海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

初めてでもわかりやすい

FX用語解説集

仲値

UPDATE2018.07.04

仲値とは、TTM(Telegraphic Transfer Middle rate)とも呼ばれ、投資家が金融機関などで外国通貨(外貨)を取引する際の基準になるレートのことをいいます。

FXを行う投資家にとって日々の確認が欠かせない仲値は、投資家向けの為替レートである電信売相場(TTS)と電信買相場(TTB)の中間値のことです。

ちなみに、TTS(Telegraphic Transfer Selling)というのは、投資家が金融機関で円を外貨に交換する際のレートで、TTB(Telegraphic Transfer Buying)はその逆に、外貨を円に交換する際のレートのことを言い、実際に投資家が売買するプライスとなります。

投資家が外貨を買う場合、銀行側は外貨を売ることになるためTTSが用いられます。逆に投資家が外貨を売り銀行側が外貨を買う場合のレートはTTBとなります。

いずれにしても、FXを行う際には、為替手数料が必要です。これは、金融機関を通じて円と外貨を取引する際に必要な手数料のことで、FXに限らず、外貨MMFや外国債といった、円と外貨を交換する取引には必ず発生します。

これは金融機関の毎営業日の午前10時頃に発表されるもので、外国為替市場(インターバンク市場)の取引実勢レートを基準(参考)にして金融機関毎に決定されます。本レートはその後余程大きな為替変動がない限り、当日一日の間適用されることになります。

読み方

ナカネ・なかね

関連する用語

よく検索される用語

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE作成日:

キーワードから探す

当社の「FX用語解説集」に掲載の情報は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。

もっとみる

なお、この情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社(FXplus)が独自に制作したものであり、当サイトに掲載されているデーターの無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、当社までご連絡ください。

FX用語解説集 カデゴリー

topへ