以下の通りです。

HF Marketsスワップフリー銘柄のデメリット
1.スワップトレードができない
2.決済期限がある

プラススワップも発生しない

スワップフリー銘柄では、マイナスのスワップポイントが発生しない代わりに、プラスのスワップポイントも発生しません。

プラススワップによる利益を狙うスワップトレードができず、売買差益によって利益を出す必要があります。

なお、CFDや先物は元々マイナススワップが多いため、限定的なデメリットとも言えます。

決済期限が存在する

スワップフリー銘柄は先物のため、決済期限には注意が必要です。

現物取引とは異なり、スワップフリーで保有できるのは、期限が到来するまでという条件付きです。

期限は1~3ヶ月に設定されていることが多いため、数カ月スパンのポジショントレードには対応しにくいと言えます。

また、注文のタイミングでも期限までの時間が変わるため、事前に取引計画を立てることが大切です。

HF Marketsのスワップフリー銘柄と取引条件

ここからはHF Markets(エイチエフ マーケッツ/旧HotForex)のスワップフリーで取引できる銘柄と取引条件一覧を銘柄ごとに確認していきましょう。

ジャンルが同じでも銘柄によって取引時間やレバレッジが変わります。

株価指数先物銘柄一覧

HF Markets(エイチエフ マーケッツ/旧HotForex)のスワップフリーで行える株価指数先物は全部で11種類です。それぞれの銘柄の内容を簡単に解説します。

HF Marketsで取引できる株価指数先物

ユーロ・ストックス50指数
(EU50.F)
欧州のSTOXX社が算出・公表を行っている株価指数で、ユーロ圏主要12か国の流動性の高い50の優良銘柄の株価をもとに算出されています。
フランス株価指数40
(FRA40.F)
フランスの代表的な株価指数で、ユーロネクスト・パリに上場する時価総額上位40銘柄で構成されています。
ドイツ株価指数40
(GER40.F)
ドイツの株式指数で、フランクフルト証券取引所に上場しているドイツの優良企業40銘柄を対象としています。
オランダ株25インデックス
(N25.F)
ユーロネクスト・アムステルダム(旧・アムステルダム証券取引所)に上場されているオランダの主要企業25社で構成される株価指数です。
スイスSMI(SUI20.F)スイス証券取引所で取引される銘柄のうち時価総額、流動性が高い20銘柄の主要企業から構成される株価指数です。
FTSE100指数(UK100.F)イギリスの代表的な株価指数です。ロンドン証券取引所に上場している時価総額が大きい100銘柄から構成されています。
日経平均株価
(JP225.F)
「日経平均」と呼ばれる株価指数で、東京証券取引所プライム市場で取引される上位225銘柄から構成されています。
ナスダック100(US100.F)ナスダックに上場している時価総額上位100銘柄の企業によって構成される株価指数です。
ダウ平均株価
(US30.F)
米国を代表する30銘柄で構成されている株価指数です。ウォール・ストリート・ジャーナルを発行するダウ・ジョーンズ社が算出、発表しています。
S&P500(US500.F)S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスが算出する株価指数です。ニューヨーク証券取引所、ナスダックで取引されている代表的な500社から構成されています。
VIX指数(VIX.F)シカゴ・オプション取引所(CBOE)が算出・公表している指数です。S&P500を対象とするオプション取引の値動きをもとに算出され、今後30日でどれくらいボラティリティが予想されるかを示しています。
ユーロ・ストックス50指数
(EU50.F)
欧州のSTOXX社が算出・公表を行っている株価指数で、ユーロ圏主要12か国の流動性の高い50の優良銘柄の株価をもとに算出されています。
フランス株価指数40
(FRA40.F)
フランスの代表的な株価指数で、ユーロネクスト・パリに上場する時価総額上位40銘柄で構成されています。
ドイツ株価指数40
(GER40.F)
ドイツの株式指数で、フランクフルト証券取引所に上場しているドイツの優良企業40銘柄を対象としています。
オランダ株25インデックス
(N25.F)
ユーロネクスト・アムステルダム(旧・アムステルダム証券取引所)に上場されているオランダの主要企業25社で構成される株価指数です。
スイスSMI(SUI20.F)
スイス証券取引所で取引される銘柄のうち時価総額、流動性が高い20銘柄の主要企業から構成される株価指数です。
FTSE100指数(UK100.F)
イギリスの代表的な株価指数です。ロンドン証券取引所に上場している時価総額が大きい100銘柄から構成されています。
日経平均株価
(JP225.F)
「日経平均」と呼ばれる株価指数で、東京証券取引所プライム市場で取引される上位225銘柄から構成されています。
ナスダック100(US100.F)
ナスダックに上場している時価総額上位100銘柄の企業によって構成される株価指数です。
ダウ平均株価
(US30.F)
米国を代表する30銘柄で構成されている株価指数です。ウォール・ストリート・ジャーナルを発行するダウ・ジョーンズ社が算出、発表しています。
S&P500(US500.F)
S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスが算出する株価指数です。ニューヨーク証券取引所、ナスダックで取引されている代表的な500社から構成されています。
VIX指数(VIX.F)
シカゴ・オプション取引所(CBOE)が算出・公表している指数です。S&P500を対象とするオプション取引の値動きをもとに算出され、今後30日でどれくらいボラティリティが予想されるかを示しています。

HF Marketsの株価指数先物では、世界でも特に人気のあるインデックスを取引することができます。

株価指数先物の取引条件

株価指数先物の取引条件は以下の通りです。

HF Markets株式指数先物の取引条件

銘柄名最大レバレッジ取引時間(夏時間)限月
EU50.F200倍月曜日09:15~土曜日4:593月、6月、9月、12月
FRA40.F月曜日15:00~土曜日4:59各月
GER40.F3月、6月、9月、12月
N25.F月曜日15:00~土曜日4:59各月
SUI20.F3月、6月、9月、12月
UK100.F月曜日7:00~土曜日5:15
JP225.F月曜日7:00~土曜日5:59
US100.F
US30.F
US500.F
VIX.F100倍各月
EU50.F
最大レバレッジ200倍
取引時間(夏時間)月曜日09:15~土曜日4:59
限月3月、6月、9月、12月
FRA40.F
最大レバレッジ200倍
取引時間(夏時間)月曜日15:00~土曜日4:59
限月各月
GER40.F
最大レバレッジ200倍
取引時間(夏時間)月曜日15:00~土曜日4:59
限月3月、6月、9月、12月
N25.F
最大レバレッジ200倍
取引時間(夏時間)月曜日15:00~土曜日5:00
限月各月
SUI20.F
最大レバレッジ200倍
取引時間(夏時間)月曜日15:00~土曜日5:00
限月3月、6月、9月、12月
UK100.F
最大レバレッジ200倍
取引時間(夏時間)月曜日7:00~土曜日5:15
限月3月、6月、9月、12月
JP225.F、US100.、US30.F、US500.F
最大レバレッジ200倍
取引時間(夏時間)月曜日7:00~土曜日5:59
限月3月、6月、9月、12月
VIX.F
最大レバレッジ100倍
取引時間(夏時間)月曜日7:00~土曜日5:59
限月各月

VIX指数(VIX.F)が最大100倍、それ以外の銘柄は最大200倍のレバレッジを利用できます。

また、多くの銘柄で限月が3月、6月、9月、12月に設定されています。ただし、各月に設定されている銘柄もあるのでご注意ください。

株価指数銘柄は現物と先物で銘柄が異なる

株価指数は先物か現物かによって銘柄が少し異なります。先物には現物で取引できたスペイン・オーストラリアの指数銘柄が無い一方で、VIX指数やユーロ・ストックス50指数などが加わっています。取引する際には事前に「インデックス先物」の項目を確認しましょう。

エネルギー先物銘柄一覧

HF Markets(エイチエフ マーケッツ/旧HotForex)のスワップフリーで行えるエネルギー先物は2種類です。それぞれの銘柄の内容を簡単に解説します。

HF Marketsで取引できるエネルギー先物

ブレント原油
(UKOIL)
イギリス北海のブレント油田から採掘される、良質な軽質油です。なお、UKOILは北海だけでなくノルウェーのオセバーグ油田やイギリスのフィーティーズ油田から産出されるものも含みます。
WTI原油
(USOIL)
USOILは、アメリカの西テキサス地方で産出される原油で、WTI原油(West Texas Intermediate)とも呼ばれます。USOILは硫黄分が少なく高級とされています。
ブレント原油(UKOIL)
イギリス北海のブレント油田から採掘される、良質な軽質油です。なお、UKOILは北海だけでなくノルウェーのオセバーグ油田やイギリスのフィーティーズ油田から産出されるものも含みます。
WTI原油(USOIL)
USOILは、アメリカの西テキサス地方で産出される原油で、WTI原油(West Texas Intermediate)とも呼ばれます。USOILは硫黄分が少なく高級とされています。

多くの海外FX業者で取り扱っている、基本的なエネルギー銘柄をスワップフリーで取引することができます。

エネルギー先物の取引条件

エネルギー先物銘柄の取引条件は以下の通りです。

HF Marketsエネルギー先物の取引条件

銘柄名最大レバレッジ取引時間(夏時間)2022の限月
UKOIL66月曜日09:00~土曜日5:59各月下旬
USOIL50月曜日07:05~土曜日5:59各月中旬
UKOIL
最大レバレッジ66
取引時間(夏時間)月曜日09:00~土曜日5:59
限月各月下旬
USOIL
最大レバレッジ50
取引時間(夏時間)月曜日07:05~土曜日5:59
限月各月中旬

ブレント原油(UKOIL)の最大レバレッジは66倍で、WTI原油(USOIL)の50倍より高いレバレッジを利用可能です。

限月は、UKOILが下旬に対して、USOILは中旬に定められています。なお、どちらも毎月決済されるため、他の銘柄よりも期日を確認する必要があるでしょう。

債券先物銘柄一覧

HF Markets(エイチエフ マーケッツ/旧HotForex)の債券先物は3種類です。それぞれの内容を簡単に解説します。

HF Marketsで取引できる債券先物

ドイツ国債
(EUBUND.F)
ドイツ中央銀行が政府の代理として発行する、ユーロ建てのドイツ国債の総称を指します。
イギリス国債
(UKGILT.F)
英国政府の国債で、大蔵省(HM Treasury)によって発行されます。ギルト債とも呼ばれます。
米国10年債
(US10YR.F)
アメリカ合衆国政府(米国財務省)から発行される、満期が10年に設定されている国債です。
ドイツ国債(EUBUND.F)
ドイツ中央銀行が政府の代理として発行する、ユーロ建てのドイツ国債の総称を指します。
イギリス国債(UKGILT.F)
英国政府の国債で、大蔵省(HM Treasury)によって発行されます。ギルト債とも呼ばれます。
米国10年債(US10YR.F)
アメリカ合衆国政府(米国財務省)から発行される、満期が10年に設定されている国債です。

HF Marketsでは、米国債、英国債、そしてドイツ国債と、世界の国債の中でも流動性・安全性の高い国債を取引できます。

米ドルや株価指数の動向を大きく左右する米国債は、米経済を見る上で欠かせない銘柄ですが、米国債の確認ができる海外FXブローカーは意外にも少なく、HF Marketsのように同じプラットフォーム内で確認できるブローカーというのは貴重な存在です。

債券先物の取引条件

HF Markets(エイチエフ マーケッツ/旧HotForex)の債券先物の取引条件は以下の通りです。

HF Markets債券先物の取引条件

銘柄名最大レバレッジ取引時間(夏時間)限月
EUBUND.F50月曜日09:15~土曜日4:583月初旬、6月初旬、9月初旬、12月初旬
UKGILT.F月曜日16:02~土曜日1:592月下旬、5月下旬、8月下旬、11月下旬
US10YR.F月曜日7:02~土曜日5:54(※1)
EUBUND.F
最大レバレッジ50
取引時間(夏時間)月曜日09:15~土曜日4:58
限月3月初旬、6月初旬、9月初旬、12月初旬
UKGILT.F
最大レバレッジ50
取引時間(夏時間)月曜日16:02~土曜日1:59
限月2月下旬、5月下旬、8月下旬、11月下旬
US10YR.F
最大レバレッジ50
取引時間(夏時間)月曜日7:02~土曜日5:54(※1)
限月2月下旬、5月下旬、8月下旬、11月下旬
  1. 毎日5:59~7:00に休場

債券先物はいずれも最大レバレッジ50倍を利用可能です。

限月は3ヶ月ごとに設定されていますが、米国10年債(US10YR.F)とイギリス国債(UKGILT.F)は同じタイミングで、ドイツ国債(EUBUND.F)がやや後になります。

多種多様な銘柄とボーナスが特徴のHF Markets

HF Marketsは取引可能な銘柄が豊富

ここからは、HF Markets(エイチエフ マーケッツ/旧HotForex)の特徴である「豊富な銘柄」「豪華ボーナス」について解説します。

取引を検討されている方は、ぜひご参考ください。

海外FX屈指の豊富な銘柄

HF Markets(エイチエフ マーケッツ/旧HotForex)では、スワップフリー銘柄に限らず、多種多様な銘柄を豊富に取り扱っています。

合計銘柄数は1,000種類以上(MT5口座を選択した場合)で、100銘柄前後の取扱いが多い海外FX業者の中で最大級です。

HF Marketsの銘柄数

銘柄種類
FX主要通貨ペア15種類
FXマイナー通貨ペア38種類
エネルギー
現物:2種類
先物:2種類
株価指数
現物:11種類
先物:12種類
商品5種類
上場投資信託(ETFs)34種類
貴金属6種類
CFD株取引
MT4:53種類
MT5:885種類
債券3種類
仮想通貨19種類

特にCFD株式銘柄が豊富で、世界各国の株式をHF Marketsだけで取引することができます。

また、他ではあまり取り扱っていない上場投資信託(ETFs)、債券先物が取引できることも魅力のひとつです。

HF Marketsはボーナスが豪華

HF Markets(エイチエフ マーケッツ/旧HotForex)は以下の豪華ボーナスを受け取ることが可能です。

HF Marketsのボーナス

  1. 6,500円口座開設ボーナス
  2. 60%ウェルカムボーナス
  3. 30%ウェルカムボーナス
  4. HF Marketsロイヤルティプログラム

新規口座開設時、入金時、取引時と各段階でボーナスを受け取ることができます。ボーナスで口座資金を高めてお得に取引しましょう。

より詳しいボーナスの詳細は以下の記事で詳しく解説していますので、ご参照ください。

なお、以前のHF Marketsでは、ボーナスを証拠金として利用できるクッション機能がありませんでした。

そのため使い勝手があまり良くないとの評価も多くありましたが、現在はボーナスがアップデートされ、すべてのボーナスがクッション機能ありに変更されました。

意外と知られていないHF Marketsのスワップフリー

HF Markets(エイチエフ マーケッツ/旧HotForex)は、様々なボーナスとスワップフリーを利用できる数少ないブローカーの1つです。

株価指数・エネルギー・債券の先物であれば、日をまたいでポジションを保有してもコストがかかりません。

スイングトレードを主体とする方には、ぜひお試しいただきたい仕様です。ただし、先物には限月という決済期限があるため、取引のタイミングには注意しましょう。

HF Marketsは「Hot Forex」からリブランディングして以降、高い頻度でサービスの改善やボーナスキャンペーンを展開しています。

豊富な銘柄と豪華ボーナスで他にはない取引ができるHF Marketsで、ぜひお取引をお楽しみください。

HF Markets 口座開設ページを開くblank

話題のニュース

Updated最終更新:
FXplus編集部
筆者:FXplus編集部

海外FXをご利用するにあたり、最新の海外FX人気ランキングや、海外FX業者の無料口座開設代行など、海外FXの初心者でも安心してご利用頂けるコンテンツを提供しています。

当社の「海外FX 業者レビュー」に掲載の情報は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。

なお、この情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社(FXplus)が独自に制作したものであり、当サイトに掲載されているデーターの無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、当社までご連絡ください。

もっとみる

hot

リアル口座開設リアル口座開設

海外FX業者

人気ランキング

  • 1

    xem

    24.00
  • 2

    tfx

    23.50
  • 3

    exn

    23.00
  • 4

    fxg

    22.50
  • 5

    hot

    22.00

海外FX業者 人気ランキング >

当サイト限定

開催中のキャンペーン情報

開催中のキャンペーン一覧 >